FeliCa搭載のおサイフケータイが使えるSIMフリースマホおすすめ8選

  • 2021年2月18日
  • by.u-yu

Felica搭載のおすすめスマホ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホを使ったキャッシュレス生活を始めようと、「おサイフケータイ」が使えるスマホを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

おサイフケータイを使うには「Felica」という機能を搭載している必要があるのですが、そもそもFelicaについてご存知ない方も多いはずです。

そこで今回はおサイフケータイの利用に必須なFelicaについての解説を行い、Felica搭載のおサイフケータイが使えるSIMフリースマホについて紹介します。

Felica搭載おサイフケータイが使えるSIMフリースマホのポイント
  • Felicaはソニーが開発した非接触ICカードの技術方式でNFCの一種
  • Felica搭載スマホはおサイフケータイが利用でき、スマホをかざすだけで支払いが可能
  • NFC対応と書かれていてもFelica非対応でおサイフケータイが使えないケースもある
  • Felica搭載を確認するには「スペック表」「スマホ背面のマーク」を見る

Felicaとは

おサイフケータイ

画像引用元:FeliCa Networks

おサイフケータイについて調べていると、セットで「Felica」という言葉を見かけます。

スマホを使ったキャッシュレス決済に不可欠な機能なのですが、そもそもどういったものかご存知でしょうか。

Felicaとは
  • 電子マネーなどに使われる非接触型ICカードの技術方式
  • NFC規格の一種
  • Felicaチップ搭載のスマホはおサイフケータイが使用可能
  • 他の規格と比較して処理速度が速く、セキュリティーに優れる

「Felica」とは、ソニーが開発した「非接触型ICカード」の技術方式を指す言葉です。

「非接触型」とは、触れることなく通信が行える技術のことで、これらの技術が使われている電子マネーやICカードには「Felicaチップ」が搭載されています。

代表的なのは、交通系ICカードでも知られる「Suica」です。

SuicaのICカードにはFelicaチップを搭載されており、カードを改札にかざすだけで電車に乗ることができます。

さらにこのFelicaチップは、スマホにも搭載されています。

Felicaの非接触による通信技術を使うことで、スマホをかざすだけでお買い物ができる「おサイフケータイ」が誕生しました。

おサイフケータイとは

おサイフケータイは、携帯電話やスマホに埋め込まれたFelicaチップを用いた、非接触型の決済サービスのことです。

NTTドコモがシステム開発を行っており、2004年からサービスの提供が開始されました。

日本におけるモバイル決済システムの先駆け的な存在でもあります。

国内で流通しているスマホの多くにもFelica機能が搭載され、おサイフケータイにも利用されています。

1つのアプリで複数の電子マネーやポイントカードを管理・利用することができ、支払いに関してもスマホをかざすだけで、起動やロック解除は必要ありません。

おサイフケータイでは以下の電子マネーに対応しています。

おサイフケータイ対応の電子マネー
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • モバイルPASMO
  • WAON
  • nanaco
  • iD
  • QUICPay

QR/バーコード決済に比べて、支払いまでの手間の少なさやスマートさに優れています

NFCとFelicaの違い

スマホのスペックを見ていると、「Felica」と並んで「NFC」という言葉もよく見かけます。

どちらもスマホを使った決済サービスに関わる言葉ではあるのですが、両者の違いを明確に説明できる人は少ないでしょう。

「NFC」は「Near field communication」の略で、訳すと「近距離無線通信」という意味の言葉です。

具体的には、「NFCを搭載した端末同士を”近づけるだけ”で通信ができる技術」のことで、Felicaの「非接触による通信技術」と同じような意味合いになっています。

「NFC」と「Felica」の関係についてですが、一言で表すと「FelicaはNFC技術の規格の一種」と説明できます。

つまり、近距離無線通信技術である「NFC」の規格を元にソニーが独自に開発したものが「Felica」ということです。

また、NFC規格のものにはFelica以外にも「TypeA」「TypeB」といった種類があり、海外ではTypeA、TypeBによるサービスが主流です。

Felicaはその他のNFC規格と比較して「処理速度の速さ」や「セキュリティー面」に優れており、日本の電子マネーサービスの多くがFelicaを採用しています。

おサイフケータイを使うならFelicaは必須

Sony Japan | FeliCaウェブサイト

画像引用元:FeliCaウェブサイト

おサイフケータイは、スマホにFelicaチップを搭載することで利用できる決済サービスです。

そのため、おサイフケータイを使うためにはFelica対応スマホである必要があります

最近では少なくなりましたが、特に海外メーカーのSIMフリースマホの場合、Felicaを搭載していない可能性があります。

Felicaはソニーが開発したサービスで、日本以外ではマイナーなものでもあるため、海外メーカーが対応しないケースもありました。

おサイフケータイによるキャッシュレス決済をスタートさせたいのであれば、スマホを選ぶ際にFelicaに対応しているかどうかをチェックしてみてください。

NFC対応でもおサイフケータイ非対応のスマホがある

先程の解説にもありましたが、NFCとFelicaは仲間ではあるものの、それぞれ別のサービスです。

スマホの中には「NFC対応」と書かれているものがあります。

しかし、それがFelicaにも対応していることを表しているわけではありません。

NFCにもFelica以外に「TypeA」「TypeB」といった規格があります。

海外メーカーのスマホだと「NFC対応/Felica未対応」で、おサイフケータイが使えない可能性もあります。

スマホのスペックを見る際に「NFCに対応しているからキャッシュレスは大丈夫」と勘違いしてしまうかもしれません。

しかし、おサイフケータイを使いたいなら「Felica対応かどうか」をチェックしてください。

Felica対応かどうかのチェック方法は、次の章で解説します。

おサイフケータイを使いたいならスマホのスペックを要チェック!

楽天Edy

画像引用元:電子マネー「楽天Edy(エディ)」

おサイフケータイに対応したスマホを選ぶためには、購入前にスマホのスペック表を確認する必要があります。

SIMフリースマホであれば、メーカーの公式サイトを確認して、購入予定の機種のスペックまたは仕様をチェックしてください。

メーカーによってスペック表の記載方法は異なりますが「Felica」もしくは「おサイフケータイ」の項目に「搭載・◯・✔︎」などの表記があれば対応していることが把握できます。

Felica/おサイフケータイのスペック表

※au Xperia 5 Ⅱ SOGO2の場合

海外メーカーのスマホだと「NFC」のみに対応しているケースもあるため、必ず確認しておきましょう。

Felica搭載のスマホは背面にマークが記載されている

購入予定のスマホがFelica搭載かどうか、実機を見て判断することもできます。

Felica搭載スマホの背面を見てみると、以下のようなマークがあります。

おサイフケータイのマーク

このマークが「Felicaに対応している」ことを表しています。

実機を見る機会がある人はチェックしてみてください。

Felica搭載でおサイフケータイが使えるSIMフリースマホおすすめ8選

楽天Edyをスマホで使う

画像引用元:電子マネー 楽天Edy

ここからはFelica搭載でおサイフケータイが使えるSIMフリースマホ8選をご紹介していきます。

最近では、SIMフリーでもFelicaを搭載し、おサイフケータイに対応するモデルが増えてきています。

価格帯や各種スペックによっても幅広い選択肢がラインナップされているので、自分に合うスマホが選べます。

今回ご紹介するFelica搭載でおサイフケータイが使えるSIMフリースマホは以下の8モデルです。

Felica搭載でおサイフケータイが使えるSIMフリースマホ
  • Google Pixel 5
  • Xperia 10 II
  • AQUOS sense4 plus
  • OPPO Reno3 A
  • Galaxy S10
  • AQUOS sense4
  • Galaxy A20
  • Xperia Ace

それでは、それぞれのスマホの特徴を紹介していきます。

Google Pixel 5

Pixel 5

画像引用元:au公式サイト

「Google Pixel 5」は、Googleからラインナップされている最新の5G対応モデルです。

シリーズの中でも最高のスペックを誇り、美しい撮影を可能とするカメラ機能や大容量バッテリー、セキュリティー面などで高い性能を持っています。

Pixel 5
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:144.7 mm
幅:70.4 mm
厚さ:8.0 mm
重さ151 g
アウトカメラ広角:1,220万画素
超広角:1,600万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,000 mAh(最小)
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 765G
OSAndroid 11
認証指紋
カラージャストブラック・ソータセージ

5Gらしい優れた高速通信も体験できる上に、おサイフケータイや防水といった基本性能もしっかりと装備しています。

価格もお手頃でコスパに優れています。

Xperia 10 II

Xperia 10 II

画像引用元:Xperia 10 II SO-41A

「Xperia 10 Ⅱ」は、2020年夏にリリースされたXperiaシリーズのリーズナブルモデルです。

縦長の有機ELディスプレイが特徴的で、臨場感あふれる映画が楽しめます。

Xperia 10 ll
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:157mm
幅:69mm
厚さ:8.2mm
重さ151g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm Snapdragon 665
OSAndroid 10
バッテリー3,600mAh
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・ミント・
ブルー(ドコモ限定)

トリプルカメラを搭載など、上位モデルにも負けないスペックの高さを持っており、多彩な撮影モードで思い通りの写真や動画が撮影できます。

リーズナブルでも性能に妥協しない、SIMフリースマホをお求めの方におすすめです。

AQUOS sense4 plus

AQUOS sense4 plus

画像引用元:AQUOS sense4 plusのデザイン・色|AQUOS:シャープ

「AQUOS sense4 plus」は、AQUOS史上最大となる6.7インチディスプレイを搭載し、シャープ独自のIGZOによって美しい映像を表現できます。

メモリ8GB・リフレッシュレート90Hzという高い処理性能によって、ゲームプレイもサクサクと快適に行えます。

AQUOS sense 4 Plus
画面サイズ約6.7インチ
本体サイズ高さ:166mm
幅:78mm
厚さ:8.8mm
重さ約198g
アウトカメラ標準:約4,800万画素
広角:約500万画素
マクロ:約190万画素
深度: 約190万画素
インカメラ標準:約800万画素
深度: 約190万画素
バッテリー4,120mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーパープル・ホワイト・
ブラック
詳細楽天モバイル公式サイトへ

4つのレンズを搭載したカメラは最大4,800万画素という美しさを実現し、あらゆるシーンに対応した撮影が可能。

これだけのスペックを持ちながらAQUOS senseシリーズらしい低価格を実現しています。

OPPO Reno3 A

Oppo Reno 3 A

画像引用元:Reno3 A | OPPO 日本

「OPPO Reno3 A」は、リーズナブルな価格ながらも際立ったスペックで高いコスパが魅力のモデルです。

最大4,800万画素という高精細カメラに加えて、合計4つのレンズを搭載し、手ぶれ補正機能もあるので、写真も動画も美しく撮影できます。

インカメラも1,600万画素なので、自撮りも美しくクッキリと仕上げられます。

OPPO Reno3 A
ディスプレイ6.44インチ
本体サイズ高さ:160.9 mm
幅:74.1 mm
厚さ:8.2 mm
重さ175 g
アウトカメラ広角レンズ:4,800万画素
超広角レンズ:800万画素
モノクロレンズ:200万画素
ポートレートレンズ:200万画素
インカメラ1,600万画素
バッテリー4,025mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 665
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーブラック・ホワイト
価格39,800円
詳細OPPO Reno3 A実機レビュー

またメモリ6GB、ストレージ128GBと抜群のコスパを示す性能の高さがあります。

おサイフケータイや防水といった日常生活に必須な機能も標準装備されています。

Galaxy S10

楽天モバイルのGalaxy S10

画像引用元:Galaxy S10 | スマートフォン | 楽天モバイル

「Galaxy S10」は、Galaxyシリーズのスタンダードモデルとしてラインナップされているスマホです。

スマホ全面をディスプレイにするという特徴的なデザインを採用しており、没入感を高めています。

Galaxy S10
ディスプレイサイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:約150mm
幅:70mm
厚さ:7.8mm
重さ約158g
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,600万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー容量3,300mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 9
認証指紋・顔
カラープリズム ホワイト・プリズム ブラック・プリズム ブルー

3つのメインカメラを搭載し、自動的にシーンを識別することで最適な写真の撮影が可能です。

同機種同士で電池をシェアするといった便利な機能など、多彩な機能が魅力となっています。

AQUOS sense4

AQUOS sense4

画像引用元:AQUOS sense4 SH-41A

「AQUOS sense4」は、リーズナブルな価格と整ったスペックが魅力の人気機種です。

カメラや処理性能など突出したスペックはありませんが、全体的にバランスが取れているスマホといえます。

AQUOS sense4
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ176g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ700万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G
OSAndroid 10
認証顔・指紋
防水IPX5/IPX8
カラーライトカッパー・ブラック・
シルバー・レッド・ブルー・イエロー
詳細AQUOS sense4の評価レビュー

スペック表を見てもわかるように、4,570mAhの大容量バッテリーや防水・防塵性能などのタフさが光ります。

「スマホにそこまでのスペックは求めていない方」や「より安いスマホを探している方」におすすめです。

Galaxy A20

ドコモ Galaxy A20

画像引用元:Galaxy A20 SC-02M

「Galaxy A20」は、1万円台という驚異的な低価格でラインナップされているモデルです。

リーズナブルな価格ながらも、5.8インチの見やすいディスプレイに、持ちやすいコンパクトな形状、整った機能性が魅力です。

Galaxy A20
ディスプレイ5.8インチ
本体サイズ高さ:150 mm
幅:71 mm
厚さ:8.1 mm
重さ151g
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー3,000mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSamsung Exynos 7884B(オクタコア)
OSAndroid 9
認識顔認証
カラーレッド・ブラック・ホワイト
詳細Galaxy A20の評価レビュー

初めてスマホを持つ方でも操作が分かりやすいよう簡単に使えるモードを搭載するなど、スマホデビューを考えている方にもおすすめです。

その上、防水や防塵、おサイフケータイなど必要な性能はもれなく揃っています。

カメラやゲームなどにこだわりのない方で、とりあえずスマホを持っておきたい場合には、これほどお得な選択肢はないでしょう。

Xperia Ace

エクスペリアエース

画像引用元:Xperia Ace SO-02L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

「Xperia Ace」は、手のひらサイズで持てるリーズナブルモデルとしてリリースされたスマホです。

約3万円というリーズナブルな価格ではあるものの、5.0インチのフルHDディスプレイによる高精細な映像が楽しめます。

ソニーのハイレゾにも対応しているので、高音質の音楽体験も可能です。

Xperia Ace
ディスプレイサイズ5インチ
本体サイズ高さ:140mm
幅:67mm
厚さ:9.3mm
重さ154g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
インカメラ超広角:約800万画素
バッテリー2,700 mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon630
OSAndroid 9
認証指紋
カラーパープル・ホワイト・ブラック
詳細Xperia Ace 実機レビュー

カメラには光学式・電子式のハイブリッド手ぶれ補正を搭載し、高性能センサーも加えた優れた撮影機能が備わっています。

カメラ、ディスプレイ、サウンドなど、しっかりとした性能を持ちながらも、価格を抑えたコスパの高さが魅力です。

キャッシュレス決済始めるならFelica搭載のスマホを選ぼう!

PASMO

画像引用元:Apple PayのPASMOを使う|Apple PayのPASMO

以上、Felicaを搭載しておりおサイフケータイが使えるスマホをご紹介しました。

改めてポイントをまとめてみましょう。

Felica搭載スマホのポイント
  • おサイフケータイを使うなら「Felica」搭載は必須
  • スマホのスペック表から「おサイフケータイ」「Felica」への対応をチェック
  • 海外メーカーのSIMフリースマホでもおサイフケータイが使えるものが多い
  • Felica搭載のSIMフリースマホの選択肢は幅広い

キャッシュレス決済をおサイフケータイで始めようと思っている方は、スマホ選びで「Felica搭載かどうか」をチェックしてみてください。

最近では、海外メーカーのスマホでもFelicaを標準装備しているモデルが多く流通しています。

選択肢の幅も広いですし、価格やスペックなど自分に合わせたチョイスが可能です。

スマホを選ぶ際に「Felica対応」「おサイフケータイ対応」などのスペックを確認して、新しいスマホでキャッシュレス決済を始めてみてください!

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2021年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
u-yu
u-yu
埼玉出身。常にMacと共にあった大学生活を無事に終え、22歳で就職。3歳の頃からインターネットでゲームをやり始め、今現在までネットに浸った人生を送る。趣味はiPhone 8でゲーム実況を見ること。