auからLINEモバイルに乗り換えた26歳情報通信コンサルタントの理由

auからLINEモバイルに乗り換えた26歳情報通信コンサルタントの理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

情報コンサルタントはLINEモバイルのカウントフリープランに注目

  • 26歳
  • 男性
  • 会社員 情報通信コンサルタント
  • auから乗り換えた格安SIM会社:LINEモバイル
  • 乗り換えた時期:2017年2月

auから敢えて格安SIMに乗り換えた理由

現在、私はLINEモバイルの格安SIMを使用していますが、乗り換えた一番の理由としてはLINE・Facebook・twitter等のSNSの通信料節約のためです。

LINEモバイルでは上記のようなSNSの通信料が使い放題となるカウントフリープランというものが存在し、特定アプリでの通信料が安くなることとなり、スマホの使用用途としてかなりの割合を占めるSNSの通信料が削減されることで月の支払額が削減されます。

また、スマホゲーム等で大容量のデータ通信を行うことも多く、利用している7GB音声通話SIMプランは月3,000円程度となり、とてもコストパフォーマンスに優れていると感じています。

格安SIMに乗り換えたメリット

料金体系の安さ

乗り換えた理由として一番に挙げていますが、最大のメリットはその料金体系の安さであると感じています。

au等のキャリアを利用している場合、スマホ料金として一般的に月額7,000円程度かかるケースが多いと思いますが、格安SIMの場合は月額2,000円〜3,000円(データ容量やプランにもよるが)で利用できることが多くコストカットに繋がっています。

2年縛りがないことによる心理的コストの低下

au等のキャリアでは端末代金が実質無料になるような特典をつけ、2年縛りで契約することが一般的と思います。

実際に購入時のコストカットには繋がっていますが、2年の契約中に解約すると解約金がかかるといった心理的なストレスがかかる点が存在します。

他方MVNOの場合はこの縛りが存在しないため、他者のMVNOへの乗り換え等も簡単に検討することができると感じています。

格安SIMに乗り換えたデメリット

通信速度が遅くなる傾向がある

MVNOでは大手キャリアの通信回線を一定の帯域だけ借り受け、自社のユーザに利用してもらっているという特性があるため、同時にデータ通信をおこなうユーザが多くなる時間帯に速度が低下する傾向があると感じています。

特に仕事休憩の方が多くなるお昼時、お仕事帰りの夕方時に通信速度が低下することが多いです。

また、仕事帰りの地下鉄等の人が密集している場所でもWebページの読み込みに時間がかかったりした経験があります。

端末の動作確認等が必要

現在私はiPhoneでLINEモバイルを使用しており、乗り換え前に動作確認済みの機種として確認することができました。

しかし、人によっては使用する端末が少し古いことや当人の知識が不足している等の理由で、所持している端末でサービスが利用できるか事前に確認することが必要になる点は敷居を高くしている点と感じています。

実際に自分の周りにもMVNOを利用した格安SIMはよくわからない(自分の端末で使えるのかわからない)といった方も多く、au等の大手キャリアを使用している方がいます。

LINEモバイル

安いのに速度制限のストレスを感じない

  • 33歳
  • 男性
  • フリーランス WEBクリエイター
  • auから乗り換えた格安SIM会社:LINEモバイル
  • 乗り換えた時期:2017年5月

まず、毎月の料金が安くなることを始め、LINEやSNSでコミュニケーションをとるようになり、通常の電話回線が不要になったため、Wi-Fiでアプリ利用のみであれば、大手キャリアの高い料金より格安SIMが良いと思いました。

また、ネット上で既に利用された方の感想なども見れたので安心感を得たのも大きいです。浮いたお金で子供に何か服など買ってあげたかったというのも乗り換えた理由の1つです。

メリットに関しては、毎月の料金が安いこと。また、安いにも関わらず、とくに速度制限のストレスを感じないところが良いです。

大手キャリアは、サービスが多すぎて良し悪しが分かりにくいのに対し、格安SIMは過剰なサービスが取り除かれて、とてもシンプルに利用することができます。

LINEモバイルに関しては、SNSやLINEのカウントフリーのプランがあるので、よく利用するに私にとってはとてもありがたいです。

とくにLINEは、電話だけではなくて、子供の画像や動画など容量が大きいコンテンツも、他の家族に送る場合があるので、カウントフリーが非常に助かります。

LINEに限らず、それぞれの格安スマホでポイントが貯まるなど、独自のお特典などサービスが提供されているのも嬉しいポイントです。

デメリットは、SIM解除したとはいえ、もともとauの端末に別のSIMを入れているせいか、今まで一切トラブルがなかったカメラアプリ(デフォルトのやつ)が起動しなくなる症状が発生することがありました。

再起動したら元に戻りますが、動作確認済みと公式で書いていたとしても、多少のトラブルは覚悟しといた方が良いと思いました。

また、実店舗が大手キャリアと比べると非常に少ないので、何かトラブルがあったらネット上で質問することとなりますが、テンプレ対応で問題解決しないこともあり、自分でネットで同じトラブルが起きた人の記事を探すなど、サポート面が充実していないところがあります。

速度制限は起きにくいが、仕事の休憩時間の昼間や仕事終わりの夕方など多くの人が利用する場合は、通信速度が重くなるときがあります。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

LINEモバイル

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【2018-19年冬春版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2018-19年冬春の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホを決めました。 始めに最新スマホのおすすめランキングを紹介し、最後に使...
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年冬発売モデルも一通り発表され、今回も高性能なモデルからローエンドモデルまで数多く登場しました。 高性能な機種も種類が多く、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2018年冬モデルを中心に、RAM6GB...
AQUOS sense2のスペックと価格は!?AQUOS senseとの違いは何?... 2017年秋に発売され大ヒットとなった、SHARP製のスタンダードモデルスマホの「AQUOS sense」。 今回はその「AQUOS sense」の後継機種となる、「AQUOS sense2」が2018年秋冬モデルとして発表されました...
6インチ以上の大画面スマホ最新おすすめランキング【2018年秋版】... 最近のスマホは大型化が進み6インチを超える大画面のモデルも増えつつあります。 6インチを超える大画面スマホを敬遠する理由として、携帯性が損なわれるから、という方は多いでしょう。 しかしそれも担保するために、ベゼルレスというデザイ...