auから楽天モバイルに乗り換える手順|失敗しないMNP方法とタイミング

auから楽天モバイルに乗り換える手順|失敗しないMNP方法とタイミング

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

楽天モバイルは3月に自社回線サービスが始まり、4番目のキャリアとして非常に注目度の高いMNOです。

そのため、auから楽天モバイルへ乗り換え(MNP)を考えているユーザーは決して少なくありません。

しかし、乗り換えであってもお得なタイミングというものがあります。

auからMNPして楽天モバイルに乗り換えるには、失敗しないタイミングを見極めることが重要です。

今回はauから楽天モバイルに乗り換える方法を手順も交えて紹介します。

全キャリア対応の楽天モバイル乗り換え手順は「楽天モバイルに乗り換えて年間5万円トクする手順3ステップ」をお読みください。

auからお得な楽天モバイルに乗り換えるポイント
  • 楽天モバイルの方が年間約29,000円お得になる
  • 1年間プラン料金無料などお得なキャンペーンもたくさん
  • auから楽天モバイルに乗り換える時はオンライン契約がおすすめ
  • 2019年10月1日以降の料金プランならauの違約金は1,100円

※本記事中の価格は全て税込み表示

トップ画像引用元:楽天モバイル

auから楽天モバイルに乗り換えたらどのくらい安くなる?

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

携帯電話といえばドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでの使用が最も一般的でこの流れは長らく変わりませんでした。

しかし、格安SIMの普及や楽天モバイルのような新たな自社回線サービスの登場により、契約できるスマホ回線の選択肢が一気に増えたといえます。

そこで、現在auと楽天で公開されている料金プランからauから楽天モバイルに乗り換えたら具体的にどれくらい安くなるのかを検証します。

料金プランからauと楽天モバイルを比較

月々掛かるスマホ料金の要であり基本ともいえるのが各社が展開している料金プランです。

現在、auで契約することのできるスマホ料金プランの中でデータ量を使い放題で利用できるのは「auデータMAXプラン Pro」になります。

※6月1日に新規受付終了し、2日以降からは「データMAX 4G LTE」という名称で新たなプランとなります。内容はほとんど変わりませんが、家族割プラス4回線の割引が追加されるので家族で使うとよりお得です。

auの料金プランの仕組み
  • データプラン
  • 通話オプション
  • 上記2つの合計

auデータMAXプラン Proの最安料金4,928円に通話定額ライトの770円を足した5,698円が、auでデータ通信量使い放題で利用する場合の最安料金となります。

対して楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT」は「自社回線のデータ使い放題+専用アプリ使用時に国内通話かけ放題」が適用できて、月額3,278円となっています。

※自社回線エリア外では5GB制限/月

楽天モバイルの料金プランは下記になります。

Rakuten UN-LIMIT
プラン料金3,278円
契約期間なし
違約金なし
通信容量楽天回線使い放題
パートナー回線5GB
通話楽天同士0円
楽天LINK利用0円
通常の電話22円/30秒
オプションデータチャージ550円/GB
スマホ交換保証プラス715円
マカフィー
モバイルセキュリティ
Android版
220円
スマホ操作遠隔サポート550円
国際通話かけ放題1,078円

楽天モバイルは契約期間や違約金などの縛りがないという点も大きな魅力です。

auの場合、上記の最安料金で使うとなると2年間の自動更新がつき、途中解約で1,100円の違約金を支払わなければいけません。

もちろん、楽天モバイルは始まったばかりのサービスで、自社回線エリアもauと比べて狭く不便な点も多いのが現状ですが、今後エリアが拡大していくことを想定すると将来的に便利でお得なサービスになることは間違いないでしょう。

サービスがまだ安定していないことを除いても、auよりも年間約29,000円お得になる楽天モバイルは料金を安くしたいと考える人にぴったりなサービスではないでしょうか。

使用データ量と通話料

共通しているのは、auも楽天モバイルもデータ量使い放題で利用できるという点です。

Wi-Fiルーターのような数日間で一定のデータ量を使うと速度制限がかかるような帯域制限もありません。※あまりに使い過ぎていると判断された場合は制限がかかります。

ただし、楽天モバイルは自社回線エリア内のみで使い放題であり、自社回線エリア外だと月5GBまでとなります。

この制限を超えた場合には最大1Mbpsの制限速度となりますが、スマホでYouTubeを見る場合には支障なく見れると評判です。※画質360pの場合

前述の通り、まだ対応しているエリアが狭いということもあるので、どこでも快適に繋がるというわけではありません。

通話料に関しても、前章で紹介したauの最安料金には5分間のかけ放題が含まれていますが、楽天モバイルなら「Rakuten Linkアプリ」を利用すれば国内通話が無制限でかけ放題になります。

これは追加のオプション料金も一切不要です。

ただし、Rakuten Linkアプリの対応機種が現在Androidスマホのみなので、必然的にiPhoneの人は利用することができません。

まだ自社回線サービスとしてそこまで安定していないからこその安さなのだと思いますが、ネットをあまり使わない・Wi-Fi中心の人や、通話をそこまで利用しない人にはお得に活用することができるでしょう。

auと楽天モバイルの最安料金比較(データ使い放題)
  • au:月額5,698円(2年契約)
  • 楽天モバイル:月額3,278円(契約期間なし)
  • 楽天モバイルの方が年間約29,000円得をする

楽天モバイルのキャンペーン一覧

楽天モバイルでさらにお得に契約するためには、楽天モバイルで開催されているキャンペーンを最大活用することも大切です。

現在、サービス開始に伴い楽天モバイルではお得なキャンペーンが実施されています。

この章では、そのキャンペーンの内容について詳しく解説していきます。

プラン料金が1年無料

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

300万名を対象に、プラン料金3,278円がなんと1年間無料になります!

1年間基本料無料で使えるのはかなりお得ですよね。

3,278円が1年間無料となると、年間39,336円得をするということになります。

1人当たり1回線のみのキャンペーンなので気をつけてください。

尚、終了日は現在未定です。

最大21,300ポイント還元

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

さらに、各条件をクリアすると楽天スーパーポイントが最大21,300ポイント還元されるキャンペーンも同時に開催中です。

最大21,300ポイントの内訳
  • オンライン契約+Rakuten Linkアプリ使用で3,000ポイント
  • Rakuten Linkアプリ利用で申し込み時の契約事務手数料分3,300ポイント還元
  • 対象のスマホをセット購入して最大15,000ポイント還元

オンライン契約のキャンペーンのみ6月末で終了するので気をつけてください。

尚、対象のスマホによって還元されるポイントが異なります

どのスマホが良いのか悩んでいる人は、キャンペーンのお得度で決めるのも良いかもしれませんね。

auから楽天モバイルに乗り換える手順

SIMカードとスマホ

では、具体的にMNP制度を利用した乗り換えの手順を説明していきます。

それほど難しいものではありません。

auから楽天モバイルへの乗り換え
  1. 楽天モバイルでスマホやオプションを決める
  2. auからMNP予約番号を発行する
  3. 楽天モバイルで申し込みをする

auから楽天モバイルに乗り換える際にプランは申込時に決めれば良いと考えがちですが、実際には手続きに入る前段階で情報を集めることをおすすめします。

情報を集めている時に、楽天モバイルは本当に自分に合っているのか・スマホやオプションは必要かどうか最終的に判断しましょう。

そして最も重要なのは、手順2の「auからMNP予約番号を取得する」になります。

MNP制度を利用してキャリアの移動を行うには、MNP予約番号を取得しないと手続きは進みません。

MNP予約番号を取得
  • auショップ
  • 電話
  • My au

MNP予約番号の取得で手軽で待ち時間も掛からないのはマイページ「My au」です。

また、MNP予約番号発行を申し込んだとしてもすぐに解約というわけではありません。

MNP予約番号を発行しても手続きを終えるまでは今まで使用しているスマホがそのまま利用できるので安心です。

なお、無事にMNP予約番号を入手したら楽天モバイル側での申し込みとなり、楽天モバイルと契約した段階でau側との契約は解約となります。

楽天モバイル側で必要なものと申し込み手順

MNP制度を利用した乗り換えにおいては基本的に転出側の手続きというのはそれほど多くなく、MNP予約番号の発行さえしっかりと押さえてあれば問題ありません。

転出側の手続きが終わればその後は転入先の手続きとなり、楽天モバイル側での手続きに必要なものは下記の3点になります。

楽天モバイルを契約する時に必要なもの
  • 支払いに必要なカード類(クレジットカード・デビットカード・キャッシュカード)
  • 本人確認書類(免許証・パスポート等)
  • MNP予約番号

これら3点は楽天モバイルに限らずほぼ共通です。

しかし、楽天モバイルが特徴的なのはクレジットカードと口座振替用のキャッシュカードの他にデビットカードが使用できるということです。

全てのデビットカードが使用できるわけではなく、楽天銀行デビットカードとスルガ銀行デビットカードの2つのみとなります。

それでも、デビットカードで支払いたいユーザーはおすすめといえます。

なお、実際の手続きは下記の流れとなります。

楽天モバイルでMNPをする手順
  1. プラン・オプション・SIMタイプを選択
  2. スマホを選ぶ※必要な人のみ
  3. 楽天会員IDでログイン
  4. 本人確認書類の画像アップロードなど必要な情報を入力
  5. 最後に申し込み内容を確認し、手続きを進める
  6. 契約完了後、購入したスマホやSIMカードが自宅宛に配送される
  7. 初期設定を行う
  8. 完了

楽天モバイルではオンライン契約が主流となります。

今ならオンライン契約のキャンペーンも利用できますし、自粛も緩和傾向ですが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにもなるべく自宅で手続きすることをおすすめします。

MNP予約番号の有効期限は15日間

MNP予約番号は、発行したらいつでも手続きを出来るというわけではなく、有効期限があります。

有効期限は15日間で、これはauに限らずドコモ、ソフトバンクはもちろんのこと、格安SIMであっても変わりません。

なお、楽天モバイルに乗り換える際には有効期限の残りが10日以上必要となっています。

有効期限が15日間という事はMNP予約番号を発行してから5日間で手続きしなければいけません。

auから楽天モバイルに乗り換えでかかる費用

スマホとお金

次にユーザーが気になるのは、乗り換えで掛かる実際の費用でしょう。

費用は、大きく分けて転出先であるauへの支払い・転入側である楽天モバイルへの支払いがあり、それらを下記の表にまとめました。

項目料金支払先
MNP転出手数料3,300円au
契約解除料金
※2年契約N
1,100円
契約解除料金
※2年契約
10,450円
端末料金の残債
※残っている場合
残債による
契約事務手数料3,300円楽天モバイル

以前の2年契約のままなら、更新月以外での解約は10,450円と高額な費用がかかりました。

現在の2年契約Nでは、契約更新月以外での解約であっても解除料金は1,100円と安くなっているのが特徴的です。

また、MNP転出手数料はauに限らずドコモやソフトバンクも同様の一律料金なのでこれ以上下がることはなく、注意しなければいけないのは端末代金の残債となっています。

なお、楽天モバイル側に支払う契約事務手数料の支払い方法は、クレジットカード・デビットカード・口座振替・楽天スーパーポイントを利用することが可能です。

楽天モバイルでは様々な決済方法が利用可能
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替
  • 楽天スーパーポイント※クレジット・デビットのみ

2019年10月の改正電波法の影響

2019年10月に電波法が改正されたのは記憶に新しいところですが、スマホ業界においては契約解除料に大きな動きがありました。

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアにおいても例外でなく、2019年10月以降は各社で契約解除料の大幅値下げがなされました。

auにおいてはこれまでの主流であった2年契約が新たに、2年契約Nになり解除料は一律1,100円となりました。

ただし、これについて注意しなければならないのは、2年契約Nは申込制であるという点にあります。

そのため、2019年10月よりも前に契約をしているユーザーの場合は申し込みをして2年契約Nにしておくことをおすすめします。

なお、au契約11年目以降の長期契約者が2年契約の場合、家族割をセットで利用中で家族割または法人割に加入している場合に、契約更新月以外での契約解除料が3,300円に割り引かれます。

もちろん、更新月であればいずれの契約であっても解除料は掛かりません。

タイミングとしては乗り換えと更新月を重ねるのがベストといえます。

auから楽天モバイルに乗り換える際の注意点

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

auから楽天モバイルに乗り換えるにはこれまで紹介した手順や費用で問題はないのですが、大きく注意する点があります。

auから楽天モバイルに乗り換える際の注意
  • auでの購入端末を継続利用するにはSIMロック解除が必須
  • 楽天回線対応の端末以外だと機能制限あり
  • 解約するとau WALLETポイントが全消滅

詳しく解説していきます。

スマホのSIMロックに注意

auから楽天モバイルに乗り換えるにあたって注意しなければいけない事の1つに端末の継続利用をする場合のSIMロック解除があります。

乗り換える際に新たに端末を購入するユーザーには関係ないかもしれませんが、折角購入して使い慣れた端末を継続して利用したいというユーザーは少なくなく、注意点としては重要といえます。

具体的なSIMロック解除手順は以下になります。

SIMロックの解除手順
  1. My auにログイン
  2. 「SIMロック解除可否」の項目で解除可能であれば左上のチェックを選択
  3. 注意事項や解除理由を確認し申込み

SIMロック解除というと面倒で難しいと感じるユーザーもいるかもしれませんが、実際には時間にして3~5分程度の手続きで完了します。

ただし、SIMロック解除をする際には条件があります。

「2015年5月以降に発売されたスマホ」「スマホの購入から100日以上経っている」ことの2点がクリアしてあれば可能です。

※スマホの機種代金を一括払いした場合は、支払いが確認できた時点でロック解除可能です。

また、auショップで行う事も可能ですが、その際には手数料として3,300円程かかってしまう為ユーザー自身で行った方が無料でお得といえます。

ただし、自分でSIMロック解除する場合は、他社のSIMカードが必要となります。

auを解約した後だと自分でロック解除ができなくなるため、自分で行う場合は楽天モバイルを契約する前に解除しておきましょう。

auのSIMロック解除|手続きの手順とできない条件・期間とメリット

楽天回線対応の端末以外だと機能制限あり

格安SIM(MVNO)時の楽天モバイルであれば基本的にはSIMロックを解除した端末であれば利用できました。

しかし、2020年4月8日以降の楽天モバイル(MNO)では、SIMロック解除した端末であっても、楽天回線対応モデルでなければ利用することができません。

楽天回線対応モデル
  • Glaxy A7
  • Xperia Ace
  • Glaxy S10
  • Glaxy Note10+
  • AQUOS sense3 plus
  • AQUOS sense3 lite
  • arrows RX
  • Rakuten Mini
  • HUAWEI nova 5T
  • OPPO A5 2020
  • OPPO Reno A 128GB

iPhoneシリーズは公式では動作保証対象外ですが、楽天モバイルでiPhoneを利用する裏技はあります。

ただし、機能の一部が使えない・自己責任ということで利用している方はいるようです。

例えば、iPhone SE(第2世代)のSIMフリー版での使える・使えない機能は下記となります。

楽天モバイルのiPhoneで使える機能
  • データ通信
  • 通話
  • SMS(楽天回線)
楽天モバイルのiPhoneで使えない機能
  • SMS(パートナー回線)
  • APN自動設定 海外/国内 ※APNの手動設定は可能
  • 楽天回線-パートナー回線の接続の自動切り替え
  • 緊急地震速報・津波警報の受信など
  • 110・119通話などでの高精度な位置情報の測位

解約するとau WALLETポイントが全消滅

auには利用に応じて支払いや買い物など様々なシーンで利用することが出来るau WALLETポイントという独自ポイントがあります。

これは、auを乗り換えで解約をしてしまうとポイントがすべて消滅してしまいます。

折角貯めたにも拘らずポイントがすべて消滅してしまうのはユーザーとしても避けたいところで、乗り換えの際には残ポイントを事前に確認して使用するなどの対策が求められます。

もちろん、ポイントを消費するために欲しくもないものを購入したり望まぬ利用をするようでは意味がありません。

もしも、利用するシーンが無い場合はau WALLET プリペイドカードにポイントを移すことをおすすめします。

au WALLET プリペイドカードはauが発行しているプリペイド式のカードで、au WALLETポイントはカードに移せば解約してもポイントが消滅することはありません。

ユーザーにとってベストなタイミングで失敗しないMNPを

楽天モバイルに乗り換える手順を費用や注意点などを交えながら紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?

費用的な面で見ればauから楽天モバイルに乗り換えるのは契約解除料のかからない更新月にするのがベストタイミングです。

仮に解除料を払っても元はすぐとれる場合もあります。

スマホにかかる月々の料金というのは決して無視できないというユーザーは少なくありません。

この機会に、節約面以外でもお得な楽天モバイルへの乗り換えを考えることをおすすめします。

auからお得な楽天モバイルに乗り換えるポイント
  • 楽天モバイルの方が年間約29,000円お得になる
  • 1年間プラン料金無料などお得なキャンペーンもたくさん
  • auから楽天モバイルに乗り換える時はオンライン契約がおすすめ
  • 2019年10月1日以降の料金プランならauの違約金は1,100円
【2020年】楽天モバイルおすすめスマホ端末ランキング|自社回線対応の人気機種

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ