ドコモオンラインショップでエラーが出て繋がらない時の対処方法|「無効なデータを受信しました(400)」

  • 2018年6月7日
  • by.nuko

gifbanner?sid=3366649&

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

無効なデータを受信しました(400)
Invaild data was received from the client.(400)
(E0724)

ドコモオンラインショップやMy docomoにアクセスしようとすると、上記のエラーが出てアクセスできないことがあります。

利用している端末や接続環境によってはかなり頻繁に出ることもあるようです。

オンラインショップは頭金や必須オプションなく手続きできるので、スマホを購入する時にエラーが出ると困ってしまいますよね。

そこで今回は、ドコモオンラインショップで手続きする時に「無効なデータを受信しました(400)」が表示されて繋がらない時の対処法を解説します。

ドコモオンラインショップに繋がらなくて困っている方はぜひ参考にしてください。

ドコモオンラインショップで機種変更|メリット/キャンペーン/流れを解説

トップ画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | NTTドコモ

1 繋がらない原因はCookieとキャッシュ

ドコモオンラインショップの「無効なデータを受信しました」というエラーは、ブラウザのCookieとキャッシュの不整合が原因であることがほとんどです。

公式ヘルプでは繋がらない場合は時間を空けて再接続を試みるように案内していますが、Cookieが原因では何日待てばいいかわかったものではありません。

1-1 Cookieとは

Cookieとは、ブラウザに保存されるデータで、主に利用者の行動やログイン情報が保持されています。

  • ショッピングサイトで閲覧履歴に基づくおすすめ商品が表示される
  • ブラウザを閉じても各種Webサイトのログイン状態を保持する
  • ポップアップ表示を「今後表示しない」と選ぶとそれ以降表示されなくなる

こうしたことができるのは、Cookieがあるからです。

Cookieは製作者が保存期限を定めることができ、一般的に1ヶ月単位の長いスパンで設定されます。

Webサイトにログインする時、ログイン状態の保存が1ヶ月とされることが多いのはこのためですね。

1-2 キャッシュとは

キャッシュは「一時データ」と呼ばれることもあり、Cookie同様にブラウザに保存されるデータです。

Cookieとの違いの1つ目

行動情報やログイン情報は保存されず、Webサイトを構成する画像などを保存する

これにより、同じサイト内で同じ画像などはキャッシュから表示され、通信量を抑えることができます。

例えばドコモオンラインショップなら、どのページでも画面の左上にロゴが表示されますよね。

ドコモオンラインショップ内でページを移動しても、このロゴはキャッシュから読み込まれるので通信をほとんど行わずに表示しています。

ドコモオンラインショップで「無効なデータを受信しました」と表示される場合、このCookieやキャッシュが壊れているので、両方とも一度削除すると改善します。

Cookieとの違いの2つ目

ブラウザによってはCookieやキャッシュを保存せず、ブラウザを閉じた時に自動的に削除する機能がある

例えばGoogle Chromeなら「シークレットモード」ですね。

ドコモオンラインショップを利用するのが機種変更の時のみなど、利用頻度の低い方はCookieやキャッシュ削除はせずにシークレットモードを利用するのも有効な解決手段です。

ただし、Cookieが保存されていないため毎回dアカウントのログインが必要になります。

毎回ログインするのが面倒な方はCookie・キャッシュの削除、たまにしかアクセスしない場合でCookieを削除すると他サイトの再ログインが面倒な方はシークレットモードを利用するといいでしょう。

次の章ではブラウザ毎のCookie・キャッシュの削除方法と、あわせてシークレットモードの開き方を解説します。

ドコモオンラインショップがずっとローディング中で進まない時の対処方法

2 ブラウザ毎のCookie・キャッシュ削除方法【PC編】

この章ではよく利用されているパソコン用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法を解説します。

【今回解説するPC用ブラウザ】

※ブラウザ名をクリックで解説にジャンプします。

ここで紹介していないブラウザを利用中の方も、基本的な項目は似通っているので参考にしてCookieとキャッシュを削除しましょう!

他のデバイス用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法は以下から確認できます。
>>iPhone用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法
>>Android用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法

2-1 Microsoft Edge

画像引用元:Windows 10 に最適な Web ブラウザー | Microsoft Edge

Windows 10に標準インストールされているWebブラウザ「Microsoft Edge」では、設定画面からすぐ削除できます。

1.画面右上の「…」をクリック

2.メニューの最下部「設定」をクリック

3.「閲覧データのクリア」の下にある「クリアするデータの選択」をクリック

4.「Cookieと保存済みのWebサイトデータ」、「キャッシュされたデータとファイル」を選択

5.「クリア」ボタンをクリック

6.「すべてクリアされました」と表示されれば完了

これでMicrosoft EdgeのCookieとキャッシュの削除ができました。
ドコモオンラインショップにアクセスすると通常通り表示されるはずなので確認してください。

Microsoft Edgeのシークレットモード

Microsoft Edgeでは「InPrivateウィンドウ」というシークレットモードがあります。

1.画面右上の「…」をクリック

2.「新しいInPrivateウィンドウ」をクリック

3. InPrivateウィンドウが開く

ショートカットキー「Ctrl + Shift + P」でもInPrivateウィンドウが開きます。
毎回マウス操作が面倒な方はショートカットも覚えておきましょう。

2-2 Google Chrome

画像引用元:パソコン版 Chrome

世界中で最も利用されているWebブラウザ「Google Chrome」はバージョンアップが頻繁に行われ、バージョンが異なると見た目が大きく変わることがあります。

今回は最新版にしていることを前提に解説しますので、古いバージョンを利用している方は解説画像と実際の画像が異なる可能性があることをご了承ください。

1.画面右上のメニューを開く

2.設定をクリック

3.設定画面最下部の「詳細設定」をクリック

4.「閲覧履歴データを削除する」をクリック

5.「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れる

6.「データを削除」をクリック

これでGoogle ChromeのCookieとキャッシュの削除は完了です。

Google Chromeのシークレットモード

Google ChromeではCookieやキャッシュの削除を何度も行うとシークレットモードを勧めてきます。

シークレットモード中もフォームやパスワードを自動入力してくれるので、かなり便利ですね。

1. 画面右上のメニューを開く

2.「新しいシークレットウインドウ」をクリック

【Google Chromeのシークレットモードショートカットキー】

  • Windows:Ctrl + Shift + N
  • Mac:Cmd + Shift + N

Google Chromeもショートカットキーでシークレットモードが起動できます。

2-3 Firefox

画像引用元:Mac、PC、Linux 向け新高速ブラウザー | Firefox

Firefoxも人気の高いブラウザですね。

iPhone版も最近リリースされ、パソコン用ブラウザとの同期が便利なのでFirefoxユーザーはスマホ用も併用している人が多いようです。

1. 画面右上のメニューを開く

2.「設定」をクリック

3.「プライバシーとセキュリティ」をクリック

4.「Cookieとサイトデータ」から「データを消去」をクリック

5. 2つのチェックボックスにチェックして「消去」をクリック

これでCookieとキャッシュの削除が完了しました。

Firefoxのシークレットモード

Firefoxでは「プライベートウインドウ」というのがシークレットモードです。

1. 画面右上のメニューを開く

2.「新しいプライベートウインドウ」をクリック

この時新たに開くウインドウがプライベートウインドウです。

【Firefoxのシークレットモードショートカットキー】

  • Windows:Ctrl + Shift + P
  • Mac:Cmd + Shift + P

2-4 Safari

画像引用元:macOS – Safari – Apple(日本)

Safariは主にMacの方が中心に利用するブラウザです。

iPhoneとデータの同期ができるのでWindowsでも利用している方は増えてきましたが、かなり少数派なのでここではMacの画面で解説しています。

なお、Safariに保存されているCookieとキャッシュはサイト単位で削除できます。

他のブラウザは一括削除が基本なので、関係ないサイトのデータが残せるのは嬉しい機能ですね!

1. 画面上部の「Safari」をクリック

2.「環境設定」をクリック

3.「プライバシー」内の「サイトデータを管理」をクリック

4. データ管理画面右上の検索ボックスに「docomo」と入力

5.「すべてを削除」をクリック

これでSafariからドコモオンラインショップのCookieとキャッシュが削除されました。

Safariのシークレットモード

Safariでは「プライベートウインドウ」という名前です。

Cookieをサイト単位で削除できるので、オンラインショップにアクセスできないだけなら利用することはないでしょうが、他のブラウザでも紹介しているのであわせて解説します。

1. 画面上部の「ファイル」をクリック

2.「新しいシークレットウインドウ」をクリック

【Safariのシークレットモードショートカットキー】

  • Windows:Ctrl + Shift + N
  • Mac:Cmd + Shift + N

次の章ではiPhone用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法を解説します。

>>iPhone用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法
>>Android用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法

3 ブラウザ毎のCookie・キャッシュ削除方法【iPhone編】

この章ではiPhone用ブラウザのCookie・キャッシュ削除の方法を解説します。
iPhoneではsafariを利用している方が多いのですが、Google ChromeやFirefoxといったメジャーなブラウザも解説します。

【今回解説するiPhone用ブラウザ】

※ブラウザ名をクリックで解説にジャンプします。

他のデバイス用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法は以下から確認できます。
>>PC用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法
>>Android用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法

3-1 Safari

画像引用元:macOS – Safari – Apple(日本)

SafariはiPhoneに初めからインストールされているWebブラウザです。
他のアプリとは違い、設定から操作する必要があるので注意が必要です。

1. iPhoneの「設定」を開く

2. Safariを開く

3.「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

4.「履歴とデータを消去」をタップ

これでSafariのCookieとキャッシュが削除できました。
ドコモオンラインショップにアクセスして正常に表示されるかチェックしましょう。

Safariのシークレットモード

iPhone用Safariのシークレットモードは開き方がわかりにくく、知らずに設定している方が結構多い項目です。

1. Safariを開いて一番右下のタブ切り替えをタップ

2. 左下の「プライベート」をタップ

これでシークレットモードになります。
なお、シークレットモード中はSafariのメニューが黒くなります。

この状態で「+」をタップするとシークレットモードのタブが開始されます。
いつも通り検索できますが、検索内容やCookieは通常モードには引き継がれないのでしっかり使い分けましょうね!

3-2 Google Chrome

画像引用元:「Chrome – Google のウェブブラウザ」をApp Storeで

Google Chromeはパソコン版と同じ感覚で設定できます。
パソコンでもChromeを利用している方は、ブックマークやパスワードなどほとんどのデータが同期できるので便利ですね。

1. 画面右上のメニューを開く

2.「設定」をタップ

3.「プライバシー」をタップ

4.「閲覧履歴の消去」をタップ

5.「Cookie、サイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェックして「閲覧履歴の消去」をタップ

6. もう一度「閲覧履歴の消去」をタップ

これでGoogle ChromeのCookieとキャッシュの削除ができました。

なお、Googleアカウントでログインしていると、同じアカウントでログイン中の全てのGoogle Chromeで削除が反映されます。

デバイス別に管理できないので、他サイトや他デバイスのCookieが削除されると困る場合はシークレットモードを利用しましょう。

Google Chromeのシークレットモード

Google Chromeではシークレットモードでも自動入力をサポートしてくれます。

ドコモオンラインショップでもdアカウントのログイン時に自動的に入力してくれるので操作は楽ですよ。

1. 画面右上のメニューを開く

2.「新しいシークレットタブ」をタップ

黒い画面になったらシークレットモードが起動しています。

タブ切り替え画面で左にスワイプすると通常モードのタブも選べるので必要なページのみシークレットモードで閲覧できて便利です。

3-3 Firefox

画像引用元:「Firefox ウェブブラウザー」をApp Storeで

Firefoxもパソコン用ブラウザとして人気なので、iPhoneでも利用している方が多いブラウザです。

Firefoxアカウントで同期できて便利な反面、Cookieなども共有するので削除する場合は注意してください。

1. 画面右下のメニューを開く

2.「環境設定」をタップ

3.「プライベートデータの消去」をタップ

4.「キャッシュ」「Cookie」の2つがONになっているのを確認し「プライベートデータを消去」をタップ

5.「OK」をタップ

これでFirefoxのCookieとキャッシュの削除完了です。

Firefoxのシークレットモード

Firefoxではシークレットモードは記号で表現されているので気づかない人の多い機能です。
パソコン同様にしっかり実装されているので、データの消去がまずい方は活用しましょう。

1. 画面下のタブ切り替えボタンをタップ

2. メガネのマークをタップ

プライベートブラウジングと表示されればシークレットモードに入っています。

次の章ではAndroid用ブラウザの Cookie・キャッシュ削除方法を解説します。

>>PC用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法
>>Android用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法

4 ブラウザ毎のCookie・キャッシュ削除方法【Android編】

この章ではiPhone用ブラウザのCookie・キャッシュ削除の方法を解説します。
最近のAndroidはGoogle ChromeがデフォルトのWebブラウザですが、パソコンで人気のあるFirefoxもよく利用されます。

【今回解説するAndroid用ブラウザ】

※ブラウザ名をクリックで解説にジャンプします。

他のデバイス用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法は以下から確認できます。
>>PC用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法
>>iPhone用ブラウザのCookie・キャッシュ削除方法

4-1 Chrome

画像引用元:Google Chrome: 高速で安全 – Google Play のアプリ

ChromeはデフォルトのWebブラウザですが、Googleアカウントでログインしていると閲覧履歴やCookie・キャッシュは他のデバイスと同期されます。

Androidで削除すると、パソコンなどでも各種Webサイトからログアウトされるので気をつけてください。

1. 画面右上のメニューを開く

2.「設定」をタップ

3.「プライバシー」をタップ

4.「閲覧履歴データを消去する」をタップ

5.期間を「全期間」に変更

6.「Cookie、サイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェック

7.「データを消去」をタップ

これでChromeのCookieとキャッシュの削除は完了です。

Chromeのシークレットモード

Cookieやキャッシュの消去が面倒な方はシークレットモードを活用しましょう。

1. 画面右上のメニューを開く

2.「新しいシークレットタブ」をタップ

この操作で次のような黒いインターフェースに切り替わればシークレットモードになっています。

閲覧履歴やCookie・キャッシュが一切保存されないので、ドコモオンラインショップのエラーも解消しているはずです。

4-2 Firefox

画像引用元:Firefox ブラウザー 高速 & プライベート – Google Play のアプリ

Androidではほとんどの方はChromeを利用しますが、Firefoxも人気のWebブラウザです。

Syncにログインしていると他デバイスのデータも削除されるのでスマホ以外のデータを残したい方はシークレットモードで対処しましょう。

1. 画面右上のメニューを開く

2.「環境設定」をタップ

3.「プライベートデータの消去」をタップ

4.「キャッシュ」「Cookie」の2つにチェックを入れる

5.「データを消去」をタップ

これでFirefoxのCookieとキャッシュの削除完了です。

Firefoxのシークレットモード

多くのデバイスでSyncを利用している方は、データ消去ではなくシークレットモードがおすすめです。

1. 画面右上のメニューをタップ

2.「新しいプライベートタブ」をタップ

プライベートブラウジング中は、メニューが全て黒くなるのでわかりやすいですね。


データが一切保存されない状態で、ドコモオンラインショップのエラーが回避できたはずです。

シークレットモードのままアクセスできるか試してみましょう。

5 ドコモオンラインショップに繋がらない時の対処法まとめ

今回はドコモオンラインショップで「無効なデータを受信しました」というエラーが出て繋がらない場合の対処法を解説しました。

繋がらない原因
  • Cookieが壊れている
  • キャッシュが壊れている

Webサイトを閲覧する時に保存される2種類のデータに不整合がある・壊れていると、このエラーが出てしまいます。

繋がらない時の対処法
  • Cookieとキャッシュの削除
  • シークレットモードでアクセス

今回のエラーはブラウザや環境に関わらず起きることがあり、対処法も環境に依存せずに行えます。

また、どんなWebサイトでも「正常に表示されない」「アクセスできない」という場合、かなりの割合で今回の対処法が有効です。

今後どんなサイトで遭遇しても対処できるよう、普段お使いのWebブラウザのデータ削除・シークレットモードの起動方法はしっかり覚えておきましょう。

ドコモオンラインショップでの機種変更に関しては下記記事もあわせてお読みください。↓
ドコモオンラインショップで予約購入/機種変更|店舗より便利な配送

通常のショップでの機種変更方法では知らないうちに損をしていることがあります。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ