格安SIM(MVNO)とは?初心者向けにわかりやすく解説

  • 2019年11月10日
  • by 
格安SIM(MVNO)とは?初心者向けにわかりやすく解説

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

「格安で使えるスマホの通信サービス」ということで、格安SIM(MVNO)が人気です。

ここ数年で格安SIM(MVNO)の会社は増え、既に500社以上あると言われています。

今回は初心者にもわかりやすく、格安SIM(MVNO)とはどのようなサービスなのか解説していきます。

本記事でわかるポイント

  • 格安SIMとはいったい何?
  • 格安SIMの通信料金が安い理由
  • 格安SIMのメリット・デメリット
  • 大手キャリアとの違い

格安SIM(MVNO)とは?

格安SIM(MVNO)は、自社で回線を所有していない通信事業者のことで、大手キャリアよりも通信料金が安いことが特長です。

別の呼び方として「MVNO」と呼ばれることがあります。

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の略称であり、日本語だと「仮想移動体通信事業者」と呼ばれています。

格安SIM(MVNO)は回線を所有していない通信事業者

「仮想移動体通信事業者」というのが格安SIMの別の名前ですが、これだけ見るとどういう意味なのか非常にわかりにくいです。

簡単に言うと、格安SIM(MVNO)は自社で回線を所有しておらず、別の通信事業者から回線を借りて通信サービスを運営している通信事業者なのです。

ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアは、それぞれ回線を所有していて通信品質の管理や通信エリア拡大などを行っています。

格安SIM(MVNO)は他社の回線を頼る形で通信サービスを提供しているのです。

ワイモバイルバナー

利用している回線は大手キャリアから借りている

では、格安SIM(MVNO)の回線はどこから借りているのでしょうか?

格安SIM(MVNO)のほとんどが、ドコモやau、ソフトバンクの回線を借りています。

だからこそ、「ドコモの回線を使っています!」「ソフトバンクの回線だから安心!」といった謳い文句があるのです。

しかし一方で、他の格安SIM(MVNO)が借りたキャリアの回線を又借りしてサービスを運営する会社もあります。

コストがかからず安い料金プランを実現できる

回線のレンタル費用はかかるものの、回線自体の保守・維持費やエリア拡大による工事費などのコストがかかりません。

店舗を運営している格安SIM(MVNO)は少ないので、店舗運営にかかる管理費や光熱費、人件費などもほとんどかかりません。

つまり、格安SIM(MVNO)は大手キャリアに比べて、運営コストが圧倒的に安いのです。

だからこそ、大手キャリアにはない格安価格で通信サービスを提供できているのです。

格安SIM(MVNO)とは?

  • 自社で回線を所有していない通信事業者
  • ドコモやau、ソフトバンクの回線を借りて運用している
  • 通信環境の管理や店舗運営などのコストが少ないので料金を安くできる

格安SIM(MVNO)のメリット

考える女の子

管理費や維持費のコストが少なく、それが料金プランの価格に反映されており、大手キャリアよりも遥かに安い料金で通信サービスを利用できます。

そんな格安SIMのメリット4つを紹介します。

格安SIM4つのメリット

  • 通信料金が安い
  • 契約の縛りが緩い
  • ネットでいつでも簡単に契約できる
  • 格安SIM(MVNO)を取り扱う企業独自のお得な特典がある

格安SIMのメリット①通信料金が安い

格安SIM(MVNO)を利用すると、その料金の安さに驚いてしまいます。

大手キャリアでも格安プランの提供を始めていますが、最終的な料金は格安SIMに敵いません。

取り扱っているスマホも30,000円〜50,000円程度とリーズナブルな機種が多く、スマホを購入せずにSIMカードだけ契約する人も多いのも特徴です。

そのため、3GB使える音声通話プランで基本料2,000円以下で使える格安SIMも少なくありません。

このように、料金の安さが最大のメリットだといえます。

月額2,000円台でスマホ運用できるおすすめ格安SIM比較【2019】

格安SIMのメリット②契約の縛りが緩い

格安SIM(MVNO)のほとんどは、2年契約のような厳しい契約の縛りがありません。

半年〜1年間は使わないと違約金がかかるという最低利用期間を設けていることもありますが、最低利用期間を過ぎればいつ解約しても違約金は発生しません

中には、契約期間の条件がない格安SIM(MVNO)もあるので、契約に縛られたくないという人にもぴったりです。

格安SIMのメリット③ネットでいつでも簡単に契約できる

格安SIM(MVNO)は、店舗運営をしている会社がかなり少ないです。

店舗で契約できるとしても、家電量販店のコーナーでまとめて取り扱いされていることがほとんどです。

また、イオンモバイルなど取り扱い企業によっては、自社の店舗内で格安SIM(MVNO)の契約を受け付けている場合もあります。

しかし、大半はネット契約なので、店舗に行く必要もなく、待ち時間も気にする必要はありません。

格安SIMのメリット④独自のお得な特典がある

楽天モバイルでは、毎月の利用料金から楽天ポイントが還元されます。

このように、企業によっては、独自のキャンペーンや特典を利用することができます。

普段から楽天ポイントを貯めている人は楽天モバイルを選ぶなど、自分がいつも愛用しているサービスと合わせて格安SIM(MVNO)を選ぶのも良いでしょう。

【毎月更新】11月の格安SIMキャンペーンまとめ|主要10社を比較

格安SIM(MVNO)のデメリット

料金が安すぎるというのも、不安に感じる人は多いのではないでしょうか。

ドコモやau、ソフトバンクの料金が高いと言いますが、その高い料金を払うことで、比較的どこに行っても快適に回線が利用できます。

格安SIMにはデメリットもありますので、解説していきます。

格安SIM3つのデメリット

  • 通信速度が不安定
  • アフターサービスが少ない
  • 取り扱っているスマホの種類が少ない

格安SIMのデメリット①通信速度が不安定

格安SIM(MVNO)の回線はドコモやau、ソフトバンクなどからレンタルしています。

それぞれ、借りている回線数は異なるので、回線数が少ない状態で利用ユーザーが多い場合、回線が逼迫してしまう恐れもあります。

すると、回線が混雑する時間帯になると、ネットの繋がりが悪くなったり、強制終了してしまう現象が発生してしまう可能性があります。

  • 多くの会社が昼休みとなる12~13時
  • 営業時間の終わりとなる17~18時
  • 21~22時

はネット利用者が多くなるため、回線が混雑する傾向にあります。

このように、時間帯によって通信品質が不安定になることから、大手キャリアの回線の快適さが当たり前だった人にとってはかなり衝撃を受けるようです。

格安SIMのデメリット②アフターサービスが少ない

ネット契約が大半ですし、店舗があったとしても契約の受付だけで終了になるケースがほとんどです。

そのため、操作でわからないことがあった場合に聞けるような場所もなく、アフターサービスが大手キャリアと比べて少ない傾向にあります。

ある程度スマホの操作に慣れている人なら問題ありませんが、スマホの操作や知識に自信がない人には少し不安かもしれません。

【格安SIM比較】実店舗が多くサポートが充実してるのはどのMVNO?

格安SIMのデメリット③取り扱っているスマホの種類が少ない

ドコモやau、ソフトバンクのように新作iPhoneが発売されることはまずありません。

中にはiPhoneを取り扱う格安SIM(MVNO)もありますが、大半は数世代前の型落ちモデルです。

このように、格安SIM(MVNO)では取り扱えるスマホの機種が限られており、ほとんどのスマホが海外製の30,000円程度で購入できる格安スマホです。

それでも最近は、ハイスペックスマホの取り扱いを行う格安SIM(MVNO)も出てきています。

通信速度の速い格安SIM5社を比較|失敗しないMVNOの選び方

次ページでは格安SIMと大手キャリアを徹底比較していきます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ