eSIMとは?iPhone XSで実装されたけど日本のキャリアは対応してる?

  • 2019年7月31日
  • by 
eSIMとは?iPhone XSで実装されたけど日本のキャリアは対応してる?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

大手キャリアのeSIMへの対応は?

画像引用元:海外データeSIM powered by GigSky | 海外で使う(au世界サービス) | au

eSIMのデータ通信サービスを始めたのはIIJmioが国内初ですが、他の事業者、特に大手キャリアはeSIMに対応するのかも気になるところですよね。

ドコモとeSIM

今のところ、大手キャリアで一番積極的なのはドコモでしょう。

ドコモはすでに「ドコモeSIMカード」を提供しています。

ただし、ドコモeSIMカードに対応しているのは以下の機種のみです。

  • dtab Compact d-01J
  • dtab d-01K
  • dtab Compact d-02K

いずれもタブレットですし、iPhone XSに埋め込まれているeSIMで通信をするということはできません(IIJmioのドコモ回線は例外)。

auとeSIM

auでは「海外データeSIM powered by GigSky」というプランを、iPhone XS / iPhone XS Max、iPhone XR向けに提供しています。

ただ、これはauユーザーが海外でも別料金で通信できるサービスであり、auの通常のSIMカードが不要になったというわけではありません。

日本国内ではIIJmioのみ

結論としては、eSIMのデータ通信サービスを提供しているのは、まだIIJmioだけです。

Appleは公式サイト内に「eSIM サービスを提供している通信事業者を探す」というページを設けており、そこに世界中のeSIM提供通信事業者を掲載しています。

しかし、ドコモ・au・ソフトバンクの名前はこのページ上にありません(現在はIIJmioも載っていませんが…)。

大手キャリアはeSIMに乗り気でない?

スマホプロフィール

そもそも大手キャリアはeSIMには乗り気でないと言われています。

それは、eSIMが「手軽」であるためです。

eSIMのメリットは、インターネットから手軽に通信事業者を切り替えられること。

しかしこれは、大手キャリアにとっては不都合なことと言えます。

なぜなら、ユーザー離れが起こるリスクがあるからです。

むしろ逆に、ユーザーを縛っていたいと考えるのが自然でしょう。

そのため、わざわざeSIMに力を入れるメリットがない、というのが一般的な認識です。

それでも時代の波には逆らえないはず

まだeSIM自体がマイナーな存在ではありますが、いずれ「SIMは、スマホに埋め込まれているのが当たり前」という時代が来ることでしょう。

少なくとも世界ではどんどん普及していくはずです。

今後、新型iPhoneに機種変更するユーザーには、もれなくeSIMが付いてきます

すると、「どうしてこれを日本では活用できないんだ?」と不満に思う方も増えてくるでしょう。

そう考えたユーザーは、IIJmioのようなeSIMを活用できる事業者へと引っ越してしまうかもしれません。

また、「この事業者はいつまでもeSIMに対応しない=技術力が低いだけなのでは?」などと見限られてしまう危険性も。

ドコモにせよauにせよソフトバンクにせよ、そういった危機感は常に抱いているはずです。

よって、そう遠くないうちに、eSIMによるデータ通信が当たり前の日が来ることでしょう。

せっかくのeSIM。活用できる環境が望まれる!

eSIMについて一番興味深いポイントは、すべてのiPhone XS / iPhone XS Max、iPhone XRに、既にeSIMが埋め込まれているという点です。

eSIMのポイントまとめ

  • eSIMとは端末に埋め込まれたSIMのこと
  • 抜き差しして使うSIMカードに代わる次世代のものとして注目されている
  • インターネットを通じてSIMの情報を書き換えることができる
  • つまり、契約から利用までの流れが迅速になり、SIMカードを抜き差ししたり保管したりする手間がなくなる
  • すべてのiPhone XSやiPhone XRに埋め込まれている
  • IIJmioが日本初のeSIM向けデータ通信サービスを開始
  • 大手キャリアもこれから対応してくると思われる

しかし、スマホにeSIMが埋め込まれていても、日本でeSIM向けデータ通信サービスを提供しているのはまだIIJmioのみです。

大手キャリアからすれば、気軽に通信事業者を切り替えられるeSIMは都合が悪いと言われています。

そのためかは別にして、大手3キャリアはまだeSIMに対応しているとは言えません。

ですが、近いうちに対応せざるを得なくなると思います。

技術の進歩に遅れれば競争で不利になりますし、結果的に損をしてしまうからです。

IIJmio(みおふぉん)でiPhoneに機種変更|SIMだけ利用も端末セット購入も完全ガイド

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ