ドコモ dTVの月額料金を他社と比較して価値があるか検証

  • 2020年10月27日
  • by.affiprecious

dtv

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

月額料金が税込550円と非常に安いdTV。

しかし、ただ安いだけでサービスが充実していなければ、料金が安い意味がありません。

そこで、本記事では他の人気動画配信サービスの月額料金とサービス内容をdTVのものと比較

dTVの月額料金の安さには、本当に価値があるのかを徹底検証していきます。

トップ画像引用元:動画を見るならdTV -公式サイト

dTVの月額料金を比較

動画視聴

まずは、dTVの月額料金や動画配信の基本的なサービス内容を、他のサービスと比較していきます。

比較対象となるのは、動画配信サービスでも人気が高い下記の4つです。

dTVの比較対象
  • Hulu
  • U-NEXT
  • Amazon Prime Video
  • Netflix

上記4つとの比較結果は下表のとおりです。

サービス名月額料金作品数無料期間特徴
dTV550円12万以上31日間作品数が多い
ドラマよりは映画が多い
Hulu1,026円7万以上14日間日テレに強い
他のジャンルも豊富
U-NEXT2,189円20万以上31日間作品数No.1
国内ドラマも多い
Amazon
Prime Video
500円
年額4,900円
3万5千以上30日間使えるサービスが非常に多い
Netflix880円~
1,800円
非公開なしオリジナル作品が秀逸

dTVの月額料金550円は、他のサービスに比べるとかなり安いですよね。

ただ、月額料金500円で多くのサービスを利用できるAmazon Prime Videoには敵いませんし、高額なU-NEXTでは20万本以上の作品を視聴できます。また、Netflixはオリジナル作品が豊富です。

dTVは確かに安いのですが、本当に月額料金分の価値があるのか見極めるためには、そのサービス内容も細かくチェックする必要があります。

dTVの特徴

dTVのアイコン

画像引用元:‎「dTV」をApp Storeで

dTVの基本情報

項目内容
月額料金550円
作品数120,000作品以上
最高画質4K
ダウンロード対応
同時再生端末数不可
支払い方法クレジットカード
キャリア決済(ドコモ)
無料お試し期間31日間

dTVはドコモが運営している動画配信サービスです。

ドコモユーザーでなければ利用できないイメージがありますが、そんなことはありません。dアカウントさえあれば誰でも利用できます。

dTVの最も魅力的な点は、月額料金が税込550円という安さにもかかわらず、作品数が12万点以上と非常に豊富なことです。

作品数から見ると、コスパは圧倒的No.1!万人におすすめできる動画配信サービスと言えるでしょう。

無料お試し期間は業界最長の31日間!

作品数はただ多ければ良いというものではありません。

例えば、海外ドラマをたくさん見たい人が、国内のドラマをメインに扱っているサービスに登録しても、あまり意味がありませんよね。

自分好みの作品がどれだけ提供されているか、事前にチェックするのはとても重要なことです。

dTVは無料お試し期間を業界最長の31日間設けています。

これだけの日数があれば、dTVが自分の好みに合っているかどうか、じっくり調べられますよね。

ちなみに、dTVが得意としているのは、映画とミュージックビデオ、ライブ映像などです。他のサービスではあまり見られないジャンルなので、この点も嬉しいポイントですね。

ドコモユーザー以外の月額料金コースの支払い方法はクレジットカードのみ

ドコモ回線契約の有無dTVの支払い方法
回線契約ありドコモ ケータイ払い
クレジットカード
回線契約なしクレジットカード

dTVの月額料金の支払い方法はドコモユーザーか否かで変動し、ドコモユーザーはドコモの携帯電話料金と一緒に支払う『ドコモ ケータイ払い』とクレジットカードが利用出来ます。

ドコモユーザー以外の方は国内で発行されたクレジットカードのみの支払いとなっており、電子マネーやコンビニ決済、銀行振込には対応しておりません。

dTVの月額料金制コースはクレジットカードを持っておらず、ドコモユーザーでもない方では利用できないのがdTVの難点かもしれません。

dポイントで決済も不可だがドコモユーザーなら間接的に決済可能

ドコモが発行するポイント『dポイント』は決済方法の中に含まれていないので、dTVの月額料金コースの支払いに充当する事は出来ません。

ただし、ドコモユーザーならdTVをドコモ ケータイ払いで月額料金を決済し、携帯電話料金をdポイントで充当すれば間接的にdポイントでdTVの月額料金を支払う事は可能です。

dポイントを500ポイント以上持っていて、且つドコモユーザー限定という条件はありますがdポイントで決済は可能です。

dTV月額料金コースは入退会の日割り計算されない

dTVは他の有料動画配信サービスやWebコンテンツと異なり、入退会に関する日割り計算が行われないので、下記のように利用日数は異なるのに初月の料金は一緒…という現象が起きます。

  • Aパターン…dTVの月額料金コースに7月15日に加入し7月31日まで利用中(利用日数17日)
  • Bパターン…dTVの月額料金コースに7月29日に加入し7月31日まで利用中(利用日数3日)

AパターンとBパターンの利用日数に違いはありますが、料金はどちらも500円となり加入初月から1ヶ月分の料金が請求される仕組みです。

退会の場合も同様で月初めの1日に退会しても1ヶ月分の料金を支払わなくてはいけないので、後述しますがdTV入退会のタイミングを見極めてお得に利用するテクニックを活用しましょう。

ドコモ払い(ドコモ ケータイ払い)を解説|d払いとの比較や明細の確認方法

Huluの特徴

hulu

画像引用元:「Hulu / フールー」をApp Storeで – iTunes – Apple

Huluの基本情報

項目内容
月額料金1,026円
作品数70,000作品以上
最高画質フルHD
ダウンロード対応
同時再生端末数最大3台
支払い方法クレジットカード
キャリア決済(3キャリア対応)
PayPal
iTunes Store決済
Yahoo!ウォレット
Amazonアプリ内決済
LINE Pay
無料お試し期間14日間

Huluは日本テレビ系の番組に強いほか、多くのジャンルを網羅している動画配信サービスです。

特に強いのは海外ドラマで、400作品以上を提供しています。

国内ドラマも日本テレビ系を中心に充実しており、見逃し配信も可能。

また、月額料金の支払い方法が非常に豊富な点も大きなメリットです。

最高画質はフルHDですが、ダウンロードにも対応しています。同時再生端末数は3台まで。基本的なサービスがしっかり揃っています。

総作品数ではU-NEXTやdTVより少ないものの、日本テレビ系の番組が好きで、幅広いジャンルの動画を見たい方にはおすすめできます。

U-NEXTの特徴

U-NEXT

画像引用元:事業内容 | U-NEXT コーポレート

U-NEXTの基本情報

項目内容
月額料金550円
作品数120,000作品以上
最高画質4K
ダウンロード対応
同時再生端末数不可
支払い方法クレジットカード
キャリア決済(ドコモ)
無料お試し期間31日間

U-NEXTの最も魅力的な点は、20万本以上という圧倒的な作品数です。また、約80の雑誌の読み放題も付いてきます。

U-NEXTは、映画などの最新作の配信もレンタルショップ並にスピーディー。

最新作を視聴する際は別途料金が発生しますが、毎月最新作2本分のポイントが貰えるため、そこまでの負担にはなりません。

ただし、月額料金が2,000円以上と高いため、無料お試し期間の31日間で自分に合っているサービスかどうか、しっかり見極める必要があります。

Amazon Prime Videoの特徴

Prime Videoのアイコン

画像引用元:‎「Amazon プライム・ビデオ」をApp Storeで

Amazon Prime Videoの基本情報

項目内容
月額料金550円
作品数120,000作品以上
最高画質4K
ダウンロード対応
同時再生端末数不可
支払い方法クレジットカード
キャリア決済(ドコモ)
無料お試し期間31日間

Amazon Prime Videoは人気作品を中心に、幅広いジャンルをまんべんなくカバーしています。

ただ一方で、「このジャンルが好きならAmazon Prime Video一択!」と言えるような強いジャンルもありません。

しかし、そんなAmazon Prime Videoには非常に強い長所があります。

それは、月額料金(年額料金)を払えば、以下のようなAmazonプライム会員の特典も利用できることです。

Amazonプライム会員の特典
  • Amazonでの送料・お急ぎ便・日時指定が無料
  • Prime Video見放題
  • Primeミュージック聴き放題
  • Prime Readingで電子書籍が一部無料
  • Kindle端末が4,000円引き
  • 年に一度の「Amazonプライムデー」に参加できる
  • タイムセールに通常よりも早く参加できる
  • Prime nowが使える(東京都内一部のみ)
  • Primeフォトで写真を保存できる
  • Amazonフレッシュを利用できる(東京都内一部のみ)

Amazon Prime Videoを利用するということは、「Amazonプライム会員」になることと同義です。そして、その会員の特典が上に挙げたものになります。

Amazonをよく利用する方なら、「Amazonでの送料・お急ぎ便・日時指定が無料」だけで十分元が取れるでしょう。

また、動画・音楽・電子書籍・セール・生鮮食品宅配・クラウドストレージまで利用できるのは、非常に強力です。

Amazon Prime Videoは、動画配信サービス単体での評価はいまいちかもしれません。しかし、他のサービスも含めて考えると、これほどコスパに優れたものはないでしょう。

動画配信サービスに興味があり、Amazonをよく利用する方には、Amazon Prime Videoは文句なしにおすすめできるサービスです。

Netflixの特徴

Netflixのアイコン

画像引用元:「Netflix」をApp Storeで

Netflixの基本情報

項目内容
月額料金550円
作品数120,000作品以上
最高画質4K
ダウンロード対応
同時再生端末数不可
支払い方法クレジットカード
キャリア決済(ドコモ)
無料お試し期間31日間

Netflixの最も魅力的な点は、Netflixオリジナル作品が非常に優れている事です。

その質の高さは海外の映画並みで、2019年アカデミー賞に最も多くノミネートされたほど。

海外ドラマも非常に多く、最近人気が再燃している韓国ドラマも豊富に提供しています。

Netflixはオリジナル作品に対する評価と、ドラマや映画などのラインナップの充実度の高さから、世界一の会員数を誇る動画配信サービスです。

Netflixには無料お試し期間がありません。それでも会員数が増え続けているわけですから、その人気ぶりが窺えますね。

なお、Netflixは国内ドラマが苦手です。まったくないわけではありませんが、配信数はそれほど多くありません。国内ドラマが好きな方は注意してください。

dTVの個別課金(レンタル)コースについて

dTVの月額料金コースについてご案内させていただきましたが、続いてdTVのもう1つの支払い方法、個別課金(レンタル)コースについて紹介します。

個別課金(レンタル)コースはその名前の通り、1つの作品を個別に課金して視聴する権利を得るもので、極論を言ってしまえば街中にあるレンタルDVDショップのネット版です。

月額料金コースでは見られない作品、最新のドラマや映画、有料チャンネル動画は個別課金(レンタル)専用に多く該当します。

作品料金は1本100円から

個別課金(レンタル)コースの作品料金ですが作品ごとに異なっているので「dTVの個別課金(レンタル)コースの料金は○○円!」と言い切る事は出来ません。

ただし下限は決まっておりレンタル1本につき最低100円以上の価格設定になっていると公式Q&Aで明言されています。

レンタルで画質を選ぶ際にレンタル料金も表示されているので「知らない内に莫大な金額が請求された!」というのは起きにくいでしょう。

ちなみにどれくらいのレンタル料金になるかの目安ですが、韓流ドラマ1本(1話)が標準・HD画質共に200円、新作洋画が標準300円・HD画質で400円になっています。

個別課金(レンタル)はdポイントが利用可能

ドコモ回線契約の有無dTVの支払い方法
回線契約ありドコモ ケータイ払い
クレジットカード
dポイント/ドコモポイント
回線契約なしクレジットカード
dポイント/ドコモポイント

ドコモユーザーか否かに関わらず、dポイントを決済方法に選べるのが個別課金(レンタル)コースと月額料金コースの大きな違いです。

ドコモユーザー以外でもdポイントがあればクレジットカードが無くてもレンタルできるので、dポイントカードで貯めたポイントがある人は利用してみるのも良いでしょう。

ドコモユーザーもレンタル専用コンテンツを1つだけ見たいなら、貯まったdポイントで決済する…という使い方も出来るようになっています。

dTV利用でdポイント還元はされるのか?

dTVはドコモ提供のサービスで、個別課金(レンタル)コースはdポイントを使用して決済ができますが、dポイントは還元されるのでしょうか?

結論を申し上げるとdTVを利用すると、利用金額とドコモ回線契約の有無に応じてdポイント還元がなされる仕様になっています。

ドコモ回線有無別のdポイント還元まとめ

dTVを利用した時のdポイントの還元は下記の表のようになり、ドコモ回線がある人はdポイントクラプ会員規約に応じてdポイントが貯まるので変動します。

ドコモ回線契約の有無dポイント還元率dポイント
獲得日
回線契約あり『dポイントクラブ
会員規約』
『ドコモビジネス
プレミアクラブ会員』
上記の提供条件準拠
翌月10日以降
順次
回線契約なし100円につき1ポイント翌月10日以降
順次

ドコモ回線を持っていない人でも100円で1ポイント貯まるので、月額料金500円に対してdポイントが5ポイント分還元されます。

また、支払い方法がクレジットカードの場合は、クレジットカード独自のポイントバックもあればそちらも合わせて付与されるでしょう。

dTVの料金と支払い方法の比較

ここまで紹介してきたdTVのコース別料金と支払い方法の違い、またdポイントの使用可否についてまとめると下記の表のようになります。

項目ドコモ回線契約
あり
ドコモ回線契約
なし
月額料金の
支払い方法
ドコモ ケータイ払い
クレジットカード
クレジットカード
月額料金500円/月500円/月
月額料金の
日割り計算
無し無し
個別課金
(レンタル)
の支払い方法
ドコモ ケータイ払い
クレジットカード
dポイント/ドコモポイント
クレジットカード
dポイント/ドコモポイント
dポイント還元率『dポイントクラブ会員規約』
『ドコモビジネスプレミアクラブ会員規約』
上記規約に準拠
100円につき1ポイント

これからdTVの利用を考えている方は、現在ドコモ回線の契約の有無と上記の表をみて、

  • どの支払い方法になるか
  • 料金はいくらになるか

を知っておくと良いでしょう。

お得にdTVを利用する4つの小技を紹介

ここからは実際にdTVを利用する時に少しお得に利用出来る4つのテクニックを紹介していきます。

どなたでも簡単に実行できるのでdTVの利用を考えている方は是非、実行してお得にdTVを利用してみて下さい。

dTV月額課金コースの加入は月初がおすすめ

「dTVに加入したら映画やドラマを楽しむぞ!」と、意気込むのは結構ですがdTVの加入は月初、可能であれば1日や2日に加入するのがおすすめです。

「なぜ1日に加入?いつ加入しても関係ないのでは?」と思われるかもしれませんが『dTVは日割り計算されない』というのが理由です。

dTVの月額料金は1日起算月末締めで日割り計算がされない…つまり1日に加入しても月末の30~31日に加入しても500円の月額料金が請求されるのです。

たった数日しか使っていないのに500円の満額を請求されてしまうこともあるので、dTVの加入は月初の早い時期、可能であれば1日に加入しましょう。

dTV月額料金コースの退会は月末がおすすめ

dTV月額料金コースの入会は1日加入がおすすめとお伝えしましたが、逆にdTVの月額料金コースを退会する際は月末退会がお得になります。

これも入会と同じく日割り計算がされないdTVの仕様が関係しており、1日に退会しても31日に退会しても請求される料金は一緒だからです。

他の動画サイトでは退会しても月末まで使えるサイトもありますが、dTVは解約手続き完了後は利用できないからです。

dTVの月額料金コース退会時は、月末に退会した方がお得になるので月末までたっぷり楽しんでから忘れずに退会を行いましょう。

初めて利用する時は無料おためし加入を利用しよう

dTVは他の動画配信サービスと同様に、初回契約の方限定で無料のおためしキャンペーンを実施しており以下の特徴があります。

  • 申し込み当日から初回31日間無料
  • いつでも解約OKで無料期間中に解約すれば月額料金500円はかからない
  • ドコモ回線の契約を持っていなくてもdアカウントを取得していれば可能

ドコモ回線を契約していない、ドコモ以外のスマホやタブレットでもdアカウントを持っていれば無料おためし加入できるので見たい作品があればおためし加入で見てみると良いでしょう。

Wi-Fi接続中に映像作品をダウンロードしておこう

dTVはスマホに動画のダウンロードを行うことが出来るので、自宅や公衆無線Wi-Fiに接続した際にダウンロードしておけばスマホの通信容量を抑えて視聴できます。

動画の再生前に会員状態とライセンスの確認を挟むので、オフラインの状態では再生できませんが、ストリーミングしながら再生するより通信容量を抑えられるメリットがあるのでおすすめです。

更にパソコン版dTVサイトでは作品のタイトルページのダウンロードボタンをクリックすると、デバイス登録済みのAndroid(iOSは不可)に作品をダウンロードする機能もあります。

パソコンでWebサイト閲覧中にダウンロードして、翌日の出勤時にはダウンロードした動画を楽しむ…という使い方も出来るので是非試してみて下さい。

※ダウンロード対象外の動画もあり

dTVは月額料金ほどの価値があるか

あらためて、dTVの月額料金などを他の4社と比較してみましょう。

サービス名月額料金作品数無料期間特徴
dTV550円12万以上31日間作品数が多い
ドラマよりは映画が多い
Hulu1,026円7万以上14日間日テレに強い
他のジャンルも豊富
U-NEXT2,189円20万以上31日間作品数No.1
国内ドラマも多い
Amazon
Prime Video
500円
年額4,900円
3万5千以上30日間使えるサービスが非常に多い
Netflix880円~
1,800円
非公開なしオリジナル作品が秀逸

dTVは作品数12万点以上で月額550円と非常にコスパが良いサービスです。dTVは月額料金分の価値が十二分にあると言えます。

U-NEXTと比べても作品数あたりの料金は安いですし、Amazon Prime Videoと比較しても、作品数から見たコスパは段違いです。

特に、動画配信サービスを初めて利用する方には、非常におすすめできるサービスと言えるでしょう。

ただし、好みは人それぞれですから、どうしても良し悪しが分かれてしまうと思います。

まずはdTVに申し込んで、31日間の無料お試し期間で存分に楽しんでみてください。

無料お試し期間を通じて「やっぱり自分には合わないな」と感じたら、その期間中に解約すれば料金はかかりません。

「最初の1ヶ月分だけは払う必要がある」といった制度もないので安心して使ってください。

dTVは映画やミュージックビデオ、ライブ映像にも強いサービスです。これらのジャンルが好きな方も、ぜひdTVを試してみてくださいね。

ドコモユーザーは加入必須!?d系サービス一覧とおすすめ5選

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ