dTVの料金と支払い方法|dポイントの利用や日割り清算は可能?

dTVの料金と支払い方法|dポイントの利用や日割り清算は可能?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモが提供している有料動画配信サービス『dTV』は、国内外問わず12万以上の作品が見られるのでドコモユーザー以外からも好評です。

しかし、有料動画配信サービスなので「月額料金はいくらなのか?」「支払い方法は何があるのか?」これらを利用する前に知っておく必要があります。

この記事では、

  • dTVの料金や支払い方法
  • ドコモのdポイント使用可否
  • 入退会に関する日割り料金

などについて解説しますので、dTV利用を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

dTVの料金と支払い方法
  • dTVの料金は月額料金制と個別課金(レンタル)の2種類
  • ドコモユーザー以外の月額料金の支払い方法はクレジットカードのみ
  • 個別課金(レンタル)コースのみdポイント利用が可能
  • 月額料金の日割りはされない
  • dTVは月初に加入し退会は月末がお得

画像引用元:ドコモオンライン手続き

※記事中の金額は特別な表記がない限り、税抜価格です。

dTVの料金は月額料金と個別課金(レンタル)の2種類

dTVの料金は『月額料金』と『個別課金(レンタル)』の2種類存在し、受けられるサービス内容や支払い方法が変わってきます。

  • 月額料金…月額料金を支払い12万作品が見放題のコース
  • 個別課金(レンタル)…作品ごとに100円~の料金を払い視聴するコース

一般的に利用されているのは12万作品が見放題になる月額料金コースの方で、様々なジャンルのコンテンツをテレビやスマホ、タブレットやパソコンで楽しめるのが特徴です。

ドコモ回線の有無に限らずどちらのコースも選べるので、ドコモユーザー以外はどちらか一方の料金しか選べない…ということはございませんのでご安心下さい。

月額料金コースは500円/月

dTVの月額料金コースは毎月500円のコース1つだけで、他の動画配信サービスによくある上位版・下位版のプランのようなものはありません。

月額500円で12万作品が見放題になるので、旧作のDVDを週1で2~3本レンタルするよりもたくさんの作品を見られるのでコスパの良いサービスと言えるでしょう。

ただし、dTVの全ての作品が見放題になる…という訳ではなく、一部の作品に関しては『¥』マークの付いた個別課金(レンタル)専用の物もあります。

「月額料金コースに加入しても見られない作品はある」という点を承知の上で、月額料金コースを契約しましょう。

ドコモユーザー以外の月額料金コースの支払い方法はクレジットカードのみ

ドコモ回線契約の有無dTVの支払い方法
回線契約ありドコモ ケータイ払い
クレジットカード
回線契約なしクレジットカード

dTVの月額料金の支払い方法はドコモユーザーか否かで変動し、ドコモユーザーはドコモの携帯電話料金と一緒に支払う『ドコモ ケータイ払い』とクレジットカードが利用出来ます。

ドコモユーザー以外の方は国内で発行されたクレジットカードのみの支払いとなっており、電子マネーやコンビニ決済、銀行振込には対応しておりません。

dTVの月額料金制コースはクレジットカードを持っておらず、ドコモユーザーでもない方では利用できないのがdTVの難点かもしれません。

dポイントで決済も不可だがドコモユーザーなら間接的に決済可能

ドコモが発行するポイント『dポイント』は決済方法の中に含まれていないので、dTVの月額料金コースの支払いに充当する事は出来ません。

ただし、ドコモユーザーならdTVをドコモ ケータイ払いで月額料金を決済し、携帯電話料金をdポイントで充当すれば間接的にdポイントでdTVの月額料金を支払う事は可能です。

dポイントを500ポイント以上持っていて、且つドコモユーザー限定という条件はありますがdポイントで決済は可能です。

dTV月額料金コースは入退会の日割り計算されない

dTVは他の有料動画配信サービスやWebコンテンツと異なり、入退会に関する日割り計算が行われないので、下記のように利用日数は異なるのに初月の料金は一緒…という現象が起きます。

  • Aパターン…dTVの月額料金コースに7月15日に加入し7月31日まで利用中(利用日数17日)
  • Bパターン…dTVの月額料金コースに7月29日に加入し7月31日まで利用中(利用日数3日)

AパターンとBパターンの利用日数に違いはありますが、料金はどちらも500円となり加入初月から1ヶ月分の料金が請求される仕組みです。

退会の場合も同様で月初めの1日に退会しても1ヶ月分の料金を支払わなくてはいけないので、後述しますがdTV入退会のタイミングを見極めてお得に利用するテクニックを活用しましょう。

dTVの個別課金(レンタル)コースについて

dTVの月額料金コースについてご案内させていただきましたが、続いてdTVのもう1つの支払い方法、個別課金(レンタル)コースについて紹介します。

個別課金(レンタル)コースはその名前の通り、1つの作品を個別に課金して視聴する権利を得るもので、極論を言ってしまえば街中にあるレンタルDVDショップのネット版です。

月額料金コースでは見られない作品、最新のドラマや映画、有料チャンネル動画は個別課金(レンタル)専用に多く該当します。

作品料金は1本100円から

個別課金(レンタル)コースの作品料金ですが作品ごとに異なっているので「dTVの個別課金(レンタル)コースの料金は○○円!」と言い切る事は出来ません。

ただし下限は決まっておりレンタル1本につき最低100円以上の価格設定になっていると公式Q&Aで明言されています。

レンタルで画質を選ぶ際にレンタル料金も表示されているので「知らない内に莫大な金額が請求された!」というのは起きにくいでしょう。

ちなみにどれくらいのレンタル料金になるかの目安ですが、韓流ドラマ1本(1話)が標準・HD画質共に200円、新作洋画が標準300円・HD画質で400円になっています。

個別課金(レンタル)はdポイントが利用可能

ドコモ回線契約の有無dTVの支払い方法
回線契約ありドコモ ケータイ払い
クレジットカード
dポイント/ドコモポイント
回線契約なしクレジットカード
dポイント/ドコモポイント

ドコモユーザーか否かに関わらず、dポイントを決済方法に選べるのが個別課金(レンタル)コースと月額料金コースの大きな違いです。

ドコモユーザー以外でもdポイントがあればクレジットカードが無くてもレンタルできるので、dポイントカードで貯めたポイントがある人は利用してみるのも良いでしょう。

ドコモユーザーもレンタル専用コンテンツを1つだけ見たいなら、貯まったdポイントで決済する…という使い方も出来るようになっています。

次のページでは、dTV利用でdポイント還元はされるのか?ということについて解説していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ