認識しない外付けHDDのデータを確実に復旧するための対処法を解説

HDDが認識しない場合には、論理障害や物理障害が原因の可能性が高いです。認識しないHDDを通電し続けると、2度とデータが取り出せなくなるかもしれません。HDDが認識しない場合の対処法を8つ紹介します。その中でも、確実にデータを復旧したい場合は専門のデータ復旧業者に相談しましょう。
  • 2022年9月6日
  • by.bitdds

hdd暗め

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

外付けHDD(外付けハードディスク)内のデータを見ようとしたのに、パソコンに接続したのに認識しない、突然データにアクセスできなくなった、そんなトラブルに見舞われたことありませんか?

外付keHDDが認識しない場合には、適切な対処を行わないと中のデータが破損してしてしまい、最悪データを取り出せなくなるといったことになるかもしれません。

外付けHDDが認識しない時は何が原因か、正しい知識をもって対処する必要があります。

今回は外付けHDDが認識しない場合の注意点や自力でできる対処法、データを確実に取り出したい方向けの対処法など解説し、確実にデータ復旧できるようにおすすめのデータ復旧業者を紹介しています。

外付けHDDが認識しない場合の対処法8つ
  • ケーブルが正しく接続されているか確認する
  • 他の周辺機器を確認する
  • 新品の外付けHDDであれば初期化する
  • デバイスマネージャーで認識しているか確認する
  • 自動修復機能を実行する
  • アクセス権限を変更する
  • データ復元ソフトを使用する
  • データ復旧業者へ相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

なぜ外付けHDDが認識しない?

hdd赤

外付けHDDをノートパソコンやデスクトップPCなどに接続しても、認識されないというトラブルは少なくありません。

外付けHDDは消耗品であり見た目以上に精密な機器であるため、簡単に壊れたり認識できなくなってしまいます。

また、家族写真や会社の機密情報といった唯一無二のデータが認識できないというのはとても不安で焦ってしまい、試せる対処法をネットで検索したりして誤った対処を行ってしまうことが多発しています。

データ復旧は一度きりといわれるほどに、一番最初の復旧作業が一番復旧できる可能性が高くいので、確実な方法で復旧することが大切です。

その後は作業が積み重なる分復旧難易度が高くなってしまい、最悪の場合2度とデータが取り出せない状態になるかもしれません。

なるべく早く対処することが大切ですので認識しない機器を放置せず、復元ソフトやデータ復旧業者を利用して確実にデータが復旧できるようにしましょう。

外付けHDDが認識しない3つの原因

外付けHDDが認識しない原因は大きく3つ挙げられますので、どの原因にあたるか確認しましょう。

外付けHDDが認識しない3つの原因
  •  論理障害
  •  物理障害
  • 周辺機器やUSBケーブルの接触不良や故障

論理障害

外付けHDD自体は認識しているのにデータにアクセスできない場合は、外付けHDD自体に問題はないが一部のデータが破損していたりプログラムの不具合が起きている「論理障害」である可能性が高いです。

論理障害の主な症状
  • フォーマットを促すエラーが表示される
  • エラーメッセージが表示される
  • ファイル名が変わってしまった

論理障害はデータが破損することによる不具合です。

論理障害は一般的に修復しやすいと認識されていますが、障害の度合いによってはご自身で復旧できない場合もあるので注意してください。

物理障害

「物理障害」は物理的な要因で外付けHDDが認識されない、故障してしまったことを言います。

物理障害の主な要因
  • 落としてしまったなど強い衝撃が加わった
  • 水没や落雷によるショート、熱暴走
  • 経年劣化による部品の摩耗

本体が衝撃やダメージを負っている状態を物理障害と言います。

物理障害の場合、ご自身でのデータ復旧はほとんど不可能です。

物理障害にあたる可能性が高い場合、まずは業者の無料相談を受けてみましょう。

 

周辺機器やUSBケーブルの接触不良や故障

USBケーブルを抜き差しすることで接触不良や基板の経年劣化によって故障し、認識しなくなることがあります。

また、ACアダプタも経年劣化により安定した電力を供給ができなくなり、動作が安定しないこともあります。

新しいのを購入して認識するかどうか確認しましょう。

外付けHDDが認識しないときには、デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

✔11年連続データ復旧国内売上No.1のデータ復旧サービス

復旧率最高値95.2%の技術力

✔自社内復旧・最先端設備の自社復旧ラボをすべて公開

✔官公庁・大手法人を含む相談件数29万件以上の実績

✔国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した万全なセキュリティ体制

✔データ復旧依頼の8割を48時間以内に復旧するスピード対応

✔相談・初期診断・見積無料など豊富なサポート体制

今回おすすめするデジタルデータリカバリーは国内最大手のデータ復元業者の1つです。

他社で復旧できなかった機器の復旧実績が多数あるため技術力は間違いありません。

データ復旧業者に依頼をする場合はまずこちらのデジタルデータリカバリーに相談すると間違いないでしょう。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

外付けHDDが認識しない場合の注意点

外付けHDDが認識しないとき、むやみに操作を加えるとデータの取り出しが困難になることがあります。

以下の4点はなるべく行わないようにしましょう。

外付けHDDが認識しないときの注意点4つ
  •  通電、再起動を繰り返さない
  •  フォーマットしない
  • 自分で分解、解体しない
  •  衝撃を加えない

通電や再起動を繰り返さない

通電している限り、一定の回転数を保ち稼働し続けることになるので、外付けHDDにとって通電は負荷がかかります。

また、起動時の動作はただ通電する以上に、外付けHDDに最も負荷がかかる行為です。

むやみに何度も再起動しないよう心がけましょう。

フォーマットしない

フォーマットしてしまうと全てのデータが消失します。

そもそも、フォーマットとはデータが読み込めないと判断したOS側が、「データを管理するファイルシステムを組みなすこと」です。

データ不要で外付けHDDを正しく認識させたい場合は実行の価値がありますが、データが必要な場合は行わないようにしましょう。

自分で分解、解体しない

外付けHDDは超精密機器に値します。

塵やほこりが付着するだけで記録面を傷つけ、故障の原因となります。

分解、解体はクリーンルームなどの専用設備がないと難しいため、行わないようにしましょう。

衝撃を加えない

外付けHDDが認識しないからといって、手で叩いたり動かしてみるのは絶対にやめましょう。

外付けHDDは超精密機器であり、少しの衝撃が物理障害に繋がってしまう可能性があります。

誤って落としたり、高温多湿の場所に放置したりしないよう気を付けてください。

物理障害が発生したら、自分で復旧作業はまず難しいです。

復旧難易度を上げないために衝撃は加えないようにしましょう。

すぐ試せる!外付けHDDが認識しない場合の対処法8つ

外付けHDDが認識しない場合の対処法を8つ紹介して行きますので、認識しない場合は以下の手順を試してみましょう。

認識しない外付けHDDの対処法8つ
  •  ケーブルが正しく接続されているか確認する
  •  他の周辺機器を確認する
  • 新品の外付けHDDであれば初期化する
  • デバイスマネージャーで認識しているか確認する
  • 自動修復機能を実行する
  • アクセス権限を変更する
  • データ復元ソフトを使用する
  • データ復旧業者へ相談する

ケーブルが正しく接続されているか確認する

外付けHDDが認識しない場合、まずは接続している周辺機器やUSBケーブルを一度確認してみてください。

外付けHDDがUSBケーブルからの電源供給で動作するものであり、USBハブを使用している場合は、USBハブの電力供給が十分でない可能性が高いです。

USBハブを使用せずに直接パソコンに接続して確認してみてください。

また、電力不足はタコ足配線のACタップを使用している場合にも起こります。

タコ足配線になっているACアダプタを使用せずに、壁のコンセントに直接差し込んでみましょう。

他の周辺機器を確認する

他の追加した周辺機器を取り外して、認識するか確認してみてください。

別の周辺機器を追加したのが原因となり、外付けHDDが認識しなくなった可能性があります。

以下の対処法を一度実行してみてください。

周辺機器の確認方法
  • 外付けHDDを違うUSBポートに接続する
  • 周辺機器のドライバを最新状態に更新する
  • 周辺機器のドライバを削除して再インストールする

周辺機器に問題がある場合には外付けHDDには問題がないため、周辺機器の交換を行えば認識される可能性があります。

新品の外付けHDDであれば初期化してみる

新品の外付けHDDであった場合、初期化を行いパソコンに適応させる必要がある場合があります。

メーカーによっては、出荷時に初期化処理がされていないものもあります。

パッケージやマニュアルを確認して、初期化がされていなければ初期化を行いましょう。

外付けHDDのフォルダをクリックし「ディスクはフォーマットされていません」「ドライブにアクセスすることができません」などのエラーメッセージが表示されたら、初期化を実行してください。

なお、新品の場合は初期化しても問題ありませんが、普通に使えていたはずの外付けHDDで突然フォーマット要求のエラーが表示された場合は、何らかの異常が発生している可能性が高いです。

エラーメッセージに従ってフォーマットや初期化をしてしまうと、データは消えてしまうので注意しましょう。

内部にデータがある場合はデータ復旧の専門業者に相談してみるといいかもしれません。

デバイスマネージャーで認識しているか確認する

Windows 10に標準搭載されているデバイスマネージャーで、接続した外付けHDDが認識されているかどうか確認できます。

外付けHDDの認識を確認する手順
  1. 画面左下のWindowsマークを右クリック「デバイスマネージャー」を選択
  2. 「ディスクドライブ」をクリックし、外付けHDDが認識されているかどうか確認

正しく認識されていれば、ディスクドライブの欄に外付けHDDの機器名が表示されます。

表示されていない、機器名の前に「!」マークが付いている場合は、以下のいずれかの方法で問題が解決する可能性が高いです。

機器名が表示された時の対処法
  • システムの復元実行
  • 更新プログラムのアンインストール
  • 初期状態に戻す
  • ドライバの再インストール

ただし、外付けHDDに障害が発生しているのに上記の操作を行うと、データの状態が悪化する可能性があります。

更新プログラムのアンインストールやシステムの復元は、失敗した場合データを失う可能性がありますので慎重に判断してください。

初期化も同様、大事なデータがある場合は作業前にデータのバックアップを取りましょう。

自動修復機能を実行する

保存しているデータの一部が故障している場合、外付けHDD自体は認識しているのに、データにアクセスできないという症状になります。

データが破損している場合はWindows 10の修復機能の実行で解決する場合がありますが、改善できるのは、あくまでもPC上で検出できる軽微なエラーに限られます。

重度の論理障害や物理障害が起きているときは自動修復機能によって逆に状態悪化の恐れがあるので注意してください。

大事なデータがある場合は作業を行う前にデータ復旧業者に相談しましょう。

Windows 10の自動修復機能を実行する方法

Windows 10には、外付けHDDの検証・修復機能が搭載されており、これを使用することで解決できる場合があります。

自動修復の手順
  1. エクスプローラーで外付けHDDを右クリックし「プロパティ」を選択
  2. 「ツール」タブを開き、エラーチェックの「チェック」ボタンを選択
  3. ドライブのスキャンと修復をクリックする

以上の手順でエラーチェックが実行されます。

アクセス権限を変更する

ネットワーク上にある外付けHDDなどは、セキュリティ管理でアクセス権限を制限している可能性があります。

アクセス拒否された場合は、アクセス権限を使っているパソコンに付与する必要があります。

管理者に連絡して、アクセス権限を付与してもらいましょう。

データ復元ソフトを使用する

「軽度の論理障害」であった場合、データ復元ソフトを使用することでデータ復元することが可能です。

データ復元ソフトは様々な種類があり、ソフトによって対応機種も変わってくるのでご自身の使用しているPCにあったソフトをお使いください。

ですが、「重度の論理障害」「物理障害」であればソフトの使用によってもっと症状が進行してしまうことがあります。

また、一定以上のリテラシーがないと操作が難しく、間違えて必要なデータを上書きしてしまったり、外付けHDD内の全てのファイルの順番がぐちゃぐちゃになってしまったりするかもしれません。

一度ソフトで復元を試みたデータをさらに以前の状態に復元するとなると、業者に依頼しても難易度が高くなってしまいます。

データ復元ソフトを使用する場合は、リスクを理解したうえで自己責任で実行しましょう。

データ復旧業者へ相談する

パソコンの知識があまりなかったり慣れていない場合は、ご自身でのむやみな復旧作業はやめましょう。

専門業者に依頼する方がデータの復元率はあがります。

ご自身での復旧作業で故障の程度が重度化するほど、費用も高額になるので早めに業者依頼を検討しましょう。

データ復旧業者であれば、専用の復旧設備や作業のための部品などをそろえているので、最も確実で安全に復旧できます。

診断から見積りまで無料の業者であれば安心なので、不安な方は一度相談してみるとよいでしょう。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

データ復旧業者の選び方4ポイント

データ復旧業者を選定する際に重要なポイントを4つ厳選してお伝えします。

データ復旧業者を選ぶポイント4つ
  • データ復旧の技術力が高い
  • 信頼できる実績やセキュリティ水準
  • スピード対応が可能
  • サポート体制が充実している

結論から言うと、データ復旧業者選びで一番重要なポイントは技術力が高いデータ復旧業者を選ぶことです。

「預けたデータをちゃんと復旧してもらえそうか?」を最重要に置きつつ、それ以外のポイントも含めて比較して行くことが重要です。

注意恬として、データ復旧業者によっては、サクラの口コミや「完全成果報酬制プラン」を宣伝文句に使い、評判をアピールしているデータ復旧業者もあります。

そのようなデータ復旧業者では、良い評価の口コミを書くことを条件に料金を抑える提案をしている悪質なデータ復旧業者も存在します。単に「評判がいいから」という理由で業者を選ぶのはおすすめしません。

また、一律料金制や完全成果報酬制を宣伝材料にしている業者の中には、実績が伴わないゴースト業者も存在します。

技術のない業者に復旧に失敗されてしまったことで、大事なデータが永遠に戻らなくなった…となっては困りますよね。

後悔しないためにも、口コミや料金プランだけでなく、HPなどに記載してある情報や、復旧率・他社と比較した実績の情報を元に、満足のいくデータ復旧が行えるようにデータ復旧業者を選択しましょう

データ復旧の技術力が高い

データ復旧業者を選ぶ時は技術力が高い業者選ぶことが一番大切で、技術力が高い業者は、きちんと自社の復旧率や復旧件数を明示しています。

また、このような業者は復旧の様子や社内の復旧設備も公開していることが多いので、信頼がおけます。
技術力が高い業者のポイントは以下のようなものが挙げられます。

技術力が高いデータ復旧業者の特徴
  • 技術の実績(復旧率・復旧件数)を公開している
  • 他社で復旧できなかった障害の復旧実績が多い
  • 精密な作業ができる復旧設備(クラス100クリーンルームなど)を設置している
  • 技術的な面での表彰実績がある
  • 軽度~重度・最重度障害まで、対応できる障害の幅や機器の種類が豊富
  • 自社内に復旧専門エンジニアが数十名在籍している
  • 自社内でデータ復旧を行っていて、復旧ラボを見学できたり、WEB上に公開している

特に、他社で復旧に失敗したデータの復旧に成功しているデータ復旧業者は、技術力が抜きんでている証拠です。

反対に、これらの復旧率や自社の設備を非公開にする業者は、実績が乏しい可能性が高いため、依頼は避けた方が良いでしょう。

信頼できる実績やセキュリティ水準

そのデータ復旧業者が信頼できるかどうか確認するには、過去の実績やセキュリティ対策の有無を確認するとよいでしょう。

信頼性の高いデータ復旧業者の特徴
  • 相談実績・対応実績数が他の業者と比較して多い
  • 官公庁・捜査機関、大手法人からの依頼実績がある
  • 他社で復旧に失敗した機器の復旧事例がある

特に、官公庁、大手法人からの依頼を頻繁に受けているようなデータ復旧業者は、実績面でもセキュリティ対策の面でも信頼できると考えていいと思います。

また、データ復旧業者のセキュリティ対策を測る指標として以下が挙げられます。

データ復旧業者のセキュリティ水準を見極めるポイント
  • ISO27001、ISMS 認証、Pマークといった外部から認められた規格認証がある
  • セキュリティゲートを設置し、外部に情報が漏れない環境である
  • 自社で復旧を行っていることが明確である

セキュリティ対策のレベルは、ISO27001やPマークなどの規格認証を取得しているところであればまず間違いありません。

復旧自体を外部に委託している可能性があり、大切なデータを持ち出して復旧作業を行うことは情報漏洩のリスクが生まれます。

業者が実績が多いか、セキュリティ対策を行っているかはデータ復旧業者に信頼を置くための指標になるためチェックしましょう。

スピード対応が可能

24時間電話対応や復旧期間が短いなど、スピード対応を行っている業者は技術力が高い傾向にあります。

直接業者への持ち込みが可能な業者であれば、その場で診断・見積まで行えるのでスムーズに復旧作業を行うことができます。

緊急時の対応が可能であるため、今すぐ復旧したい、〇日までにデータを取り出したいといった急ぎの場合も相談しやすいメリットがあります。

サポート体制が充実している

初期診断を無料で行っていたり、部品代が無料になるサービスを行っている業者もあります。

また、年中無休で対応している業者だと、土日祝日の問合せにも対応してもらえます。

データ復旧をできるだけストレスなく、お得に依頼するためにも、サポート体制が充実しているかをHPなどで確認しましょう。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人は是非チェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ
デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と高い実績を持っています。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応しています。

官公庁・法人からの依頼実績も多数あり信頼できるだけでなく、相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

外付けHDDが認識しない場合のまとめ

今回は外付けHDDが認識しない場合の原因や対処法について紹介しました。

紹介した対処方法で復旧できるケースもありますが、知識のないまま復旧作業をしてしまったり、自力で復旧でき範囲を超えているにも関わらず作業をしてしまうと、悪化しデータを取り出せなくなる可能性も十分あります。

基本的には不安を感じたり、パソコンに慣れていない場合は何も触らずデータ復旧業者に早めに依頼することをおすすめします。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。