私がiPhone 13を買わない理由4つ|Androidユーザーから見た本音

  • 2021年9月15日
  • by.baba

iPhone 13

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事は、新型iPhone 13シリーズの発売に際し、Androidスマホと比べて劣る点を考察したものです。

ハイスペック大好きなライターが、Androidを使い続けて最新のiPhone 13を買わない理由とは?

厳しくリアルな本音を綴っていきます。

記事の後半では、iPhone 13に匹敵する高機能Androidスマホを4つご紹介します。

※記事内の情報は全て記事執筆当時のものです。

私がiPhone 13を買わない理由4つ
  • 指紋認証がない
  • Lightningケーブルが煩わしい
  • SDカードが使えない
  • バッテリー性能が劣る

トップ画像引用元:Apple公式サイト

iPhone13を買ってみたい気持ちはある

iPhone 13

画像引用元:Apple

筆者は、スマホデビュー以来ずっとAndroidを使っています。(ちなみに端末はいつもXperia。)

とは言っても、スマホの買い替えを検討する際や新型iPhoneが登場する度に、迷いが生じます。

「もうiPhoneへ鞍替えしてしまおうか…」

新型iPhone 13の魅力

度重なる改良のたび、どんどん魅力が深まるiPhone。惹かれる気持ちはいつもあります。

今回のiPhone 13シリーズも、発表会Apple Keynoteの配信を観ていてワクワクするほど素敵でした。

iPhone 13の魅力
  • 最高最速のCPU性能(A15 Bionic)
  • カメラ性能が良い(暗くてもプロみたいな写真が撮れる)
  • 映画並み本格クオリティの動画が撮れる
  • IPアドレスなどユーザー情報を守れる
  • MagSafeがスマートだし便利

こんなに魅力的なのに、なぜ未だにiPhoneにしないのか自問自答することもしばしば。

思えば、昔はiPhoneにしない(できない)理由がいくつもありました。

今では言い訳に使えない、以前のiPhoneの欠点は以下の通りです。

昔のiPhoneと今のiPhone 13
  • SoftBank専売だった→今はどこでもOK
  • 防水じゃなかった→防水になった
  • 画面バキバキ→割れにくくなった

今はどこのキャリアでもiPhoneが買える

そもそもなぜiPhoneでスマホデビューしなかったかというと、キャリアの問題があったからです。

今となっては大昔の話ですが、以前はファミリーごとに通話料無料などの割引がある時代で、家族が皆キャリアを揃えるのが主流でした。

家族がみんなDocomoユーザーだったため、当時SoftBankでのみ取り扱いしていたiPhoneは候補外。

今は、家族でなくてもLINEなどで電話すれば通話料金はかからないので、家族でキャリアを統一する意味なんてすっかりなくなりました。

その上、ドコモやauはもちろん、新興キャリアの楽天モバイルでさえiPhoneを販売しています。

iPhoneが防水になった

防水のガラケーを使っていた私は、スマホでも同じく防水のものを使っています。

以前のiPhoneは防水対応しておらず、業者に頼んで個人で防水加工してもらうくらいしかできませんでした。

水に弱かったiPhone。ところが、iPhone7以降から防水対応し始めました。

この時、かなりぐらっときたのを覚えています。

が、防水に対応したくらいで私とAppleの確執は解消されることはありませんでした。

画面が強化された

何を隠そう、中学生の頃の私の宝物はiPod Touch。当時はApple大好きでした。

しかし、そんなある日、Appleへの思いが粉々になる事件が起こります。

電車内で音楽を聴こうと、リュックからiPod Touchを出してみて愕然。

なんと画面がひび割れていて、もう電源すらつかない状態になっていたのです。

これがきっかけで、私はAppleと決別することに。

以来、iPhoneユーザーの画面が割れているのを見るたび、「私はiPhoneにしなくて良かった」とほくそ笑んでいます(嫌な奴ですね)。

iPhoneといえば画面バキバキ。そういうイメージが出来上がっていました。

ところが、最近のiPhoneでは画面が丈夫になってしまいました。

iPhone 12シリーズ以降、画面にセラミックシールド加工がされており、落としても割れにくくなっています。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは本体の強度がさらに改善されています。

これでもうiPhoneにしない理由はないのでは…?

いや、いちゃもんをつけるポイントはまだまだあるのです。その中でもライターが特に気になる4つをご紹介します。

それでも私がiPhone 13を買わない理由4つ

画像引用元:iPhone 13|Apple(日本)

新発売iPhone 13は非常に魅力的ですが、それでも不満な点がまだまだいくつもあります。

指紋認証がない

iPhone 13ではFaceIDという顔認証システムを導入しており、指紋認証システムがありません

マスク着用していても解除できる一方、顔写真などではロック解除できないという高性能ぶりには感心します。

しかし、スマホを使うたびにいちいち画面に顔を映さなくてはならないなんて、面倒くさいと思いませんか?

指紋認証なら、カバンやポケットの中でも、触るだけで画面のロック解除ができます。

スマホを出した瞬間にはもうロック解除されているのです。ああなんて素晴らしい。

これが顔認証だと、スマホを出してからロック解除ということになり、ワンテンポ遅れてしまいます。

せっかちな筆者にはどうもこれが我慢ならないのですが、iPhoneユーザーはみんな納得して使っているのでしょうか?

Lightningケーブルが煩わしい

iPhone 13シリーズでもあいからわず、Lightningケーブルしか使えない仕様になっているのが残念なところ。

USBケーブルなら、Androidやパソコン、カメラ、Bluetoothスピーカーなど他のどんな端末でも、iPadでも使えるのに、iPhone 13では使えないのです。

iPhone 13のせいで必要なケーブルが増えるのがやっかいです。

SDカードが使えない

iPhone 13には、今までのiPhone同様、SDカードを直接挿入することができません。

Androidであれば、機種によっては1TBのSDカードに対応しており、保存容量を大幅に増やすことができます。

本体の保存容量は拡大されているものの、それでもiPhoneの容量が足りないというのは非常によく聞く話。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは、本体容量が1TBまで拡大されたのでまだマシです。

しかし、iPhone 13とiPhone 13 miniでは128GBから512GBまでしかありません。

もちろん各種クラウドをうまく使用すれば、本体の保存容量が足りなくてもなんとか生きてはいけます。

5Gの高速回線のエリア拡大が進んでいるので、いちいち通信するストレスも以前よりは少ないでしょう。

とは言っても、「通信量を抑えたい」「飛行機内など圏外でも使いたい」となると、クラウド頼みでは困ります。

いざとなればLightning端子で使える外付けのSDカードリーダーがありますが、私には不便極まりない代物に思えてなりません。

iPhone 13の非常に残念な点です。

バッテリー性能が劣る(機種による)

iPhone 13ではバッテリー持ちを向上し、「一日中使える」と紹介されました。

MagSafeを使ったワイヤレス充電も魅力です。

しかし、Androidと比べるとどうなのでしょうか?

iPhone 13はバッテリー容量が少ない

前モデルのiPhone 12シリーズは、バッテリーの容量自体が小さく、不満が多かったようです。

今回のiPhone 13シリーズでは、iPhone 12シリーズと比べ、バッテリー容積自体は対して改善されていません。

しかし、動作を省エネ設計にして、結果的にバッテリー持ちを前モデルより1.5時間から2.5時間(機種による)長くしたようです。

一番大きなサイズで「iPhone至上最高のバッテリー持ち」なのはiPhone 13 Max Pro。

前回のiPhone 12 Max Proと比べて2.5時間長く使える程度とのことなので、容量はおそらく3,000mAh前後でしょう。

一方、Androidハイエンドクラスでは、4,400mAhから4,500mAhの大容量バッテリーを備えているので、どうしても見劣りしてしまいます。

省エネ機能があるのはどのスマホも同じですからね。

大容量のバッテリーであれば、大画面120Hzのディスプレイであっても、頻繁に充電することなく快適に使用することができます。

iPhone 13を使う方は、MagSafeモバイルバッテリーを併用して充電切れ対策をすると良いでしょう。

高速充電はXperiaに軍配

近年は高速充電の技術も向上しており、忙しい時にサッと充電できるスマホが増えています。

iPhone 13シリーズでは、Galaxy Z Fold3 5Gと同様に25Wの急速充電に対応しています。(ワイヤレス充電では15W。)

ですが、Androidの中ではXperia 1 II/III・Xperia 5 II/IIIがそれを上回る30Wの急速充電に対応しています。

私はXperia 1 IIを使っているのですが、大容量バッテリーなのに30分で50%も充電できるので、うっかり充電し忘れた時に非常に助かっています。

iPhone 13を買わない人におすすめのスマホ4選

Galaxy Z Fold3 5G

画像引用元:Galaxy Z Fold 3 5G(ギャラクシーZフォールド3 5G)|Galaxy公式(日本)

ここで、iPhone 13を買わない方向けに、ハイエンドAndroid4機をご紹介します。

iPhone 13を買わない人におすすめのスマホ
  • Xperia 1 III
  • Galaxy Z Fold3 5G
  • Zenfone 8
  • OPPO Find X3 Pro

Xperia 1 III

xperia1lll

画像引用元:Xperia 1 III SO-51B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

Sonyの最新ハイエンドのXperia 1 IIIは、Android内で最高ともいえる高スペック機種です。

Xperia 1 III
サイズ高さ:165mm
幅:71mm
厚さ:8.2mm
重量188g
ディスプレイ6.5インチ
アウトカメラ超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
3D iToFセンサー
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証指紋
カラーロストブラック・フロストパープル
詳細Xperia 1 IIIのレビュー
高性能なSnapdragon 888を搭載しており、120Hz処理の美しいディスプレイもサクサク動きます。

超広角、広角、望遠の3つの背面カメラと、800万画素の全面カメラを搭載。

写真のプロも満足できる本格的な仕様となっています。

また、30Wでの高速充電が可能な4,500mAhの大容量バッテリーもポイント。

3年使っても劣化しにくい設計になっているのも嬉しいところです。

RAM容量が16GBで他のスマホより多く、画面を分割したマルチタスクも楽々。

iPhone 13Proよりコスパがいいと言える点でも、非常におすすめです。

Galaxy Z Fold3 5G

Galaxy Z Fold3 5G

画像引用元:Galaxy Z Fold3 5G Folding Smartphone | Samsung US

もはやタブレットのような、折りたためる大画面スマホGalaxy Z Fold3 5G

大きなディスプレイで映像もゲームも、マルチタスクだって快適になります。

Galaxy Z Fold3 5G
サイズ高さ:158.2mm
幅:128.1mm
厚さ:6.4mm
サイズ
(折りたたみ時)
高さ:158.2mm
幅:67.1mm
厚さ:14.4~16.0mm
重量271g
メインディスプレイ7.6インチ
カバーディスプレイ6.2インチ
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ約400万画素
バッテリー4,400mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証指紋
カラーファントムブラック(ドコモ・au)・ファントムシルバー(日本取扱無し)・ファントムグリーン(au)

計5つのカメラの活用方法は無限大。セキュリティがしっかりしているのもおすすめポイントですね。

計量で堅牢なアルミでできた本体は、従来より80%も丈夫になりました。

アクティヴにデジタルコンテンツを楽しみたい方に一番おすすめのスマホです。

Zenfone 8

zenfone8

画像引用元:Zenfone 8|Phones|ASUS Global

ASUS製のハイエンドスマホが、Zenfone 8です。

高性能CPUのSnapdragon 888搭載に加え、16GBのRAM容量、120Hz高速駆動の画面と文句なしのハイスペック。

Zenfone 8
画面サイズ5.9インチ
本体サイズ高さ:約148mm
幅:約68.5mm
厚さ:約8.9mm
重さ169g
アウトカメラメイン:6,400万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー4,000mAh
RAM8/12/16GB
ROM128/256GB
CPUSnapdragon 888
OSAndroid 11
認証顔・指紋
防水IP68
カラーオブシディアンブラック
ホライゾンシルバー
詳細Zenfone 8レビュー
フルハイビジョンの5.9型ワイドディスプレイは、コンパクトと快適さを兼ね備えたサイズです。

Corning Gorilla Glass Victus機構で堅牢な本体設計になっています。

カメラの数自体は3つと他機種より少なくなっていますが、画素数はアウト・インカメラともに高画素。

LEDのフラッシュ付きで、満足いく撮影ができるでしょう。

マイクが3つも内蔵されているので、動画撮影やハンズフリー会話など、より快適な使用が可能になりました。

バランスの良いハイスペックを求めている方におすすめです。

OPPO Find X3 Pro

OPPO Find X3 Pro

画像引用元:OPPO Find X3 Pro – スペック

いろんな写真を撮りたい方にはOPPO Find X3 Proがおすすめです。

特徴は計5つのカメラ。インカメラで約3200万画素というのは非常に珍しい仕様です。

OPPO Find X3 Proのスペック
本体サイズ縦: 約163.6mm
横: 約74.0mm
厚さ: 約8.26mm
重量約193g
メモリ(RAM)12GB
ストレージ(ROM)256GB
ディスプレイ約6.7インチ
3216 x 1440 (QHD+)
アウトカメラ広角:約5000万画素
超広角:約5000万画素
望遠:約1300万画素
顕微鏡:約300万画素
インカメラ約3200万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™ 888
バッテリー4500mAh
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証
詳細OPPO Find X3 Proレビュー

さらに、4つのアウトカメラのうち、1つは顕微鏡カメラであるというのが大きな魅力です。

接写で精細な写真を撮ることができます。

また、広角と超広角カメラの画素数は約5000万画素、望遠カメラは約1300万画素。

Snapdragon 888搭載で動作性能にも問題ありません。

バッテリー容量もたっぷり4,500mAhで、高速充電にも対応。

カメラにこだわりがある方に特におすすめです。

まだ今回もiPhoneは買いません!

Appleの生配信で紹介されていた、iPhone 13で撮る写真や動画の美しいこと…

スローモーションやピント合わせ、暗いシーンの撮影などが簡単にできてしまうiPhone 13。

動画撮影に関しては、映画のプロも納得していました。iPhone 13、すごいです。

私もiPhoneにすると思います、指紋認証アリになって、電池持ちも改善されて、ケーブルがUSBになったら。

人気記事

この記事では、iPhoneの歴代モデルを比較します。 発表されたばかりの最新iPhone 13シリーズから古くはiPhone 3Gまで、iPhoneの歴史を一通り学べるよう構成しました。 また現在発売中のiPhoneについては、[…]

iPhone 比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
baba
95年生まれ。大学時代、バイト代わりに始めたライティングで今も生活中。家電量販店で勤務経験有り。スマホはずっとXperia一択、ヘッドホンもスピーカーも全てSony。タブレットPCはSurface proでパソコンはHP Probook。Appleへの改宗は長らく検討中。