初めて持った携帯の機種は何だった?当時の携帯とこれからのスマホ

  • 2018年12月29日
  • by 
初めて持った携帯の機種は何だった?当時の携帯とこれからのスマホ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

画像引用元:auケータイ図鑑|おもいでタイムライン

最初は敬遠していたが、持った途端にハマってしまった

画像引用元:auケータイ図鑑|おもいでタイムライン

  • 男性
  • 33歳・会社員
  • 利用しているキャリア:au
  • 初めて携帯を持った年月:2003年23歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:友人・知人含めて周囲の同調圧力に屈しました
  • 初めてのキャリア:au
  • 初めての機種:W11K
  • よく使った機能:メール、着メロ、ゲーム
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:3年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:7000円くらい
  • メル友の人数:10人程
  • どこで買ったか:ケータイショップ

もともと電話が好きではなく、携帯を持ち始めた友人・知人を冷ややかな目で眺めていました。

家には固定電話があり、外を歩けば公衆電話もある状況で、わざわざ電話を持ち歩く意味が理解できなかったのです。

当時はこんなサービスにお金を出すなんて馬鹿なの?と気取っていましたが、今考えると愚か者すぎました。

いまの若い人には分からないかもしれませんが、携帯の前にはポケベル・PHSというサービスがありました

仕事用としてだけではなく、流行に敏感な若者がコミュニケーションの手段として飛びつき、瞬く間に大流行に。

その流れは留まることなく進んでいき、個人が通信手段を携帯できる時代となっていったのです。

はっきり言って、そういった時代の流れに逆らっても無駄でしかありません。

利便性が高いものはどうあっても普及してくので、むしろ積極的に取り入れていくべきことをおすすめします

どんなに気取って取り繕ったところで、傍から見れば単なる時代遅れの頑固者でしかないのです。

私がはじめて携帯を手に入れたのは、すっかり普及しきった2003年の頃でした。

友人・知人からは変わりものと馬鹿にされ、時代遅れ過ぎるよと大いに笑われたのを今でも覚えています。

さて、はじめて手に入れた携帯ですが、それはもう便利で楽しく、今までは何だったのかというくらいハマりました。

使用していたのはW11Kという機種は当時の最先端のサービスが体験できるガラケーの1つ。

ネット接続の定額サービスがあり、EZチャンネルという動画配信的な先進的コンテンツなどを楽しめたのです。

やはり新しいサービスは楽しいもので、とにかく常時携帯をチェックするようになりました。

それに合わせて着メロやゲームも楽しむ様になり、手放せないツールとなっていったのです。

もちろん、メールや電話といった基本的な機能もフル活用。それまでと180度変わった対応に、変わりすぎて怖いよと言われていたくらいでした。

そんな携帯も今ではすっかりスマホが主流となり、ガラケーは絶滅寸前のすっかり珍しい存在に。

サービス内容はあの頃の延長線上にあるものなので、当時のことを思い出すとなんだか不思議な気持ちになります。

いまあるサービスが、これから先の未来にどう繋がっていくのか、とても楽しみです。

最早電話やメールという連絡手段どころか、生活に欠かせないツールとなっているスマホ。

これから先、ますます増していくであろう利便性と先進的な機能の進化から目が離せません。

ガラケーからスマホに乗り換える時のお得なキャンペーンと手続き方法

携帯が進化するに連れて、人間関係も変わっていった

画像引用元:auケータイ図鑑|おもいでタイムライン

  • 女性
  • 31歳・パート
  • 利用しているキャリア:ドコモ
  • 初めて携帯を持った年月:1999年13歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:親が私を心配して持たせのがきっかけ
  • 初めてのキャリア:au
  • 初めての機種:531G
  • よく使った機能:電話
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:1年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:3000円くらい
  • メル友の人数:いなかった
  • どこで買ったか:親や家族から貰った

初めて携帯を持った時は、すごいものをもってしまったと感動しました

ガラケーのアンテナがついているタイプの携帯です。

学校のクラスでも持ってる人がほとんどいなかったので、携帯は親との連絡手段だけの存在でしたが、私の中でとても自慢の携帯でした。

機能は電話のみですがとても便利でした。最初にキャリアを決めた理由は親と同じ携帯のキャリアだったので、家族割りなどの割引があったからだと思います。

親から影響を受けてキャリアを決める人はとても多いと思います。

あれから何十年もたちますが、今では電話だけの機能にとどまらず、メールや写真、インターネットの接続などさまざまな場面で手放せない存在となりました

私が初めて持ったときは電話で誰かとつながるだけでしたが今ではいろんな意味で使い方が複雑になっていると思います。

また、通話料も今と比べるととても安くなり、もしくは無料になったのはとても便利だと思います

しかし、いろんな機能がありすぎて使いこなせていない自分がいます。

だからといって昔の携帯に戻ろうとは全く思いませんが、あの頃は携帯がとっても特別な存在で、家族や友人の電話番号を持ち歩いているだけで、一緒にいるような安心感がありました。

しかし、今では携帯の存在感がとても薄れ、特別感がなくなってしまいました。

それは、もう、小学生の子供も持っているぐらい携帯がとても珍しいものではなくなったからだと思います。

なので、昔よりも新しい形態に変えた時の感動や、喜びはありません。あまり大切に使うこともなくなりました。

そして、年をとるごとに人間関係も複雑になり、携帯の中の連絡先も複雑になりました。

そのため、あのころの「友人にいつでも連絡できる喜び」は薄れ、消したい、見たくない電話番号やアドレスが多くなりました。

携帯の変化とともに、連絡先は増えて新しい交流の場も増えましたが、大切にしたい人間関係の数はあの頃と全く変わりません。

携帯をもったことで、人間関係は広く浅くなったように感じました。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

ガラケーからスマホへ写真や画像データ移行の方法【iPhone/Android】

編集部まとめ

今回は初めて携帯を持った時のエピソードとこれからのスマホについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

これからのスマホの進化を楽しみにする声もありますが、反対に常に友人や知人と繋がっている状態に不満を感じる声もありましたね。

今や生活に欠かせないアイテムであることは間違いないですが、SNS等に過剰な利用には注意したいです。

音声通話・ガラケーにこだわる人の携帯の乗り換えトップ3

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

主婦女性に聞いた!初めて携帯を持ったときの印象と当時の流行り... 電池パックのふたの裏にプリクラを貼るのが流行った 画像引用元:携帯電話の歩み/mova SH251i HYPER 女性 主婦 利用しているキャリア:UQモバイル 初めて携帯を持った年月:小学校6年生の時...
変わりゆくスマホの料金事情。本体価格やパケット代の劇的な変化とは... パケット定額制が登場し、ネットを利用しやすくなった 画像引用元:auケータイ図鑑|おもいでタイムライン 男性 29歳・会社員 利用しているキャリア:au 初めて携帯を持った年月:2003年16歳の時 ...
50代女性に聞いた!携帯電話が登場した時の印象と使ってみた感想... 今では当たり前のメールや電話機能の便利さに感動した 画像引用元:携帯電話の歩み/デジタル・mova D502i HYPER 女性 52歳・パート 利用しているキャリア:au 初めて携帯を持った年月:19...
アンテナは手動で伸ばす!?初めて持った携帯のスペックと思い出... 手動で伸ばすアンテナで電波を確保していた 画像引用元:携帯電話の歩み 男性 32歳・デザイナー 利用しているキャリア:ドコモ 初めて携帯を持った年月:2002年15歳の時 携帯を持ったきっかけ:高校...