新カメラアプリ「シャシンカメラ」のフィルター機能が優秀な件

新カメラアプリ「シャシンカメラ」のフィルター機能が優秀な件

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

セルフィーが盛れるカメラや補正クオリティが高いカメラなど、カメラアプリの種類はたくさんあります。

スマホのプリインストールのカメラアプリだけを使っている人はかなり少ないのではないでしょうか。

SNSなど自分の撮った写真を大勢の人に見てもらう機会も増えているので、より綺麗に、よりオシャレに撮りたいと考える人も多いでしょう。

そこで今回おすすめしたいのが、「シャシンカメラ」と呼ばれるカメラアプリです。

カメラアプリ「シャシンカメラ」の魅力
  • 100種類以上のフィルターが使える
  • カメラロール内の写真をフィルターにできる
  • カメラロール内の写真にもフィルターをかけて編集ができる
  • 露出やコントラストなど細かい調整も可能

まだリリースされて間もない新しいカメラアプリなので、不具合がいくつか見られますが、フィルター機能のクオリティがかなり高いです。

「インスタ映え」や「エモい」写真を撮りたいと考えている人は、是非チェックしてください。

新カメラアプリ「シャシンカメラ」の特徴

カメラアプリ「シャシンカメラ」

画像引用元:‎「-シャシンカメラ- 好きな写真がフィルターになるカメラ」をApp Storeで

まず、シャシンカメラの特徴について解説していきます。

シャシンカメラとは、まだリリースされて間もない新しいカメラアプリです。

メインの機能はフィルター機能であり、その種類はなんと100種類以上

カラーバリエーションが5色あり、1色ごとに10〜50種類程のフィルターが用意されています。

色味もさまざまで、同じ色のフィルターでも種類によって写真の雰囲気がガラリと変わります。

SNS映えにはまさにぴったりのカメラアプリといえるでしょう。

アップルストア

フィルターが100種類以上

カメラアプリ「シャシンカメラ」

シャシンカメラのフィルターの種類はなんと100種類以上です。

  • White
  • Yellow
  • Blue
  • Green
  • Pink

フィルターは上記の5色に分かれており、1色ごとに10〜50種類程のフィルターが用意されています。

同じ色でも、フィルターの雰囲気や色味が大きく異なり、被写体に合わせてぴったりなフィルターを選ぶことができます。

上記の画像のように、フィルターによって写真アイコンが表示されるので、写真アイコンの被写体を参考にして選ぶのも良いかもしれません。

フィルター機能があるカメラアプリはかなり多いですが、筆者が知る中ではダントツで種類が多いカメラアプリだと思われます。

カメラロール内の好きな写真をフィルターにすることができる

シャシンカメラでは、カメラロール内の好きな写真をフィルターにできます。

『カメラロール内の写真をフィルター』にするという機能は、他のカメラアプリで見たことがありません。

自分のお気に入りの写真を使って、是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

明るさやホワイトバランスなどあらゆる調整が可能

フィルターをただかけるだけでなく、フィルターの明るさやホワイトバランスなどを調整することができます。

その他にも、コントラスト比などあらゆる調整を細かく行うことができるので、自分が納得できるまで写真の編集をすることができます。

被写体や写真の雰囲気に合わせてフィルターをかけても、色味が濃かったり薄かったりなど、仕上がりがいまいちだと感じることも多いですよね。

カメラロール内の写真にもフィルターが適用できる

カメラロール内の写真をフィルターにすることができますが、カメラロール内の写真にフィルターをかけることも可能です。

そのため、過去に撮った写真を編集したいという時にもとても便利です。

シャシンカメラで撮った写真と全く同じようにフィルターをかけ、細かい調整をすることができます。

シャシンカメラの特徴
  • 100種類以上の豊富なフィルター
  • カメラロール内の写真をフィルターにすることができる
  • 明るさやコントラスト、ホワイトバランスなど細かい調整もできる
  • カメラロール内の写真もフィルターをかけることができる
Foodie-無料カメラアプリの使い方|おすすめフィルターとロゴの消し方

次の章では、シャシンカメラのメリットとデメリットについて解説します。

シャシンカメラのメリットとデメリット

カメラアプリ「シャシンカメラ」

画像引用元:‎「-シャシンカメラ- 好きな写真がフィルターになるカメラ」をApp Storeで

次に、シャシンカメラのメリットとデメリットについて解説します。

後ほど筆者が実際にシャシンカメラを使ってみた感想も紹介しますが、まずはシャシンカメラにどのようなメリットやデメリットがあるのか詳しく見ていきます。

シャシンカメラはとにかくオシャレです。

フィルターの種類も多く、自分で細かい調整もできるので、被写体に合わせて納得のできる仕上がりにすることができるでしょう。

一方で、課金しないと全ての機能が使えないなどのデメリットがあります。

シャシンカメラのメリット

本当にオシャレなフィルターがたくさんあるので、SNS映え間違いなしの写真が撮影できるでしょう。

また、過去に撮った写真の編集も可能なので、「昔撮ったやつを加工したい!」という時にも大変便利です。

とにかくフィルターの種類が多い

フィルターの種類が100種類以上とかなり多いです。

このフィルターの多さは、筆者も初めて見ました。

今まで色々とカメラアプリを使ってきましたが、ここまで多いのは初めてです。

また、色に合わせてさまざまなフィルターが用意されているので、写真の雰囲気や被写体に合わせてまず色を選び、そこからぴったりなフィルターを選ぶことができます。

同じ色でも様々な色味のフィルターがある

各色のフィルターはそれぞれ10〜50種類程度用意されています。

同じ色でも、雰囲気や色味が大きく異なるので、どれを選べば良いのかわからないくらいにバリエーションが豊富です。

プリセットのカメラアプリで撮影した写真も、シャシンカメラでフィルターをかけることが可能なので、過去に撮影した写真もフィルターを使うことはできます。

コントラストやホワイトバランスの調整が細かくできる

フィルターのバリエーションが豊富なだけでなく、コントラストやホワイトバランスの調整をすることもできます。

フィルターをただかけるだけでは、色味がきつかったり物足りないと感じることもあるでしょう。

しかし、明るさなどを細かく調整できるので、写真に合わせて最適な状態に仕上げることができます。

ただフィルターをかけるだけでは納得できない人も、細かく調整をして納得のできる仕上がりにすることが可能です。

インカメラも対応しているのでセルフィーも撮れる

シャシンカメラはインカメラにも対応しています。

そのため、セルフィー撮影にも上記で解説したバリエーション豊富なフィルターを利用することができます。

普段の自撮りをより綺麗に、雰囲気のあるオシャレな仕上がりにすることができます。

ただし、美容面での補正をすることはできないので、美容面の補正は別アプリで行い、フィルターをかける時にシャシンカメラを使うことをおすすめします。

SNS映えのする自撮りを撮りたい人にも、さまざまなフィルターが使えるシャシンカメラはおすすめです。

シャシンカメラのデメリット

次に、シャシンカメラのデメリットについて紹介します。

デメリットはそこまで多くはありませんが、不具合がいくつかあることです。

筆者も実際に使ってみましたが、少々不具合が多いなと感じました。

120円課金しないと全機能を使えない

シャシンカメラは課金が必要なカメラアプリとなります。

120円課金しないと全ての機能を使うことができません

無料版の場合は、使えるフィルターはWhiteとYellowの2色のみとなります。(該当色のフィルターであれば全て使えます)

また、カメラロールの写真も課金しないとフィルターにすることができません。

カメラロールの写真にフィルターをかけるのも同様です。

全ての機能が無料で使えるカメラアプリも多いので、たった120円ですが、課金が必要なのはシャシンカメラのデメリットではないでしょうか。

ただ、フィルターのクオリティを考えると課金する価値はあると思われます。

新アプリだからか不具合が多い

これは、次ページの実際にシャシンカメラを使ってみた感想で詳しく解説しますが、新しいアプリということもあり不具合が多いです。

実際、筆者も現在シャシンカメラで撮った写真を保存したり、カメラロールにある写真にフィルターをかけることができません。

課金もしている状態なので、早く改善されれば良いなと思っています。

シャシンカメラのメリットとデメリット
  • フィルターの種類が多くてどの写真にもぴったりなフィルターが見つかる
  • 同じ色味でも複数のフィルターがあるので、TPOに合わせられる
  • コントラストやホワイトバランスの調整ができるのでとことん自分の好きなように編集できる
おすすめカメラアプリ|moru-自然に盛れる!|インカメラ性能が高いスマホも紹介

次の章では、筆者が実際にシャシンカメラを使ってみたので感想を紹介します。

実際にシャシンカメラを使ってみた

スマホで自撮り

百聞は一見にしかずという言葉もありますし、実際に筆者もシャシンカメラをつかってみました。

また、全てのフィルターの色味のチェックもしてみたかったので、120円課金してみました。

使ってみた感想は、まず操作がとても簡単だということです。

スマホの操作にあまり慣れていない人にも使いやすいのではないでしょうか。

また、フィルターの種類も豊富でとてもオシャレなので、是非今後も利用していきたいと思っています。

ただし、カメラロールにアクセスできない不具合があるので、それを改善しないとちゃんと使うことができません。

筆者もシャシンカメラで撮影した写真を保存できない状態です。

今後アップデートで改善されることを願っています。

カメラとカメラロールへのアクセス許可が必要

カメラアプリ「シャシンカメラ」

シャシンカメラを利用するには、まずカメラとカメラロールへのアクセス許可をしなければいけません。

しかし、詳しく後述しますが、筆者のスマホ(iPhone XR)ではカメラロールのアクセス許可をした途端アプリが強制終了になってしまうようになりました。

カメラにアクセスするだけなら問題はないので、カメラロールにアクセスせず、カメラだけで今回は利用しています。

撮った写真を保存できない、カメラロールの写真をフィルターにできない、編集できないので、直ぐに改善して欲しいなと思います。

※他のアプリが問題なく使えているので、恐らく可能性は低いと思いますが、筆者のiPhone XR側に原因がある可能性も考えられます。

カラーフィルター機能を使ってみた

120円課金をしたので、5色全てのカラーフィルターが使えるようになりました。

そこで、各色1枚ずつどのような仕上がりになるのか写真を撮ってみました

モデルは我が家の猫(スコティッシュフォールド♂)です。

少々画像が見にくいですが、カメラロールに保存できない状態なのでアプリの画面を直接スクショしました。

カラーフィルターごとにどのような仕上がりになるのか、是非チェックしてみてください。

White

カメラアプリ「シャシンカメラ」

まず、Whiteのフィルターを試してみました。

Whiteのフィルターは全部で34種類ありました。

白を基調としたフィルターですが、完全に白というわけではなく、緑や赤みなどの色が混ざったフィルターもあります。

全体的に薄い色味ですが、影の濃いフィルターもあるので、インスタントカメラで撮ったような写真にしたい時にはおすすめです。

Yellow

カメラアプリ「シャシンカメラ」

Yellowのフィルターは全部で47種類あります。

Yellowという名前の通り、全体的に黄色がかったフィルターとなります。

Whiteと同じように、黄色を基調として白や青、緑などを重ねたフィルターもあります。

しかし、全体的に温かみのある色味なので、木を使ったアンティークな小物やカフェなどの撮影にも適しているかもしれません。

Blue

カメラアプリ「シャシンカメラ」

青みがかったフィルターが特徴のBlueは、全部で36種類のフィルターが用意されています。

YellowやWhiteと異なり、Blueのフィルターは全体的に青や緑などの寒色が混ぜられたフィルターが多いです。

空や海の撮影はもちろん、夜景の写真にBlueのフィルターをかけてもとてもオシャレになりそうです。

画像を見ても、涼し気な印象が強いですね。

Green

カメラアプリ「シャシンカメラ」

緑を基調としたGreenのフィルターは、全部で8種類あります。

全体的に黄色や青と重ねたフィルターが多く、植物など自然の撮影にぴったりなフィルターとなっています。

Pink

カメラアプリ「シャシンカメラ」

ピンクを基調としたフィルターは、全部で16種類あります。

全体的に赤みのあるフィルターで、花などの撮影にぴったりです。

可愛らしい雰囲気のフィルターが多いので、ペットの撮影にも適しているかもしれません。

また、化粧品などの撮影にもぴったりでしょう。

まだ新しいアプリだからか不具合が多め

カメラロールの写真をフィルターにしたり、既にある写真にフィルターをかけてみたかったのですが、少々不具合が多いようです。

筆者の場合、カメラロールにアクセス許可をすると、アプリが強制終了するようになってしまいました。

そのため、カメラロール内の写真を編集したり、シャシンカメラで撮った写真を保存することができない状態です。

レビューにて要望としてコメントをしましたし、恐らく把握している不具合だと思われるので、今後のアップデートで改善されるとは思います。

もしかしたら筆者のiPhone XRだけの症状で、筆者のiPhoneに原因があるのかもしれません。

ただ、まだリリースされて新しいアプリなので、さまざまな不具合はあって当然だと思った方が良さそうです。

フィルターのクオリティがかなり高いので、今後より快適に使えることを期待していたいと思います。

シャシンカメラはフィルターがすごくてオシャレ!

自撮りする女子

最後に、実際にシャシンカメラを使ってみた感想をまとめます。

実際にシャシンカメラを使ってみた感想
  • とにかくオシャレで操作が簡単
  • フィルターがたくさんあるので、風景や被写体に合わせてさまざまな雰囲気の写真が撮れる
  • 筆者の場合、カメラロールにアクセス許可をすると強制終了してしまう

シャシンカメラは、フィルターの種類が100種類以上あり、細かい調整も可能なので、自分が納得できるまで加工することができます。

また、カメラロールの写真もフィルターをつけることができるので、お気に入りの過去の写真をより「エモく」することもできるでしょう。

筆者も実際に使ってみましたが、操作も非常に簡単なのでスマホの操作に慣れていない人でも使いやすいと思われます。

オシャレな写真を撮りたいという人は、是非一度利用してみてください。

最高に使える!人気のおすすめカメラアプリ11選【iPhone/Android対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ