AndroidからiPhoneへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点

  • 2018年9月2日
  • by 
AndroidからiPhoneへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AndroidからiPhoneに機種変更をしたいと思っていても、OSが違うこともあり、「データ移行が難しいのでは?」と二の足を踏んでいる人は多いはず。

確かに、同じOS同士で機種変更をする場合とは勝手が異なってくるので、最初は難しく感じてしまうもしれません。

でも、実際に作業してみると、びっくりするくらい簡単なのです。

この記事では、AndroidからiPhoneにデータ移行する方法を解説します。

今回は3つの方法をご紹介しますが、どれもアプリを使って半自動的にデータ移行をするので、比較的容易に作業できますよ。

1 「Move to iOS」アプリでAndroidからiPhoneへ楽々データ移行

最初にご紹介するのは、Appleが公式に提供しているアプリ「Move to iOS」を使ってデータ移行する方法です。

このアプリでは、ブックマークや連絡先、カレンダー、写真などを移行できます。公式アプリなので、ウイルスの心配などもありません。

1-1 Android:Move to iOSをインストールして移行の準備を整える

1まずはスマホにアプリをインストールしましょう。


画像引用元:Move to iOS Playストア

2「続ける」→「利用規約に同意する」をタップして次に進みます。

3「コードを検索」の画面が表示されたら、そのまま「次へ」をタップしましょう。

コード入力の画面が出たら、Android側のデータ移行の準備は完了です。ここで操作をいったんストップしておきましょう。

次はiPhoneの操作に移ります。

1-2 iPhone:Androidからデータを移行してくる

1一度、iPhoneのデータを消去するため、「設定」→「一般」→「リセット」と進み、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

2iPhoneを再起動し、「こんにちは」という言葉が表示されたら、スワイプして次の画面に進んでください。

3いくつかの項目が表示されたら、その中から「Androidからデータを移行する」を選択し、「続ける」をタップします。

46~10桁のコードを表示させます。

1-3 Android:iPhoneに表示されているコードを入力する

16~10桁の番号をAndroid端末に入力します。

2iPhoneに移行するデータを選択し、「次へ」をタップ。

3iPhoneの画面に進行度を表すバーが表示されたら、完了するまで待ちましょう。

これで、AndroidからiPhoneにデータが移行されました。

iPhoneの中のデータと、Androidの中のデータを比べてみて、抜けがないかを確認しておきましょう。

ただし、このアプリでは、LINEの履歴や音楽は移行できないので、注意が必要です。

AndroidからiPhoneへ電話帳のデータ移行|Google/アプリ/エクスポート機能3つの方法

次のページでは、JSバックアップによるデータ移行の方法を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ