どんなときもWiFiの評判|口コミと使って分かる使用感を辛口レビュー

  • 2020年8月28日
  • by.affiprecious

どんなときもWiFi

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

近年、モバイルWiFi業界に彗星のように登場した「どんなときもWiFi」

モバイルWiFiとは小型のルーターを使ってどこでもインターネット接続できる機器のこと。

これを提供しているのがどんなときもWiFiです。

どんなときもWiFiは、当時はまだ無かった「データ完全無制限」と優れた月額料金を武器に、あっという間に人気を獲得していきました。

しかし、2020年3月に起きた大規模な障害を機に状況が一変したのです。

本記事では、どんなときもWiFiのデメリットや現在について詳しく解説していきます。

現在のどんなときもWiFi

どんなときもWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fiルーター

どんなときもWiFiは、WiMAXなどと同様、モバイルWiFiルーターを提供している会社です。

モバイルWiFiルーターといえばWiMAX、ワイモバイル、ドコモWiFiなどが有名ですよね。

どんなときもWiFiがサービスを開始したのは、2019年3月のこと。そのサービス内容と料金の安さから一躍有名になりました。

たった1年ほどでここまで名前が知れ渡ったのには、次のような理由がありました。

どんなときもWiFiが評価されていた理由
  • 通信が無制限
  • 価格が安くてシンプル
  • つながる範囲が広い

がしかし、かつてどんなときもWiFiが持っていた数々の強みは、そのほとんどが失われてしまっています。

現在のどんなときもWiFi
  • データ完全無制限 → 過去のデータ量が一定の基準を超えたユーザーに月間25GB制限
  • 月額料金が安い → 利用状況によっては月間25GB制限になってしまう可能性があるため、純粋なデータ無制限の料金とは言い難い
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアで繋がりやすい

残っているのはトリプルキャリアのメリットだけです。

また、2020年4月には新規受付を停止しており、その状態がすでに4ヶ月も続いています。

トリプルキャリア対応で料金が安いWiFiは他にもあるため、現在どんなときもWiFiはおすすめできるWiFiではありません。

そんなどんなときもWiFiの過去と現在を詳しく見ていきましょう。

どんなときもWiFiのメリット1 通信が無制限

どんなときもWiFi

画像引用元:料金プラン|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの最大の特長は、「完全無制限」であることです。

とはいえ、どんなときもWiFiが登場した2019年3月頃は、すでに「無制限」は大して珍しいものではなく、他の多くのWi-Fiでも同様のサービスを提供していました。

しかし、実際には以下のような制限が設けられていたのです。

提供キャリアWi-Fiルーターの
データ制限
月額料金
どんなときも
Wi-Fi
制限なし3,480円
ドコモ月に
2GB~30GBまで
約6,400円
(5GBまでの場合)
au月に7GBまで約5,000円
ソフトバンク月に7GBまで約4,500円
WiMAX3日間で
10GBまで
約3,500円
ワイモバイル3日間で
10GBまで
約4,000円

表のように、月もしくは3日単位でデータ制限を設けているケースが多く、当時は「完全にデータ無制限」で使えるWi-Fiはありませんでした。

一方、どんなときもWi-Fiには、月の制限はもちろん、短期間の制限もありません。

つまり、どんなときもWi-Fiは初めて登場した「データ完全無制限」のWi-Fiだったのです。

行政指導と現在の制限

非常に優れたサービスを提供していたどんなときもWi-Fiですが、2020年3月にある事件が起こります。

月に使ったデータ量が25GBを超えたあたりで、多くのユーザーが速度制限をかけられてしまったのです。

「データ完全無制限」を信じて契約したわけですから、多くのユーザーが混乱しました。

しかも、この制限について、どんなときもWiFiはユーザーからの問い合わせにまったく回答せず、また制限をかけた基準についても具体的に示さなかったのです。

その結果、総務省は「このような対応は電気通信事業法に違反する」ということで、どんなときもWiFiの運営会社に対し行政指導を行いました。

なお、2020年8月現在も、どんなときもWiFiでは通信障害などが発生しています。

2020年8月3日からは、過去のデータ通信量が一定の基準を超えている契約者に対し、次回更新月まで月間25GBの制限をかけています。

現在は新規受付も停止しているため、未契約の方には関係のない話ではありますが、何にしても「データ完全無制限」とは程遠いサービス内容ですね。

どんなときもWiFiのメリット2 価格が安くシンプル

どんなときもWiFiが注目された理由として、価格の安さと料金プランのシンプルさがあげられます。

クレジット払いの月額料金

利用期間月額料金割引額
通常価格4,410円-
24ヶ月目まで3,480円930円
25ヶ月目以降3,980円430円
詳細どんなときもWiFi 公式サイトへ

口座振替の月額料金

利用期間月額料金※割引額
通常価格4,410円-
24ヶ月目まで3,980円430円
25ヶ月目以降4,410円0円
※口座振替手数料200円が必要

月額料金は3,480円の1種類のみ。とてもシンプルな構成ですね。

GMOとくとくBBのWiMAXの価格と比較してみましょう。

利用期間どんなときも
WiFi
WiMAX
(GMO
とくとくBB)
〜3ヶ月目3,480円3,609円
4ヶ月目〜24ヶ月目4,263円
25ヶ月目以降3,980円
36ヶ月目まで総額131,280円151,506円

全利用期間でどんなときもの方が安いですね。

なお、GMOとくとくBBのWiMAXには、3日間で10GBの通信制限があります。

現在の料金

上でも触れましたが、2020年8月現在、どんなときもWiFiでは、過去のデータ通信量が一定の基準を超えている契約者に対し、次回更新月まで月間25GBの制限をかけています。

この制限をかけられたユーザーの月額料金は無料です。一方、データ完全無制限のまま利用できているユーザーの月額料金は、これまでと同じ3,480円となります。

ただし、現在データ完全無制限のユーザーも、使いすぎれば月25GB制限になる可能性はあるので注意しなければなりません。

いくら料金が無料になるとはいえ、急に25GBの制限がかかったらやはり不便ですよね。

データ無制限で3,480円は確かに安いです。しかし、あまり安心して使える状況ではありません。

同じ料金帯でデータ無制限のポケットWiFiは少なくなってきておりますが、そちらに乗り換えることをおすすめします。

どんなときもWiFiのメリット3 つながりやすい

どんなときもWiFi強みにつながりやすさがあります。

ポケットWiFiの基礎知識として、どこのプロバイダと契約しても速度や範囲は同じということ。

少し乱暴な言い方ですが、速度や範囲が変わるのは「どこの回線を利用しているか」「どのルーターを使用しているか」です。

ドコモWiFiはドコモの電波を利用しています。

WiMAXならau、ワイモバイルならソフトバンクです。

ですからプロバイダによって範囲が変わることはありません。

そして、どんなときもWiFiはドコモ・au・ソフトバンクの3社の電波を利用します。

これをトリプルキャリア対応といって、状況に応じて3社で最適なものに自動で切り替えてくれます。

つまり、どんなときもWiFiは繋がりやすさではかなり優れているといえますね。

どんなときもWiFiの現在の口コミ

ここからは、2020年8月現在のどんなときもWiFiの口コミなどを見ていきましょう。

データ制限が追加されたことや、通信障害が続いているためか、否定的な意見がかなり多かったです。

現在のどんなときもWiFiの口コミ
  • またどんなときもWiFiが繋がらない。これで解約したら違約金てふざけてる。
  • どんなときもWiFiは今後の経営方針をまだ出さないの?
  • 繋がりやすい深夜に繋がらないってどういうこと?
  • どんなときもWiFiの解約を決めた。 通信障害がおさまっても全然つながらないし。
  • 大規模通信障害が起きてから、まともに使えた試しがない。
  • どんなときもWiFi契約しなくてよかった。とんでもないことになってる。

大人気WiFiだっただけに、口コミやツイートの数はどのWiFiにも負けません。

しかし、そのほとんどが否定的な内容で溢れています。

今後、どんなときもWiFiが新規受付を再開しても、契約するのは控えた方が良いかもしれません。

今のおすすめポケットWiFi

ここまで見てきたとおり、現在どんなときもWiFiはおすすめできるWiFiではありません。

そこで、ここからは2020年8月現在でおすすめのポケットWiFiを下記3つご紹介します。

2020年8月現在でおすすめできるポケットWiFi
  • Mugen WiFi
  • どこよりもWiFi
  • THE WiFi

Mugen WiFi

Mugen WiFi

画像引用元:【Mugen WiFi】月額3,150円!業界最安級のWiFiルーター

まずおすすめするのはMugen WiFiです。

Mugen WiFiの概要

契約期間内容
通信制限100GB
月額料金3,150円
契約期間2年以内だと違約金あり
違約金1年未満:9,000円
1〜2年未満:5,000円
契約更新月以降:0円
初期費用事務手数料:3,000円
端末料金:無料
通信速度下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
海外利用1日1,200円〜(容量・地域による)
同時接続5台
支払い方法クレジットカードのみ
詳細Mugen WiFi 公式サイトへ

最強サービス~30日間全額返金保証!

Mugen WiFiは30日間全額返金保証(別途返金手数料1,100円)のサービスを取り入れています。

もし電波が届かない、使い勝手が悪い、あまり使いそうにない場合は、契約をキャンセルできるのはとてもうれしいですね。

契約期間の縛りはWi-Fiサービス利用の上で大きなハードルになります。

しかしMugen WiFiは気軽にお試しできる素晴らしいWi-Fiサービスです!

大容量で業界最安級の料金設定

Mugen WiFiで利用できるデータ量は月に100GBです。

余程のヘビーユーザーでなければ十分な量ですね。

短期間の制限などもありません。

月額料金は利用するWi-Fiルーターによって変わります。

料金が高い「G4」は、通常の通信機能に翻訳機能や地図機能が付いています。

これらの機能をスマホで代用できるのであれば、料金の安い「U2s」で十分です。

ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応

Mugen WiFiはトリプルキャリアに対応しているため、繋がりやすさは抜群です。

通信速度もポケットWi-Fiとしては平均的。

気軽に試せる上に、とても使いやすいポケットWi-Fiと言えます。

100GBで最安のポケットWiFi
30日お試し可!在庫が無くなる前にぜひ!

どこよりもWiFi

どこよりもWi-Fi

画像引用元:【公式】どこよりもWiFi|無制限のWiFiルータ

次におすすめするのはどこよりもWiFiです。

どこよりもWiFiの概要

サービス名どこよりもWiFi
運営会社株式会社Wiz
料金3,498円(100GB・定期契約あり)
2,728円(20GB・定期契約あり)
3,278円(20GB・定期契約なし)
3,828円(50GB・定期契約なし)
対応キャリアドコモ・au・ソフトバンク
※JT101はソフトバンクSIM
クラウドSIM対応
海外利用900円/日(500MB/日)
1,200円/日(1GB/日)
定期契約有無選択可能
※ありの場合は2年自動更新
公式サイトどこよりもWiFi 公式サイトへどこよりもWiFi

どこよりもWiFiの最も魅力的な点は、プランの選択肢があることです。

月に20GBのライトユーザー向けプランのほか、完全無制限のヘビーユーザー向けプランも用意されています。

定期契約のありなしを選べる!

多くのポケットWi-Fiは定期契約でサービスを提供しており、更新月以外に解約すると解約金が発生します。

解約金の相場は約2万円です。気軽に解約することはできません。

そんな中、どこよりもWiFiでは、定期契約の有無をユーザー自身で選択することができます。

定期契約なしを選ぶと月額料金が高くなってしまいますが、その代わりいつでも無料で解約可能です。

このような選択の余地があるところも、どこよりもWiFiのメリットの1つと言えますね。

THE WiFi

THE WiFi

画像引用元:【公式】THEWiFi | どスゴイ毎日4GB!1ヶ月最大124GB使用可能!月額3,480円(税抜)~

最後におすすめするのはTHE WiFiです。

THE WiFiの概要

項目THE WiFiTHE WiFiライト
価格(月額)初月:3,828円の日割り
2~3ヶ月目:3,828円
4ヶ月目以降:4,226円
初月:3,828円の日割り
2ヶ月目以降:3,828円
データ容量1日4GB(月間最大124GB)
契約年数2年間
通信回線の種類ドコモ/au/ソフトバンクの回線
下り最大通信速度150Mbps
速度制限の条件無し
海外使用可否海外132ヶ国で利用可能
決済方法クレジットカード
詳細THE WiFi 公式サイトへTHE WiFi

THE WiFiのデータ容量は1日4GB(月間最大124GB)です。

また、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応しているため、使えるエリアが非常に広く安定しています。

これだけでも十分良いWiFiであることが分かりますが、THE WiFiの魅力は別の点にあります。

5Gに対応予定!

ドコモ・au・ソフトバンクで2020年3月にサービスを開始した次世代通信5G。

スマホやポケットWiFiの現在の主流である4G/LTEに比べて、通信速度はもちろん電波の安定性や多人数の同時接続性にも優れています。

THE WiFiは、「5Gアップグレードに対応予定」と公表している唯一のポケットWi-Fiです。

ただ、5G通信設備を持っているドコモ・au・ソフトバンクでさえ、2020年8月現在の対応エリアはごくわずかなので、さすがに今年中に対応するのは難しいでしょう。

しかし、ポケットWi-Fiでも5Gを利用してみたい方には、非常に魅力的なWi-Fiと言えます。

データ完全無制限だった頃の口コミ

ここからは、データ完全無制限だった頃のどんなときもWiFiのユーザーの声をご紹介します。

全体的にかなり評判が良く、あっという間に人気になった理由がよくわかります。

口コミは独自で調査したものです。

※レビューはユーザーの生の声をそのまま掲載しています。測定値などは個人によるものです。

シンプルかつ明瞭な料金体制で安心!

  • 20代後半
  • 男性
  • フリーター
  • ★★★★☆

どんなときもWiFiの魅力としては、第1にシンプルかつ明瞭な料金体制で安心して通信が使えることが挙げられます。

どんなときもWiFiは月額の定額料金でデータ通信が使い放題です。

通信上限や追加料金の支払いを気にせずに使えるため、「今月の通信料どうしよう」と頭を悩ませることがなくなりました。

出費額が最初から分かっているので家計の予定も立てやすくなります。

ちなみに、私は格安スマホとどんなときもWiFiを併用することで通信料金を節約しつつ不自由なく通信を使えています。

スマホ料金は抑えられたのですが、通信速度が遅くなるところは大きな不満がありました。

併用は格安スマホの弱点を補うためです。

どんなときもWiFiはキャリア回線の中からつながりやすいもの選んで接続してくれるので、格安スマホに比べると圧倒的につながりやすい。

流石に家にいる時ほどの安定感はありませんが、都市部ならば動画を見ていてぶつ切りになるようなトラブルは起こらなくなりました。

併用してもキャリアのスマホを使うよりも利用料金は抑えられてお得だと感じています。

通信量について細かい制約がないことも使いやすいポイントだと感じています。

以前使っていた別のポータブルでは「○○日で〇ギガ以上を利用すると通信制限がかかる」というような制限を設けていました。

そのため、休日にドラマを一気見したりするとあっという間に制限に達してしまい、その後通信速度の低下でイライラさせられるという経験もありました。

どんなときもWiFiにはそうした制限がないため、一気に通信量を消費してもその後も制限に引っかかることなく快適に通信をすることが可能になりました。

細かい制約がないことは従来のWiFiサービスにはなかった大きな特徴、一度通信を始めると通信量を一気に消費する傾向にあるタイプの方に向いているWiFiサービスだと感じました。

全体的には満足して使えていますが、まだまだ改善の余地もあると感じています。

1つは大きさ重さ。

単体ではそれほどではなくても、スマホと同時持ちすると重いしかさばると感じます。

出先でつかうにはもう少し軽量化、小型化を進めてほしいです。

また、キャリアのスマホ回線を利用するので、都市部で強く地方では弱いという弱点は相変わらず。

山間部に入ると通信は不便ですね。

今後は田舎でも使えるような工夫をしてほしいと感じています。

格安スマホとの相性が良いようです。通信料を気にしないで使えるの点がメリットでしょう。不満点としては端末の大きさと重さ、そして山間部での通信が弱いようです。

どんなときもWiFiは繋がりやすい! 速度制限なし!

  • 43歳
  • 男性
  • 自営業
  • ★★★★☆

自宅でも出先でも気軽に楽しめるインターネット環境が欲しくてWiFiを探していた時に、どんなときもWiFiが気になり契約しました。

2年間は月額3,480円という低価格でその上、無制限で利用可能な点は特に魅力的であり、自営業者で場所を選ばずに仕事をしたい私にはぴったりなサービスだと思ったのです。

しかも利用出来るエリアは、携帯のキャリアと同じなので場所を選ばずに繋がり易いという点も嬉しいポイントでした。

というのも私は以前、他社のWiFiサービスを利用した経験がありますが、その時には明らかに繋がり難い場所もあったからです。

同時に少し使い過ぎると通信制限に引っ掛かって、動画を視聴出来ないといった状態になる事が度々ありました。

所がどんなときもWiFiを使い始めてから、繋がらずに困ったという状況は起こった事はないです。

実際に場所によって最適な回線を選んでくれるらしく、田舎に行ってもしっかりとネット接続が出来ます。

更に個人的には自宅やカフェ等で動画視聴を楽しむ事が多いのですが、頻繁に動画を視聴していても以前の様に速度制限をされた経験はありません。

いつでも何処でもたっぷりと動画視聴を楽しむ事が出来る点は、個人的には非常に嬉しい所だったりします。

お陰でどんなときもWiFiを使用し始めてから自宅の固定回線を解約し、スマホも格安携帯に変更しましたが特に不便さを感じた事はないです。

サイトを見て回ったり、SNSや動画視聴を行う程度なら十分快適に実行出来る上に、毎月の通信費を大幅に削減出来ました。

そんなどんなときもWiFiですが、端末がレンタルであるため、故障させたり紛失した際には18,000円の支払いが必要になる点は、少し注意が必要です。

しかもレンタルされる端末ですが、幾分かさばる上に使用していると結構熱を持つので2年間もつのかやや心配な所もあります。

同時に端末には液晶の画面がなくて非常にシンプルな作りであるため状況が分かりにくく、幾分使い難いと感じる部分もあります。

更に当初は口座振替で契約しようとしましたが、それだとクレジットカード払いよりも月額が700円程度も高くなってしまうのです。

だからこそクレカ払いにしないと、かなり損をする羽目になる点も少しがっかりポイントとなっています。

他社に比べてつながりやすいようです。田舎でもネット接続ができるとのこと。自宅の固定回線を解約でき家計を抑えることに成功しています。不満点はルーターの熱や使い勝手を指摘しています。

通信料が安く通話容量を気にせず使える! 速度はやや不満

  • 40歳
  • 男性
  • 自営業
  • ★★★★☆

どんなときもWiFiをしばらく使ってみての感想をお話します。

いいところは月額料金が安いところ、通信容量を気にする必要がないところです。

月額料金は他社よりも1~2割程度安く、月にすると数百円程度浮きます。

大した金額ではないように思えますが、年間で換算するとそこそこの金額です。

1年中使うものなのでこの辺のところは重要ではないでしょうか。

通信容量を気にすることがないというのも良いところです。

自営で屋外での仕事も多いのですが、スマホと連動してネットラジオを流しながら仕事ができるくらい自由に通信ができるのはメリットだと思います。

改善してほしいところは速度ですね。実は家では使っていません。

テレビと連動してネット動画などを高画質の映像で楽しもうとすると確実にカクカクします。

仕事用途やスマホの小さな画面で通信を行う分には良いですが、家で使おうとすると正直きついです。

使用感は仕事用途だと全くストレスはありません。

むしろ容量を気にしない分、快適です。

メール確認やLINEで親しい同業者との通話連絡、先ほどお話ししたネットラジオなども問題なく使えます。

メモ程度に仕事内容を動画で記録し、相手に送信するのも問題ありません。

テレビ電話はやったことがありませんが、スマホ程度のサイズだったら問題ないのではないでしょうか。

通信速度は先ほどお話しした通り、最近はやりのネットゲームの対戦やテレビでネットの動画を楽しむにはやや物足りません。

住んでいるところが田舎なので、通信網が発達していないせいか、計測するとたまにくだりが数Mbpsになっていることがあります。

偶然かもしれませんが、他社に比べると遅いという印象は否めません。

ネットラジオも気楽に楽しめる通信無制限をメリットにあげています。ただしネットゲームなどにおいては速度に多少の不満もあるようです。

3キャリアの回線に接続されるので、夜間などでも通信速度を不満に感じることがない

  • 27歳
  • 女性
  • アルバイト
  • ★★★★☆

どんなときもWiFiを使用していて良いと感じる所は4つあります。

1つは、通信制限がなく無制限で使い放題である点です。

同業他社のように1日の通信量の制限なども全くないので、動画や映画も思う存分に楽しめるところが最高です。

これが、どんなときもWiFiを使う上での最大の魅力であると感じています。

1つは、通信速度が快適である点です。

通信制限がないだけでなく、肝心な通信速度もきちんと出るので、動画の視聴やダウンロードを行う時ににストレスを感じることなく快適に利用できます。

携帯電話会社の3キャリアの回線に接続されるので、夜間などでも通信速度を不満に感じることが殆どありません。

1つは、海外でもそのまま利用できる点です。

海外で利用することが多いため、手続きや申し込みなどをせずにそのまま使えるところに大きな魅力を感じています。

1つは、月額料金が安い点です。

最初の2年間は月額3,480円で利用することができるので、安いと感じています。

通信制限が一切なく、通信速度も十分な速度が出ていることを考慮すると、この月額料金で利用できるのはとてもお得だと思います。

一方で、改善してほしいと感じる所は2つあります。

1つは、2年契約の縛りがある点です。

どんなときもWiFiは、レンタル方式で購入することができないにもかかわらず2年契約の縛りがあり、途中で解約すると高額な違約金がかかるので、その部分には不満を感じています。

また、2年縛りの契約が終わる25ヶ月目以降は、月額料金も高くなるので、長期で利用し続けるメリットがあまり感じられない所が残念です。

もう1つは、解約時にルーターの返却が必要な点です。

長期間利用してもルーターを購入することができず、解約時にルーターの返却が必要な点に少し不満を感じています。

レンタル扱いになるためにルーター本体だけでなく、説明書や付属品まで返却しなければならない上、紛失すると高額な損害金を請求されるので、その点がとても面倒だと思います。

通信制限がなく速度も満足のようです。改善してほしい点は2年契約の縛りとルーターの返却が必要な点を指摘しています。説明書や付属品まで返却しないといけないのは面倒ですよね。

決め手はデータ通信量が無制限、速度は一歩劣る?

  • 30代
  • 男性
  • 会社員
  • ★★★★☆

仕事柄ノートPCを外に持ち出す事が多かったり遠方への出張も時々あるので、WiFiの導入を検討するようになりました。

とはいっても仕事で直接ネット環境が必要になるという事ではなかったので、安いもので面倒ではない(細かい制約などがない)ものをと思って探していた中で、評判の良かったどんなときもWiFiを利用しようと思いました。

決めての1番のポイントは『データ通信量が無制限』という点です。

自宅で光などでネットをしている場合、利用時に通信量の事を気にする事はありません。

動画も積極的に最高画質で見ますしゲームも通信量を気にせずにプレイしています。

外でWiFiで通信する場合ほとんどの会社に制限があって、「月に○ギガまで」「○日間で○ギガまで」など、サービス内容に合わせた使い方をしなければならないものが多かったです。

しかしどんなときもWiFiの場合、外出時でも通信量の制限がなく好きなものを好きなだけ楽しめるというところに惹かれて利用しました。

実際に使ってみても、通信量を気にせず使えるので自宅と同じような感覚で色々なコンテンツを楽しめるのでかなり便利です。

ただ、若干改善して欲しいと感じたのは通信速度に関してです。

どんなときもWiFiの下りの最大速度は150Mbpsで上りは50Mbpsです。

D1という端末がこの速度になっているため、プランでグレードを上げたりなどはできません。

実測も色々な場所ではかったりしてはいませんが、30Mbpsくらいは出ていたのでモバイル通信などと比べるとかなり快適でした。

しかしながら、後々よく調べてみると最大下り1GBなどというサービスも最近は結構多いようで(実際にはそこまででないとは思いますが)、通信速度に関しては他社よりは一歩劣るのではないかと思います。

もちろん早いに越したことはないですが、それでも動画を見たりネットサーフィンをする程度であれば問題はなかったので、データ通信量の多いゲームなどをしなければ支障はなさそうです。

決め手はやはりデータ通信無制限のようです。動画もゲームも快適にプレイできているとのこと。D1以外の選択肢があればなお良いとレビューしています。

どんなときもWiFiはデメリット以上のメリットあり!

  • 28歳
  • 男性
  • フリーライター
  • ★★★★☆

CMなどで頻繁に見るため、おもいきって国内最大手のひとつであるWiMAXから乗り換えて『どんなときもWiFi』にしました。

契約から1週間ほどで手元に届き、かなり迅速な配送でした。

実際に手に取ってみると、かなり小型で片手に収まってしまうサイズでした。

カバンに入れていても邪魔にならないため、外での使用を想定するとかなり使い勝手がよかったです。

通信速度はYouTubeなどを見ても、ストレスなく動画を視聴することができました。

WiMAXなどと比べると通信速度の多少の遅さはありますが、動画を視聴するのに支障があるほどの差はないためまったくストレスは感じません。

また従来のパケットWiFiは3年契約のものがおおかったですが、『どんなときもWiFi』は契約が2年契約なので、スマホなどと変わりなく契約することができます。

料金の支払い方法はクレジットカードの方が安く設定されているため、口座振替よりもクレジットカード決済をオススメします。

ルーターはレンタルなので、契約解除後には端末を返す必要がある点には注意が必要です。

実際にしようしてみると、充電性能はまだ改善の余地があると感じました。

バッテリーの残高がわかりづらいために、バッテリーを気にしておく必要はあります。

さらに、長時間端末をしようしていると、熱を持つこともあります。

あまり熱きなりすぎると端末の寿命を縮めることにも繋がるので、今後の改善に期待したいです。

電車などでも使用することができ、混雑する時間でスピードテストを行ってもわずかな数値の現象は見られるものの体感でのスピードに変化は見られませんでした。

実際に、『速度制限なし』を唱っていても、実質的な速度制限がある場合も多いポケットWiFiですが、『どんなときもWiFi』は実際に速度制限がないということは最大の魅力でした。

デメリットは多少ありますが、それ以上のメリットがあるためオススメしたいポケットWiFiです。

他社が3年契約多い中、2年契約であることにメリットを感じているようです。ルーターのバッテリー表示や端末の熱には不満のようですね。

クラウドSIMが優れもの! 海外旅行中のトラブルにも、専門の担当さんが遠隔でサポート

  • 52歳
  • 女性
  • 会社員
  • ★★★★☆

どんなときもWiFiは、メリットが多いので気に入っています。

これまでのモバイルWi-Fiルーターは制限があり、自宅だと通信速度が落ちるため使いづらい面もありました。

無制限でインターネットを使えるモバイルWi-Fiルーターを探していたところ、どんなときもWiFiを見つけました。

比較的新しいモバイルWi-Fiルーターですが、運営会社はインターネットサービスで実績があったので不安はなかったです。

どんなときもWiFiはデータ通信が無制限ですが、海外旅行が好きな私にとって世界107ヶ国で使えるのが大きな魅力でした。

クラウドSIMが現地の状況にマッチしたSIMになるので、旅行先で楽に通信ができます。

海外旅行に行くたびにレンタルWi-Fiを利用するのは手間がかります。

どんなときもWiFiなら手続きの手間が必要ないので、その分時間を節約することができます。

クラウドSIMは、とてもユニークなSIMです。

通常のSIMだと1社のみの回線になりますが、クラウドSIMはその場に最も合ったキャリアを選んで接続することができます。

クラウドSIMという存在を初めて知りましたが、かなり優れものです。

運営会社についてあまり知識がなかったのですが、サポート体制が充実していて驚きました。

長年、誰でも知っている大手企業のサービスを使ってきましたが、大手企業に匹敵するサポート体制でした。

海外旅行中のトラブルにも、専門の担当さんが遠隔でサポートしてくれます。

いつでもサポートしてもらえる安心感があるので、ストレスフリーで旅を続けられます。

今のところ問題はないですが、海外で端末を紛失した場合は、別の端末を送ってくれるので安心です。

支払いについても合理的で、データ通信の料金は使った分だけ支払えばいいのでお得感があります。

昔のレンタルWi-Fiだとレンタル日から返却まで全てが請求対象になっていましたが、どんなときもWiFiは現地で使った分だけが請求されます。

元々の料金もリーズナブルなので、かなり節約することができます。

快適に使えて料金も安いどんなときもWiFiを見つけることができ、本当に良かったです。

海外での利用する場合に手続きが不要なところにメリットを感じているようです。価格のリーズナブルさ、サポート体制のメリットをあげています。

データ完全無制限だった頃の使用感レビュー

ポケットWiFi
ここからは、私自身がどんなときもWiFiを利用して感じた使用感や速度をレビューします。

私が利用したのは、大規模な速度制限が発生した2020年3月よりも大分前のことです。現在とは状況がかなり変わっているはずなのでご注意ください。

ポケットWiFi選びで気になるのはやはり速度と範囲ですが、様々な場所で速度をチェックしましたので参考にしてください。

速度チェックの環境
  • 計測に使用したスマホ:iPhone XR
  • 計測に使用したアプリ: FAST.com
  • 計測に使用したルーター:D1

まずはどんなときもWiFiの速度をチェックしてみましょう。

使用したルーターはどんなときもWiFiからレンタルできる唯一の端末であるD1です。

計測場所1 都内マンション

まずは都内のマンションの一室。

ここは電波が入りにくく、WiMAXでは圏外だった場所です。

速度

18Mbpsとまあまあの速度がでました。

ドコモの電波がとても弱い場所ですので、ソフトバンクの電波で対応したと思われます。

ワイモバイルは利用したことがないので分かりませんが、どんなときもWiFiはしっかりつながりました。

計測場所2 都内通常のカフェ

都内の通常のカフェでも計測しました。

実はカフェはとてもくせ者で、立地の条件によってモバイルWiFiにとっては天敵になります。

速度

20Mbpsと速度は上々ですね。

カフェは雑居ビルに入っていたりすると、モバイルWiFiは全くつながらなくなる経験があります。

今回も奥まったカフェでしたが、全く問題なくつながりました。

計測場所3 都内屋外

東京都内の通常の道端です。

ここはどんなWiFiでもつながるでしょうから速度に注目。

速度

D1の性能のせいか、良くてもこのくらいのようです。

使用には問題ありませんが、大容量を扱う場合は注意が必要です。

番外編 地下鉄

地下鉄の駅ではほとんどのモバイルWiFiがつながります。

つながらなくなるのは駅と駅の間です。

ところが、どんなときもWiFiはしっかりつながりぱなしでした。

速度は多少落ちたように感じますが、通常のネット操作が不便になるほどではなかったです。

トリプルキャリアはすさまじいですね。

どんなときもWiFiは今ではおすすめできない

最後にどんなときもWiFiの評判や口コミ、使用感をまとめてみましょう。

どんなときもWiFiの現在の状況まとめ
  • かつてはデータ完全無制限だったが、今は一部のユーザーが、月に25GBの制限をかけられている
  • 完全無制限のポケットWi-Fiとしては安いものの、月25GBの制限がかかる可能性がある以上、純粋な「データ無制限」とは言い難い
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアは健在で、利用できるエリアは広い
  • 口コミやツイートのほとんどが否定的な意見で溢れている

どんなときもWiFiのかつてのメリットは、そのほとんどがデメリットに変わってしまいました。

現在の口コミやツイートを見ると、否定的・批判的な意見で溢れており、現在はおすすめできるWi-Fiではありません。

データ完全無制限だった頃の口コミや使用感は非常に良かっただけに、当時のサービスが復活してくれれば良いのですが……。

どんなときもWiFiの代わりとしておすすめできるポケットWi-Fiは、以下の3つです。

おすすめできるポケットWiFi
  • Mugen WiFi:月100GB使えて料金が安い
  • どこよりもWiFi:月間データ量や定期契約の有無を自分で選べる
  • THE WiFi:データ完全無制限でトリプルキャリア対応かつ5G対応予定
100GBで最安のポケットWiFi
30日お試し可!在庫が無くなる前にぜひ!

これらのWi-Fiは、数あるWi-Fiの中でもサービス内容が特に優れています。

又、契約期間の縛りがないおすすめのポケットWiFiも別途紹介しているので、参考にしてみてください。

それぞれ強みが異なるので、自分の好みやWi-Fiの使い方に合うものを選んでくださいね。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ