【どんなときもWiFi VS Y!mobile Pocket WiFi】徹底比較|どっちがいいか?その理由

【どんなときもWiFi VS Y!mobile Pocket WiFi】徹底比較|どっちがいいか?その理由

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

外出中にPCやタブレットを利用するためにポケットWiFiを契約しようと考えている人もいるかもしれません。

しかし、ポケットWiFiにはさまざまなサービスがあるので、どれを契約すればいいの迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで、この記事では有名なポケットWiFiサービスの中から

  • どんなときもWiFi
  • Y!mobile Pocket WiFi

の2つをピックアップして紹介します。

それぞれのサービスに特徴があるので、しっかりチェックして自分にピッタリの方を契約してください。

トップ画像引用元:データ容量無制限のメリット|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiとY!mobile Pocket WiFiの違いをチェック!

どんなときもwifi

最初にどんなときもWiFiとY!mobile Pocket WiFiの違いをチェックしていきましょう。

通信速度や利用料金、速度制限のしきい値などの重要なポイントを紹介するので、契約する前にしっかり確認しておくことをオススメします。

どんなときもWiFi・Y!mobile Pocket WiFi 比較表

サービス名どんなときもWiFiY!mobile
Pocket WiFi
運営会社株式会社
グッド・ラック
ソフトバンク
株式会社
料金4,378円
(クレジットカード)
4,851円
(口座振替)
4,065円
(ベーシック)
4,818円
(アドバンスオプション付き)
最大回線速度ダウンリンク: 150 Mbps
アップリンク: 50 Mbps
ダウンリンク: 988 Mbps
アップリンク: 37.5 Mbps
月間通信容量制限無制限7GB
※アドバンスオプションに加入すると無制限
短期通信容量制限無制限10GB/3日
最低利用期間2年なし
解約金20,900円(0~12ヶ月目)
15,400円(13~24ヶ月目)
10,450円(26ヶ月目~)
※更新月のみ0円
なし
WiFiルータ取り扱い
公式サイトどんなときもWiFi公式サイトY!mobile Pocket WiFi公式サイト

どんなときもWiFiとY!mobile Pocket WiFiの概要を知りたい人は、上記の表をしっかりチェックしておいてください。

キャンペーン込みの料金は要チェック!

項目どんなときもWiFiY!mobile
Pocket WiFi
キャンペーン料金
(税込)
3,828円4,065円
(ベーシック)
4,818円
(アドバンス)
通常価格からの
値引き額
1,023円-
キャンペーン適用期間契約翌月~24ヶ月目
初月は日割り計算
-
備考クレジットカード払いの場合2019年11月現在
キャンペーン未実施

最初に、気になる料金についてみていきましょう。

どんなときもWiFiはキャンペーンを実施しており、クレジットカード払いで契約すると24ヶ月目までの料金が3,828円になります。

一方でY!mobile Pocket WiFiは、2019年11月時点でキャンペーンを実施していないため、ベーシックプランで4,065円です。

どんなときもWiFiでは、25ヶ月目以降でもクレジットカード払いで契約していれば4,378円となるため、Y!mobile Pocket WiFiのアドバンスプランの料金4,818円より安く利用できます。

無制限プランでランニングコストを重視する場合はどんなときもWiFiがお得といえるでしょう。

↓動画で説明しました!↓

利用できる回線に違いがある

クラウドSIM

画像引用元:どんなときもWiFiの秘密|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiとY!mobile Pocket WiFiでは、利用できる回線が異なっています。

どんなときもWiFiはクラウドSIMを採用しているサービスなので、SIMを挿し替えずにドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線を利用できます。

一方でY!mobile Pocket WiFiはワイモバイルのSIMを挿して使うサービスなので、利用できる回線はワイモバイルとソフトバンクのみです。

ただし、どんなときもWiFiは自動で回線が切り替わる仕組みになっているため、自分でどのキャリアの回線を利用するかは選べません。

このように利用できる回線に差があるので、契約前にしっかりチェックしておきましょう。

両方とも月間通信容量制限を無制限にできる!

どんなときもwifi
どんなときもWiFiは、標準で月間通信容量制限が無制限のサービスです。

一方でY!mobile Pocket WiFiは7GBの制限があるものの、アドバンスオプションに加入するとこちらも無制限になります。

そのため、月間通信容量の制限に悩まされたくない人にオススメです。

Y!mobile Pocket WiFiは短期制限があるので注意

Y!mobile Pocket WiFiはアドバンスオプションに加入している場合でも、3日で10GB以上のデータ通信を利用すると速度制限がかかってしまいます。

したがって、短期間で大量のデータ通信を必要とする場合はどんなときもWiFiの方がオススメといえるでしょう。

短期制限については見逃しがちなので、契約前にしっかりチェックしておいてください。

どんなときもWiFiは契約期間に注意が必要

どんなときもWiFi

画像引用元:どんなときもWiFiの秘密|【公式】どんなときもWiFi

双方のメリット・デメリットをチェックしていくと、利便性が高くて制限が少ないどんなときもWiFiを利用しようと考えるかもしれません。

しかし、どんなときもWiFiには2年間(自動更新)という契約期間が存在しているので注意が必要です。

契約期間中に解約した場合は解約金がかかり、その金額は利用期間に応じて10,450~20,900円とかなり高額なので十分に注意しましょう。

また、解約金なしで解約できるのは契約更新月のみで、契約期間は自動更新されるのでこちらも要チェックです。

最初の2年利用すればいつでも解約できるという契約形態ではないので、不便といえるでしょう。

回線速度はY!mobile Pocket WiFiの方が早いが実用性の面ではほとんど変わらない

最大回線速度を比較すると、ダウンリンク・アップリンクともにY!mobile Pocket WiFiの方が速くなっています。

とはいえ、どちらもベストエフォート型のサービスなので表記されている速度の上限付近が出ることは少ないでしょう。

また無線通信という性質上、速度や安定性は電波状況の影響を大きく受けることになり、実使用で出る回線速度はほとんど変わらない可能性が高いと判断できます。

したがって、回線速度を気にしている人でもそこまで気にする必要はないといえるかもしれません。

数GB以上の大容量データのダウンロードが必要な場合は、あらかじめ自宅の固定回線でダウンロードしておくようにしましょう。

【制限なし】どんなときもWiFiは本当にお得?メリット5つとデメリット2つ

次の章ではどんなときもWiFiのメリット・デメリットをもっと詳しく紹介します。

どんなときもWiFiのメリット・デメリットをチェック!

どんなときもWiFi

画像引用元:どんなときもWiFiの秘密|【公式】どんなときもWiFi

ここではどんなときもWiFiのメリットとデメリットについてさらに詳しくチェックしていきましょう。

もっと詳しく知りたい人やどんなときもWiFiの契約を検討している人は要チェックです!

どんなときもWiFiのメリット

どんなときもWiFi

画像引用元:どんなときもWiFiの秘密|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのメリット
  • データ通信量の制限がない
  • 場所に応じて最適な回線を自動で選んでくれる
  • いつものWiFiルータを海外でも利用できる

どんなときもWiFiのメリットを一覧で紹介すると、上記の通りです。

契約する前に覚えておきたいポイントばかりなので、以下で詳しくチェックしていきましょう!

データ通信量の利用制限がない

どんなときもWiFiには、月間通信容量・短期通信容量ともに制限がありません。

通常、無制限ポケットWiFiとして宣伝されているサービスでも短期の制限がかかっていることが多いので、完全無制限は魅力的だと感じるでしょう。

仕事などで毎日大量のデータ通信を利用する人にピッタリのサービスです。

ただし、公式サイトにはネットワーク占有レベルの大容量通信をすると制限をかけると記載されているので覚えておくことをオススメします。

一方で長時間の動画視聴などの通常利用で制限がかかることはないと記載されているため、この点では安心できるでしょう。

場所に応じて最適な回線を自動で選んでくれる

前述の通り、どんなときもWiFiはクラウドSIMを採用しています。

したがって、その場所に応じた最適な回線をシステムが判断して選んでくれるでしょう。

一例として、ソフトバンク回線を利用中に圏外に移動した場合、そこがドコモの電波が届く範囲であれば自動で切り替えてくれます。

そのため、単一のSIMを利用する一般的なポケットWiFiサービスと比較すると使えるエリアが広く、より品質の高い回線を利用できるでしょう。

いつものWiFiルータを海外でも利用できる

海外旅行や出張時にもポケットWiFiを利用したいと考えている人も多いかもしれません。

どんなときもWiFiは、前述のクラウドSIMによる回線自動選択機能を利用して世界各国でWiFiサービスを利用することができます。

そのため、別途現地SIMやレンタルルータを準備しなくてもそのまま日本国外でいつものポケットWiFiを利用可能です。

どんなときもWiFiのデメリット

どんなときもWiFi

画像引用元:どんなときもWiFiの秘密|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのデメリット
  • 契約期間の縛りがある
  • 専用のWiFiルータが必要
  • 速度が遅い

どんなときもWiFiを利用する際のデメリットは上記の通りです。

契約してから後悔しがちなポイントも多いので、あらかじめ確認しておくことをオススメします。

契約期間の縛りがある

どんなときもWiFiの最大のデメリットの1つが契約期間があり、自動更新制であるというものです。

2019年になってから契約期間の縛りや解約金の金額が安くなる傾向にありますが、どんなときもWiFiはそうではありません。

2年契約が基本で自動更新され、解約金も非常に高いので注意が必要です。

短期解約すると20,000円以上かかり、2年以上利用していても更新月以外に解約すると10,000円以上かかります。

短期解約する可能性がある場合は十分に注意してください。

専用のWiFiルータが必要

どんなときもWiFiはクラウドSIMを採用している関係上、専用のルータが必要です。

また、専用ルータはレンタル扱いとなっているため、解約した際は10日以内に返却しなければなりません。

手持ちのルータを使いたいと考えている人や、契約と同時に購入したいと考えている人は注意してください。

速度が遅い

どんなときもWiFiはほかのポケットWiFiに比べて速度が遅いのが特徴です。

通常、4G回線を利用しているポケットWiFiサービスは最大通信速度が数百Mbps程度のことが多いものの、どんなときもWiFiはわずか150 Mbpsです。

とはいえ、外出先で大容量データのダウンロードをしない限りは問題なく使えるでしょう。

緊急事態などで急いでデータをダウンロードしなければならなくなった場合にボトルネックになるので、速度が遅いことはしっかり覚えておきましょう。

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

次の章ではY!mobile Pocket WiFiのメリット・デメリットを紹介します。

Y!mobile Pocket WiFiのメリット・デメリットをチェック!

Y!mobile Pocket WiFi

画像引用元:Pocket WiFi 803ZT|Pocket WiFi|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

続いてY!mobile Pocket WiFiのメリット・デメリットをみていきましょう。

比較をチェックしてY!mobile Pocket WiFiを契約しようと考えている人は、これから紹介するポイントをしっかり覚えておいてください。

Y!mobile Pocket WiFiのメリット

Y!mobile Pocket WiFi

画像引用元:Pocket WiFi 803ZT|Pocket WiFi|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

Y!mobile Pocket WiFiはソフトバンクのサブブランドを展開しているワイモバイルが提供しているポケットWiFiサービスです。

回線の品質は基本的にソフトバンクと同等なので、安心して利用できるでしょう。

主なメリットはいかのとおりです。

Y!mobile Pocket WiFiのメリット
  • 通信速度が早い
  • アドバンスオプション加入で月間通信容量が無制限になる
  • ルータの選択肢が豊富

それぞれのメリットについて詳しくチェックしていきましょう。

通信速度が早い

Y!mobile Pocket WiFiで利用している回線はMassive MIMOに対応しているため、対応エリア内では最大988 Mbpsで通信することができます。

どんなときもWiFiの150 Mbpsに比べると大幅に早くなるので、速度重視の場合は必見です。

アドバンスオプション加入で月間通信容量が無制限になる

通常の契約では7GB/月という制限があるので、大容量通信を必要とする場合はこの制限が気になるかもしれません。

しかし、アドバンスオプションに加入するとこの月間通信容量が無制限になるので、ビジネスなどで一日中利用する人でも安心して使えます。

ルータの選択肢も豊富

Y!mobile Pocket WiFiはどんなときもWiFiとは違って、物理的なSIMを挿入して使うタイプの回線なので、ルータの選択肢が豊富です。

ワイモバイルでも販売されていますが、ワイモバイルの回線に対応しているルータを所持しているならそれを持ち込んで利用することもできるでしょう。

Y!mobile Pocket WiFiのデメリット

Y!mobile Pocket WiFiにもいくつかのデメリットがあり、その内容は以下の通りです。

Y!mobile Pocket WiFiのメリット
  • 短期間に大量のデータ通信をすると制限がかかる
  • アドバンスモードの対応エリアが狭い

デメリットについても1つずつチェックしていきましょう。

短期間に大量のデータ通信をすると制限がかかる

アドバンスモードを契約すると月間通信容量が無制限になるものの、3日間に10GBという短期の利用制限はなくなりません。

したがって、大容量のデータをダウンロードすると通信制限に引っかかる可能性があるので注意が必要です。

アドバンスモードの対応エリアが狭い

とても便利なアドバンスモードですが、対応エリアが狭いのが欠点です。

都市部や街道沿いなどしか対応しておらず、山間部や沿岸部ではアドバンスモードを利用できないので注意してください。

アドバンスモードを利用して月間データ通信量を無制限にしたいと考えている場合は、公式サイトで対応エリアをチェックしてから契約しましょう。

ワイモバイル公式HP

自分の利用スタイルに合った方を利用して快適にポケットWiFiを利用しよう!

どんなときもwifi

今回は有名なポケットWiFiサービスのなかから、どんなときもWiFiとY!mobile Pocket WiFiをピックアップして比較検討していきました。

この2つのサービスがどんな人にオススメかを簡単にまとめると以下の通りです。

どんなときもWiFiがオススメの人
  • 月間データ容量・短期通信量のいずれも無制限のものを探している人
  • なるべく対応エリアが広いポケットWiFiを使いたい人
  • いつものポケットWiFiを海外でも使いたい人
Y!mobile Pocket WiFiがオススメの人
  • 通信速度を重視する人
  • 手持ちのルータを持ち込んで契約したい人
  • アドバンスモード対応エリア内での利用が主な人

どちらを契約するか迷っている人は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

自分にピッタリのポケットWiFiを契約して利用すれば、外出時にも快適なインターネット環境を楽しめるでしょう。

うまく使えばスマホの通信量の節約にも役立つので、ぜひ活用してみてください!

【学生必見】節約の為のポケットWiFi活用方法を解説します

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ