どんなときもWiFiとは?3キャリアの回線を月額3,480円で使い放題

どんなときもWiFiとは?3キャリアの回線を月額3,480円で使い放題

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

「月に使えるデータ量が無制限」、「大手3キャリアの電波を自由に使える」、しかも「月額は既存のサービスとそれほど変わらない3,480円」。

今回は、こんなウソのようなWi-Fiルーターを提供している「どんなときもWiFi」について解説します。

もはや胡散臭さすら感じますが、全くもってそんなことはありません!

本記事では、そんな「どんなときもWiFi」の魅力と注意すべき点について、徹底的に解説していきます。

どんなときもWiFiのデメリットが致命的?最新の超おすすめを別途紹介

「どんなときもWiFi」のここがスゴイ!

画像引用元:どんなときもWiFiの特徴|【公式】どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」では、どこでもインターネットを利用できるWi-Fiルーターを提供しています。

Wi-Fiルーターを提供するサービス自体は真新しいものではありませんが、「どんなときもWiFi」は2019年3月のサービス開始以来ずっと注文が殺到しているのです。

なぜこんなに人気が集まったのでしょうか?

それは、次の5つの特徴があるからです。

「どんなときもWiFi」の5つの特徴
  • インターネット使い放題
  • トリプルキャリアの電波を使えるので、どこでも安定して利用できる
  • 月額3,480円のシンプルなプラン
  • 世界107ヶ国対応で、海外利用もこれ1台でOK
  • 最短即日発送だから、すぐ使える

特に、インターネット使い放題や、大手キャリア3社の電波を自由に使えるというのは大きな魅力ですね。

常識を覆すインターネット使い放題!

「どんなときもWiFi」が支持されている理由は、そのサービス内容にあります。

特に注目すべきポイントは、月に使えるデータ量でしょう。

「どんなときもWiFi」では、なんとデータ量「無制限」でインターネットが使えるのです。

下の表を見れば、「無制限」ということが、いかに常識外れであるかがわかるでしょう。

提供キャリアWi-Fiルーターでの
データ制限
ドコモ月に2GB~30GBまで
au月に7GBまで
ソフトバンク月に7GBまで
WiMAX3日間で10GBまで
ワイモバイル3日間で10GBまで

ただし、「どんなときもWiFi」では、いついかなるときでも通信制限がかからないというわけではありません。

「どんなときもWiFi」側で、違法ダウンロードや大容量通信によってネットワークの占有を確認した場合は、通信速度を制限する場合があります。

とはいえ、これは不法にネットワークを占拠していた場合の話です。

普通に通信を利用している分には気にする必要はありません。

どこでも使える大手3キャリア対応

どこにいても快適に利用可能!

格安SIMなどに比べると、大手3キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクの電波は利用範囲が広く、安定しているものです。

しかし、各キャリアは得意・不得意の分野が異なります。

また、自分がいる環境や建物の状況によっては、繋がりにくかったり、圏外になったりする場合も。

どのキャリアも決して万能ではないのです。

そんな中、「どんなときもWiFi」はこれら大手3キャリア全ての電波に対応しており、利用する環境に応じて、3社の中から最適な電波を掴むことができます。

これにより、キャリアごとに異なる得手・不得手を補うことが可能に。

その結果、「どんなときもWiFi」の電波の範囲と通信の安定性は、非常に優れていると評判です。

→どんなときもWiFi公式サイトを見る

「どんなときもWiFi」では「クラウドWi-Fi」を採用

大手3キャリアの電波を併用するということは、単純に考えれば、キャリア毎に1枚ずつSIMカードが必要になりますよね。

3キャリア全て使う場合は、合計3枚のSIMカードを用意しなければなりません。

しかし、それでは料金が高騰してしまいます…。

そこで「どんなときもWiFi」では、「クラウドWi-Fi」という次世代通信技術を採用。

各キャリアのSIMカードはクラウド上のサーバーに保存されており、それを使って通信を行っています。

新たにSIMカードを発行する必要がないため、3枚分のSIM発行手数料はかかりません。

また、Wi-FiルーターにもSIMカードは不要です。

さらに、SIMカードの制御はクラウド上のサーバーが自動的に行ってくれるため、大手3キャリアの電波を自由に利用することができます。

トリプルキャリアは災害にも強い

地震や大雨といった自然災害が原因で、いずれかのキャリアの電波が障害で使えなくなることもあるでしょう。

各キャリアでは、こういった突発事故への対策はきちんと行われています。

とはいえ、それでもトラブルを完全に防ぐことは不可能でしょう。

そんな時、大手3キャリアを併用できる「どんなときもWiFi」はとても心強い存在です。

たとえ1つのキャリアが動作不能に陥ったとしても、残りの2キャリアの電波を使って通信を行えます。

トリプルキャリアによって、障害の発生率がゼロになるわけではありません。

しかし、単独キャリアに比べれば、障害に対して圧倒的に強いと言えるでしょう。

→どんなときもWiFi公式サイトを見る

次の章でも引き続き、「どんなときもWiFi」のメリットについて解説していきます。

2年定額のシンプルなプラン

どんなときもWiFi データ放題プラン(クレジットカードの場合)

「どんなときもWiFi」の料金プランは以下のとおりです。

プラン名支払い
方法
月額料金
(1~24
ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目
以降)
ベーシック
データ放題プラン
クレジット
カード払い
3,480円3,980円
口座振替
払い
3,980円4,410円
詳細どんなときもWiFi公式サイト

※2年契約(自動更新・解約金あり)の場合

表のとおり、「どんなときもWiFi」のプランは1種類のみ。

しかも、内容もシンプルなので、非常にわかりやすいです。

また、月額料金も3,480円と安め。

下の表は既存Wi-Fiルーターサービスの月額料金ですが、これらと比べるとその料金の安さがわかります。

提供キャリアWi-Fiルーター
での
データ制限
月額料金
ドコモ月に
2GB~30GBまで
約6,400円
(5GBまでの場合)
au月に7GBまで約5,000円
ソフトバンク月に7GBまで約4,500円
WiMAX3日間で
10GBまで
約3,500円
ワイモバイル3日間で
10GBまで
約4,000円

※2年または3年契約(自動更新・解約金あり)の場合

他社と比べても圧倒的に安いというわけではありませんが、「どんなときもWiFi」なら、より安い価格で「データ使用量は無制限」です。

「どんなときもWiFi」がいかに安いかが実感できますね。

支払い方法は2種類

「どんなときもWiFi」のデータ放題プランは、以下の2種類の支払い方法に対応しています。

データ放題プランの支払い方法
  • クレジットカード払い
  • 口座振替払い

おすすめなのは、クレジットカード払いです。

データ放題プランは1~24ヶ月目間と、それ以降では料金が変わります。

しかし、すべての期間において、クレジットカード払いの方が500円安くなるので、できる限りこちらを選択した方がお得です。

→どんなときもWiFi公式サイトを見る

値上がりが気に入らない場合は無料で解約もOK

スマホやWi-Fiルーターといった通信機器の料金プランは、「契約から〇ヶ月後に値上げになる」というものが非常に多いです。

「安い!」と思って契約しても、1年後に1,000円以上値上がりしてしまう料金プランも少なくありません。

月々の支払いを見て、何かがおかしいと思って料金表に目を通してみると、小さい文字で「1年後に値上がりする」と説明されているケースも…。

だからといって解約金を払うのももったいない気がして、泣く泣く料金プランを継続してしまった、という経験のある方は結構いるのではないでしょうか。

「どんなときもWiFi」の「データ放題プラン」は、クレジットカード払いなら

  • 1ヶ月目~24ヶ月目まで:3,480円
  • 25ヶ月目以降:3,980円

となります。

よって、契約から2年後には値上げしてしまうのですが、ちょうど2年目にあたる25ヶ月目には、解約金なしで解約することが可能です。

つまり、2年後に値上げはあれど、それに納得できないのであれば、無料で解約することができるということ。

もっとも、値上げしても月額料金は4,000円以下です。

これでデータ量が無制限で利用できるわけですから、非常にお得と言えるでしょう。

世界107ヶ国で海外利用できる!

一般的に、スマホやWi-Fiルーターの通信料金や内容は、国内と国外で異なるものです。

特に、Wi-Fiルーターは利用できる国が決まっているほか、基本的には空港でレンタルすることになります。

海外利用する際は、オプションの追加が必要です。

また、通信料金も従量課金制で、高めになる傾向があります。

一方、「どんなときもWiFi」を海外で利用する場合、空港でのレンタルやオプション追加加入などの手続きは不要です。

変えなければならないのは、手持ちのWi-Fiルーターの設定のみ。

ただし、高速通信が可能なのは1日1GBまでです。

それを超えると低速通信となります。

国内と同じようにデータ無制限で使えるわけではない点には、注意が必要ですね。

利用開始までがスピーディ

Wi-Fiルーターの強みと言えば、申し込みから利用までのスピードの速さです。

例えば、自宅にインターネットのための光回線を申し込んだ場合、申し込みから利用開始まで1ヶ月以上かかる場合も。

しかし、Wi-Fiルーターであれば、申し込みから数日~1週間で利用できるようになります。

これは、「どんなときもWiFi」でも同じです。

申し込み手続きが完了すれば、端末が最短で即日発送されます。

※即日発送となるのは、平日13時/土曜11時までの受付に限ります。

また、申込内容に不備がないことが前提です。

また、端末の送料が日本全国どこでも無料である点も嬉しいポイントですね。

→どんなときもWiFi公式サイトを見る

「どんなときもWiFi」を利用するまでの流れ

ここからは、「どんなときもWiFi」の申し込みから、インターネットを使えるようになるまでの流れを説明します。

大まかな流れは以下のとおりです。

「どんなときもWiFi」手続きの大まかな流れ
  • 「どんなときもWiFi」のサイトで申し込みをする
  • 「どんなときもWiFi」側で、開通審査などの手続きが完了する
  • 端末が発送される
  • 自宅に端末が到着する

申し込み手続きはとっても簡単!

申し込みは「どんなときもWiFi」のサイトで行います。

そのときに入力すべき項目は、次のとおりです。

申し込み時の入力項目
  • 支払い方法
  • 料金プラン
  • 端末の選択
  • 対象機種
  • 各種オプションの選択
  • 各個人情報、クレジットカード番号などの入力

入力項目に特殊なものはありません。

スマホなどをオンラインショップで購入するときとほぼ同じです。

「どんなときもWiFi」は、料金プランや端末が1種類しかないため、入力は想像以上に簡単かつスピーディーに終わります。

選べる端末は1つだけ!

「どんなときもWiFi」で用意されているWi-Fiルーターは、以下1機種のみです。

どんなときもWi-FiのWi-Fiルーター
機種名D1
レンタル料金無料
下り最大速度150Mbps
上り最大速度50Mbps
同時接続台数5台まで
カラーゴールド、グレー

カラーは2種類用意されているので、申し込み時はこの部分だけ選ぶことになります。

申し込み完了後の手続き

申し込み完了後は、「どんなときもWiFi」側の開通審査を行い、それが通れば申し込み完了となります。

申し込み内容に不備がある場合は、申し込み時に記入した電話番号宛てに連絡が来るので、何の音沙汰もなく審査に落ちて端末が届かないということはありません。

端末の発送

申し込み後の手続きが完了すると、端末が発送されます。

申し込みが平日13時、土曜11時までに受付された場合、手続きがスムーズに進めば、当日に端末が発送されますよ。

端末到着から利用開始まで

端末が自宅に届いたら、同梱の設定ガイドに従って、利用設定を行いましょう。

あとは、各種端末とWi-Fiルーターを接続すれば、インターネットが利用できます。

どんなときもWiFiとネット固定回線を徹底比較|契約するならどっち?

次の章では、「どんなときもWiFi」の注意事項について解説していきます。

「どんなときもWiFi」で注意すべきこと

これまで「どんなときもWiFi」のメリットについて説明してきましたが、注意すべきことももちろんあります。

ここでは、損をしないための注意事項をまとめました。

人気が殺到しすぎて予約扱いになる可能性も

「どんなときもWiFi」は、サービス内容が良過ぎるため注文が殺到しており、端末の在庫不足が発生しています。

よって、申し込みをしてもすぐには端末が届かないかもしれません。

端末の在庫不足はまだまだ続きそうです。

契約を考えている方は、早めに申し込むことをおすすめします。

「どんなときもWiFi」の解約金

「どんなときもWiFi」のデータ放題プランは、「2年縛り」のプランです。

よって、更新月以外に解約してしまうと解約金が発生します。

契約期間解約金
0〜12ヶ月目19,000円
13〜24ヶ月目14,000円
25ヶ月目無料
26ヶ月目以降9,500円

表のとおり、更新月である25ヶ月目の解約は無料ですが、それ以外は有料です。

特に、早い時期の解約は解約金が高額になりますので注意してください。

データ無制限Wi-Fiで快適なネット環境を!

今回は、斬新なサービスで大人気の「どんなときもWiFi」について解説しました。

「どんなときもWiFi」の特徴
  • 月額3,480円で月に使えるデータ量は無制限!
  • 大手3キャリアの電波を併用できるため、電波の範囲と安定性が非常に優秀
  • 海外利用もでき、世界107ヶ国で使える
  • 申し込みから端末が自宅に届くまでの期間が非常に短く、最短で申し込み日に端末発送が可能

近年は、動画やゲームアプリなど、通信容量の多いコンテンツがどんどん発展してきているため、月に使えるデータ量への需要はますます高まっています。

しかし、毎月のスマホ代において最も料金がかかる部分もまた、データに関するところなのです。

そんな状況の中、「どんなときもWiFi」のデータ無制限で3,480円というのは、もはや破格の域。

データ無制限に魅力を感じた方はぜひ「どんなときもWiFi」をご検討ください。

どんなときもWiFiとネット固定回線を徹底比較|契約するならどっち?

▼どんなときもWiFi公式サイトはこちら▼

どんなときもwifi

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ