Fon光の評判・口コミ|料金やキャンペーン、メリット・デメリット

Fon光は料金が安く、回線速度が速いと注目を浴びている光回線サービスです。回線はNUROを使っているため通信速度は最大2Gbpsという超高速回線。しかし月額料金は約4,300円という安さで注目を浴びる理由です。光回線の契約を考えている方はぜひ記事をお読みください。
  • 2021年8月2日
  • by.affiprecious

Fon光

本記事では、2020年9月に始まったばかりの新しい光回線サービス「Fon光」についてご紹介します。

通信速度の速さで名高い「NURO光」の回線を使用しているFon光。しかも、月額料金はNURO光よりも1,000円ほど安く設定されています。

そんなお得なFon光ですが、もちろんデメリットがないわけではありません。

Fon光のサービス内容やメリット・デメリットについて知り、サービスを賢く利用しましょう。

関連記事

固定回線の種類はとても多いですが、速度と価格、安定性のバランスを考えると「光回線」がおすすめです。 ただ光回線はたくさんの会社が提供しており、どの会社を選ぶべきなのか悩んでいる方は多いと思います。 そこで本記事では、光回線の選び[…]

固定回線 おすすめ
Fon光の内容と評判
  • NURO光回線を利用。通信速度は最大2Gbpsと超高速
  • 月額料金は4,378円と非常に安く、本家のNURO光よりも約1,000円安い
  • 契約解除料は21,780円と少々高め
  • キャッシュバックはないが、月額料金は他社より1,000円ほど安い
\ 下り最大2Gbpsの高速光回線 /

トップ画像引用元:Fon光 高速光回線インターネット

20年9月スタートの新しい光回線 Fon光とは

Fon光

画像引用元:Fon光 高速光回線インターネット

Fon光は最大2Gbpsの通信速度を提供する光回線サービスです。

通常、光回線サービスの通信速度は最大1Gbpsですから、速度においては非常に優秀なサービスと言えます。

Fon光が利用している回線は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供しているNURO光回線です。この光回線は通信速度に定評があり、口コミサイトなどでも絶賛されています。

そんなNURO光回線を使っているFon光の通信速度は、業界内で指折りの実力と言っても良いでしょう。

Fon光の料金プラン

まずは、Fon光の料金プランを見ていきましょう。

項目料金
月額料金4,378円
工事費44,000円
(割引で実質無料)
契約期間2年間
契約解除料21,780円

Fon光はNURO光回線を使っているため、NURO光に比べてどれだけお得に利用できるのかが重要なポイントですよね。

Fon光の料金プランは1種類のみです。

月額料金は4,378円。NURO光の月額料金5,200円より遥かに安いです。

工事費は実質無料

工事費は44,000円と非常に高く、月額1,466円の支払いが30ヶ月も続きます。

しかし、工事費割引として、工事費の分割支払金と同額の割引も30ヶ月続くため、Fon光を30ヶ月契約し続ければ、工事費は実質無料です。

契約解除料は高め

Fon光の契約期間は2年間で、契約解除料は21,780円と高めです。

NURO光の契約解除料は10,450円ですから、この点はNURO光に軍配があがりますね。

とはいえ、月額料金はFon光の方が遥かに安いので、どの費用を重視するかによって評価が分かれるところです。

Fon光の通信速度

NURO光

画像引用元:NURO 光 世界最速 光回線インターネット

冒頭でも述べましたが、Fon光の回線はNURO光回線です。

つまり、NURO光とFon光の通信速度は同じと言えます。

Webサイト「みんなのネット回線速度」に記載されている通信速度レポートは以下のとおりでした。

レポートは、直近3ヶ月間に計測されたNURO光の通信速度の平均値を計算したものです。

NURO光回線の通信速度
  • 平均ダウンロード速度:478.6Mbps
  • 平均アップロード速度:413.61Mbps

この平均通信速度は同サイトランキングで堂々の1位!

NURO光回線の通信速度は、非常に高い実力を持っているということですね。

そしてもちろん、Fon光も同等の実力を持っていると言えます。動画視聴などで快適にネットを利用したい方には非常におすすめです。

Fon光の利用可能エリア

スマホの通信回線速度

Fon光の利用可能エリアもまた、NURO光と同じになります。

NURO光の利用可能エリアは以下のとおりです。

NURO光利用可能エリア
  • 北海道
  • 関東地方:東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城
  • 中部地方:愛知・静岡・岐阜・三重
  • 近畿地方:大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良
  • 中国地方:広島・岡山
  • 九州地方:福岡・佐賀

NURO光は日本全国どこでも使えるわけではありません。

しかし、2021年8月現在でも利用可能エリアは拡大し続けています。中国地方は2021年6月に使えるようになったばかりです。

今後のエリア拡大に期待したいですね。

Fon光の評判

Fon光を実際に利用しているユーザーは、サービス内容についてどう思っているのでしょうか。

そこで、Fon光に関するツイートを調べてみました。

Fon光って新しいサービスだなと思って調べたら、NURO光だった!

Fon光はの中身はNURO光なのに4,378円は安い……。

残念ながら、新しいサービスということもあり、具体的な評判や口コミはまだ少ないです。

しかし、月額料金の安さとNURO光回線の通信速度の速さについて言及しているものがいくつか見られました。

Fon光のメリット・デメリット

スマホとWi-Fi

NURO光と同じ回線を持ちながら、月額料金が安いFon光。

一見メリットしかないように見えますが、デメリットがないサービスなどこの世にはありません。

そこで、Fon光のメリットとデメリットをまとめました。

まずはメリットから見ていきましょう。

月額料金が安い

Fon光の月額料金4,378円は、本家のNURO光の5,200円にくらべて1,000円近く安くなっています。

回線品質は同じであるため、Fon光の月額料金の安さは大きなメリットの1つとなるでしょう。

通信速度に優れた光回線をお探しの方には、Fon光は非常におすすめできる選択肢です。

通信速度が速い

Fon光のもう1つの大きなメリットは、やはり最大2Gbpsの通信速度です。

また、Fon光が提供しているNURO光回線は、平均通信速度も優秀なことで知られています。

通常、光回線は100Mbps出ていればいいと言われていますが、NURO光回線は平均数百Mbpsが当たり前です。

「みんなのネット回線速度」の平均通信速度も478.6Mbpsでした。

動画コンテンツがあふれている現代は、ネット全体の通信量が非常に多くなっています。そのため、光回線でも満足な速度が出ないことも……。

そんななか、平均数百Mbpsの通信速度を提供できるのは、Fon光の大きな強みと言えます。

契約解除料が高い

ここからはFon光のデメリットをご紹介します。

最も大きなデメリットは契約解除料です。

21,780円という金額は、業界平均にこそ及ばないものの、気軽に払える額ではありませんよね。

ちなみに、本家のNURO光の契約解除料は10,450円です。Fon光に比べて1万円ほど安くなっています。

更新月に解約すれば支払う必要はありませんが、勤務先の急な異動などで解約を余儀なくされることもあるでしょう。そのようなときに、この契約解除料の高さはデメリットになり得ます。

日本全国で使えるわけではない

東北地方や四国地方はFon光のサービス提供エリア外です。また、中国地方や九州地方も、利用できる県が限られています。

エリア外に住んでいる方は、どうやってもFon光を利用することはできません。そのため、Fon光はある程度人を選ぶサービスと言えるでしょう。

キャッシュバックがない

光回線といえばキャッシュバックキャンペーンです。しかし、Fon光にはキャッシュバックがありません。

とはいえ、これはメリットと捉えることも可能です。

そもそも、光回線のキャッシュバックは簡単には受け取れない仕組みになっています。

契約の数ヶ月後に届くメールから受け取り手続きを行う必要があったり、受け取り期間が1ヶ月だけだったり。メールをうっかり見落としてしまうと、キャッシュバックを受け取ることはできなくなります。

このように、キャッシュバックキャンペーンはハードルが非常に高く設定されているのです。実際に受け取れなかったという方もたくさんいます。

それなら最初から月額料金が安いFon光を選択した方が確実です。

業界最高峰の回線品質を安く利用できるFon光

本記事では、Fon光の料金プランや速度、評判などを解説しました。

Fon光の内容と評判
  • NURO光回線を利用。通信速度は最大2Gbpsと超高速
  • 月額料金は4,378円と非常に安く、本家のNURO光よりも約1,000円安い
  • 契約解除料は21,780円と少々高め
  • キャッシュバックはないが、月額料金は他社より1,000円ほど安い
\ 下り最大2Gbpsの高速光回線 /

回線品質が絶賛されているNURO光回線を、Fon光ならNURO光より1,000円も安く利用できます。

通信速度に優れた光回線をお探しの方には、Fon光がおすすめですよ。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。