dポイントクラブ会員番号(12桁)の調べ方|確認にはdアカウントが必要

dポイントの移行や確認のためにはdポイントクラブ会員番号(12桁)が必要です。ただこの番号を忘れてしまった場合には、dアカウントを使って番号を調べなければいけません。記事ではdポイントクラブ会員番号とdアカウントの調べ方、さらにdポイントをよりお得に使う情報をお伝えします。

  • 2020年5月7日
  • by.CAS-A

dpc_ogp_image

今人気急上昇中の「dカード」は、d払いでポイント2重取り、Amazonやマクドナルドでポイントがおトク!さらに「dカード GOLD」はドコモ利用料の1,000円(税抜)で10%ポイント還元です!

ドコモのサービスを利用することで貯められるポイントシステム「dポイント」は、ドコモ契約者以外でも「dアカウント」を作成することで利用することができます。

機種変更の代金や月々のドコモ利用料の支払いに使えるなど、幅広い用途があるdポイント。また、他社のポイントに交換することも可能です。

ただし、ポイントの変換や移行の際には、「dポイントクラブ会員番号」という情報が必要になります。

では、dポイントクラブ会員番号を忘れてしまった場合、どのように確認すれば良いのでしょうか?

トップ画像引用元:dポイントクラブ[dPOINT CLUB/dポイントカード]| NTTドコモ

dポイントクラブ会員番号・dポイントカード番号・iD番号の違い

ドコモショップ実店舗

dポイント関連のサービスでは、dポイントクラブ会員番号・dポイントカード番号・iD番号という3つの番号をよく利用します。

それぞれまったく違うものなのですが、意外と混同しやすく、トラブルの原因にもなり得るポイントです。

まずはこれらの違いについて確認しておきましょう。

dポイントクラブ会員番号とは

dポイント

画像引用元:たまる・つかえるお店 | dポイントクラブ

dポイントクラブの会員であることを示す12桁の番号のことを、「dポイントクラブ会員番号」といいます。

これはdアカウントを作成した際、自動で発行されるものです。

dアカウントに貯められたdポイントを他社ポイントに変換したり、また他社ポイントからdポイントへ変換する際に、dポイントクラブ会員番号が必要となります。

dポイントカード番号との違い

dポイントカード番号

画像引用元:dポイントクラブ公式サイトより

dポイントクラブ会員番号と混同しやすいものとして「dポイントカード番号」があります。

こちらはdアカウントと紐づけて実店舗などで利用できる、dポイントカードの裏面に記載されている15桁の番号です

dポイントカード番号の用途は主に2つ。

  • カードそのものを識別するためのもの
  • dアカウントと連動する際に必要となるもの

よって、dポイント利用時の確認に必要となるdポイントクラブ会員番号とは、まったく違うものとなります。間違えないように注意しましょう。

dカードの裏面に記載されている番号との違い

dカードアンドdカードゴールド

dポイントクラブ会員番号と混同しやすい番号がもう1つあります。dカード裏面に記載されているiD番号です

こちらはdカードと紐づけされた電子マネーiDを利用する際に必要な番号で、dポイントクラブ会員番号とは何も関係がありません。

dカードではdポイントも使えることから、dポイントカード番号も記載されています。

それぞれが違う用途を持った番号だということを、しっかり理解しておかないといけません。

12桁のdポイントクラブ会員番号の調べ方

それでは、「dポイントクラブ会員番号」の確認方法をご紹介します。

1 dポイントクラブのサイトにアクセスし、dアカウントでログインします。

トップページに現在のポイントやステージなどが表示されました。

dポイントクラブのサイト

このページの最下部までスクロールしましょう。

2 最下部のフッターメニュー内にある「会員証を表示(会員番号/ステージ)」をクリックします。

dポイントクラブのサイト

3 このページで会員番号を確認することができます。

会員番号を確認

確認はネットからしかできない?

dポイントクラブのスマホ用アプリは存在するものの、アプリではdポイントクラブ会員番号を確認することができませんでした。

メニューからヘルプを介して確認することはできますが、インターネット上の会員ページが表示されるだけなので、結局は上の手順を試すことになります。

次の章では、dアカウントを忘れてしまった場合の対処法を解説します。

dアカウントを忘れてしまったら

dポイントクラブ会員番号を確認するためには、dアカウントによるログインが必要です。

よって、dアカウントを忘れてしまうと、dポイントクラブ会員番号も確認できなくなってしまうということです。

そこで、dアカウントを忘れてしまった場合の対処方法についても紹介しておきたいと思います。

<ドコモユーザーの場合>dアカウントの確認方法

ドコモを契約しているドコモユーザーの場合は、以下の手順でdアカウントのID及びパスワードを確認することができます。

1 dメニューサイト下部より「dアカウントについて」をクリックorタップします。

dアカウントの確認方法

2 dアカウントサイトより「dアカウント管理へ」をクリックorタップします。

dアカウントの確認方法

3 「パスワードの確認」をクリックorタップします。

dアカウントの確認方法

画像引用元:dアカウント公式サイトより

4 ネットワーク暗証番号を入力します。

dアカウントの確認方法

画像引用元:dアカウント公式サイトより

5 dアカウントのIDとパスワードを確認することができます。

dアカウントの確認方法

画像引用元:dアカウント公式サイトより

<ドコモユーザー以外>dアカウントの確認方法

ドコモユーザーではない場合は、以下の手順でdアカウントのID及びパスワードを確認します。

IDの確認手順

1 「ID/パスワードを忘れた方」ページを開きます。(https://id.smt.docomo.ne.jp/cgi8/id/forgot

dアカウントの確認方法

「IDを確認する」をクリックorタップします。

2 メールアドレスと画像文字確認を入力します。

dアカウントの確認方法

3 確認ページで「メールを送信する」をクリックorタップ。入力したメールアドレス宛に、IDが記載されたメールが届きます。

パスワードの確認

1 「ID/パスワードを忘れた方」ページを開きます。(https://id.smt.docomo.ne.jp/cgi8/id/forgot

「パスワードを再設定する」をクリックorタップし、新たなパスワードを設定し直してください。

2 dアカウントIDと画像文字確認を入力します。

パスワードの確認

3 確認ページで「メールを送信する」をクリックorタップします。

4 届いたメールに記載された仮パスワードでログイン後、指示に従って新しいパスワードを設定します。

ポイント交換でdポイントはさらに便利に!

dポイントクラブ会員番号が分かれば、ポイントの変換が可能となります。

そこで、dポイントから変換できる他社ポイントと、逆にdポイントに変換できる他社ポイントについて紹介します。

dポイント⇔Pontaポイントの交換

Pontaポイント

画像引用元:Ponta公式サイトより

dポイントの変換先として有力なのはPontaポイントでしょう。

dポイント→Pontaポイント

同一年度(4月から翌年3月まで)内で2回まで交換でき、dポイント5,000ポイントがそのまま5,000Pontaポイント(等価交換)となります。

ただし、手数料として別途250ポイントが必要になるので注意が必要です。

また、ドコモとの契約も必要なため、ドコモユーザーが対象となる交換先です。

Pontaポイントに変換することで、dポイントに対応していない店舗でポイントを使えるようになるので、「近所にdポイントを使えるお店がない」という方におすすめです。

Pontaポイント→dポイント

Pontaポイントからdポイントへの交換は100ポイントから可能です。こちらも等価交換となっており、dポイント100ポイントに交換することができます。

広く展開しているPontaポイントを貯めてdポイントに変換し、ドコモの新機種の購入などに充てるのは、上手なポイントの使い方と言えるでしょう。

dポイント⇔JALマイルの交換

dポイント・JALマイル

画像引用元:JAL公式サイトより

dポイント→JALマイル

こちらもドコモとの契約が別途必要ですが、dポイント5,000ポイントをJALマイル2,500マイルに変換することができます。

手数料はないものの、変換レートが半分となってしまう点に気をつけてください。

一度に40,000ポイントまでしか交換できない上限があり、またマイルに加算されるまでに2ヶ月もかかります。

利用するときは計画的に行わなければいけません。

JALマイル→dポイント

逆に、JALマイルをdポイントに交換する場合は等価交換となっており、JALマイル10,000マイルでdポイント10,000ポイントに交換することができます。

同一年度内(4月から翌年3月まで)2回まで、一回の交換上限20,000マイルまでといくつか条件があります。

手数料なしで等価交換できるため、損をしない交換です。

仕事やレジャーなどでマイルを貯めることが多い人であれば、積極的に交換することでdポイントをどんどん増やすことができます。

dポイント→自治体ポイントに変換

dポイント・自治体ポイント

画像引用元:自治体ポイントナビ公式サイトより

dポイントから一方通行の交換しかできませんが、自治体ポイントへの変換もおすすめです。

dポイント5,000ポイントを自治体ポイント5,000ポイントへ変換することができます。

自治体ポイントは地域のサービスや特産品の購入に使えるため、その地方でしか手に入らないものに使えるというメリットがあります。

一方通行で手数料250ポイントが必要な交換ですが、ドコモの契約がなくてもdポイントカード登録で交換できるのが特徴です。

ただし、同時にマイキーIDの登録が必須で、これにはマイナンバーカードが必要となるため、若干ハードルが高いのが難点でもあります。

dポイントクラブ会員番号(12桁)の調べ方について、よくある質問

dポイントクラブ会員番号(12桁)の調べ方について、よくある質問に回答しました。

dポイントクラブ会員番号(12桁)の調べ方を知りたい

dポイントクラブのサイトにアクセスし、dアカウントでログインします。

そして 最下部のフッターメニュー内にある「会員証を表示(会員番号/ステージ)」をクリックすると、dポイントクラブ会員番号が分かります。

dポイントクラブ会員番号(12桁)を調べるにはdアカウントは必要か

dアカウントが必要です。

dアカウントを忘れた場合の対応方法は記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

dアカウントを忘れた場合どうすれば良いか

ドコモユーザーとドコモユーザーではない方によって調べ方が違います。記事に対応方法を書いていますので、ぜひご覧ください。

dポイントのお得な使い方を知りたい

PontaポイントやJALマイル、自治体ポイントへの交換がおすすめです。詳細は記事をぜひご覧ください。

dポイントを活用するために大切なdポイントクラブ会員番号

dポイントを様々な用途に幅広く使うために必要なdポイントクラブ会員番号。

確認するページが少しわかりにくかったり、dポイントカード番号など他のものと混同しやすかったりと、理解するまでにはちょっとだけ慣れが必要です。

ドコモ側もその点はわかっているようで、dポイントクラブ会員番号を確認するページには、細かく注記がされています。

ですから、今後はアプリの仕様などが変わっていく可能性もありますが、現状では、今回ご紹介した方法で確認するほかありません。

もちろん、何度も確認しなくて済むよう、自身で番号の管理をしっかりしておくことも大切です。

ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%ポイント還元!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や国内・ハワイの主要空港ラウンジの利用も可能!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ