空間オーディオ対応イヤホンおすすめ6選|普通のイヤホンでも聴ける?

  • 2022年5月4日
  • by.Iris777

AirPods Pro

音楽アプリならApple Musicがおすすめ!
9,000万曲以上が聴き放題で、1ヶ月の無料トライアルも実施中!

Apple Musicでは、サウンドのクオリティを高めるためのバーチャルサラウンド機能として「空間オーディオ」が実装されています。

対応デバイスでApple Musicを利用すればハイクオリティなサウンドを楽しめるので、ぜひ使ってみたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は空間オーディオに対応したイヤホンをみていきましょう。

デバイスによってはイヤホンなしで空間オーディオを利用できますが、より臨場感があるサウンドを楽しみたいならイヤホンを利用するのがおすすめです。

空間オーディオの特徴
  • 対応デバイスがあれば手軽に臨場感があるサウンドを楽しめるシステム
  • 一部のiPhone・iPad・Mac・Apple TVシリーズのデバイスが対応
  • 対応イヤホンはAirPodsシリーズかBeatsシリーズ
  • 設定を変更すればほかのイヤホンでも利用できる

トップ画像引用元:Apple AirPods(第3世代)

Apple Musicの「空間オーディオ」とは

Appleの空間オーディオ

画像引用元:Apple AirPods(第3世代)

Apple Musicが提供している「空間オーディオ」とは、臨場感があるハイクオリティなサウンドを提供するバーチャルサラウンドシステムです。

Dolby Atmosによって提供されており、サウンドがあらゆる方向から聞こえてくるように感じられるのが特徴です。

似たようなオーディオサービスには「Spatial Audio」や「360 Reality Audio」がありますが、同じようなものといえるでしょう。

臨場感があるサウンドを楽しむ方法には、ほかにも5.1chや7.1chもあります。

5.1chや7.1ch環境を構築する場合は、専用のスピーカーを使用して環境を構築しなければなりません。

ですが、空間オーディオなら対応デバイスならすぐに使えて手軽なのも魅力です。

外出先でハイクオリティなオーディオを楽しみたい人にも向いています。

今なら1ヶ月の無料トライアルも!

Apple Music

画像引用元:‎「Apple Music」をApp Storeで

Apple Musicは、9,000万曲が聴き放題の音楽アプリです。

広告非表示・オフライン再生対応など、ストレスフリーで快適に音楽を楽しむことができるアプリです。

学生プランやファミリープランも充実しており、自分に合ったプランを選べます。

初回なら1ヶ月の無料トライアルがあり、有料プランの機能をすべて試せます。

無料期間中にキャンセルすれば料金は発生しないので、合わなければ解約しても大丈夫。

迫力満載の空間オーディオ音質を、ぜひ試してみてください!

\1ヶ月の無料トライアル実施中!/

空間オーディオ対応イヤホンは必要か

Apple Music 無料特典

画像引用元:6か月無料特典

空間オーディオ対応イヤホンが販売されているため、実際に空間オーディオを楽しむには専用のイヤホンが必要なのだろうかと悩みがちです。

しかし、空間オーディオを楽しむには専用のイヤホンを使う方法のほかに、対応デバイスのスピーカーを使う方法と普通のイヤホンを使う方法があります。

それぞれの方法について簡単にみていきましょう。

推奨イヤホンを使う方法

手軽に空間オーディオによるハイクオリティなサウンドを楽しみたいなら、空間オーディオ推奨イヤホンを利用するのがおすすめです。

2022年5月時点でAirPodsとBeatsシリーズの一部イヤホンが対応しているため、ぜひチェックしてみてください。

特におすすめのイヤホンについては後ほど詳しく紹介します。製品選びで迷っている人は必見です。

対応デバイスのスピーカーを使う方法

使いたいデバイスがスピーカーを利用した空間オーディオ再生に対応しているなら、イヤホンを使わなくてもハイクオリティなサウンドを楽しめます。

スピーカーでの再生に対応しているのは以下のデバイスです。

対応デバイス(2022年5月時点)
  • iPhone XR 以降(SEシリーズを除く)
  • 12.9インチ iPad Pro(第3世代以降)
  • 11インチ iPad Pro
  • iPad(第6世代以降)
  • iPad Air(第3世代以降)
  • iPad mini(第5世代)
  • 2018年以降に発売されたMacBookシリーズ
  • iMacシリーズ

これらのデバイスを使用しているなら、イヤホンやヘッドホンがなくてもスピーカーで空間オーディオを楽しめます。

普通のイヤホンでも聴ける?

空間オーディオには推奨イヤホンはありますが、専用イヤホンは存在しません。

したがって、設定を変更してDolby Atmosを有効にすれば普通のイヤホンでも楽しめます。

具体的な設定手順は以下のとおりです。なお、今回はiPhoneやiPadを使う場合を想定しています。

普通のイヤホンを使うときの設定手順
  1. 設定アプリを開く
  2. 「ミュージック」をタップする
  3. 「Dolby Atmos」をタップする
  4. 「常にON」を選択する

これで普通のイヤホンでも空間オーディオを使えるようになります。

手順3でDolby Atmosが表示されない場合は、Apple Musicのサブスクリプション契約が有効になっているかチェックしてください。

空間オーディオ対応イヤホンおすすめ6選

次に、空間オーディオを楽しみたい人に向いているイヤホンを詳しく紹介します。

今回紹介するイヤホンは次のとおりです。

空間オーディオを楽しむのにおすすめのイヤホン6選
  • AirPods Pro
  • AirPods(第3世代)
  • POWERBEATS PRO
  • BEATS STUDIO BUDS
  • Beats Flex
  • SONY WF-1000XM4

Appleが推奨しているもののほかにも、Dolby Atmosに対応しているおすすめイヤホンをまとめました。

イヤホン選びで迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

AirPods Pro

AirPods Pro

画像引用元:Apple AirPods(第3世代)

項目スペック
価格30,580円
音楽連続再生時間最大4.5時間
充電時間5分の充電で約1時間利用可能
重さ5.4g
BluetoothバージョンVersion 5.0
BluetoothコーデックAAC

Apple製品でワイヤレスイヤホンを利用するなら、AirPods Proが最もおすすめです。

ノイズキャンセリング付きのカナル型イヤホンなので、音楽に集中したい人に向いています。

カナル型イヤホンは耳に合わないと装着感が悪くなるのがデメリットですが、AirPods Proには3種類のイヤーチップが装着されていて簡単に取り替えられます。

ノイズキャンセリング機能の性能もよく、雑音が多い環境で使うイヤホンとしてもおすすめです。

必要に応じて外部音取り込みモードに切り替えると、周囲の環境音が聞こえるようになります。

環境に応じて適切なモードを使い分けつつ音楽を楽しみましょう。

もちろん空間オーディオ推奨イヤホンなので、どれを選べばいいのか迷ったらこれを選ぶといいでしょう。

AirPods(第3世代)

AirPods

画像引用元:Apple AirPods(第3世代)

項目スペック
AirPods(第3世代)23,800円
音楽連続再生時間最大5時間
充電時間15分の充電で最大3時間利用可能
重さ4g
BluetoothバージョンVersion 5.0
BluetoothコーデックAAC

AirPods(第3世代)は、インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンです。

カナル型イヤホンの装着感が苦手な人や、AirPods Proより安価なイヤホンを探している人はこちらをチェックしてみましょう。

ただし、AirPods Proとは異なりノイズキャンセリング機能は搭載していません。

雑音が多い環境で利用すると、雑音によって音楽に集中できない可能性がある点に注意してください。

連続再生時間や充電時間には大きな差はありません。

価格や装着感などを比較し、自分にマッチしたほうを選びましょう。

POWERBEATS PRO

POWERBEATS PRO

画像引用元:Powerbeats Pro – 完全ワイヤレスイヤフォン – Beats

項目スペック
価格27,280円
音楽連続再生時間最大9時間
充電時間5分の充電で最大1.5時間の再生が可能
重さ11g
BluetoothバージョンClass 1 Bluetooth
コーデックAAC/SBC

POWERBEATS PROはイヤーフック付きのワイヤレスイヤホンで、装着中の落下リスクを軽減したい人におすすめです。

空間オーディオを利用して音楽に集中したいというニーズだけではなく、Apple H1チップを搭載しているので片方のみを接続して手軽に音楽を聞きたいというニーズも満たしてくれます。

耐水性を強化しているのもPOWERBEATS PROの特徴で、雨天時の屋外などでも安心して使えるのがメリットです。

AirPodsシリーズ以外で品質が高く、使いやすい空間オーディオ対応イヤホンを探しているなら見逃せません。

BEATS STUDIO BUDS

BEATS STUDIO BUDS

画像引用元:Studio Buds – 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン – Beats

項目スペック
価格17,800円
音楽連続再生時間最大8時間
充電時間5分の充電で最大1時間の再生が可能
重さ5g
BluetoothバージョンBluetooth 5.2
コーデックAAC/SBC

Beatsシリーズのイヤホンを探しているものの、POWERBEATS PROは予算オーバーだという人におすすめなのがBEATS STUDIO BUDSです。

こちらは一般的なカナル型のイヤホンで、アクティブノイズキャンセリングも搭載しています。

購入しやすいカナル型イヤホンを探している人や、さまざまなデバイスで活用したい人におすすめです。

密閉性を高める構造になっており。より音楽に集中したい人に向いています。

イヤーチップは3種類搭載しているので、適切なものを選ぶことで装着中に外れにくくなります。

完全ワイヤレスイヤホンの落下リスクを低減したい人にもおすすめです。

Beats Flex

BEATS FLEX

画像引用元:Beats Flex – ワイヤレスイヤフォン – Beats

項目スペック
価格8,400円
音楽連続再生時間最大12時間
充電時間10分の充電で最大1時間の再生が可能
重さ5g
BluetoothバージョンClass 1 Bluetooth
コーデックAAC/SBC

Beats Flexは左右一体型のワイヤレスイヤホンです。

このタイプのイヤホンは連続再生時間が分離型と比較して長いのが特徴で、長期間音楽を楽しみたい人に向いています。

特に映画鑑賞など、連続して空間オーディオ対応コンテンツを視聴する人におすすめです。

さらに、Beatsシリーズのワイヤレスイヤホンの中でも安価に販売されています。

Appleが推奨しているデバイスのリストにも含まれているため、安価に推奨デバイスを購入したいなら見逃せません。

SONY WF-1000XM4

WF-1000XM4

画像引用元:WF-1000XM4 | ヘッドホン | ソニー

項目スペック
価格23,600円
音楽連続再生時間最大12時間
充電時間フル充電まで1.5時間
重さ7.3g
BluetoothバージョンClass 1 Bluetooth
コーデックAAC/SBC/LDAC

SONY WF-1000XM4はAppleが後悔している空間オーディオ推奨デバイスには含まれていませんが、Dolby Atmosに対応しているイヤホンです。

そのため、Dolby Atmosを「常に有効」にすることで空間オーディオ対応イヤホンとして利用できます。

SONYとしては初めてになるハイレゾワイヤレス対応イヤホンで、これまで紹介したデバイスとは異なりSONY独自のLDACコーデックにも対応しています。

そのため、LDACコーデックに対応したオーディオ機器を所有しているならこちらが選択肢に入るでしょう。

SONY製のイヤホンを探している人や、空間オーディオ以外のハイレゾ音源を利用する機会が多い人におすすめです。

Appleデバイスでハイクオリティなサウンドを楽しむなら空間オーディオ

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxのグリーン

画像引用元:Apple公式サイト

空間オーディオはApple Musicが提供しているバーチャルサラウンドです。

空間オーディオでは、Spatial Audioや360 Reality Audioと同様にあらゆる方向からサウンドが聞こえるように感じられます。

よりハイクオリティなサウンドを楽しみたいなら対応イヤホンを使うといいでしょう。

空間オーディオ対応イヤホンについて今回チェックしたことをまとめると、以下の通りです。

空間オーディオ対応イヤホンのチェックポイント
  • 対応デバイスがあれば手軽に臨場感があるサウンドを楽しめるシステム
  • 一部のiPhone・iPad・Mac・Apple TVシリーズのデバイスが対応
  • 対応イヤホンはAirPodsシリーズかBeatsシリーズ
  • 設定を変更すればほかのイヤホンでも利用できる

iPhoneやiPad、MacなどでApple Musicを使用しており、ハイクオリティで臨場感があるサウンドで音楽を楽しみたいと考えているなら必見です。

ぜひ、適したイヤホンを利用して音楽を存分に楽しみましょう!

Apple Music(アップルミュージック)の月額料金やお得な使い方を解説!1ヶ月の無料トライアルも

音楽アプリならApple Musicがおすすめ!
9,000万曲以上が聴き放題で、1ヶ月の無料トライアルも実施中!

この記事を書いた人
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。
Apple Musicを1ヶ月無料でお試し