eSIMとは?iPhone XSで実装されたけど日本のキャリアは対応してる?

  • 2019年7月31日
  • by 
eSIMとは?iPhone XSで実装されたけど日本のキャリアは対応してる?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年7月18日、国内初となるeSIMのデータ通信サービスがIIJmioより開始されました。

eSIMは、既存の通信サービスを大きく変えるものとして、各所で注目を集めています。

eSIMと言えば、2018年に発売したiPhone XS / iPhone XS Max、iPhone XRの3機種が対応していたにもかかわらず、日本では使えないという状況が続いていました。

このページでは、そんなeSIMについて、そもそもeSIMとは何かという基本的な知識から、日本での対応状況まで解説していきます。

トップ画像引用元:データ通信専用SIM eSIMプラン(ベータ版) | IIJmio

端末に埋め込まれたSIM、eSIM

画像引用元:データ通信専用SIM eSIMプラン(ベータ版) | IIJmio

eSIMは「Embedded SIM」の略です。

Embeddedは「埋め込み」を意味します。

つまり、「埋め込まれたSIM」ということです。

eSIMは通信端末(スマホやモバイルWi-Fiルーターなど)に埋め込まれています。

通常のSIMカードは、中に固有の情報を有していて、通信端末に差し込んだり抜き出したりすることが可能です。

例えば、AさんのSIMカードをBさんのスマホに差し込んだ場合、そのスマホの電話番号はAさんの番号になります。そして、BさんのSIMカードを挿し直すことで、元の状態に戻すことが可能です。

一方、eSIMは抜き差しするものではありません

なぜなら、通信端末に一度埋め込んだら、抜き出す必要がないからです。

その理由は、これから少しずつ解説していきます。

あなたのiPhone XSにもeSIMがある!

画像引用元:iPhone XSまたはiPhone XS Maxを購入する – Apple(日本)

iPhone XS / iPhone XS Max、iPhone XRの3機種には、eSIMが埋め込まれています。

このページをこれらのiPhoneでご覧になっている方もいらっしゃるかと思いますが、そのお手元の端末にはeSIMが埋め込まれているのです。

iPhone XS / iPhone XS Max、iPhone XRは、抜き差しできるSIMカードに加えて、eSIMにも対応しています。

つまり、デュアルSIM仕様です。

「そんな契約はしていない」と思われた方もいるかもしれませんが、契約などは関係ありません。

eSIMは契約してからもらえるSIMカードと違い、「どう契約するか」「どこと契約するのか」を後から決めることができます。

つまり、eSIMは差し替え不要のSIM

SIMカードには固有の情報が書き込まれており、これを書き換えることはできません。

しかし、eSIMの内容はインターネットを通じて書き換えることができます

つまり、従来のSIMでは端末からの抜き差しが必要だったこと(例:AさんのSIMカードをBさんのスマホに差し込み、Aさんが使うなど)でも、物理的な作業不要で実現できる、ということです。

eSIMのメリット・デメリット

eSIMの基本的なことがわかったところで、eSIMを活用するメリットやデメリットについて考えてみましょう。

eSIMのメリットとは

eSIMのメリットとして、次のものを挙げることができます。

一言で言えば、「手軽」であるという点に集約されるでしょう。

SIMを差し替えなくていい/インターネットからの手続きですぐに使える

通常は、通信事業者と契約してから、手元にSIMカードが届くのを待つ必要があります。

一方、eSIMはインターネットを通じてデータを書き換えるだけなので、契約から利用までの流れが迅速で手間がかかりません

海外の通信事業者とも気軽に契約して使える

急に海外へ出かけることになっても、eSIMなら海外の通信事業者に気軽に切り替えられます。

海外用のSIMカードを受け取る必要はありません。

埋め込まれているから失くさない

例えば、国内用のSIMカードと海外用のSIMカードの2枚を利用したい場合、片方はスマホから抜いて別の場所に保管していなければなりません。

しかし、これでは失くしてしまうリスクがありますよね。

一方、eSIMならデータを書き換えるだけで済みます。

海外へ行くから国内用SIMカードを抜いて……という作業は不要です。

どこと契約しても失くす心配がありません

eSIMて何?SIMカードの差し替えなしに海外でスマホを使える新技術

次のページでは、eSIMのデメリットについて説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ