auからドコモ・ソフトバンクへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順

auからドコモ・ソフトバンクへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

1年目でビッグキャンペーンが終わったauユーザーにとっては、サービス内容が大きく代わり映えせず乗り換えたい気持ちの人も多いはずです。

気がつけばドコモのベーシックパックやdocomo with(iPhone 6S対応)、ソフトバンクのミニモンスターなどピッタトプランよりもお得なプランが出揃い、通信料もかなり抑えられるようになりました。

さて、こうなると少しでもお得にMNPしたいと検討しているauユーザーも多いのではないでしょうか?

今回はauからドコモ・ソフトバンクへ乗り換え(MNP)を検討している方へ、乗り換えに不安な点や疑問への解決法をまとめてご紹介します。

また、スムーズに乗り換えができる手順も紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい!

auで機種変更するより断然MNPがお得!

auの料金プランのおいしいところは1年目の高待遇と、店舗でのキャッシュバックでした。となると、2年契約が終わる人には、ほとんど旨味がなくなっているのが現実です。

  • スマホの機種変更をしようとしたら今までより月額料金が高くなった
  • ガラケーからスマホにしたら支払いが高いのでなんとかしたい
  • 機種変更の際の、スマホの機種代金は割引が1番少なく高額で不満

また機種代金の支払いが終わって安くなると思っていたら、キャンペーンの適用も一緒に終了になったので高くなったりもします

機種変更で高いと思ったら、番号をそのままで携帯会社を乗り換える乗り換え(MNP)がお得なのです!

ガラケーからならソフトバンクのミニモンスターが狙い目

新しいプラン「ミニモンスター」であれば、ガラケー→スマホは1,980円まるまる割引で、なんとデータ通信量は12ヶ月間0円/月〜

店舗に持って行く手間はありますが、他社と比べても断然お得になります。

ガラケーで満足していたかがスマホに移ってもパケットを大量に消費する心配はないですから、初年度は0円/月〜で済むと思われます。


画像引用元:ミニモンスター

ただし、2GB以上使ってしまうとお得度が下がるので使い方は限定的です。

家族ならソフトバンクのウルトラモンスター+かドコモのベーシックシェアパック

特にサービスも充実して、パケット使い放題のウルトラモンスター+やデータ利用を家族でシェアできるベーシックシェアパックはおすすめです。

特にドコモは、今までは月額利用料金が1番高いイメージでしたが、家族で乗り換えればかなりお得なんです!

お得なサービス

  • ソフトバンクのミニモンスター
  • ソフトバンクのウルトラモンスター+
  • ドコモのベーシックパック
  • ドコモのベーシックシェアパック

ドコモへMNP乗り換えで最新機種をお得に購入する方法を詳しく紹介しています。
ドコモへ乗り換えて最新機種をお得にゲット!MNPキャンペーンを紹介

1 auを解約するタイミングは?

auを解約するタイミングは下記3点に気をつければOKです。

  • 月末の乗り換え
  • 契約更新月であるか
  • 現在利用中のスマホの支払い状況

auからドコモにのりかえる乗り換えの際は、当然auは解約ということになります。

過去においてauは解約の場合にかかる料金は月額の日割り計算でしたが、現在は1日利用しただけでも1ヵ月分まるまるの支払いをしなければいけません。

まず覚えておきたいのは、少しでもお得にするためには月末での乗り換えが最適という事です。

そして、2年間の縛りがなくなる「契約更新月」であるかという事。

auを利用し始めた月、もしくは現在利用しているスマホを購入した月から2年を迎えた「契約更新月」以外での解約、乗り換えでは契約解除料金が発生します。

また、現在利用中のスマホの支払いが終わっていない場合は、あとどれくらい支払いが残っているか確認しましょう。

auと契約中の機種代金と、解約後の機種代金では変わってしまうので注意が必要です。

それぞれどれくらいかかるのか?をわかりやすく解説していきます。

1-1 auの違約金はどれくらい?

いわゆる「2年縛り」がなくなる「契約更新月」は現在は契約満了月の次月から2ヶ月間となっています。

以前は契約満了月の次月1ヵ月間だったので余裕ができた事になります、契約月から25ヶ月目と26ヶ月目という事ですね。

契約更新月以外の解約の場合の「契約解除料金」は1契約につき9,500円です。

「契約更新月」のタイミングを逃すと、また2年間の自動更新となるので自分たちの更新月はしっかり把握しておきましょう。

一部例外があり、ガラケーユーザーに多いのですが10年以上auの利用歴があるユーザーの解約金は3,000円です。「年割」の利用ユーザーも同様に3,000円です。

「スマイルハート割引」を利用しているユーザーは、契約期間の廃止に伴い契約解除料金は発生しません。

家族全員が同時にauに乗り換えたのであれば、「契約更新月」は一緒ですが利用開始月が違ったり、途中で機種変更などスマホを購入していた場合はズレているでしょう。

ソフトバンクの利用は同居人であれば家族でなくても良いのと高額の紹介キャッシュバックがでもらえるので、複数人の乗り換えメリットが大きいです。

また、ドコモの利用は家族の台数がまとまっていたほうがよりお得になるので、できれば家族で乗り換えをした方がメリットが大きいです。

auの携帯を解約する方法|手続きの流れとMNP手数料と違約金のまとめ

1-2 機種代金が残っていたら注意!

もう1つauの乗り換えの際に注意しておかなければいけないのは、機種代金が残っていないか?

あと何ヶ月支払いがあるか?auを利用中であれば「毎月割」の割引がありますが、乗り換えをした場合割引がなくなってしまいます

機種代金の月額が実質0円だったとしても、料金が発生する場合もあります。例えば2015年に発売された「iPhone 6s」を例に見てみましょう。

発売当時の料金では

iPhone 6s 16GB/新規契約・乗り換え

分割支払金 月額3,510円 x 24回
毎月割 2,840円 x 24回
実質負担額 月額670円 x 24回 = 16,080円

支払い中の解約、乗り換えなどの場合にはこちらの「毎月割」が無くなってしまいます。

現在、支払い中の機種代金の月額の670円x残った月数ではなく、3,510円x残った月数分という計算です。

iPhoneの場合は割と機種代金が実は高めだったりするので、早期解約であるとびっくりするような料金が残る場合もあります。

利用中の機種代金があるようであれば、残りの月を確認しておきましょう。

また一括購入の場合でも「au購入サポート」を利用している場合は注意が必要です。

購入から12ヶ月間以上経過していない場合の解約の場合は最大20,000円の違約金が発生してしまいます。

12ヶ月以上、利用期間が経過しているようであれば問題ありませんが、確認しておきましょう。

au乗り換えの時の注意点

  • 違約金が発生しないか確認する
  • 機種代金が残ってないか確認する
  • 12ヶ月未満でないか確認する

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ