「ファミペイ」の使い方・使える店|独自スマホ決済はいつから導入?

  • 2019年7月22日
  • by.affiprecious

famipay1

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

キャッシュレスの決済方法として、現在最も勢いのあるスマホ決済アプリ。2019年7月には、コンビニ専用のスマホ決済アプリの提供が開始されました。

今回は、その中の1つである「ファミペイ」について徹底解説。

本アプリのメリットだけでなく、デメリットについてもしっかりと解説していきます。

トップ画像引用元:ファミペイアプリ|サービス|ファミリーマート

今なら15%還元!ファミペイの還元率

画像引用元:FamiPayチャージで最大15%還元 実施中!7月31日まで|キャンペーン|ファミリーマート

ファミペイを含む「〇〇ペイ」は、なぜ今これほど注目を集めているのでしょうか。

その最大の理由は、「ポイント還元率が良い」からです。

今回ご紹介するファミペイも、以下の期間中は還元率が15%になるキャンペーンを開催しています。

還元率15%キャンペーンの開催時期
  • 2019年7月1日~2019年7月31日まで

15%還元キャンペーンの詳細

本キャンペーンでは、ファミペイへのチャージ額に対して、還元率が最大で15%となります。

すべてのチャージが15%になるわけではありません。下の表のとおり、チャージ方法によって還元率が違うので注意してください。

項目現金でのチャージファミマTカード
でのチャージ
還元率10%15%

なお、本キャンペーンのチャージ額の上限は20,000円です。これをファミマTカードで行えば、還元額は3,000円分になります。

支払い時もポイント還元

ファミペイは残高へのチャージ時だけではなく、支払い時にもポイントが付与されます。

このときの還元率は0.5%。つまり、例えば3,000円分の買い物をすれば、以下のポイント還元が発生するということです。

ファミペイで3,000円分の買い物をしたときのポイント
  • ファミマTカードによるチャージで15% → ポイント450円分
  • ファミペイの支払いで0.5% → ポイント15円分

合計還元率は15.5%となり、465円分のポイントがもらえます。

キャンペーンが終わったら還元率はどうなる?

15%還元キャンペーンは、終了時期である2019年7月31日か、もしくは上限額である20,000円に達すれば終了となります。

キャンペーン終了後のファミペイの還元率は以下のとおりです。

ファミペイの基本還元率
  • チャージ(ファミマTカードのみ):0.5%
  • ファミペイでの支払い:0.5%

つまり、チャージにファミマTカードを使えば、合計の還元率は1.0%に。

とはいえ、先程のキャンペーンによる還元率15%は非常に大きなインパクトがありましたが、この基本還元率は一言でいうと「普通」ですよね。

令和の現代、様々なスマホ決済アプリやクレジットカードが存在しますが、これを超える基本還元率を持つものはいくらでもあります。

還元率大幅UPキャンペーンは定期的に開催される可能性大!

では、結局のところ、ファミペイは最初のキャンペーン時に買い物をしてポイントをもらい、あとは別のキャッシュレス決済を使うというのが最適解なのでしょうか。

結論から言うと、それは「No」。

なぜなら、次の3つのお得がファミペイにはあるからです。

ファミペイを継続利用した方がいい理由
  • 還元率大幅UPキャンペーンは定期的に開催される可能性が非常に高い
  • ファミマ利用で得をするクーポンや割引が多い
  • ポイントの共有化が予定されている

まずは、還元率大幅UPキャンペーンについてです。

このようなキャンペーンは、今やどのスマホ決済アプリでも開催していますよね。しかも、開催は1回だけでなく定期的。毎月開催しているアプリもあるほどです。

もちろん、ファミペイが還元率大幅UPキャンペーンを定期的に開催するという保証はどこにもありません。

しかし、ライバルアプリが定期的に開催しているのですから、ファミペイだけがあえてやらない理由もありません。

よって、今回のような還元率大幅UPキャンペーンは、ほぼ確実に開催されるでしょう。

スタンプを集めてちょっと嬉しいご褒美を!

画像引用元: ファミペイアプリ|サービス|ファミリーマート

ファミペイでは、対象商品を購入することでスタンプを貯めることができます。

スタンプの貯め方は、対象商品をファミペイで決済するだけでOK。ユーザーは何もする必要がありません。

スタンプはファミペイアプリ内で確認可能です。すべて貯まるとクーポンなどがもらえます。

最も代表的なのは、ファミマカフェのコーヒーでしょう。スタンプを5個貯めると、コーヒー1杯がタダになるクーポンをもらえます。

FamiPay回数券で日々の出費を抑える!

2019年8月には、ファミマで利用できる回数券「FamiPay回数券」が発売される予定です。

コーヒーなどの回数券を販売する予定とのことですが、詳細についてはまだ明らかになっていません。

Kaemaでの割引

画像引用元: Kaema(カエマ)とは? | ネット通販「Kaema(カエマ)」

ファミペイとほぼ同時期にオープンしたインターネットサイト「Kaema」での買い物にファミペイを利用すれば、平均で4%の割引を受けることができます。

最大半額になる商品もあるため、Kaemaのファミペイ利用は非常にお得です。

コンビニ利用で得するおすすめクレジットカード(セブン/ファミマ/ローソン)

次の章では、ファミペイを利用できるお店について解説していきます。

ファミペイを利用できるお店

画像引用元: ファミペイアプリ|サービス|ファミリーマート

ファミペイを利用できるお店は、次のとおりです。

ファミペイを利用できるお店
  • ファミリーマート
  • Kaema

2019年7月現在では、ファミペイは上記2店でしか利用できません。利用店舗の拡大も特にアナウンスされていないため、この方針は今後も続くことが予想されます。

しかし、これでは「ファミペイ=ファミマ&か月後Kaema専用アプリ」です。他のスマホ決済アプリとは、まるで真逆の戦略ですよね。

しかし、ファミペイの対応店舗の少なさは、これから説明する機能でデメリットにはならないことがわかります。

スマホ決済アプリのポイントの現状

ファミペイの新しい機能についてご紹介する前に、スマホ決済アプリの現状について少し説明します。

スマホ決済アプリで還元されるポイントは、そのアプリ専用もしくは運営している会社専用のポイントとなります。

たとえば、ドコモのスマホ決済アプリ「d払い」ではⅾポイントが、「楽天Pay」では楽天スーパーポイントがもらえますよね。

ファミペイの支払い時にもらえるポイントも、「FamiPayボーナス」というファミペイでしか使えないポイントです。

そして、これらのポイントは「変換不可」が原則となっています。
※ポイントの変換=お金でたとえると、円をドルに両替するようなもの。

つまり、楽天スーパーセールで荒稼ぎした楽天スーパーポイントを、ファミペイに変換して利用することはできない、というわけです。

ポイント変換不可は地味に面倒!

「○○Pay」は還元率の高さが魅力ですが、ポイント変換ができないというのは大きなデメリットと言えます。

理由は、そのポイントを利用できるお店が、事実上限定されてしまうからです。

ファミペイのポイント共有化

基本的には「ポイント変換不可」のスマホ決済アプリですが、実は、ファミペイでは2019年11月に以下のポイントとの相互変換機能の搭載を予定しているのです。

ファミペイで共有が予定されているポイント
  • dポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント

いずれも超がつくほどの有名なポイントですが、ファミペイではこれらのポイントとの相互変換ができるようになる予定です。

よって、たとえば楽天市場の楽天スーパーセールで荒稼ぎしたポイントをFamiPayボーナスに変換し、ファミマでの買い物に充てる、といった使い方ができるようになるのです。

ファミペイが利用できるお店は2つだけですが、ポイント変換を利用することで、ポイント還元を狙えるお店が事実上増えることになります。

上手く活用すれば、ファミペイの使い勝手が格段に向上することでしょう。

各ポイントの変換レートはまだ不明ですが、これまでのスマホ決済アプリにはない新しい試みと言えます。

ファミペイは「オープン主義」

ファミペイでは、ポイントなどの「オープン主義」を掲げています。

コンセプトは、ポイントに関することを関係会社間で囲い込むのではなく、ユーザーに自由に使ってもらうこと。

先ほど解説したポイントの相互変換は、まさにオープン主義に相応しいと言えますね。

現在、普及しているスマホ決済アプリは、そのほとんどがポイントの囲い込みを行っており、特定のクレジットカードと連携させなければ使いにくいものが大半です。

現状では、ファミペイもファミマTカードと連携させなければ、オートチャージなどを利用できないため、残念ながら囲い込み状態と言えるでしょう。

しかし、わざわざこのようなコンセプトを公開しているのですから、ファミペイはこれから徐々に改善されていくことが予想されます。

ファミペイの使い方

最後にファミペイの使い方を説明します。

まずは、ファミペイを使える状態にするまでの手順を見ていきましょう。

1ファミペイアプリをダウンロード

アップルストア グーグルプレイ

2ファミペイを起動し、会員登録をする

なお、会員登録の際はSMSで認証コードを受け取り、画面に入力するという「2段階認証」を行う必要があります。

2019年7月に「7Pay」がこの2段階認証を実施しない脆弱性を突かれ、大規模な不正利用事件が発生しましたが、ファミペイでは2段階認証をしっかりと実施しています。

この部分についてはご安心ください。

2段階認証終了後、パスワードなどの必要事項を入力すれば、会員登録は完了です。

ファミペイのチャージ方法

画像引用元: ファミペイアプリ|サービス|ファミリーマート

会員登録が終わったら、次は残高のチャージを行いましょう。

ファミペイのチャージ方法は以下2種類です。

ファミペイのチャージ方法
  • ファミマ店頭での現金チャージ
  • アプリ内でのファミマTカードによるチャージ

現金チャージの方法は、レジの店員さんにチャージする旨を伝えるだけです。

また、ファミマTカードでのチャージは、アプリ内の残高の隣に表示されている「チャージ」から簡単に行うことができます。

ファミマTカードによるチャージは0.5%のポイント還元が付くほか、オートチャージにも対応しているので、かなり便利ですよ。

ファミペイの支払い方法

残高のチャージが終われば、決済できる状態となります。

決済はとても簡単です。ユーザーが用意するのは、ファミペイを起動した画面に表示されているバーコードのみ。

あとは、店員さんに「支払いはファミペイで」と伝え、バーコードを読み取ってもらうだけで、決済完了となります。

決済時に財布を出す必要がなく、コンビニの小額決済でありがちな、大量の小銭を抱える必要もありません。スマートに決済を終えることができますよ。

ファミマでお得なファミペイ!今後の展開にも期待したい

今回は、2019年7月1日に開始された「ファミペイ」について解説しました。

ファミペイのまとめ
  • 2019年7月31日までは最大還元率15.5%!
  • スタンプや回数券など、ポイント還元以外にも嬉しい特典がいっぱい!
  • ファミペイを利用できるのは、ファミマとKaemaのみ
  • 2019年11月にはⅾポイントと楽天ポイント、Tポイントとの相互変換機能を搭載予定!

ファミペイは、ファミマを多く利用する方にとって非常にお得なスマホ決済アプリです。

また、2019年11月には3つのポイントとの相互変換ができるようになるため、使い勝手が格段に向上します。

ポイント相互変換以外にも、新しい機能がどんどん増えていく予定ですから、気になった方はぜひ試してみてくださいね。

スマホ決済の種類とポイント還元が充実しているコンビニ3社を比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ