eSIMて何?SIMカードの差し替えなしに海外でスマホを使える新技術

eSIMて何?SIMカードの差し替えなしに海外でスマホを使える新技術

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今や日々の暮らしに欠かせないスマホですが、海外に行った際にはより有難みを感じるという方も多いのではないでしょうか?

スマホを海外で使う方法はいくつかあるりますが、近年注目される選択肢のひとつとして「eSIM」があります

今後利用の拡大が予想されるeSIMについてその仕組みの解説と、eSIMに対応する オススメポケットWi-Fiの紹介をします。

1 eSIMの仕組み

格安SIMの利用が一般的となり、スマホを使うにはSIMカードが必要ということが広く知られるようになりました。

通常は適応するSIMカードを端末に挿入しますが、eSIMはその仕組み自体が全く異なります

1-1 eSIMとは?

eSIMは「Embedded SIM」の略でEmbeddedは『埋め込み』を意味します。

通常のSIMカードはそのカード固有の情報を有し、内容が変更されることはありません。

変更したい場合はSIMカード自体を入れ替える必要があります。

例えば契約する携帯会社を変更する場合は、元の契約先のSIMカードを変更先のSIMカードに挿し替えることで変更が完了します。

対するeSIMは『埋め込み』という言葉が表わすようにSIMカードの抜き挿しは行わない代わりに、SIMの情報自体を書き換えることができます。

eSIMは個人向けの通信機器のみならず、あらゆる機器同士をインターネットでつなぐIoT分野でも広く導入が予想される新規格です。

今後はより生活と密着した身近な存在になっていくかもしれません。

1-2 eSIMの始め方

eSIMを始めるには、eSIMに対応した機器を用意する必要があります。

eSIM対応のポケットWi-Fiは、eSIMの取り扱い事業者、家電量販店、ネット通販などから購入出来ます。

利用する為にはeSIMの事業者と契約、又はプランを申し込みます。

契約内容・プランは事業者によって異なる為、購入の際は端末の性能面だけではなく、今後の利用予定も考慮に入れる必要があります。

海外で利用する場合は、渡航先、渡航の頻度、期間、利用データ量によって適したプランのある事業者を選びましょう。

eSIM対応のWi-Fiルーターであれば、自動で渡航先のSIMの情報に変更され、現地の通信網につながります。

わざわざその国のSIMを用意する必要もなく、eSIM事業者との契約のみで世界中で通信が可能になります。

2 eSIMは従来の海外渡航での煩雑さを解決

SIMカードを用意する手間の無いeSIMは、特に海外旅行との相性がいいのは間違いありません。

しかし、『誰もがeSIMを使った方がいいのか?』というとそうでもありません。

人によっては従来の方法が適している場合もあるので、利用予定によって最適な方法を選びましょう。

2-1 eSIM以外の方法

eSIM以外に海外でスマホを使うには以下の4つの方法があります。

  • 携帯会社のデータローミングを利用
  • 海外用Wi-Fiルーターをレンタルする
  • フリーWi-Fiスポットを利用
  • 現地のSIMを購入

海外でスマホをネットに接続する4つの方法と高額請求を回避するポイント

それぞれの特徴、メリット・デメリットについて解説していきましょう。

2-2 携帯会社のデータローミングを利用

最も手軽なのは普段日本で使っているスマホを「国際データローミングサービス」でそのまま使う方法です。

データローミングを設定すれば電波の届かない場所に行った時でも、携帯会社が提携している現地の通信網を使って通信が可能になります。

携帯会社のデータローミングのメリットとデメリット

 メリットデメリット
内容手軽に利用
通話もSMS利用可能
サポートに安心感あり
1日単位の定額海外サービスあり
他の方法と比較すると割高
容量を超えると速度制限あり
設定によって高額請求の可能性
利用の為混雑時は通信速度低下

携帯会社のデータローミングが合う人は

1日あたり980円~2,980円の料金は割高ですが、新たに機器を購入する必要がない為、短期間の渡航で今後渡航予定が無いという方に向いています

eSIMで問題解決!

手軽さが魅力な反面、長期間の利用で特に通信量が多いと料金が気になってきます

長期間滞在される方、海外定額料金で1日2,980円と高額になってしまう方、同行者の人数分高額になってしまうという方はeSIMの利用を検討してみましょう。

eSIMのポケットWi-Fiは購入費用として20,000円程度の初期費用がかかりますが、複数端末・複数人数での利用が可能、高額請求のリスクもなく、トータルで考えるとお得で安心できる方法と言えます。

次のページでは、eSIM以外の方法で海外でWi-Fi利用するメリットとデメリットを引き続き紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ASUS ROG Phoneのスペックと価格は!?ゲーミングスマホって何?... ゲーミングPCでも人気の高いASUSから、ゲームプレイに特化したASUS ROG Phoneが発売されました。 ASUSのスマホといえばZenFoneシリーズが高コスパで人気ですが、今回のモデルはフラグシップモデルのみの登場です。 ...
Honor 8X Maxレビュー|7.12インチの大画面スマホの使い心地... HUAWEIのHonorシリーズは、格安SIMで人気の低価格モデルです。 日本でも多くのモデルが発売されていますが、Honer 8X Maxなど一部のモデルは海外モデルのみ展開されています。 とはいえ、最近では海外モデルもショッ...
Galaxy A7(2018)のスペックと価格|日本での発売はあり?なし?... Galaxyと言えば、日本ではGalaxy S9のようなSシリーズや、Note9のようなNoteシリーズが有名ですが、今回紹介するのはGalaxy A7という発表されたばかりの最新モデルです。 このページでは、そんなGalaxy A7...
Google Pixel 2 XLレビュー|日本で使う方法と使い心地... 2018年10月10日に、Googleの最新スマホGoogle Pixel 3 XLが発売されます。 同シリーズは国内販売が初めてで、従来モデルは輸入品を手に入れるしかありませんでした。 しかし、SIMフリースマホを利用する方の...