【Fire TV/Apple TV/Chromecast】比較!種類や価格、サービスの違い

【Fire TV/Apple TV/Chromecast】比較!種類や価格、サービスの違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホやタブレットで観ることが多いNetflix、U-NEXTなどの動画(VOD)を自宅のテレビでも観ることができるようになるということはご存知でしょうか

最近ではスマートフォンと同じようにアプリが使えるスマートテレビと呼ばれるテレビも普及してきました。

また、スマートテレビではないこれまでの普通のテレビでも、ある機械を使えばそれが可能になるのです。

その機械というのは、STB(セットトップボックス)というもので、以前まではケーブルテレビのチューナーなどがそう呼ばれてきました。

今回は、自宅のテレビをスマートテレビにすることができる3種類のSTBについて解説をします。

トップ画像引用元:Apple TV(第4世代)32GB│Apple(日本)

いろいろ比較してみました

STBの代表的なものに、

  • Fire TV Stick (Amazon)
  • Apple TV (Apple)
  • Chromecast (Google)

があります。今回はこの3つのSTBを徹底的に比較します。まずは簡単に比較表で確認してみます。

項目Fire TV StickApple TVChromecast
価格4,980円15,800円4,980円
RAM1GB2GB512MB
ROM8GB32GB不明
ビデオ出力FHDFHDFHD
ミラーリング機能×
リモコンの有無×
おすすめの人コスパ重視の人クオリティ重視の人ミラーリングメインにしたい人

それでは、詳しく説明していきます。

1 STB(セットトップボックス)の機種によっての違いはあるのか

STBはセットトップボックス(Set Top Box)の頭文字を取った名称であり、本来はケーブルテレビのチューナーなどの呼称でした。

このチューナーをテレビの上に置くことから、セットトップボックスと呼ばれていました。

しかし、今回紹介するSTBはインターネット回線を通じてテレビでNetflixなどの動画アプリ(VOD)を楽しめるようなるSTBです。

これらは、

  • 無線or有線LANでインターネットに接続
  • STB本体とテレビはHDMIで接続

する方法で、STBの機器自体もとても小さいものになっています。

家のテレビをスマートテレビにできます

スマホで使うようなアプリが使えるスマートテレビも随分と普及してきましたが、まだ自宅のテレビがスマートテレビではない人も多いと思います。

テレビをそんなに頻繁に買い換える人は少ないでしょうし、「アプリが使えるテレビは確かに便利だけど新しく買い替えてまでは…」と考える人が大半です。

STBは、そんな自宅のテレビをスマートテレビを購入する必要なく、スマートテレビと同じ機能が使えるようにすることができる機械です。

そのため、スマートテレビでなくても、スマホで視聴していた動画アプリの映画やドラマ、アニメなどを楽しめるようになります。

だからこそ、STBを購入する人、検討している人が増えてきているのです。

ちなみに筆者はApple TVを使っていますが、契約しているAmazonプライム・ビデオで映画やドラマをテレビで観ています。

『Amazonプライム・ビデオ』完全版|会費や作品ラインナップまとめ

映画が好きで頻繁に観ているので大変重宝していますよ。

STB(セットトップボックス)のポイント

  • 従来のテレビをスマートテレビにすることができる機械
  • スマホやPCの画面をテレビに映すミラーリング機能などもある
  • ネット経由でNetflixなどの動画アプリの視聴もできる
  • ゲームや音楽もテレビで楽しむことができる

次のページでは、Fire TV Stick/Apple TV/Chromecastを詳しく比較してみます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ