auから楽天モバイルへのお得な乗り換え(MNP)手順・メリット/デメリット

auから楽天モバイルに乗り換えると、当記事の試算では年間29,000円の節約になることが分かりました。当記事では具体的な節約方法や少しでもお得に乗り換えるためのコツなどを紹介しています。auから楽天モバイルへ乗り換える前に、ぜひ記事をご覧ください!

  • 2021年1月2日
  • by.annacom14

Rakuten NU-LIMIT V

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天モバイルは、料金プランが1つだけというシンプルさを武器に、3,278円の格安でデータ通信・通話し放題になります。

そのため、データ通信無制限プランを利用するauユーザーでも、楽天モバイルに乗り換えを検討している方は少なくありません。

さらに先着300万名無料というキャンペーンも、楽天モバイルへののりかえの背中を押しているようです。

そこで本記事では、auから楽天モバイルに乗り換えるとどのくらい安くなるのか、注意すべき点はあるのか解説します。

auから楽天モバイルに乗り換えるお得なポイント
  • 楽天モバイルなら3,278円でデータ通信・通話し放題
  • 1年間プラン料金が無料になるなどお得なキャンペーン実施中
  • オンラインショップで簡単に乗り換えできる

お得に乗り換える手順についても紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

トップ画像引用元:楽天モバイル

auから楽天モバイルに乗り換えたらすごく安くなる?

auから楽天モバイル
まずは、auから楽天モバイルに乗り換えた場合、どのくらい安くなるのか見ていきましょう。

auの料金プランは、利用するデータ量に応じて複数のプランから選択します。

一方で、楽天モバイルでは、たった1つのプランしかありません。

auと楽天モバイルのどちらが安く利用できるかは、

  • 利用するエリア
  • 利用データ量

の2点が非常に重要なポイントになりますよ。

【検証】楽天モバイルに乗り換えるとどのくらい安くなるのか

auの料金プランと楽天モバイルの料金プランを比較します。

楽天モバイルで契約できる料金プランは、月額3,278円でネット・通話が使い放題のRakuten UN-LIMIT Vだけです。

楽天モバイルの料金プラン

項目内容
対象通信サービス4G・5G
月額料金3,278円
利用可能データ量楽天回線エリア:使い放題
パートナー回線エリア:5GB
海外でのデータ通信:2GB(66の国と地域)
超過後の通信速度最大1Mbps
音声通話料Rakuten Linkアプリ(無料):国内通話かけ放題
国際通話:1,078円/月でかけ放題

一方で、auの料金プランは、利用する通信量に応じた複数の料金プランを提供しています。

auでは4G向けプランと5G向けプランが別です。

楽天モバイルでは、4G・5Gとも同一料金で利用できるため、今回は5G向けプランのうち、最も楽天モバイルとサービス内容が近い2つのプランを比較しました。

auの料金プラン
  • データMAX 5G
  • ピタットプラン5G

データMAX 5Gは、データ通信量無制限で使えます。

データ通信量があまり必要ない方は7GBまで利用でき、使った通信量に応じた料金が支払えるピタットプラン5Gがおすすめです。

また、家族みんなでauを利用する場合、自宅のネット回線をauひかりで契約する場合、月額料金が割引になります。

auの料金プラン一覧

プラン名データMAX
5G
ピタットプラン
5G
利用可能
データ量
無制限
※1
~1GB~4GB~7GB
超過後の
通信速度
最大128kbps最大128kbps
月額料金
(2年契約N適用時)
9,328円3,278円4,928円6,578円
家族割
プラス
4人以上:-2,222円3人以上:-1,100円
au
スマートバリュー
-1,100円--550円
合計6,006円
※2
2,178円3,278円4,928円
音声
通話料
30秒22円
5分以内の通話無料:880円
国内通話かけ放題:1,980円
30秒22円
5分以内の通話無料:880円
国内通話かけ放題:1,980円
※1 テザリング上限:30GB
※2 データ利用量2GB以下の場合:-1,628円

楽天回線エリア内での利用なら楽天モバイルがお得

楽天モバイルの料金プランは、楽天回線エリア内なら月額3,278円でデータ通信が使い放題です。

auで使い放題で利用できるのは、月額9,328円のデータMAX 5Gとなります。

楽天モバイルの方が6,050円も安く利用できるため、断然楽天モバイルの方がお得ですよね。

auで、家族割プラス4人以上・auひかり契約をして割引が適用になったとしても、楽天モバイルの方が2,728円も安いです。

ただし、auのピタットプラン 5Gを利用していて、毎月1GB以下の通信量で十分間に合う方は、そのままauのほうが同額または少し安くなります。

auを家族3人以上で利用しているなら、月額1,100円が割引になるため、ピタットプラン5Gが2,178円で利用できますよ。

楽天回線エリア内での利用
  • 楽天モバイルの方が6,050円も安く利用できる
  • データ利用量が1GB以下で家族3人以上ならauの方が少し安い

楽天回線エリア外でも楽天モバイルの方が安い

一方、楽天回線エリア外で楽天モバイルを利用する場合、月に5GBしか高速データ通信が行えません。

データ通信量が5GBを超えると通信速度に制限がかかり、最大1Mbpsとなります。

とは言っても、速度制限がかかるだけで使い放題なのは変わりありません。

1Mbpsの通信速度は、確かに通常時よりも遅いですが、LINEやSNS、ウェブサイトの閲覧なら問題なく利用できます。

また、画質を落とせば動画も視聴可能です。

通信速度は遅くなるものの、安さだけで比べるならauのデータMAX 5Gよりずっと安いので、楽天モバイルの方がおすすめですよ。

必要であればオプションで1GBにつき550円でデータ量をチャージできます。

また、auの低用量プラン・ピタットプラン 5Gと比べても楽天モバイルの方が安いです。

auのピタットプランでは、最大7GBまで利用できます。

仮に、楽天モバイルでデータ量を2GB分追加(+1,100円)し、7GB利用できるようにした場合、楽天モバイルの料金は4,378円です。

auピタットプラン 5Gの6,578円より2,200円も安いです。

auで家族3人以上・auひかりを契約したとしても、楽天モバイルの方が550円お得ですよ。

楽天回線エリア外での利用
  • データ容量をオーバーしても最大1Mbpsで利用可能
  • 1MbpsならSNSやインターネット閲覧は問題なし
  • 速度が遅くなっても良いなら楽天モバイルのほうがお得
  • ピタットプラン 5Gと比べても楽天モバイルのほうが2,200円も安い

音声通話をたくさんしたい人も楽天モバイルがおすすめ

楽天モバイルで通話する場合、無料アプリ「Rakuten Link」を利用すれば、国内通話がかけ放題です。

一方で、auで音声通話をたくさんかけるなら、有料オプションサービスの加入が必要です。

24時間国内通話かけ放題にするには、月額1,980円がかかります。

たくさん電話をかける人も楽天モバイルの方が安くなりますよ。

音声通話の比較
  • 楽天モバイル:Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題
  • au:月額1,980円のオプション加入でかけ放題

楽天モバイルのキャンペーン一覧

楽天モバイルでは、お得なキャンペーンも開催しています。

auから楽天モバイルに乗り換えを検討しているなら、ぜひキャンペーンを活用してお得に乗り換えましょう。

現在楽天モバイルで開催しているキャンペーンは以下の通りです。

楽天モバイルのキャンペーン
  • Rakuten UN-LIMIT Vのプラン料金が1年間無料キャンペーン
  • Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン

Rakuten UN-LIMIT Vのプラン料金が1年間無料キャンペーン

楽天モバイル1年間無料

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT V(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルでは、サービス提供開始を記念して、プラン料金が1年間無料で利用できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーン内容
  • 対象:先着300万名
  • 申込期間:2020年3月3日~終了未定
  • 特典:プラン料金3,278円が1年間無料
  • 条件:Rakuten UN-LIMITを新規申し込み(乗り換え含む)

300万名に到達次第終了となるので、早めに乗り換えることをおすすめします。

Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン

楽天ポイント還元

画像引用元:楽天モバイル

さらに、Rakuten UN-LIMIT Vに申し込むと、最大25,000ポイントが貰えるキャンペーンも実施中です。

キャンペーン内容
  • 対象:期間中にRakuten UN-LIMIT Vを新規申込(乗り換え含む)
  • 期間:2020年12月8日~常時開催
  • 特典:①Rakuten UN-LIMIT V申し込みで5,000ポイント還元
    ②スマホも一緒に購入すると最大20,000ポイント還元
  • 条件:Rakuten UN-LIMIT Vを開通しRakuten Linkを利用する
                      ②の場合は対象機種を購入すること

期間中にRakuten UN-LIMIT Vを契約すれば、スマホを持ち込んで契約しても5,000ポイントが貰えます。

スマホも購入すれば、最大20,000ポイントが貰えるので、最大25,000ポイントが貰えますよ。

対象機種は以下の通りです。

還元ポイント対象機種
20,000ポイントAQUOS sense3 lite
AQUOS sense3 plus
Galaxy Note10+
OPPO Reno3 A
15,000ポイントRakuten Mini
AQUOS R5G
Galaxy A7
楽天モバイルに乗り換えと同時にスマホの購入を検討しているなら、対象機種の購入がおすすめです。

auから楽天モバイルに乗り換える手順

ここからは、auから楽天モバイルの乗り換える手順について紹介します。

乗り換え手順は以下の通りです。

乗り換え手順
  1. auでMNP予約番号を発行
  2. 楽天モバイルでスマホやオプションを決定
  3. 楽天モバイルで申し込み

auから楽天モバイルに乗り換える場合、MNP予約番号の取得が必要です。

そのため、楽天モバイルに乗り換えるときは、まずはMNP予約番号の取得を行いましょう。

MNP予約番号は、auで取得します。

MNP予約番号が取得できる場所は、以下の3ヶ所です。

MNP予約番号の取得方法
  • auショップ
  • auカスタマーセンター(157)
  • My au

中でも、待ち時間なしで自宅にいながら取得できるMy auがおすすめですよ。

なお、MNP予約番号を発行した時点では、auは解約にはなりません。

楽天モバイルで契約手続きが完了し、開通作業が完了すると自動で解約となります。

それまでは今まで通りau回線でスマホが利用できるので安心してください。

楽天モバイル側で必要なものと申し込み手順

MNP予約番号を取得し、楽天モバイルでスマホやオプションなどを決めたら、契約手続きを進めていきます。

楽天モバイルで契約するときに必要なものは、以下の4点です。

楽天モバイル契約時に必要なもの
  • 支払に必要な情報(クレジットカード・キャッシュカード・デビットカード)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • MNP予約番号
  • 楽天会員ID

楽天モバイルの契約には、楽天会員IDが必要です。

楽天会員でない方は、事前に楽天会員登録を済ませておきましょう。

以下は、楽天モバイルオンラインショップでの申し込み手順です。

楽天モバイルオンラインショップでの申し込み手順
  1. プラン・オプション・SIMを選択
  2. スマホを選択 ※必要な人のみ
  3. 楽天会員IDでログイン
  4. 本人確認書類の画像アップロード・必要情報を入力
  5. 申し込み内容を確認する
  6. 契約完了後にスマホ・SIMカードが自宅に配送される
  7. 初期設定を行う

店舗でも楽天モバイルの契約は可能ですが、楽天モバイルではオンラインショップからの申し込みを推奨しています。

自宅で簡単に手続きできるので、ぜひオンラインショップを活用しましょう。

MNP予約番号の有効期限は15日間

MNP予約番号は、発行日から15日間の有効期限があります。

有効期限内に契約手続きを行わなかった場合は無効となってしまうので、再取得しなければなりません。

また、オンラインショップで乗り換える場合、有効期限の残り日数が10日以上必要です。

MNP予約番号を取得したら早めに手続きを行うようにしてください。

auから楽天モバイルに乗り換えでかかる費用

楽天モバイル ゼロ宣言

画像引用元:ZERO宣言 | 楽天モバイル

続いて、auから楽天モバイルに乗り換える際にかかる費用について紹介します。

auから楽天モバイルに乗り換える費用を一覧にまとめました。

項目費用支払先
MNP転出手数料3,300円au
契約解除料2年定期契約N:1,100円
2年定期契約:10,450円
更新期間内:0円
端末料金の残債残っている場合に負担
契約事務手数料0円楽天モバイル
auから楽天モバイルに乗り換える際、auに、「MNP転出手数料」と「契約解除料」の支払いが必要です。

MNP転出手数料は、乗り換えるときに必ず支払わなければなりません。

契約解除料については、auで定期契約を結んでいる場合に負担が発生する可能性があります。

以前の2年定期契約を結んでいる方は、更新月以外に解約すると解除料10,450円の支払いが必要です。

2020年9月13日に提供開始した2年定期契約Nの場合は、解除料は1,100円となります。

どちらを契約しているのかは利用者によって異なりますので、My auで契約内容を確認してください。

その他、端末代金の残債が残っている場合は、乗り換え後も支払いが必要です。

一方で、楽天モバイルの契約事務手数料は0円となっています。

2019年10月の改正電波法の影響

2019年10月に、電気通信事業法の改正が行われました。

そのため、これまで当たり前だった2年縛りや契約解除料が大きく変更されています。

auでは、2年定期契約Nを申し込むと月額料金が187円割引になりますが、申込制となるため、必ずしも加入しなければならないということではありません。

希望しなければ、2年定期契約Nを申し込まなくても利用できます。

また、契約解除料も1,100円と大幅に値下げされたため、乗り換えやすくなりました。

ただし、以前の契約のままの方は、2年定期契約が適用されているため、このまま解約すると10,450円の解除料金がかかってしまいます。

auから乗り換えを検討している方は、先に2年定期契約Nに変更しておくと良いですよ。

いずれにしても、更新月以外の解約は契約解除料がかかってしまいます。

auから楽天モバイルに乗り換えるなら、更新月の乗り換えが最もお得です。

スマホのSIMロックに注意

auで使っていたスマホを持ちこんで楽天モバイルに乗り換える予定の方は、スマホのSIMロックにご注意ください。

auで販売しているスマホは、他社のSIMカードが利用できないようにSIMロックがかかっています。

そのまま楽天モバイルで利用することはできません。

auのスマホを楽天モバイルで利用するなら、SIMロック解除手続きが必要です。

SIMロック解除は、My auで簡単に行えますよ。

SIMロック解除手順は以下の通りです。

SIMロック解除手順
  1. My auにログイン
  2. 「SIMロック解除可否」の項目で解除可能であれば左上のチェックを選択
  3. 注意事項や解除理由を確認して申し込み

受付時間は9:00~21:30です。

ただし、SIMロック解除が行える機種は、

  • 2015年5月以降に発売されたスマホであること
  • スマホを購入してから100日以上経過していること※

の2点をクリアしているものとなります。

※スマホの機種代金を一括払いで購入した場合は、支払いが確認できれば100日以内でも可能

また、auショップでSIMロック解除を申し込む場合、手数料として3,300円がかかってしまうため、My auでの手続きをおすすめします。

楽天回線対応の端末以外だと機能制限あり

楽天回線対応の端末以外を使用する場合、機能が制限されてしまうので注意してください。

楽天回線対応の端末は以下の通りです。

楽天回線対応端末一覧

メーカー機種名
富士通コネクテッドテクノロジーズarrows RX
GooglePixel 4
Pixel 4 XL
Pixel 4a
Pixel 4a(5G)
Pixel 5
HUAWEIHUAWEI nova 5T
HUAWEI nova lite 3
HUAWEI P30 lite
NECプラットフォームズAterm MP02LN
Aterm MR05LN RW
OPPOAX7
Find X
OPPO A5 2020
OPPO A73
OPPO Reno A 128GB
OPPO Reno3 A
R17 Pro
Reno 10x Zoom
サムスン電子ジャパンGalaxy A7
Galaxy Note10+
Galaxy S10
SHARPAQUOS R compact SH-M06
AQUOS R2 compact SH-M09
AQUOS R5G
AQUOS sense lite SH-M05
AQUOS sense plus SH-M07
AQUOS sense2 SH-M08
AQUOS sense3 lite SH-RM12
AQUOS sense3 plus SH-M11
AQUOS sense3 plus SH-RM11
AQUOS sense3 SH-M12
AQUOS sense4 lite SH-RM15
AQUOS sense4 plus SH-M16
AQUOS zero SH-M10
AQUOS zero2 SH-M13
ソニーモバイルコミュニケーションズXperia Ace
XiaomiRedmi Note 9S
楽天モバイルRakuten Hand
Rakuten BIG
Rakuten Mini
Rakuten WiFi Pocket

上記以外の端末も、動作確認が取れている機種は楽天モバイルで使えます。

例えば、iPhoneも楽天モバイルで動作確認が取れています。

楽天モバイルでiPhoneを使用する場合、以下の機能は使用可能です。

楽天モバイルのiPhoneで使える機能
  • データ通信
  • 通話
  • Rakuten Linkアプリ
  • SMS

ただし、以下の機能は利用できません。

楽天モバイルのiPhoneで使えない機能
  • APN自動設定
  • 接続回線の自動切替
  • 緊急地震速報などのETWS
  • 110/119通話などでの高精度な位置情報測位

また、動作保証もしていないため、使用するときは自己責任となるので注意してください。

Pontaポイント(au PAYマーケット限定)はau IDを削除すると利用できなくなる

auでは、ローソンなどの全国の提携店で使えるPontaポイントが付与されています。

そしてauを解約してもPontaポイントはそのまま残ります。

ただし、Pontaポイントの中でも用途が限定されたPontaポイント(au PAYマーケット限定)については、解約するときにau IDを削除してしまうと消滅してしまいます。

au IDを発行していない方は、解約前に発行しておきましょう。

auから楽天モバイルに乗り換える際の注意点

笑顔の女性
auから楽天モバイルの乗り換える際の注意点について解説します。

乗り換え手続きが完了してしまうと、元に戻すことはできません。

auから楽天モバイルに乗り換え予定の方は、乗り換え前に注意しておくべき点をしっかりチェックしておきましょう。

auから楽天モバイルに乗り換える際の注意点
  • auが新プラン・対抗プランを出してくる可能性あり
  • ドコモahamoの登場様子見するのもアリ
  • auの新料金プランはまだ微妙
  • 楽天回線エリアはまだまだ限定的
  • iPhoneが操作保証外

auが新プラン・対抗プランを出してくる可能性あり

Rakuten UN-LIMIT Vは、auのデータ通信量が無制限のプランと比べて非常に低価格で利用できるため、多くのユーザーが魅力に感じたことでしょう。

しかし、auでもそのままにしておくはずがありません。

2021年1月にauから新プランを発表することを、KDDIの高橋社長が明らかにしています。

どのようなプランになるかは不明ですが、楽天モバイルなどの格安プランに対抗できるようなプランになる可能性がありますよ。

楽天モバイルに乗り換えるか迷っている方は、新プランが発表されるのを待ってから決めても遅くはないでしょう。

ドコモahamoが登場する2021年3月まで様子見するのもアリ

ドコモでは、ahamoという新プランの開始を発表しています。

月額料金は楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vと同額の3,278円で20GBのデータ通信が可能なプランです。

これまでの料金と比べて安く利用できるようになるため、非常に注目されています。

楽天回線エリア外では5GBしか高速データ通信ができないので、楽天回線エリア外の方はドコモのahamoのほうが得とも考えられます。

安さ重視で楽天モバイルに乗り換えを検討しているなら、ahamoの様子を見てからでも良いのではないでしょうか。

ahamoの提供開始は2021年3月を予定しています。

auの新料金プランはまだ微妙

2020年12月9日、auから新料金プランが発表されました。

ドコモのahamoが発表されたばかりだったため、同じような内容のプランが発表されると思っていた方が多く、期待外れだった方も多かったようです。

auの新プラン

データMAX 5G with Amazonプライム
データ容量無制限
テザリング上限:60GB
月額料金(2年定期契約N適用時)10,098円
家族割プラス(4人以上)-2,222円
auスマートバリュー-1,100円
スマホ応援割Ⅲ(6ヶ月間)-1,540円
5Gスタート割(12ヶ月間)-1,100円
合計4,136円(〜6ヶ月目)
5,676円(〜12ヶ月目)
6,776円(13ヶ月〜)
備考AmazonプライムTELASAの
サービス利用料がセットになっている

auが発表したデータMAX 5G with Amazonプライムは、データ利用量無制限で利用できる他、AmazonプライムとTELASAのサービス利用料がセットになっています。

各割引サービスが適用になれば、半年間4,136円で利用可能とされています。

AmazonプライムやTELASAを利用する方にとっては、非常にお得なプランと言えます。

しかし、さまざまなセット割サービスなどが適用されなければ月額料金は安くならず、複雑さが問題だと言われています。

これでは楽天モバイルに乗り換えた方がお得と言われるのは無理もないでしょう。

ただし、先ほど解説したように、auでは2021年1月にさらなる新プランを発表予定です。

楽天モバイルやahamoに対抗するプランになると期待できますので、2021年1月の発表は待った方が良さそうです。

楽天回線エリアはまだまだ限定的

楽天モバイルは、楽天回線エリア内で使えるかどうかが重要です。

現在お住まいの地域や、良く利用する地域が楽天回線エリア内であれば、3,278円の格安でデータ通信し放題になります。

しかし、楽天回線エリア外は5GBまでしか高速データ通信ができないため、どうしても楽天回線エリア外の方は不利になってしまいます。

肝心の楽天回線エリアはどうなっているのかというと、2020年12月現在は、まだ主要都市でしか使用できません。

東京都はエリアが広がりましたが、それ以外の地域はかなり限定的です。

地方在住の方が高速通信で使い放題になるまで、まだまだ時間がかかるでしょう。

iPhoneが動作保証外

楽天モバイルでは、iPhoneの動作確認は取れていますが、動作保証はしていません。

今後のiPhoneのアップデートなどにより、楽天モバイルで正常に使えなくなる可能性もあります。

また、自動回線切替ができません。

せっかく楽天回線エリア内に入っても、手動で回線切替を行わなければならないことがあるので注意してください。

auから楽天モバイルへの乗り換えについて、よくある質問

迷う女性
最後に、auから楽天モバイルへの乗り換えで、よくある質問について回答します。

auから楽天モバイルに乗り換えるとどのくらい安くなるのか

auデータMAX 5Gと比べた場合、月6,050円も安く利用できます。

さらに、キャンペーンが適用になれば、1年間プラン料金が無料で利用できます。

詳しくは、記事をご覧ください。

auから楽天モバイルに乗り換えるときの費用を知りたい

auからの乗り換え費用は、MNP転出手数料・契約解除料・端末の残債がかかります。

楽天モバイルでかかる契約事務手数料は無料となっています。

詳しい費用は契約状況によって異なるので、詳しくは記事をご覧ください。

楽天モバイルは通信し放題か

楽天回線エリア内では、通信し放題です。

ただし、エリア外での高速データ通信の上限は5GBとなっています。

それ以降は、1Mbpsの低速通信でし放題となります。

auから楽天モバイルに乗り換える際の注意点を知りたい

SIMロック解除の手続きが必要な場合や、楽天モバイル対応端末でないと利用できない機能があります。

今後auから楽天モバイルに対抗するような新プランが発表されるかもしれません。

その他の注意点は、記事をご覧ください。

楽天モバイルはキャンペーンを利用してお得に乗り換えよう

楽天モバイル
auから楽天モバイルに乗り換えるとどのくらい安くなるのか、解説してきました。

auから楽天モバイルに乗り換えるお得なポイント
  • 楽天モバイルなら3,278円でデータ通信・通話し放題
  • 1年間プラン料金が無料になるなどお得なキャンペーン実施中
  • オンラインショップで簡単に乗り換えできる

楽天モバイルは、楽天回線エリア内で利用できれば、月額3,278円でデータ通信・通話が無制限で利用できてお得です。

エリア外であっても、5GBまで3,278円で高速データ通信ができるのは、auの低容量プランと比べても割安なのはうれしいですね。

ただし、楽天モバイルで動作保証している端末は限られています。

iPhoneも利用することは可能ですが、一部使えない機能があり動作保証もされていません。

利用するときは自己責任となることに注意してください。

また、auの契約状況によっては、契約解除料が10,450円もかかってしまう恐れがあります。

乗り換えを検討している方は、まずはMy auで契約状況を確認してみましょう。

楽天モバイルでは、1年間プラン料金が無料になるなどのお得なキャンペーンを開催しています。

お得に乗り換える大チャンスとなっているので、ぜひ、楽天モバイルに乗り換えを検討してみてください。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ