arrows Be4の価格・スペックを解説|他の機種と比較して買うべきか

arrows Be4の価格・スペックを解説|他の機種と比較して買うべきか

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモの新機種arrows Be4は、スマホデビューに最適なエントリーモデルとして発売されました。

企画から製造までの全ての工程を日本国内で行う「純日本製スマホ」というコンセプトで、誰でも安心して使えるスマホです。

低価格な機種でありながら、おサイフケータイなどの基本機能にも対応しているので、コスパも良い機種となっています。

今回はarrows Be4の価格やスペック・発売日を紹介していきいます。

また、他のスマホと比較もいれながらどんな人におすすめなのかを解説します。

arrows Be4のおすすめポイント
  • 2万円台で購入できる格安のスマホ
  • 安心の日本製スマホ
  • 高い耐久性能でどこでも安心して使える
  • シンプルモード搭載でスマホデビューに最適


※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:arrows Be4 F-41A

arrows Be4の価格・割引

arrows Be4 F-41A

画像引用元:arrows Be4 F-41A デザイン : 富士通

arrows Be4は2020年6月25日にドコモから発売されました。

発売時点での価格は、以下の通りです。

キャリア機種代金購入
ドコモ23,760円ドコモ公式ショップ

分割購入の場合は月額660円×36回の支払いになるので、分割で購入しても月々の負担も少なく手に入れることができます。

10万円を超える高額なスマホが多い中で、非常に安く手に入れることができるのがarrows Be4の特徴と言えるでしょう。

arrows Be4の割引はある?

はじめてスマホ購入サポート

画像引用元:はじめてスマホ購入サポート

arrows Be4はお得にスマホデビューができる「はじめてスマホ購入サポート」の対象機種となっています。

はじめてスマホ購入サポート」とは、対象機種でFOMAからXiへの機種変更(契約変更)または、他社の3G回線から乗り換えをした場合に適用されます。

購入機種に応じてdポイントが還元されますが、arrows Be4の場合は10,000ポイントが還元されます。

このキャンペーンによって、arrows Be4が実質1万円程度で購入できるようになります。

スマホデビューを考えている人なら、キャンペーンを活用すれば格安でスマホデビューができます。

ただし、最大で3分の1の本体代金の支払いが免除される「スマホおかえしプログラム」は対象外なので注意が必要です。

arrows Be4のスペック

arrows Be4

画像引用元:arrows Be4 F-41A

続いて、arrows Be4のスペックについて見ていきましょう。

arrows Be4
ディスプレイ約5.6インチ
本体サイズ高さ:147mm
幅:70mm
厚さ:8.9mm
重さ約144g
アウトカメラ約1,310万画素
インカメラ約810万画素
バッテリー2,780mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSnapdragon 450
OSAndroid 10
認証指紋
カラーGold/White/Black/Purple
価格23,760円

arrows Be4はエントリーモデルスマホということで、スペック自体は他の機種と比べても高くはありません。

最新のハイエンドモデルスマホのような、高い処理性能を期待することはできません。

ただ、arrows Be4では他の機種にはない特徴的な機能が満載で、特にスマホを初めて持つ人に優しい機種となっています。

ここからは、arrows Be4の特徴的な機能や性能について紹介していきます。

コンパクトサイズで片手でもラクラク操作

arrows Be4はコンパクトなサイズなので、女性など手の小さい人でも片手で操作しやすいスマホとなっています。

重さも約144gと軽量なので、長時間操作をしても腕が疲れにくく、ポケットに入れて持ち歩くにも邪魔になりません。

指紋認証センサーは本体の背面についているので、持ち上げると同時にロック解除ができスムーズな操作性を実現しています。

また、arrows Be4の背面にある指紋認証センサーは、シリーズ独自の「Exlider(エクスライダー)」機能を備えています。

Exliderとは、背面の指紋認証センサーに触れることで、ディスプレイ表示の拡大・縮小やスクロールができる機能です。

片手では操作をすることが難しい拡大や縮小も、Exliderがあれば両手を使う必要がなく、快適に操作をすることができます。

このように、arrows Be4は操作性の高さも特徴の1つとなっています。

高い耐久性能でどこでも安心して使える

arrows Be4

画像引用元:arrows Be4 F-41A

arrows Be4は米国国防総省の調達基準である、MIL-STD-810Gの23項目に準拠した耐久性能を備えたスマホとなっています。

このため、防水や防塵性能はもちろんのこと、耐衝撃や高温・低音動作など合計23項目の高い基準での試験をクリアしたスマホで安心して利用することが可能です。

落下時の画面割れにも強いので、画面割れが心配という人にもおすすめです。

また、arrows Be4は泡のハンドソープで洗うこともできます。

スマホは日常的に手に触れる機会が多く、雑菌が付着しやすいのですが、ハンドソープで洗うことで清潔な状態を保つことが可能になります。

通常の防水スマホでは、ハンドソープや洗剤で洗うことは故障の原因になりますので、スマホを洗って使いたいという人は、arrows Be4のような洗えるスマホがおすすめです。

FMラジオが聴ける「ラジスマ」対応

arrows Be4はラジスマに対応しており、FM放送とインターネットラジオの2つのラジオ放送を聴くことができます。

通常、スマホでラジオを聴く場合は、radikoなどのアプリを使ってインターネットラジオを聴くことしかできませんでした。

スマラジではスマホにFM波を受信できるチューナーが内蔵されており、インターネットラジオだけでなくFM放送でもラジオを聴けるようになっています。

インターネットラジオ(radiko)は、タイムフリー機能で過去の放送を聴き返すことができたり、エリアフリー機能で全国のラジオが聴けるというメリットがあります。

しかし、10秒ほどのタイムラグが発生するので少し遅れてしまったり、データ量を消費するというデメリットもあります。

FM放送であれば、そのデメリットを解消することができ、データ量を消費することなく、リアルタイムでラジオを楽しむことが可能になっています。

FM放送はインターネットが繋がりにくくても大丈夫

また、FM放送は災害時にも強いというメリットがあります。

FM波を受信してラジオが聴けるので、インターネットが繋がりにくい状態になっていても、問題なくラジオを聴くことができるので情報収集にも役立ちます。

このように、スマラジではインターネットラジオとFMラジオを利用シーンに合わせて使い分けられるのが特徴となっています。

arrows Be4がおすすめな人

arrows Be4

画像引用元:arrows Be4 F-41A

arrows Be4は決してスペックの高いスマホではありませんが、特徴的な機能を搭載したスマホで様々なユーザーのニーズに応えています。

そんなarrows Be4はどんな人に合ったスマホなのでしょうか?

では、ここからはarrows Be4がどんな人におすすめなのかについて見ていきましょう。

初めてのスマホを持つ人

arrows Be4を最もおすすめしたいのが、初めてスマホを持つ人です。

arrows Be4はガラケーから機種変更をする人向けのキャンペーンがあり、お得に購入できるのはもちろんですが、初めて使う人が安心して使える機能が充実しています。

「シンプルモード」を使えば、文字やアイコンを大きく表示することができ、どこを操作すれば良いのかがわかりやすくなるので、初めてスマホを使う人も安心して使うことができます。

自分にあった文字入力方法を選べる

arrows Be4では、文字入力のバリエーションも豊富で自分にあった文字入力方法を選ぶことができます。

一般的なスマホのフリック入力に加えて、ガラケーと同じトグル入力ができるケータイキーボードや手書き入力に対応しています。

変換エンジンには、日本語の変換に強い「Super ATOK ULTIAS」を使用しているので、スムーズに違和感のない自然な文字の変換が可能です。

初めてスマホを持つ、スマホの操作にあまり自信がない、そんな人にこそarrows Be4がおすすめです。

子どもに持たせるためのスマホ

arrows Be4は子ども用のスマホとして持たせるのに最適な機能「ジュニアモード」を搭載しています。

ジュニアモードを設定することで、子どものスマホの利用に一定の制限をかけることが可能です。

使わせたくないアプリを制限したり、利用時間を制限することで学校の時間や夜遅くまでの利用を禁止することが簡単にできます。

また、1日の使用可能時間も制限できるので、使いすぎを防ぐこともでき、安心して子どもに持たせることができるようになります。

子どもに持たせると使いすぎだけでなく、故障なども気になるところですが、arrows Be4なら耐久性にも優れているので安心して持たせることができますね。

国産メーカーにこだわりがある人

arrows Be4は企画から組み立てまで、全ての工程を日本国内で行っています。

日本メーカーのスマホは多くありますが、海外工場で製造されているものがほとんどで、ここまで国内での製造にこだわった機種というのはありません。

ですから、国産の製品を使いたいというこだわりのある人にも、arrows Be4はおすすめのスマホです。

arrows Be4と他のスマホを比較

arrows Be4のスペックや特徴について見てきましたが、他の機種と比較してarrows Be4を買うべきかどうかという点について確認していきましょう。

arrows Be4はドコモから発売されていますが、ドコモでは他にも手ごろな価格帯の機種で多彩なラインナップが展開されています。

ここからは、arrows Be4と同じ価格帯のミドルスペックスマホについて、arrows Be4と比較をしながら紹介していきます。

arrows Be4と他のスマホを比較
  • スペックがいいスマホならLG style3
  • カメラ性能にこだわるならXperia 10 II
  • 使いやすさで選ぶならAQUOS sense3

スペックがいいスマホならLG style3

LG style3

画像引用元:LG style3 L-41A

手ごろな価格でスペックの高いスマホを選ぶなら、LG style3がおすすめです。

arrows Be4とLG style3の最大の違いは搭載されているCPUの性能です。

arrows Be4には、Snapdragon450という処理性能が低いCPUが搭載されています。

一方でLG style3は、Snapdragon845という処理性能の高いCPUを搭載しています。

Snapdragon845は、主に2年ほど前に発売されたハイエンドモデル(Xperia XZ3など)に搭載されていたCPUとなっています。

旧世代のCPUなので価格が抑えられていますが、十分に処理性能が高く、最新のゲームアプリなど高い処理性能を要求するものでもサクサクと動かすことができます。

反対にSnapdragon450は処理性能が高いとは言えないので、マルチタスクや高い処理性能を必要とするアプリの使用にはあまり向いていません。

LG style3は手ごろな価格でスペックが高い

LG style3は約4,820万画素の高解像度カメラを搭載しており、写真も綺麗に残すことができます。

LG style3の価格は41,976円と手ごろな価格ながら、ハイエンドモデルと比較しても引けを取らないスペックの高さが特徴となっています。

安さだけでなくスペックもいいスマホが欲しいというコスパを追求する人には、LG style3がおすすめです。

カメラ性能にこだわるならXperia 10 II

Xperia 10 II

画像引用元:Xperia 10 II SO-41A

カメラ性能が高いスマホを選ぶならXperia 10 IIがおすすめです。

Xperia 10 IIのカメラは、トリプルレンズカメラとなっており構成は以下の通りです。

Xperia 10 IIのトリプルレンズ
  • 広角:約1,200万画素
  • 超広角:約800万画素
  • 望遠:約500万画素

超広角カメラを使って画角の広い写真を撮ったり、望遠カメラを使ってズームでもザラつきの少ない鮮明な写真を撮影することができるようになっています。

また、歴代のXperiaに搭載されている「プレミアムおまかせオート」によって、被写体に合わせて最適な補正を加えることができるので、誰でも綺麗な写真に仕上げることができます。

他にも「ナイトモード」では、これまでのスマホでは撮影することの難しかった夜景など、暗いシーンでも自然な明るさに調整し、目で見た色味を忠実に再現することができます。

arrows Be4のカメラは、撮影モードの種類や補正の精度の高さではXperia 10 IIに劣ります。

Xperia 10 IIはリーズナブルでカメラ機能◎!

Xperia 10 IIは41,976円で購入することができるので、Xperiaシリーズの中でも非常にリーズナブルな価格帯となっています。

手ごろな価格で、カメラ機能の充実したスマホを選ぶなら、Xperia 10 IIがおすすめです。

使いやすさで選ぶならAQUOS sense3

アクオスセンススリー

画像引用元:AQUOS sense3 SHV45のデザイン・色|AQUOS:シャープ

使いやすさやスマホデビュー向けの機能で選ぶなら、AQUOS sense3もおすすめです。

AQUOS sense3は、arrows Be4と同様にスマホデビューに最適なエントリーモデルとなっています。

AQUOS sense3では「かんたんモード」が搭載されており、文字やアイコンを大きく表示することが可能で、arrows Be4の「シンプルモード」と同じような機能が使えます。

それに加えて、AQUOSスマホの象徴とも言える省電力のIGZOディスプレイと大容量バッテリーを搭載していることで、非常にバッテリー持ちが良いのが特徴となっています。

平均的な使用であれば1週間ほどバッテリーが持つので、バッテリー残量を気にしながら使う必要がなくなります。

AQUOS sense3はコスパ良しの機種!

RAMとROMの容量はそれぞれ4GBと64GBとなっており、arrows Be4の3GB/32GBと比べて一回り大きな容量を搭載しています。

またAQUOS sense3は31,680円と、手ごろな価格で購入できます。

使いやすさを重視するなら、バッテリー持ちの良さやRAM/ROMの容量が大きなAQUOS sense3がおすすめです。

arrows Be4はスマホデビューに最もおすすめのスマホ

arrows Be4は他のスマホと比較して、圧倒的に安く手に入れることができるスマホとなっています。

初めてのスマホでなるべく安く買える機種を探しているという人には特におすすめの1台です。

arrows Be4のおすすめポイント
  • 2万円台で購入できる格安のスマホ
  • 安心の日本製スマホ
  • 高い耐久性能でどこでも安心して使える
  • シンプルモード搭載でスマホデビューに最適

ただ、価格が安いこともあって他の機種と比較すると、どうしてもスペックは低く見えてしまいます。

スペックやこだわりの機能がある場合には、他のミドルスペックのスマホを選択するのも良いでしょう。

スマホの買い替えを検討している人は機種の性能を比較して、ぜひ自分に合った1台を見つけましょう。

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ