eSIMて何?SIMカードの差し替えなしに海外でスマホを使える新技術

eSIMて何?SIMカードの差し替えなしに海外でスマホを使える新技術

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

今や日々の暮らしに欠かせないスマホですが、海外に行った際にはより有難みを感じるという方も多いのではないでしょうか?

スマホを海外で使う方法はいくつかあるりますが、近年注目される選択肢のひとつとして「eSIM」があります

今後利用の拡大が予想されるeSIMについてその仕組みの解説と、eSIMに対応する オススメポケットWi-Fiの紹介をします。

1 eSIMの仕組み

格安SIMの利用が一般的となり、スマホを使うにはSIMカードが必要ということが広く知られるようになりました。

通常は適応するSIMカードを端末に挿入しますが、eSIMはその仕組み自体が全く異なります

1-1 eSIMとは?

eSIMは「Embedded SIM」の略でEmbeddedは『埋め込み』を意味します。

通常のSIMカードはそのカード固有の情報を有し、内容が変更されることはありません。

変更したい場合はSIMカード自体を入れ替える必要があります。

例えば契約する携帯会社を変更する場合は、元の契約先のSIMカードを変更先のSIMカードに挿し替えることで変更が完了します。

対するeSIMは『埋め込み』という言葉が表わすようにSIMカードの抜き挿しは行わない代わりに、SIMの情報自体を書き換えることができます。

eSIMは個人向けの通信機器のみならず、あらゆる機器同士をインターネットでつなぐIoT分野でも広く導入が予想される新規格です。

今後はより生活と密着した身近な存在になっていくかもしれません。

ドコモキャンペーンバナー

1-2 eSIMの始め方

eSIMを始めるには、eSIMに対応した機器を用意する必要があります。

eSIM対応のポケットWi-Fiは、eSIMの取り扱い事業者、家電量販店、ネット通販などから購入出来ます。

利用する為にはeSIMの事業者と契約、又はプランを申し込みます。

契約内容・プランは事業者によって異なる為、購入の際は端末の性能面だけではなく、今後の利用予定も考慮に入れる必要があります。

海外で利用する場合は、渡航先、渡航の頻度、期間、利用データ量によって適したプランのある事業者を選びましょう。

eSIM対応のWi-Fiルーターであれば、自動で渡航先のSIMの情報に変更され、現地の通信網につながります。

わざわざその国のSIMを用意する必要もなく、eSIM事業者との契約のみで世界中で通信が可能になります。

2 eSIMは従来の海外渡航での煩雑さを解決

SIMカードを用意する手間の無いeSIMは、特に海外旅行との相性がいいのは間違いありません。

しかし、『誰もがeSIMを使った方がいいのか?』というとそうでもありません。

人によっては従来の方法が適している場合もあるので、利用予定によって最適な方法を選びましょう。

2-1 eSIM以外の方法

eSIM以外に海外でスマホを使うには以下の4つの方法があります。

  • 携帯会社のデータローミングを利用
  • 海外用Wi-Fiルーターをレンタルする
  • フリーWi-Fiスポットを利用
  • 現地のSIMを購入

それぞれの特徴、メリット・デメリットについて解説していきましょう。

2-2 携帯会社のデータローミングを利用

最も手軽なのは普段日本で使っているスマホを「国際データローミングサービス」でそのまま使う方法です。

データローミングを設定すれば電波の届かない場所に行った時でも、携帯会社が提携している現地の通信網を使って通信が可能になります。

携帯会社のデータローミングのメリットとデメリット

携帯会社メリットデメリット
内容手軽に利用
通話もSMS利用可能
サポートに安心感あり
1日単位の定額海外サービスあり
他の方法と比較すると割高
容量を超えると速度制限あり
設定によって高額請求の可能性
利用の為混雑時は通信速度低下

携帯会社のデータローミングが合う人は

1日あたり980円~2,980円の料金は割高ですが、新たに機器を購入する必要がない為、短期間の渡航で今後渡航予定が無いという方に向いています

eSIMで問題解決!

手軽さが魅力な反面、長期間の利用で特に通信量が多いと料金が気になってきます

長期間滞在される方、海外定額料金で1日2,980円と高額になってしまう方、同行者の人数分高額になってしまうという方はeSIMの利用を検討してみましょう。

eSIMのポケットWi-Fiは購入費用として20,000円程度の初期費用がかかりますが、複数端末・複数人数での利用が可能、高額請求のリスクもなく、トータルで考えるとお得で安心できる方法と言えます。

海外でスマホをネットに接続する4つの方法と高額請求を回避するポイント

次の章では、eSIM以外の方法で海外でWi-Fi利用するメリットとデメリットを引き続き紹介します。

2-3 海外用Wi-Fiルーターをレンタル

事前に設定済ですぐに使える海外用のWi-Fiルーターをレンタルする方法です。

海外用Wi-Fiルーターのメリットとデメリット

Wi-Fi
ルーター
メリットデメリット
内容料金が割安
通信速度が安定
設定済なのですぐ利用可能
複数の端末、複数人数で利用可能
渡航先を申請する必要あり
受け取り、返却の手間あり
返却までの日数分料金がかかる
スマホ単体ではインターネットできない

海外用Wi-Fiルーターが合う人

スマホだけでなくタブレット、パソコンでも利用したい方、グループで利用したい方に向きます。

通信速度、料金、使いやすさのバランスがとれた方法です。

eSIMで問題解決!

この方法の問題点は事前に渡航先の申請が必要ということです。

それにより事前設定をする手間なく使えるわけですが、旅先で予定が変わった場合、申告外の地域では利用できません。

eSIMなら事前に申請する必要もなく、eSIMに対応する国であればどこに行っても自動でインターネット接続が可能で帰国後に返却する手間が不要です。

2-4 フリーWi-Fiスポットを利用

ホテルや飲食店などで無料で提供されるWi-Fiに接続する方法です。

パスワードの入力無しで利用できる場合もあれば、渡航先によっては特別な手続きが必要な場合もあります。

フリーWi-Fiスポットを利用のメリットとデメリット

フリー
Wi-Fi
メリットデメリット
内容無料で利用
場所によっては利用も簡単
パスワードが必要な場合あり
セキュリティに注意が必要
通信速度は期待できない
使える場所を探す必要あり

フリーWi-Fiスポットを利用する方法が合う人

フリーWi-Fiは国により場所により整備状況が大きく異なる為、Wi-Fiの整備が進んでいてWi-Fiスポットを確保できる場所へ渡航されるという方には便利に使えるサービスです。

ただし、通信速度が不安定だったり、接続自体困難な場合もある為、どうしても通信が必要な方には不安が残るでしょう。

eSIMで問題解決!

無料で使えるのは魅力ではありますが、せっかく電波を掴む場所を見つけてもその場所を離れてしまえば通信できず、行った先々でWi-Fiスポットを探さなければなりません

eSIMがあれば場所を探すことなくいつでも通信が可能です。

2-5 現地のSIMを購入

渡航先のSIMを購入し、スマホに挿し替えて使う方法です。

現地のSIMを購入するメリットとデメリット

SIM購入メリットデメリット
内容現地購入で安く利用可能
通信速度が安定
プリペイドなら使い過ぎの心配なしSIMを挿し替えるだけ
ある程度設定に関わる知識が必要
自分で調べて準備する必要あり
SIMフリー、又はSIMロックを解除したスマホが必要
現地で購入なので語学力が必要

現地のSIMを購入する方法が合う人

最も割安で通信速度も安定しているので、長期間滞在する方、現地の言葉や設定に不安がない方には最適な方法です。

eSIMで問題解決!

現地でSIMを調達する場合、SIMを挿し替えるまでスマホが使えなくなってしまいます

また、移動で通信網が変わる場合もSIMの挿し替えが必要です。

何ヶ国も訪れる予定であれば、自動で移動先の通信網につながるeSIMが便利です。

次の章では、eSIM対応のオススメのポケットWi-Fiを紹介します。

3 eSIM対応のオススメのポケットWi-Fi

eSIMは新しい規格ということもあり、サービス内容は各社横並びではなくそれぞれ特徴があります。

eSIMに対応したポケットWi-Fiを選ぶ時は利用できるプランが自分にマッチしているか?利用予定を考えながら選びましょう。

3-1  eSIM対応のG3

G3は世界100か国以上で利用可能で、SIMを挿し替える必要もなく現地の通信網に接続できます。

G3は複数の事業者で取り扱いしているポケットWi-Fiで、スペックは同様ですがプランや契約内容がそれぞれ異なる為、購入の際は自分に適したプランのある事業者を選びましょう。

端末は、SIMスロットがふたつあり、Nano SIMカード2枚を挿入可能なのでeSIM非対応の場所でSIMカードを挿入して使ったり、国内で格安SIMを入れて使うこともできます。

バッテリーは5,350mAHの大容量。スマホへの充電も可能な為、モバイルバッテリーとしても利用可能です。

G3の1つの端末でデザリングは5台まで接続可能と海外ばかりでなく国内でも便利に使える多機能なポケットWi-Fiです。

機種代金は購入先で多少異なりますが、概ね20,000円程度です。

では、事業者ごとの特徴を解説していきましょう。

3-1-1 グローカルネット G3

画像引用元:グローカルネット

特徴

グローカルネットで購入した場合、2年の契約期間の縛りがあり、途中解約した場合には契約解除料がかかります。

12ヶ月以内の解約で9,800円(税別)、 13ヶ月~24ヶ月以内で4,900円(税別)で、25ヶ月を過ぎればどのタイミングで解約しても契約解除料はかかりません。

基本料金は月額400円で、海外で利用した場合のみ日数分が課金されるシステムです。

海外では場所により金額が変わる場合が多いですが、グローカルネットではどこでも均一料金で1日あたりのデータ量で金額が変わります。

300MB/日プランが780円、 500MB /日プランが1,180円、 1GB /日プランが1,580円です。

また、10GBまでの大容量プランも用意されています。

海外で使わない月も基本料金が発生してしまうというデメリットはありますが、運営会社が日本企業で日本語のサポートを受けられるという、いざという時の安心感はあるでしょう。

国内利用

グローカルネットでは国内利用はオプションとなっていて、毎月定額制は3GB980円から無制限3,980円までと、格安SIM並みの料金で提供されているので国内でも十分使えます

グローカルネットに1本化すれば国内も海外もSIMの切り替え不要で、利便性がより高まりますね。

3-1-2 GlocalMe G3

画像引用元:amazone/GlocalMe JP

特徴

初期費用は端末の購入代金のみ(20,000円程度)で、特別な契約も不要です。

月の基本料もかからず使いたい時に使いたいだけの定額パッケージを購入するシステムです。

料金は1GBあたりでアジアが約500円、ヨーロッパ・アメリカは約1,000円で利用できます

定額パッケージはスマホのGlocalMeアプリでアカウントを作成してクレジットカード等で購入し、アカウントにチャージ。

購入時には1.1GB分が使えるデータパッケージも付いてくるので無駄な出費なく利用開始できます。

ひとつデメリットがあるとすれば日本語のサポートが無い点です。

日本語の説明書が購入時に付いてくるのみなので、わからない点は自分で調べることを前提に購入した方が良さそうです。

契約の縛りが無く、自由度の高いポケットWi-Fiをお探しの方にオススメです。

国内利用

国内利用のデータパッケージは1GBあたり約450円で7日間の期限付きなので、普段日本にいる方が多いなら他の格安SIMを利用した方が割安です。

ただ、海外にいる方が多く少しの間だけ日本で使いたいというケースでは便利です。

その時々に適したパッケージを購入して利用できるという柔軟性がGlocalMeの魅力ですね。

3-1-3 jetfi G3

画像引用元:jetfi

特徴

jetfi G3が最も特徴的なのは、ポケットWi-Fi単体で通話が出来るという点。

独自のIP電話、jet-phoneで国内でも海外でも月額1,800円でかけ放題での利用ができるので、海外での通話機会が多く高額請求が心配な方にはありがたいサービスです。

この通話サービスだけでも価値あり!と思う方も多いのではないでしょうか。

jetfi G3は海外で通信を行う場合はチャージ式で月額費用はありません。

1日500MBの料金はアジアで680円から、ヨーロッパ・アメリカは980円から利用できます。

レンタルも可能なので、まずは1度eSIMを体験してみたいという方にもオススメです。

国内利用

月1.5GB/500円のeSIMを利用するプランは1年契約で、契約途中の解約は『500円×残月数』の契約解除料がかかります。

ただ、金額的には高くないものの、1日に利用できるデータ量が50MBまでと、少々心細い容量になっています。

このポケットWi-FiはSIMスロットが2つあるので、国内での利用は他社のSIMも比較してみた方がいいかもしれません。

次の章でも引き続き、eSIM対応のオススメのポケットWi-Fiを紹介します。

3-2 eSIM対応のGlocalMe U2

画像引用元:amazone/GlocalMe U2

特徴

世界100ヶ国以上で利用可能で、G3に比べるとバッテリー容量は3500mAHと少なくなっている代わりに、軽さと薄さを実現したポケットWi-Fiです。

海外で利用する場合はデータパッケージをその都度購入するので無駄がありません

料金は1GBあたりでアジアが約500円、ヨーロッパ・アメリカは約1,000円で利用できます。

1MBあたり$0.06の従量制もあります。

契約期間の縛りも月額費用も発生せず、利用しやすいサービスではありますが、日本語サポートが無いというデメリットがあります。

国内での利用

海外同様必要な分のデータパッケージを購入します。

料金は1GB/約450円で7日間有効。

国内でも海外でも無駄なく効率よく使えます。

3-3 eSIM対応のG3000

画像引用元:BroadLine

特徴

G3000の特徴はとにかく軽いということ、少しでも海外旅行の荷物を減らしたいという方に適しています。

ただし、軽さの分バッテリー容量は2800mAh、SIMスロットも無いので、機能を絞り携帯性を優先したポケットWi-Fiと言えるでしょう。

機種代金は19,800円(税別)で、利用するにはGWiFiへの会員登録が必要です。

しかし、登録料や月額料金は無く、使いたい時のみ『パケットデータ』を購入するというシンプルなシステムです。

海外では1日/500MBで、エリアA(アジア・ヨーロッパなど)が680円、エリアB(北米)が980円、エリアC(アフリカ・中東など)が1,280円で利用できます。

国内での利用

3GB1,480円から100GB3,980円までのプランがあります。

有効期間が30日なので、実質1ヶ月あたりの料金となります。

日本と海外を頻繁に行き来する方にとっては、必要な時だけパケットを購入して通信できるシステムは無駄がなく利用しやすいでしょう。

eSIMで海外旅行が変わる!

検索、撮影、地図、翻訳、決済、コミュニケーションなど、旅行でもビジネスでも滞在中の行動の質を高めてくれる機能を持つスマホは、ただ便利というだけではなく、時には生命線とも言えるほどの大切な存在になりえます。

スマホで出来ることが増えた今、少しでも『スマホを使えない時間』を減らしたいものです。

渡航先に着いてスマホを設定をする時間、SIMカードを挿し替える時間、Wi-Fiスポットを探すなどの『空白の時間』を埋めてくれるeSIMは、現代のスマホ事情にマッチしています。

eSIM対応のポケットWi-Fi がレンタル可能な事業者も存在するので、海外へ行く機会のある方はぜひ次世代の通信の快適性を体感してみてください。

海外でスマホを使う方法|データ通信・Wi-Fi・海外SIMの料金比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ