Excelの入力規則でセルの入力を制限する方法

  • 2015年11月12日
  • by 
Excelの入力規則でセルの入力を制限する方法

Excelでシリーズ来ました!当ブログで5本の指に入る人気コーナーだそうです。

今回はExcelの入力規則で入力する場所に「何文字から、何文字まで」と制限を適用する方法などを紹介します。

Excelは設定次第で書類に高度な機能をつけられる優れものです。

Excel入力制限

特定の項目に入力制限を適用するには、まず、適用したい項目にカーソルをあわせます。
その後、リボンメニューのなか「データ」→ 「検証」を選択します。この中のリストに、「データの入力規則」という項目があるので、これを選択します。

image22

設定小窓が出現するので、設定していきましょう。

今回の設定は、社員番号入力欄に入力制限で、5文字から8文字までとします。

image19

入力値に種類を、「文字列(長さ指定)」を選択し、最小値を5最大値を8を入力します。

image03

全て設定し終わったら、「OK」ボタンを押して設定終了します。

テストします。

まず、4文字入力した結果。

image26

次に、5文字〜8文字以内の入力。

image20

次に、8文字以上を入力。

image25

ちゃんと設定通り、動作していますね。

Excel入力制限(ほかの人に差をつける!)

前半で紹介した入力制限だけだと、物足りない!もっと同期とをつけるために。

入力制限に引っかかる入力をした際に、表示されるエラーメッセージをカスタマイズしてみよう。

設定小窓のタブメニューの「エラーメッセージ」を選択します。

image18

image14

スタイルの選択。
スタイルはエラーメッセージのアイコンを切り替えます。

「停止」

image27

「注意」

image17

「情報」

image24

スタイルの選択が終わったら、タイトルと、メッセージを決めましょう!

image23

今回は図の様に設定してみました。

では、テストしてみましょう。

image16

エラーメッセージが基本の形から、変化しましたね。

まとめ

この設定は、他にも入力時にメッセージを表示させる等、色々な設定ができるのでそれらを駆使して、その他の同期にもっともっと差をつけることができるはずです。

Excelを使いこなして、周りを驚かせましょう!!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!
登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

Excelで列番号をアルファベットから数字に変更する。... Excelのセルの位置は、(行:列)数値:アルファベットで指定します。たまに列も数値で指定したい時などがあります。 例えば、BVAを利用している場合、Range指定の場合Range("A1").Value = "hama-G"、Cells...
Excelではがき簡単作成|簡易データベースシステム作成... 前回、Excelで顧客管理をするための、簡易データベースシステムを作成して、顧客管理シートを作成する方法を紹介しました。 顧客に対してDMの送付など、はがきを送ることの多い企業も少なくありません。 そこで今回は、これを利用して、簡単に年...
Excel関数IFERRORでDIV/0!を表示させない方法... Excelを使った割り算はほぼ毎日発生します。 営業の方であれば、受注率やアポ率の計算、私もバスケットゴール.comの業務で1日の販売単価を計算したりとほぼ毎日計算式にふれています。 例えば、上司から、過去2週間のコール数とアポ数、...
Excelで簡易データベースシステム作成 Excelで顧客管理などをしている営業さんは、数多くいらしゃるかとおもいます。 そんな時、レポートを自動で作成してくれたら便利だなと思いますが、いかがでしょうか? そこで、今回はExcelを簡易データベースとして利用する方法を紹介します。...