dTVの料金と支払い方法|dポイントの利用や日割り清算は可能?

dTVの料金と支払い方法|dポイントの利用や日割り清算は可能?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

ドコモが提供している有料動画配信サービス『dTV』は、国内外問わず12万以上の作品が見られるのでドコモユーザー以外からも好評です。

しかし、有料動画配信サービスなので「月額料金はいくらなのか?」「支払い方法は何があるのか?」これらを利用する前に知っておく必要があります。

この記事では、

  • dTVの料金や支払い方法
  • ドコモのdポイント使用可否
  • 入退会に関する日割り料金

などについて解説しますので、dTV利用を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

dTVの料金と支払い方法
  • dTVの料金は月額料金制と個別課金(レンタル)の2種類
  • ドコモユーザー以外の月額料金の支払い方法はクレジットカードのみ
  • 個別課金(レンタル)コースのみdポイント利用が可能
  • 月額料金の日割りはされない
  • dTVは月初に加入し退会は月末がお得

画像引用元:ドコモオンライン手続き

※記事中の金額は特別な表記がない限り、税抜価格です。

dTVの料金は月額料金と個別課金(レンタル)の2種類

dTVの料金は『月額料金』と『個別課金(レンタル)』の2種類存在し、受けられるサービス内容や支払い方法が変わってきます。

  • 月額料金…月額料金を支払い12万作品が見放題のコース
  • 個別課金(レンタル)…作品ごとに100円~の料金を払い視聴するコース

一般的に利用されているのは12万作品が見放題になる月額料金コースの方で、様々なジャンルのコンテンツをテレビやスマホ、タブレットやパソコンで楽しめるのが特徴です。

ドコモ回線の有無に限らずどちらのコースも選べるので、ドコモユーザー以外はどちらか一方の料金しか選べない…ということはございませんのでご安心下さい。

月額料金コースは500円/月

dTVの月額料金コースは毎月500円のコース1つだけで、他の動画配信サービスによくある上位版・下位版のプランのようなものはありません。

月額500円で12万作品が見放題になるので、旧作のDVDを週1で2~3本レンタルするよりもたくさんの作品を見られるのでコスパの良いサービスと言えるでしょう。

ただし、dTVの全ての作品が見放題になる…という訳ではなく、一部の作品に関しては『¥』マークの付いた個別課金(レンタル)専用の物もあります。

「月額料金コースに加入しても見られない作品はある」という点を承知の上で、月額料金コースを契約しましょう。

ドコモキャンペーンバナー

ドコモユーザー以外の月額料金コースの支払い方法はクレジットカードのみ

ドコモ回線契約の有無dTVの支払い方法
回線契約ありドコモ ケータイ払い
クレジットカード
回線契約なしクレジットカード

dTVの月額料金の支払い方法はドコモユーザーか否かで変動し、ドコモユーザーはドコモの携帯電話料金と一緒に支払う『ドコモ ケータイ払い』とクレジットカードが利用出来ます。

ドコモユーザー以外の方は国内で発行されたクレジットカードのみの支払いとなっており、電子マネーやコンビニ決済、銀行振込には対応しておりません。

dTVの月額料金制コースはクレジットカードを持っておらず、ドコモユーザーでもない方では利用できないのがdTVの難点かもしれません。

dポイントで決済も不可だがドコモユーザーなら間接的に決済可能

ドコモが発行するポイント『dポイント』は決済方法の中に含まれていないので、dTVの月額料金コースの支払いに充当する事は出来ません。

ただし、ドコモユーザーならdTVをドコモ ケータイ払いで月額料金を決済し、携帯電話料金をdポイントで充当すれば間接的にdポイントでdTVの月額料金を支払う事は可能です。

dポイントを500ポイント以上持っていて、且つドコモユーザー限定という条件はありますがdポイントで決済は可能です。

dTV月額料金コースは入退会の日割り計算されない

dTVは他の有料動画配信サービスやWebコンテンツと異なり、入退会に関する日割り計算が行われないので、下記のように利用日数は異なるのに初月の料金は一緒…という現象が起きます。

  • Aパターン…dTVの月額料金コースに7月15日に加入し7月31日まで利用中(利用日数17日)
  • Bパターン…dTVの月額料金コースに7月29日に加入し7月31日まで利用中(利用日数3日)

AパターンとBパターンの利用日数に違いはありますが、料金はどちらも500円となり加入初月から1ヶ月分の料金が請求される仕組みです。

退会の場合も同様で月初めの1日に退会しても1ヶ月分の料金を支払わなくてはいけないので、後述しますがdTV入退会のタイミングを見極めてお得に利用するテクニックを活用しましょう。

dTVの個別課金(レンタル)コースについて

dTVの月額料金コースについてご案内させていただきましたが、続いてdTVのもう1つの支払い方法、個別課金(レンタル)コースについて紹介します。

個別課金(レンタル)コースはその名前の通り、1つの作品を個別に課金して視聴する権利を得るもので、極論を言ってしまえば街中にあるレンタルDVDショップのネット版です。

月額料金コースでは見られない作品、最新のドラマや映画、有料チャンネル動画は個別課金(レンタル)専用に多く該当します。

作品料金は1本100円から

個別課金(レンタル)コースの作品料金ですが作品ごとに異なっているので「dTVの個別課金(レンタル)コースの料金は○○円!」と言い切る事は出来ません。

ただし下限は決まっておりレンタル1本につき最低100円以上の価格設定になっていると公式Q&Aで明言されています。

レンタルで画質を選ぶ際にレンタル料金も表示されているので「知らない内に莫大な金額が請求された!」というのは起きにくいでしょう。

ちなみにどれくらいのレンタル料金になるかの目安ですが、韓流ドラマ1本(1話)が標準・HD画質共に200円、新作洋画が標準300円・HD画質で400円になっています。

個別課金(レンタル)はdポイントが利用可能

ドコモ回線契約の有無dTVの支払い方法
回線契約ありドコモ ケータイ払い
クレジットカード
dポイント/ドコモポイント
回線契約なしクレジットカード
dポイント/ドコモポイント

ドコモユーザーか否かに関わらず、dポイントを決済方法に選べるのが個別課金(レンタル)コースと月額料金コースの大きな違いです。

ドコモユーザー以外でもdポイントがあればクレジットカードが無くてもレンタルできるので、dポイントカードで貯めたポイントがある人は利用してみるのも良いでしょう。

ドコモユーザーもレンタル専用コンテンツを1つだけ見たいなら、貯まったdポイントで決済する…という使い方も出来るようになっています。

次の章では、dTV利用でdポイント還元はされるのか?ということについて解説していきます。

dTV利用でdポイント還元はされるのか?

dTVはドコモ提供のサービスで、個別課金(レンタル)コースはdポイントを使用して決済ができますが、dポイントは還元されるのでしょうか?

結論を申し上げるとdTVを利用すると、利用金額とドコモ回線契約の有無に応じてdポイント還元がなされる仕様になっています。

ドコモ回線有無別のdポイント還元まとめ

ドコモ回線契約の有無dポイント還元率dポイント
獲得日
回線契約あり『dポイントクラブ
会員規約』
『ドコモビジネス
プレミアクラブ会員』
上記の提供条件準拠
翌月10日以降
順次
回線契約なし100円につき1ポイント翌月10日以降
順次

dTVを利用した時のdポイントの還元は上記の表のようになり、ドコモ回線がある人はdポイントクラプ会員規約に応じてdポイントが貯まるので変動します。

ドコモ回線を持っていない人でも100円で1ポイント貯まるので、月額料金500円に対してdポイントが5ポイント分還元されます。

また、支払い方法がクレジットカードの場合は、クレジットカード独自のポイントバックもあればそちらも合わせて付与されるでしょう。

dTVの料金と支払い方法の比較

項目ドコモ回線契約
あり
ドコモ回線契約
なし
月額料金の
支払い方法
ドコモ ケータイ払い
クレジットカード
クレジットカード
月額料金500円/月500円/月
月額料金の
日割り計算
無し無し
個別課金
(レンタル)
の支払い方法
ドコモ ケータイ払い
クレジットカード
dポイント/ドコモポイント
クレジットカード
dポイント/ドコモポイント
dポイント還元率『dポイントクラブ会員規約』
『ドコモビジネスプレミアクラブ会員規約』
上記規約に準拠
100円につき1ポイント

ここまで紹介してきたdTVのコース別料金と支払い方法の違い、またdポイントの使用可否についてまとめると上記の表のようになります。

これからdTVの利用を考えている方は、現在ドコモ回線の契約の有無と上記の表をみて、

  • どの支払い方法になるか
  • 料金はいくらになるか

を知っておくと良いでしょう。

お得にdTVを利用する5つの小技を紹介

ここからは実際にdTVを利用する時に少しお得に利用出来る5つのテクニックを紹介していきます。

どなたでも簡単に実行できるのでdTVの利用を考えている方は是非、実行してお得にdTVを利用してみて下さい。

dTV月額課金コースの加入は月初がおすすめ

「dTVに加入したら映画やドラマを楽しむぞ!」と、意気込むのは結構ですがdTVの加入は月初、可能であれば1日や2日に加入するのがおすすめです。

「なぜ1日に加入?いつ加入しても関係ないのでは?」と思われるかもしれませんが『dTVは日割り計算されない』というのが理由です。

dTVの月額料金は1日起算月末締めで日割り計算がされない…つまり1日に加入しても月末の30~31日に加入しても500円の月額料金が請求されるのです。

たった数日しか使っていないのに500円の満額を請求されてしまうこともあるので、dTVの加入は月初の早い時期、可能であれば1日に加入しましょう。

dTV月額料金コースの退会は月末がおすすめ

dTV月額料金コースの入会は1日加入がおすすめとお伝えしましたが、逆にdTVの月額料金コースを退会する際は月末退会がお得になります。

これも入会と同じく日割り計算がされないdTVの仕様が関係しており、1日に退会しても31日に退会しても請求される料金は一緒だからです。

他の動画サイトでは退会しても月末まで使えるサイトもありますが、dTVは解約手続き完了後は利用できないからです。

dTVの月額料金コース退会時は、月末に退会した方がお得になるので月末までたっぷり楽しんでから忘れずに退会を行いましょう。

初めて利用する時は無料おためし加入を利用しよう

スマホを触る女子高生

dTVは他の動画配信サービスと同様に、初回契約の方限定で無料のおためしキャンペーンを実施しており以下の特徴があります。

  • 申し込み当日から初回31日間無料
  • いつでも解約OKで無料期間中に解約すれば月額料金500円はかからない
  • ドコモ回線の契約を持っていなくてもdアカウントを取得していれば可能

ドコモ回線を契約していない、ドコモ以外のスマホやタブレットでもdアカウントを持っていれば無料おためし加入できるので見たい作品があればおためし加入で見てみると良いでしょう。

過去にdTVを利用した人は『おかえりキャンペーン!』を利用しよう

dTVは2019年8月1日から同月31日にかけて、dTVを過去に利用した事がある人を対象に『おかえりキャンペーン!』という名称のカムバックキャンペーンを実施します。

項目内容
キャンペーン名おかえりキャンペーン!
キャンペーン期間2019年8月1日~同年8月31日
キャンペーン対象者過去にdTVの入会経験がある方
特典内容dポイント500ポイント
(期間・用途限定)
特典付与条件特典付与時にdTV会員であること
特典付与予定10月中旬

特典として月額利用料1ヶ月分に相当する500ポイント分のdポイントが付与されるので、過去にdTVを利用したことがある人も、初回おためしキャンペーンとほぼ同じ待遇を受けられます。

2019年の夏は猛暑も予想されているので、夏場はクーラーの効いた部屋でdTVをゆったり楽しむ…というのも良いでしょう。

Wi-Fi接続中に映像作品をダウンロードしておこう

dTVはスマホに動画のダウンロードを行うことが出来るので、自宅や公衆無線Wi-Fiに接続した際にダウンロードしておけばスマホの通信容量を抑えて視聴できます。

動画の再生前に会員状態とライセンスの確認を挟むので、オフラインの状態では再生できませんが、ストリーミングしながら再生するより通信容量を抑えられるメリットがあるのでおすすめです。

更にパソコン版dTVサイトでは作品のタイトルページのダウンロードボタンをクリックすると、デバイス登録済みのAndroid(iOSは不可)に作品をダウンロードする機能もあります。

パソコンでWebサイト閲覧中にダウンロードして、翌日の出勤時にはダウンロードした動画を楽しむ…という使い方も出来るので是非試してみて下さい。

※ダウンロード対象外の動画もあり

dTVを契約するか迷ったら無料おためしキャンペーンを利用しよう

dTVは支払い方法やドコモ回線の有無でdポイントの還元が異なるものはありますが、ドコモ回線が無いユーザーでもサービスの利用が出来る敷居の低いサービスになっています。

しかし、敷居が低いと言っても「本当に自分に合うのかな…」と、不安を感じる方も少なくありません。

その為の31日間初回無料おためしキャンペーンの存在があります。

百聞は一見にしかずという諺もあるように、dTVで見たい作品があったら初回無料キャンペーンで使い心地を確かめつつ気楽に楽しんでみるのがおすすめです。

dTVが楽しい!もっと見たい!と思ったら継続すれば良し、合わないかな…と感じたら無料期間中に解約すればお金もかからないので、一度dTVを始めて見てはいかがでしょうか。

dTVの料金と支払い方法
  • dTVの料金は月額料金制と個別課金(レンタル)の2種類
  • ドコモユーザー以外の月額料金の支払い方法はクレジットカードのみ
  • 個別課金(レンタル)コースのみdポイント利用が可能
  • 月額料金の日割りはされない
  • dTVは月初に加入し退会は月末がお得

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ