EXCEL 行数カウントさせたい|COUNT関数

EXCEL 行数カウントさせたい|COUNT関数

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

さて、今回は、行数を数えたい時に役立つ関数をいくつか紹介します。
あまり関係ないように見えて、きっとどうやるのって思う人が必ずいるはず!

そんな方に、向けて書き残します。

サンプルとして、簡易の問い合わせシートを自作しました。

入力件数を調べる

通常の件数は、ナンバリングをしていればそこを数えてあげるだけでOKです。

利用する関数

 =COUNT([範囲])

[範囲]には、どこからどこまでをカウントするかの、セルの範囲を指定します。

image07

まずは行数をカウントします。

H3のカラムに、=COUNT(A2:A11)を入力します。

「No」の行をただ単に数えているだけです。
何も難しい事は無いですね!

行件数を調べる

名前を未入力にする事はめったに無いと思いますが、名前が入力されている件数を調べる仕組みを作ってみましょう。

利用する関数

 =COUNTA([範囲])

[範囲]には、どこからどこまでをカウントするかの、セルの範囲を指定します。

image08

H5カラムに、=COUNTA(B2:B11)と入力します。

COUNTとCOUNTAの違いはは、

COUNT:すべての件数を取得する
COUNTA:入力されている件数を取得する

上記のような違いが有ります。

実行結果は、正しく入力されている件数が撮れています。
※入力されていないところが正しくカウントされていないかは、後述します。

入力されている件数を調べる

COUNTA関数を使い、こちらは、入力されている行をカウントしてみました。

image05

H7セルに、=COUNTA(D2:D11)と入力します。

実行結果は、8件と出ています。
入力されていない行が除外されているのがわかりますね。

入力されていない件数を調べる

入力がされていない行をカウントする。

利用する関数

 =COUNTBLANK([範囲])

[範囲]には、どこからどこまでをカウントするかの、セルの範囲を指定します。

関数名からも推測できますが、文字通り”ブランク”をカウントしてくれます。

image11

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

Excel関数IFERRORでDIV/0!を表示させない方法... Excelを使った割り算はほぼ毎日発生します。 営業の方であれば、受注率やアポ率の計算、私もバスケットゴール.comの業務で1日の販売単価を計算したりとほぼ毎日計算式にふれています。 例えば、上司から、過去2週間のコール数とアポ数、...
Excel関数SUM IFで条件に一致したセルだけの合計を取る方法... Excelでデータ集計する場面って多いですよね。会社では売上集計だったり、人事データだったりまとめなければならないものばかり! そんな中「〇〇という条件に満たしている又は一致するデータのみ集計してほしい」なんて言われることもあるのでは...
Excelで項目ごとに集計し綺麗なグラフを作るならピボットテーブルが便利... 会社でExcelの集計表を作成することって、頻繁にありますよね。売上集計表だったり、商品の受注発注件数表だったりと、なにかとExcelでデータをまとめると思います。そんな中、【支社別の売上集計】や【商品別の件数順位表】など作成したデータの中...
Excelで超絶時短!マウス不要でカーソルを縦横無尽に動かすtabキー技... 普段Excelを使う上で、色々と面倒な作業って多いですよね。 例えば いちいちマウスでセルを選択したり コピーと貼り付けも毎回右クリックしたり と、このマウス操作って意外と時間がかかってる作業なんですよね。しかも...