Excel関数VLOOKUPで「#N/Aエラー」を表示させない方法

Excel関数VLOOKUPで「#N/Aエラー」を表示させない方法

VLOOKUP関数を使用した際に、設定したセルに#N/Aと表示されることがあります。今回はその対処法についてご説明します。まずは、どのようなときに表示されるのか確認してみましょう。下記のような表を例にします。

サンプル表

検索値がまだセット(入力)されていないときに表示される

単価欄にVLOOKUP関数をセットします。

VLOOKUP設定

式だけセットしますと「#N/A」が表示されます。

名称未入力エラー

これは、まだ「名称」に何もデータが入力されていないためエラーとなります。

検索値に該当するデータが存在しないときに表示される

今度は、「商品名」に存在しないものを「名称」に入力します。

名称が存在しない

同じく「#N/A」が表示されます。

名称が存在しないエラー

これは、「名称」に入力された値が「商品名」に存在しないときに表示されます。

「#N/Aエラー」を表示させない方法とは?

「#N/A」が表示されないようにするには、IFERROR関数を利用します。このようにIFERROR関数を設定しますと

IFERROR設定

先ほどまで表示されていたエラーが表示されなくなります。

検索値がまだセットされていない状態でも、

エラーが表示されない1

検索値に該当するデータが存在しない状態でも表示されなくなります。

エラーが表示されない2

VLOOKUPで「#N/Aエラー」のまとめ

「#N/Aエラー」自体を表示させない方法はわかりましたでしょうか?表示される理由によって対応を変えたい場合などはIF関数などを利用して対応することも可能です。ぜひ試してみてください。

参考:実際に設定した内容

今回実際にセルに設定した関数となります。宜しければコピーなどしてご利用ください。

<VLOOPKUPのセルに設定した内容>
=VLOOKUP(F8,B4:C8,2,FALSE)

<IFERROR関数をセルに設定した際の内容>
=IFERROR(VLOOKUP(F8,B4:C8,2,FALSE),””)

Excel関数IFERRORでDIV/0!を表示させない方法

あなたにおすすめ

Excel関数SUM IFで条件に一致したセルだけの合計を取る方法... Excelでデータ集計する場面って多いですよね。会社では売上集計だったり、人事データだったりまとめなければならないものばかり! そんな中「〇〇という条件に満たしている又は一致するデータのみ集計してほしい」なんて言われることもあるのでは...
Excelで項目ごとに集計し綺麗なグラフを作るならピボットテーブルが便利... 会社でExcelの集計表を作成することって、頻繁にありますよね。売上集計表だったり、商品の受注発注件数表だったりと、なにかとExcelでデータをまとめると思います。そんな中、【支社別の売上集計】や【商品別の件数順位表】など作成したデータの中...
Excelで超絶時短!マウス不要でカーソルを縦横無尽に動かすtabキー技... 普段Excelを使う上で、色々と面倒な作業って多いですよね。 例えば いちいちマウスでセルを選択したり コピーと貼り付けも毎回右クリックしたり と、このマウス操作って意外と時間がかかってる作業なんですよね。しかも...
Excelの桁数の多い数字でE+11が表示されるのを防ぐ方法... Excelで数字を入力することってすごく多いですよね。 金額だったり個数や件数、または、なにかのコードだったり。Excelを使用する上で、数字を入力しないデータ作成はほとんど無いですよね。 そんな様々な数値を入力する中で、一度は目に...