DURA FORCE PROレビュー|タフネスSIMフリースマホのスペックと価格

DURA FORCE PROレビュー|タフネスSIMフリースマホのスペックと価格

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホのスペックを確認する時にプライベートを基準で考える人もいますが、1日の大半を占めている仕事を基準に考える人も多くいます。

仕事で求められるスマホのスペックとしては、

  • 長時間使い続けることのできるバッテリー性能
  • メモ代わりやレポートに添える写真を撮れるカメラ機能

など、そして重要なのはどんな環境にも耐えることのできるタフネスさです。

例えば、落としただけで液晶が割れてしまうようでは、やはり仕事用のスマホとしては不適格です。

業種などにもよるかもしれませんが、仕事におけるスマホのタフネスさとはそれほど重要であるといえます。

そこで、今回はタフネスを求める仕事のニーズに応えたスマホ「DURA FORCE PRO」のスペックと価格についてレビューします。

トップ画像引用元:DURA FORCE® PRO | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

1 タフネススマホとは何か

画像引用元:機能 | DURA FORCE® PRO | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

DURA FORCE PROを紹介する前に、タフネススマホと聞いた場合、多くの人が耳慣れない単語かと思います。

タフネススマホとは、様々な環境下で使用できるように頑丈に設計されたスマホのことを指し、その魅力は何と言ってもその高い堅牢性、丈夫で壊れにくい性能です。

タフネススマホの市場が拡大していく中で、細やかなスペックの差はあっても、この堅牢性は全てに共通します。

1-1 タフネススマホの「KYOCERA」

今やアメリカで高い人気を誇るタフネススマホですが、その人気の皮切りとなったのは日本のメーカーである京セラ(KYOCERA)のスマホです。

2013年にアメリカで発売した防水機能付きスマホ「Hydro ELITE」のヒットを皮切りに、のちに発売された「TORQUE」でその認知度を確実に上げていきました。

防水・防塵、落下衝撃にも強い耐久性を誇る「TORQUE」の人気はアメリカの警察や消防署などが支持するほどで、今やアメリカでタフネススマホといえば「KYOCERA」です。

2 逆輸入タフネススマホ DURA FORCE PROのスペック

画像引用元:DURA FORCE PRO | 京セラ

今や市場の代表的なメーカーである京セラから2016年にアメリカで発売されたタフネススマホこそDURA FORCE PROです。

タフネススマホの完成系と呼び声が高い、DURA FORCEシリーズの最上級機種として生まれたDURA FORCE PROは、2018年春に日本でも発売されました。

本項ではDURA FORCE PROのスペックについて細かく紹介していきます。

DURA FORCE PROのタフネスなスペック

  • MILスペックの極めて高い堅牢性
  • 水中でも撮影可能なスマホ
  • 大音量のフロントデュアルスピーカー
  • IPトランシーバーアプリとダイレクトボタン
  • グローブタッチ/ウェットタッチ
  • 大容量のバッテリー

2-1 DURA FORCE PROはMILスペックという極めて高い堅牢性

MILスペックとは、military standard(ミリタリースタンダード)、つまり軍用規格のことで、特にアメリカ国防総省が規定する、軍用品の耐久性能規格の通称です。

DURA FORCE PROは、その中でも「MIL-STD-810G」の16項目に準拠しています。

また、防水防塵性も高く、

  • 防水性能はIPX5/IPX8
  • 防塵性能はIP6X

となっています。

また、これほどの基準をクリアしている中で京セラ独自の試験(落下・浸漬)も実施していて、通常のスマホでは考えられないほどの高い堅牢性を誇っています。

2-2 DURA FORCE PROでは水中撮影も可能

今やスマホの機能の中でもカメラは重要度が高いですが、現場使用のタフネススマホといえどもDURA FORCE PROのカメラは流行をおさえてダブルレンズを採用しています。

約1,300万画素の標準画角カメラと約200万画素の広角レンズカメラを搭載しています。

また、DURA FORCE PROの場合はタフネススマホならではの利点があります。

それは前項で紹介した防水性能によるもので、長時間水に浸けていても問題が生じないため、DURA FORCE PROではアクティブな水中撮影も可能です。

もちろん通常のカメラとしての性能も申し分なく、

  • 顔認識
  • オートフォーカス
  • フラッシュ
  • パノラマ
  • ジオタグ

といった機能も搭載されています。

2-3 大音量のフロントデュアルスピーカー

画像引用元:機能 | DURA FORCE® PRO | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

DURA FORCE PROは工事現場などの屋外での使用を想定しているため、スピーカーにも特徴があります。

激しい音の鳴り響く工事現場や屋外では通常スピーカーでは聞き取りにくいです。

しかし、DURA FORCE PROは前面に2つのスピーカーを搭載し、最大100dB以上の大音量でとても聞き取りやすいです。

これは一般的な通話ではあまり関係ないかもしれませんが、現場や屋外での作業ではハンズフリーで通話をすることが多々あり、ユーザーのことを想定した性能といえます。

2-4 IPトランシーバーアプリとダイレクトボタン

DURA FORCE PROの特徴的なスペックとして、IPトランシーバーは外すことができません。

これは専用のアプリを利用することでDURA FORCE PROを全国エリアのトランシーバーとして使えるというものです。

4Gネットワークを利用したトランシーバー機能なので特別な免許を必要とせず、ボタンを押すだけで登録した複数の相手と同時通話が可能となっています。

また、このトランシーバー機能をフルに活かすのがスマホ側面に備え付けられたダイレクトボタンで、これによって面倒な操作がなく快適にトランシーバーを利用できます。

注意点:IPトランシーバーを利用するための専用アプリは有償サービスの加入が必要

▼DURA FORCE PROを購入するならIIJmio▼

※2018年12月5日時点では一時販売停止しています。

次のページでも、DURA FORCE PROのスペックを詳細に紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

最新スマホ比較|サイズ・カメラ・スペック・価格あらゆる面から評価... 2018年秋冬の新スマホも出揃い、その評価が固まりつつあります。 今シーズンも数々のスマホが登場しましたが、多すぎて何が何だか……という方も少なくないのではないでしょうか。 このページでは新しい人気・注目スマホを中心に、10機種...
Pixel 3の強みは「カメラ機能」|新技術のGoogleレンズが面白い!... 画像引用元:Google Pixel 3 - 日本 - 世界を見る新しい方法 - Googleストア 写したものの情報がわかるGoogleレンズが便利 男性 34歳 現在使用している機種:Pixel 3 ...
ソフトバンクAQUOS R2に機種変更|お得に購入する完全ガイド... このところSHARPのフラッグシップモデルへの注目が高まってきています。 もともとSHARPは大手国産電機メーカーでしたが、2016年に台湾・鴻海精密工業の傘下に入りました。 その影響もあってか、現在はどことなく攻めた姿勢も感じ...
Google Pixel3レビュー|超シンプルなピュアAndroidの真価とは?... Googleが開発したAndroidGoogle Pixel3が発売になりました! 実機が手に入ったので、Google Pixel3を様々な観点からレビューします。 Google Pixel3は「ピュアAndroid」と言われて...