ドコモのiPhone XSとiPhone XRは値下げ?新型iPhone発売後の価格

  • 2019年8月27日
  • by.ssisdk

アイフォンテンアール

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

毎年ドコモでは新型iPhone発売後に旧モデルが型落ちとなるので、旧モデルを安く入手できるチャンスになっています。

2019年のiPhone 11の発売後には、iPhone XS、iPhone XS MAX、iPhone XRが値下げされました。

そこで今回の記事は新型iPhone発売後のiPhone XSシリーズとiPhone XRの価格はがいくらになったのかを解説します。

新型iPhone発売後のiPhone XSとiPhone XRの価格
  • 端末購入割引を利用すれば約17,000円〜30,000円の割引に
  • 期間は2019年9月14日(土曜)~2019年9月30日(月曜)
iPhone 11シリーズの値下げはある?新型iPhone発売後は価格が安くなるけど

トップ画像引用元:iPhone XR | iPhone | NTTドコモ

ドコモのiPhone XSとXRともに実質値下げ! かなり安い!

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモはiPhone XSiPhone XS Max、及びiPhone XRの機種代金を実質値下げしています。

端末購入割引を利用することで、約17,000円〜30,000円の割引に。

ドコモは9月5日にiPhone XS/XS Maxの512GBモデルのみ値下げしていましたが、13日からさらに値下げを行なっています。

さらにiPhone XRも14日から値下げが開始されました。

機種値下げ前値下げ後スマホおかえし
プログラム適用
iPhone XS
64GB
118,800円102,600円実質73,872 円
iPhone XS
256GB
136,800円113,400円実質81,648 円
iPhone XS
512GB
136,800円113,400円実質81,648 円
iPhone XS Max
64GB
131,400円113,400円実質81,648 円
iPhone XS Max
256GB
149,400円124,200円実質89,424 円
iPhone XS Max
512GB
149,400円124,200円実質89,424 円
iPhone XR
64GB
86,400円68,400円実質49,248 円
iPhone XR
128GB
91,800円75,600円実質54,432 円
iPhone XR
256GB
102,600円86,400円実質62,208 円

※価格は税別、実質価格のみ税込

256GBと512GBの価格が同じ!?

iPhone

画像引用元:NTTドコモ ホーム

値下げ価格をみて気づくことがあります。

何とiPhone XS/XS Maxに関しては256GBと512GBの価格が全く同じ

ですから512GBを狙ったほうが断然お得になります。

どれが狙い目?
  • iPhone XS/XS Maxなら512GBが断然お得

最安モデルはiPhone XR(64GB)で実質49,248 円!

iphone-xr

画像引用元:NTTドコモ ホーム

値下げによって最も最安になったのはiPhone XR(64GB)です。

例えばこの端末をスマホおかえしプログラムで契約した場合、月々の料金は2,052 円×24回となります。

また、iPhone XS(64GB)だった場合の実質価格は73,872 円です。

スマホおかえしプログラムを利用すると月々の料金は3,078 円×24回です。

これはかなり安くなっていますね。

安さ重視なら?
  • iPhone XR(64GB)が実質49,248円で最安

下取りプログラムを利用すればさらに安くなる

画像引用元:下取りプログラム | キャンペーン | NTTドコモ

値下げされたiPhone XSやiPhone XRがまだ高い!と感じる場合は手元のiPhoneを下取りに出すことで端末代金を相殺することも可能です。

例えばiPhone 7(128GB)を現在利用している方は18,000円の下取り価格になります。

これを下取りに出すことでiPhone XS(64GB)は55,872円に、iPhone XR(64GB)は31,240円に実質なります。

iPhone XSからの乗り換えならばさらに高額で買取してもらえるので端末価格がほとんどかからないということも。

スペック的には何の問題もないiPhone XS、iPhone XRですから端末価格を抑えたい場合は狙い目ですね。

在庫がなくなる可能性あり!早めに購入を

アイフォンテンエスマックス

画像引用元:iPhone XS 512GB

iPhone XSはアップルストアでの扱いがなくなりました。

ですからドコモオンラインショップでも在庫がなくなり次第終了する可能性があります。

ですから、在庫のあるうちに早めに機種変更するほうが安心でしょう。

特に512GBなどの容量の大きいモデルはなくなりがちです。

iPhone XRはアップルでは併売が発表されましたので、iPhone XSよりは在庫がありそうです。

また10月からは増税もされるため、9月中に狙うほうが確実です。

※以下はiPhone 11発表前の予想になります。

iPhone XSとiPhone XRのドコモの値下げ傾向と価格予想

iPhoneを持つ手

過去にも新型iPhone発売後に旧モデルが値下げされています。

2018年、iPhone XSやiPhone XRの発売後に旧モデルのiPhone 8やiPhone 7でも行われています。

iPhone XSシリーズとiPhone XRは、既に何度か値下げが行われていますが、iPhoneシリーズは値下げのタイミングや値下げ価格がある程度決まっている傾向にあります。

ドコモは新型iPhone発売後に1~2万円前後値下げを行うケースが多い

毎年ドコモでは新型iPhone発売後に旧型モデルを、1~2万円前後の値下げを行う傾向にあるので、新型iPhone発売後は旧モデルを安く入手するチャンスです。

また、新型iPhoneの売れ行き次第では旧モデルの値下げだけでなく、新型iPhoneの割引やキャンペーンを行い販売のテコ入れを行うこともあります。

新型の売れ行き次第では実質値下げを行うこともある

ドコモは2018年10月26日に発売されたiPhone XRを端末購入サポートの対象に設定し、実質的なiPhone XRの値下げを行った経緯があります。

端末購入サポートは発売されて時間が経過した古いスマホに適用されることが多いので、発売直後の最新モデルに適用するのは異例でした。

しかし、他キャリアでもiPhone XRは発売直後に値下げが行われているので、新型iPhone発売直後にはiPhone XRは更なる値下げがされるだろうと予測されています。

値下げは割引ではなく機種代金そのもので値下げの可能性あり

新型iPhone発売後の値下げは、機種代金を値下げするタイプで、機種代金はそのままで割引を行う従来の値下げとは異なる可能性があります。

理由は『端末購入サポート』や『月々サポート』といった毎月かかる機種代金を割り引く特典が2019年5月31日に終了している為です。

総務省の指導により機種代金を安くする代わりに契約期間を長期化する点が問題視されており、ドコモは機種代金の割引を撤廃しつつあります。

機種代金の割引を撤廃する傾向にあるので、新型iPhone発売後の値引きは従来の複雑な割引から、シンプルな機種代金の値下げの可能性も充分考えられます。

新型iPhone発売後のau、ソフトバンクの傾向も比較してみよう

ドコモ以外のキャリア、auやソフトバンクは新型iPhone発売後の動きは値下げをしているのか、ここ最近の傾向も探ってみましょう。

auはiPhone XS、iPhone XR発売後に旧モデルの値下げを実施

auは2018年9月14日のiPhone XSの予約開始日に『iPhoneおトク割』と呼ばれる割引を実施し、旧モデルの『iPhone X』『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』を10,800円割引していました。

新型iPhone発売後に旧モデルの値引きを実施する動きはドコモと酷似しているので、ドコモやauが、新型iPhone発売後の旧モデル値引きをする動きを裏打ちしています。

『iPhoneおトク割』は2019年6月17日に終了しましたが、今後の新型iPhone発売後にはiPhone XSシリーズやiPhone XR値下げするのではと予想されています。

ソフトバンクは恒常的にiPhone XRの値引きを実施

ソフトバンクは『iPhone XRハッピープライスキャンペーン』という名称の、iPhone XR値下げキャンペーンを2019年1月30日から恒常的に開催しています。

ドコモがiPhone XRを端末購入サポートに適用するなど、iPhone XRは最新モデルのiPhoneの中では異例とも呼べる不遇の立場と言えるでしょう。

一説によるとiPhone XRの売り上げはお世辞にも良いとは言えず、ドコモ、au、ソフトバンクは何とかしてiPhone XRの在庫を捌こうとしているのでは…と噂される程です。

言い換えればiPhone XRの値下げ圧力は高いので、更に新型iPhone発売後になればiPhone XRや同期のiPhone XSシリーズも更に値下げされると予想されています。

次の章では、旧モデルのiPhone狙いが熱い時期を解説していきます。

旧モデルのiPhone狙いが熱い時期は9月~10月と12月~翌3月末

新型iPhone発売後に旧モデルのiPhoneをお得に購入したいなら、9月~10月か12月~翌3月末が熱い時期と言われています。

逆に4月以降から8月末までは旧モデルのiPhoneは狙い目ではないので、おおよそ半年周期で旧モデルの狙い目と狙い目でない時期が来ています。

何故半年ごとに旧モデルのiPhone狙いが熱いのか、その点を解説していきます。

9月~10月は新型発売直後なので旧モデルの需要が落ちる

iPhone

画像引用元:iPhone | NTTドコモ

新型iPhone発売は毎年9月~10月ですが、新型iPhone発売後は旧モデルの需要が落ちていくので狙い目です。

ユーザーは新型iPhoneに熱視線を送っていますが、一方で旧モデルは型落ちとなり需要と人気は少しずつ落ち込んでいきます。

在庫となったiPhoneの旧モデルを売りさばこうと、店舗独自のキャンペーンで大幅に値引きされる時もあるので狙い目の時期です。

年末年始~翌3月はキャンペーンや特売が目白押し

年末から年が明けて翌3月末までは、様々なキャンペーンや特売セールの時期なので旧モデルのiPhoneをお得に入手できるチャンスです。

  • クリスマス商戦
  • 年末年始の歳末バーゲン
  • 学割適用開始
  • 他社からのMNP促進キャンペーン
  • 新学期・新生活向けの春のキャンペーン

3月末までが熱い理由は3月末が決算なので、何としてもユーザー数を確保して業績を上昇させたまま株主総会を迎えたいキャリア側の事情があります。

「人気に陰りが見える旧型iPhoneを売り捌きたい…」キャリア・店舗側と「お得にiPhoneが欲しい」ユーザーのニーズが合致する1年でも珍しい季節です。

年始であれば新型iPhone発売から時間が経過しているので、新型iPhoneの性能や評判が出揃う時期なので評判次第で旧型を買うか新型を買うか選んでも良いでしょう。

4月~新型iPhone発売まで以降は値引きとなる大きなイベントは無い

4月から更に新型iPhone発売までの8月末までは、値引きとなる大きなイベントは開催されないので旧モデルiPhone購入の旬は過ぎたと言えます。

新型iOSやiPad Air等が発表されることはあっても、iPhoneの値段そのものには大きな値下げのきっかけにはなりません。

キャリアによってはオンラインショップで細かい値下げが行われる時はあっても、一気に1万円近く値下げされることは無いと見て良いでしょう。

新型iPhone発売後(9月~10月)に旧モデルを狙う時のお得に購入するポイント

新型iPhone発売後に旧型のiPhoneを敢えて狙うなら、以下の点に注目すると公式の値下げの他にお得に購入できます。

近くの店舗で並んで購入するよりもお得になるので、是非参考にしてみて下さい。

ドコモオンラインショップでiPhone XSやiPhone XRを購入する

新型iPhone発売直後の店舗は、混雑していることが多く時間もかかるので、ドコモオンラインショップで購入しましょう。

混雑を避けて自宅でゆっくり注文できるのが最大のメリットですが、ドコモオンラインショップなら下記のメリットが存在します。

  • ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンが開催される時がある
  • 頭金がかからないので店舗よりもお得にiPhone XSやiPhone XR購入が可能
  • iPhone XSやiPhone XRが品切れになる可能性が薄い

iPhone XSとiPhone XRは既に全国で流通しているので、天災のような事情を除き新型iPhone発売直後でも安定して入手しやすくなっています。

ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンが開催される時もあるので、旧モデルiPhone狙い時はドコモオンラインショップ経由がおすすめです。

旧モデルがキャンペーン対象に選ばれやすいので店舗情報をチェック

新型iPhone発売後は旧モデルが在庫になりやすいので、旧モデルを対象にした店舗独自のキャンペーンが行われることがあります。

街中の店舗や家電量販店では、ドコモオンラインショップを上回る独自キャンペーンを行うこともあるので新型iPhone発売後の店舗情報は要チェックです。

チラシで広告する店もありますが、最近はTwitterでこっそりと告知するパターンもあるので店舗のSNSがあればフォローしておきましょう。

年末年始から3月末までの決算期狙いでお得に購入するポイント

カレンダー

新型iPhone発売直後の時期を一旦見逃し、年末年始から3月末までの時期に旧モデルのiPhoneを購入するなら以下の点に注目しましょう。

ドコモオンラインショップで購入するのが基本ですが、年末年始から3月末の決算期は書き入れ時なので店舗独自のキャンペーンが非常に活発になります。

この時期を逃すと旧型iPhoneをお得に購入できるチャンスがしばらく無くなるので、絶対に逃さないようにしましょう。

クリスマス商戦や歳末バーゲン等の年末年始セールを狙う

12月に入るとクリスマス商戦や歳末バーゲン、年明け後には福袋セール等のキャンペーンが目白押しなので、キャンペーン狙いの方にはおすすめのタイミングです。

ドコモショップよりも、複数の携帯電話を一手に販売している業者や家電量販店は特にこの時期に力を入れるので狙い目になります。

2月からは毎年恒例の学割が始まる

毎年恒例のイベントの学割は2月に始まるので、未成年の方がお得に旧モデルのiPhoneを契約するなら2月の学割開始がチャンスです。

既に終了しましたが2019年2月から受付されていた『ドコモの学割』は、iPhone XR(64GB)を月額1,200円と、月額料金280円で1年目が1,480円で利用可能になっていました。

毎年2月にドコモ、au、ソフトバンクは新規学生ユーザーを積極的に囲い込もうとするので、未成年の方や未成年のご家族の方は2月の学割シーズンが狙い目です。

決算期前は乗り換え促進のキャンペーンが毎年行われる

2月から3月末までは決算前の追い込み期間なので、ドコモ含む多くのキャリアがMNPによる乗り換え促進キャンペーンを行います。

高額な割引が出てくる時期なので、学割が使えない方がお得に旧モデルのiPhone XSやiPhone XRを購入できる最後のチャンスタイムです。

店舗から発信されるお得な情報は漏れなくキャッチして、iPhone XSやiPhone XRがキャンペーン対象になっていたら購入を検討しましょう。

iPhone XSとiPhone XRをお得に購入したいなら新型iPhone発売まで待とう

2019年9月以降に新型iPhoneが発売されれば、iPhone XSとiPhone XRは1~2万円程度の値下げだろうと予測されています。

新型iPhone発売後のiPhone XSとiPhone XRの価格予想
  • 毎年9月~10月の新型iPhone発売後は型落ちモデルは値下げされている
  • iPhone XSとiPhone XRは1~2万円前後の値下げになると過去の傾向から予測
  • 1万円値下げ後のiPhone XSは11万8千円台~14万3千円台の機種代金
  • iPhone XRが1万円値下げすると8万9千円~10万円台の機種代金になる
  • iPhone XRとiPhone XSの購入は新型iPhone発売後~翌3月末が狙い目

正確な価格は新型iPhone発売後ですが、毎年9月から翌3月末までの半年間は旧モデルをお得に購入できるゴールデンタイムなので逃す手はありません。

新型iPhoneに目が行きがちですが、敢えて旧モデルを選ぶ選択肢もアリなのでiPhone XSやiPhone XR購入を検討している方は今後の情報を待ちましょう。

iPhone比較|値段/サイズ/スペックで歴代モデルを比べてみた【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ