誤ってフォーマットしたデータの復元方法を徹底解説

誤ってフォーマットした場合でも、データはまだ復元できる状態にあります。今回の記事ではデータ復元する際の注意点と、復元方法についてご紹介していきます。
  • 2022年10月11日
  • by.bitdds

パソコン

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「誤ってフォーマットしてしまい、データが復元できなくなった」「バックアップを行ない忘れたままフォーマットをしてしまった」などの症状が発生したら、データが表示できなくなってしまい、もう取り戻せないと思ってしまいますよね。

実際は、フォーマットしてしまった時点では、データが消えてしまったように思えても、実際HDDにはまだデータが残っている可能性が高いです。

しかし、フォーマットした機器を使用し続けたり、誤った対処をすることによってデータが上書きされ、取り出せなくなってしまう可能性があります。

今回は謝ってフォーマットしてしまった時の対処法や注意点、データの復元方法を紹介し、確実にデータを取り出したい方の為におすすめのデータ復旧業者を紹介します。

フォーマット復元のポイント
  • 適切な対処でデータ復元は可能
  • 物理障害の場合はすぐに復旧業者に依頼
  • おすすめ復旧業者はデジタルデータリカバリー
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

フォーマットとは

フォーマットとは、データを削除するのではなく「記憶媒体のメモリを初期化し再構築する」という意味を持ちます。

フォーマットは初期化とは厳密にいうと異なる作業の為、一見データが破損したように思われても、復元できる可能性があります。

フォーマットと初期化の違い

フォーマットは、ファイルシステムを今までとは異なる場所に再構築することを意味します。

その為、ファイルシステムが初期化された事を前提に画面上には元あるデータが表示されないのが基本です。

しかし、初期化は一度行うと保存されているデータが全て削除され、二度と復元は不可能になります。

「フォーマットをする必要があります。」と表示される理由

パソコン

「フォーマットをする必要があります。フォーマットしますか?」というエラーメッセージが表示されることがあります。

「フォーマットする必要があります。」と表示されたときは、PCやHDDが経年劣化により壊れている予兆や、ウイルスに感染しているケースもあるため、メッセージに従ってフォーマットしても解決しない可能性があります。

まずは、このようなエラーが表示された原因について理解しましょう。

「フォーマットをする必要があります。」と表示される理由
  • 物理障害
  • 論理障害
  • 周辺機器の不具合

物理障害

物理障害とは、HDDやSDカードなどのメディアが物理的に破損しデータの読み書きが正常にできなくなる状態で、異音や異臭などの症状が挙げられます。

物理障害が発生したまま使用し続けるとデータだけでなく機器全体の破損に繋がりかねません。

物理障害が生じる原因
  • 機器を落下させ強い衝撃を与えた
  • 機器を水没させた
  • 持ち歩きの際に機器をぶつけた、折ってしまった
  • 長年の使用による経年劣化

物理障害が生じている場合は自分で修理する事は難しく、個人で対処しようとするとかえって状態が悪化しデータが全て消えてしまう可能性があります。

自力で対処しようせず、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

論理障害

論理障害とは、物理障害とは異なりファイルシステムやデータが破損している状態を指します。

軽度の論理障害であれば個人で復旧ソフトを用いて直すことができますが、重度の論理障害であればかなりの専門技術が必要であり、こちらもデータ復旧業者でないとデータ救出が難しいケースがあります。

論理障害の原因
  • 過度な強制終了によりデータが破損した
  • データを誤って削除してしまった
  • データを誤ってフォーマットしてしまった

論理障害と物理障害の見分けがつきづらいときもあるため、無闇に判断するのは危険です。

もし万が一にも消えては困るデータが入った機器をフォーマットしてしまった場合は、一度データ復旧専門業者に相談するようにしましょう。

周辺機器の不具合

PCやHDDに接続されているACアダプターや、USBなどの周辺機器に不具合が生じている場合でも「フォーマットしますか?」といったエラーメッセージが表示される場合があります。

この場合、奥までプラグが差し込まれているか確認し、ケーブル類が断線しているなら新しいものに交換することで解決できます。

フォーマットしたデータを復元したいときの注意点

フォーマットしてしまった時に誤って操作をすると、復元できるかもしれないデータが破損してしまうかもしれません。

これから紹介する注意点に気をつけてデータを復元するようにしましょう。

フォーマットしたデータを復元したいときの注意点
  • 操作しない
  • 再度フォーマットは行わない
  • 再起動しない

操作しない

パソコンに電源が入った状態では、常にデータが上書きされている状態にあります。

フォーマットした状態でさらに操作を繰り返すと、データを復元しようとした際に難しくなります。

フォーマットしてしまい、データが破損された場合には操作を行うことは控えましょう。

再度フォーマットは行わない

フォーマットした状態で、再度フォーマットを行う行為は絶対にやめましょう。

現在保存されているデータが消える可能性があります。

何度もフォーマットしてしまうと、データ復旧の専門業者でもデータを復元することが難しくなります。

再起動しない

再起動や電源を繰り返しON/OFFする行為は控えましょう。

フォーマットされた状態で再起動などを行うと、内部の部品に大きな負担がかかり、新たな障害が発生してしまう可能性があります。

フォーマットしたときのデータ復元方法

誤ってフォーマットしてしまったとき、データを復元する方法はおもに以下の2つです。

フォーマットしたときのデータ復元方法
  • データ復旧ソフトを使用する
  • 専門業者に相談する

データ復旧ソフトを使用する

データ復旧ソフトは軽度な論理障害の場合のみ、個人でのデータ復元が可能です。

しかし、論理障害ではなく物理障害であった場合や、フォーマット後長時間操作を続けた場合は復旧ソフトでデータを取り戻すことはできません。

復旧ソフトは無料版から有料版まで数多く存在し、性能・対応機器・対応OSはそれぞれ異なります。

ソフトを使用する際は、自分の機器や症状が対応範囲内かどうかかならず確認しましょう。

専門業者に相談する

データ復旧業者の場合、データ復旧ソフトでは対応できない機器の復旧にも対応できる可能性が高いです。

日本全国に数多くの業者がありますが、業者によって技術力や対応できる範囲、サービス内容などは異なるためホームページなどでしっかり確認することをおすすめします。

また、依頼前に無料で相談・見積もりしてくれる業者もいるため、不安な場合はまず相談してみるとよいでしょう。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人は是非チェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と高い実績を持っています。さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応しています。

官公庁・法人からの依頼実績も多数あり信頼できるだけでなく、相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

フォーマット復元時は焦らず対処が肝心

今回はフォーマットしてしまったデータを復元するときの原因と注意点、復元方法について解説しました。

フォーマットしてしまいデータが表示されなくなってしまうと焦ってしまい、手あたり次第対処しがちです。

また適切な対処を行わなければ症状が悪化し、最悪の場合二度とデータが取り出せなくなる可能性があります。

焦ってあれこれ試さないよう、まずは落ち着いて状況を確認することが大切です。

確実にデータを取り出したい場合には技術力の高いデータ復旧業者への依頼も検討しましょう。

より確実なデータ取り出しはデータ復旧業者に依頼
  • 適切な対処でフォーマット後のデータ復旧は可能
  • 個人での対処が出来ない場合はデータ復旧業者に依頼
  • おすすめデータ復旧業者はデジタルデータリカバリー
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。