【どんなときもWiFi VS カシモ WiMAX】徹底比較|どっちがいいか?その理由

  • 2020年2月11日
  • by 
【どんなときもWiFi VS カシモ WiMAX】徹底比較|どっちがいいか?その理由

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

「どんなときもWiFi」は、今もっとも波に乗っているモバイルWiFiと言っても過言ではありません。

印象的なCMの効果もあり知名度・評判共に上々です。

対する「カシモWiMAX」は、かねてより業界最安級をアピールしてシェアを広げ、自社調べによるお客さま満足度も94.2%と高い評価を得ています。

このページでは、

  • どんなときもWiFi
  • カシモWiMAX

料金プランや通信速度などを比較し、契約するならどちらがいいか、その理由と共に紹介します。

どんなときもWiFi VS カシモWiMAXまとめ
  • どんなときもWiFiは2年縛りで平均月額は3,480円
  • カシモWiMAXは3年縛りで平均月額は3,621円
  • 理論値で速いのはカシモWiMAX
  • どんなときもWiFiには速度制限がない

【制限なし】どんなときもWiFiは本当にお得?メリット5つとデメリット2つ

トップ画像引用元:【公式】カシモWiMAX | 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題[工事不要]

料金プランを比較して安いのはどっち?

はじめに気になるのは、やはり料金プランですよね。

どちらのほうがより安く、また高コスパで使えるのでしょうか。

どんなときもWiFiのプランはひとつだけ

どんなときもWiFi

まずはどんなときもWiFiの料金プランを見てみましょう。

どんなときもWiFiの料金プラン

項目支払い方法月額料金
(1~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
初期手数料
データ放題
プラン
クレジットカード払い3,480円3,980円3,000円
口座振替
払い
3,980円4,410円3,000円
通信量無制限
回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間2年契約

どんなときもWiFiは「データ放題プラン」一択でして、月額3,480円から使えます。

なお、25ヶ月目以降は月額3,980円と値段が上がってしまいます。

初期費用は3,000円です。

どんなときもWiFiは2年縛り

どんなときもWiFiのデータ放題プランは「2年縛り」契約となります。

また自動更新で、2年に一度の更新月以外に解約すると、解約金がかかります。

どんなときもWiFiの解約金

使用期間解約料金
0ヶ月目~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目(更新月)0円
26ヶ月目以降9,500円
更新月の周期26ヶ月目以降は
24ヶ月ごとに更新月

カシモWiMAXはプランを選べる

カシモWiMAX

画像引用元:【公式】カシモWiMAX | 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題[工事不要]

次にカシモWiMAXですが、こちらは無制限プランか7GBプランを選ぶことができます。

カシモWiMAXの料金プラン(最安級プラン)

カシモ
WiMAX
月額料金
(1ヶ月目)
月額料金
(2~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
初期費用
ギガ放題プラン
(最安級プラン)
1,380円3,480円4,079円3,000円
ギガ放題プラン
(新端末プラン)
1,380円3,580円4,079円3,000円
ライトプラン7GB
(最安級プラン)
1,380円2,880円3,379円3,000円
ライトプラン7GB
(新端末プラン)
1,380円2,980円3,379円3,000円
契約期間3年
回線WiMAX

ちなみにカシモWiMAXは「月額1,380~」と謳っていますが、それは1ヶ月目だけの話で、2ヶ月目以降はどんなときもWiFiとほとんど変わらない料金になります。

初期手数料はどんなときもWiFiと同じ3,000円です。

7GBまでのプランであればどんなときもWiFiより安くできるので、その程度しか使わないという方であれば、この時点でカシモWiMAXを選んだほうがいいでしょう。

以降は、無制限プラン同士で比較していきます。

また、カシモWiMAXには月額が高くなる「新端末プラン」というのもあるのですが、今回はどんなときもWiFiとの比較のしやすさを優先して、「最安級プラン」をメインに扱います。

カシモWiMAXは3年縛り

カシモWiMAXは「3年縛り」契約となりますので、どんなときもWiFiの2年より長いです。

こちらも自動更新で、更新月以外に解約すると解約金がかかります。

カシモWiMAXの解約金

使用期間解約金
0ヶ月目~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目以降9,500円
37ヶ月目(更新月)0円
更新月の周期38ヶ月目以降は
36ヶ月ごとに更新月

解約金の額はどんなときもWiFiと同じですね。

平均月額を比較して安いのはどっち?

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiもカシモWiMAXも、使用期間が長くなるほど月額が上がっていく方式になっています。

実際に契約期間満了まできっちり使ったとして、月々の支払いを平均すると、どちらのほうが安いのかに注目してみましょう。

どんなときもWiFiとカシモWiMAXの平均月額を比較

項目どんなときも
WiFi
カシモWiMAX
平均
月額
3,480円ギガ放題プラン
(最安級プラン)
ギガ放題プラン
(新端末プラン)
3,621円3,685円

どんなときもWiFiの平均月額は3,480円

3,480円が契約期間(2年間)中のどんなときもWiFiの平均月額です

どんなときもWiFiの1~24ヶ月目の月額が3,480円なので特に計算は必要ありません。

カシモWiMAXの平均月額は3,621円

3,621円が契約期間(3年間)中のカシモWiMAXの平均月額です。小数点以下は四捨五入しました。

1ヶ月目が1,380円、25ヶ月目以降は4,079円となり、平均するとどんなときもWiFiより月141円高くなります

なお、「新端末プラン」の平均月額は3,685円です。

こちらの場合は、どんなときもWiFiとの差は月205円に。差がさらに開いてしまいました。

料金プラン対決
  • 月額料金が安いのはどんなときもWiFi
  • 契約期間の縛りが短いのはどんなときもWiFi
  • プランが豊富なのはカシモWiMAX

次の章では、通信面の比較を行っていきます。

通信面を比較して優れているのはどっち?

どんなときもWiFi

金額は、どんなときもWiFiのほうが少しだけ安いことが分かりました。

とはいえ、本当に重要なのは通信品質ですよね。

そこで今度は、通信面での比較を行っていきます。

どんなときもWiFiはトリプルキャリア

どこにいても快適に利用可能!

どんなときもWiFiの回線は、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアです。

利用する地域などに応じて、もっともつながりやすい回線に自動で切り替わります。

対するカシモWiMAXの回線はWiMAXです。

トリプルキャリアと比べたら、つながりにくいと言わざるを得ないでしょう。

どんなときもWiFiは海外でも使える

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiは特別な契約をしなくても、ただ端末を海外に持っていくだけで、自動で現地のキャリアと接続して通信してくれます。

ただし、海外で通信した場合、通常の月額とは別に料金が発生するので注意してください。

どんなときもWiFiの海外料金

どんなときも
WiFi
地域料金
海外料金アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米など
69ヶ国
1日
1,280円
中東・南米・アフリカなど37ヶ国1日
1,880円

カシモWiMAXは海外では使えません。

速度の理論値が速いのはカシモWiMAX

カシモWiMAX

画像引用元:【公式】カシモWiMAX | 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題[工事不要]

どんなときもWiFiで使える端末は「D1」という機種で、通信速度の理論値は次のようになります。

D1の通信速度
  • 下り最大:150.0Mbps
  • 上り最大:50.0Mbps

一方、カシモWiMAXの「最安級プラン」で使える機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」の理論値は以下のとおりです。

Speed Wi-Fi NEXT W05の通信速度
  • 下り最大:440.0 Mbps
  • 上り最大:30.0Mbps

上り最大は負けていますが、通常の使用で気になるのは下り、つまりダウンロードの速度かと思います。

上の数値を比較すると、下り最大では、カシモWiMAXがどんなときもWiFiに大差をつけて優勢ですね。

どんなときもWiFiには速度制限がない

どんなときもWiFiには、速度制限が原則ありません

ただし、常軌を逸した使い方をするユーザーには、通信会社から制限がかかり得るとしています。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

引用元:よくある質問|【公式】どんなときもWiFi

とはいえ、例えば「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といった行為は、何も問題ありません。

「これらは通常の利用の範囲に収まるので、速度制限はかからない」と、どんなときもWiFiも言い切っています。

カシモWiMAXには「3日間で10GBまで」の制限がある

一方のカシモWiMAXでは、残念なことに直近3日間で10GB以上のデータ通信をした場合は、翌日の18時頃~翌2時頃まで、概ね1Mbpsまでとなる速度制限がかかります。

目安として、YouTubeを高画質(HD)で1時間30分視聴したら1GB消費されるので、3日間で10GBというのは、ネットで映画を見るとか、ゲームで遊ぶなど、少しでも大きな作業をすると超えかねない数字です。

なお、カシモWiMAXの速度制限は、月額が高くなる「新端末プラン」を選んでも変わりません。

速度制限の心配なんかせずにがっつり使いたい方には、どんなときもWiFiがおすすめです。

使いやすさ対決
  • つながりやすいのはどんなときもWiFi
  • 通信速度が速いのはカシモWiMAX
  • 速度制限がないのはどんなときもWiFi

どんなときもWiFiの申し込みはこちら

端末を借りるか買うかの違いがある

モバイルWiFi

どんなときもWiFiは、端末を「借りる」形になります。

そのため、契約解除時には端末を返さなければいけません。

もし返却しなかったり、返却時に故障していたりした場合は、機種代金として18,000円を請求されてしまいます。

一方のカシモWiMAXでは、端末を「買う」スタイルで、返却等は必要ありません。

しかも今なら機種代金は0円なので、もらうのと同義です。

別にもらう必要なんかない?

どんなときもWiFiは端末を借りる、カシモWiMAXはもらうわけですから、それならカシモWiMAXのほうがお得に思えますよね。

しかし、実際のところ「端末をもらえる」ということが、強調するほどお得なポイントなのかは疑問です。

それには次の理由があります。

  • モバイルWiFiの端末は毎年新しいものが出る
  • 端末代が0円なのはもはや当たり前
  • 契約ごとに新しい端末に乗り換えるのがベスト

つまり、2年や3年という長期の契約が切れた後に端末を返すことになろうと、手元に残ることになろうと、その時その端末は確実に「型落ち」になっているわけです。

そして、次の契約時に、また無料で新しい端末を借りたりもらったりできるのであれば、返却することはそこまでデメリットになりません。

ただし、レンタルする場合は、返却時の罰金だけは注意してくださいね。

どんなときもWiFiがおすすめ!決め手は速度制限がないこと

どんなときもWiFiの場合は通信制限一切なし

以上、どんなときもWiFi VS カシモWiMAXでした。

どんなときもWiFi VS カシモWiMAXまとめ
  • どんなときもWiFiは2年縛りで平均月額は3,480円
  • カシモWiMAXは3年縛りで平均月額は3,621円
  • 理論値で速いのはカシモWiMAX
  • どんなときもWiFiには速度制限がない

とてもいい勝負でしたが、今回はどんなときもWiFiに軍配が挙がりました。

決め手となったのは、カシモWiMAXの「直近3日間で10GB以上使ったら速度制限」という点です。

どんなに通信速度の理論値が速くても、速度制限に引っかかってしまったら元も子もありません。

どんなときもWiFiのように、理論値は控えめでも速度制限がなく、がっつり存分に使えるほうが実用的と言えるでしょう。

また、料金が安いのもどんなときもWiFiの方でした。

おまけに海外でも使えるのですから、総合的に考えたらどんなときもWiFiのほうがおすすめですよね。

カシモWiMAXの「端末が0円で買える」という点は、サービスが進んだ近年のモバイルWiFiの状況を考えると、そこまでのメリットではありません。

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ