auからmineo(マイネオ)へ | 支払いが半額になって大助かりで通信も安定

auからmineo(マイネオ)へ | 支払いが半額になって大助かりで通信も安定

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auからmineoに乗り換えたら利用料が半額になった

  • 28歳
  • 男性
  • フリーター
  • auからmineoに乗り換えた時期:2017年11月

auからmineoに乗り換えた理由で最も大きかったのが「毎月かかる携帯料金を抑えたかった」という点です。

携帯料金が安くなれば何処でも良いと考えていたのですが、大手格安SIMの比較サイトを見た時に毎月かかる料金の安さと当時使用していたauのスマホ端末をそのまま使用する事が出来たという点でmineoを選びました。

au時代には毎月8,000円弱だった携帯料金がmineoに乗り換えてからは半額以下の4,000円弱に抑える事が出来たので料金面ではかなり満足しています。

サブではなくメインスマホとしての使用だったので料金プランはデュアルタイプの6GBにしていますが、不便に感じる事なく快適に使用する事が出来ています。

また、短時間の電話回数が多かったので10分かけ放題プランにも加入していますが、10分以内であれば通話料金を気にせず電話が出来るので助かっています。

大手キャリアで採用されている、余ったデータ容量を翌月に繰り越す事も可能で全然インターネットを使わなかった月があれば翌月は外出先や移動中にストリーミングで動画を視聴出来るといった点も気に入っています。

家族がいる場合は、他の端末に余ったデータ容量をシェアする事も出来るので家族でmineoを使用出来る事も魅力だと思います。

それ以外にもマイネ王に登録してeoIDと連携するだけで利用出来るフリータンクやmineoユーザー同士でデータ容量を分け合う事が出来るパケットギフトと使い勝手の良いサービスが豊富に用意されています。

格安スマホに乗り換える際に最も懸念していたデータ通信速度もインターネットサーフィンや動画視聴程度では止まる事がないので安心しました。

また、1年~2年以内に解約すると高い解約手数料が必要になる格安SIMが多い中、mineoであれすぐに解約しても手数料がかからないのでお試しで契約出来る事も大きな魅力でした。

一方、mineoのデメリットとして使用可能なスマホが分かりにくいといった点が挙げられます。乗り換える前に使用していたスマホでもauとdocomoで使用出来るか違ったりと事前に確認する手間がかかります。

スマホを購入する場合は他の格安SIMの方が安かったりもします。また、手数料無料で解約出来るといったメリットがありますが、MNPを利用する場合には1年以内は1万1500円、1年以降は2000円の手数料が必要になります。

携帯番号を変えたくない場合はお試しで契約してすぐに解約が出来ないといった点はデメリットです。

auから格安スマホに乗り換え|格安SIMを比較して条件毎におすすめ

mineo公式ショップを見る

格安SIMのmineoだけど実店舗で安心さも確保

  • 30歳
  • 女性
  • 主婦
  • auからmineoに乗り換えた時期:2017年4月

auから格安SIMに乗り換えた理由は携帯料金を下げたかったからです。

auのときは家族割などを使って割引されていても月に6,000〜8,000円かかっていて負担になっていました。

私は昨年の夏に入籍したのですが夫の携帯はdocomoで私とキャリアが違ったので、そこで格安SIMを検討し始めました。

夫と同じキャリアにして、家族割なども使ってもあまり携帯料金は変わらないのではないか、と考えた為です。結果、auに対応している格安SIMであるマイネオへと変更しました。

マイネオのメリットはスマホがそのままで乗り換えが出来るところです。

格安SIMにするためだけにわざわざ買い換えるのは面倒だなと思っていたので、今使っているスマホのまま格安SIMに出来るというところに魅力を感じました。

また、マイネオには様々な料金プランがあったり、少ないですが店舗があるというのも魅力でした。

料金プランはパケット容量に合わせて細かく区切られています。下は500MBから上は10GBまであり、その人に応じて選べるのが良かったです。

パケット容量の変更もボタン1つで楽に出来るところも良いです。

店舗は渋谷を利用したのですが、店員さんが優しくわかりやすく教えてくださり、安心して格安SIMへと変更することが出来ました。手続きの時間もそんなにかからず、スピーディーに出来たのも良かったですね。

デメリットとしては通話料が高いところです。私のプランは通話かけ放題ではないので、ちょっと電話しただけで意外と通話料がかかります。

基本料金に通話料がプラスしてかかるので、かけすぎた際には基本料金にプラスして2,000円程かかったときもあります。

私は電話をかける月とかけない月があるのでかけ放題にはしていませんが、定期的にかける人にはかけ放題プランをおすすめします。

それからやはり他の人が集中的にネットを使うお昼12時や夕方18時はネットが繋がりにくくなります。繋がったとしても速度は遅めです。

ただ私は主婦で使える時間が自由なので、なるべくネット回線が混む時間は避けてネットをしています。

私は3GBのプランで、最近の月の携帯料金は平均3,000円です。基本料金は約1,500円なので、電話をかける回数が少なければ2,000円台のときもあります。

格安SIMに変更して携帯料金がグッと安くなったのは良かったです。デメリットも多少ありますが、それを加味しても私はマイネオに変更して良かったと感じます。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

【格安SIM比較】実店舗が多くサポートが充実してるのはどのMVNO?

mineo公式ショップを見る

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【2018-19年冬春版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2018-19年冬春の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホを決めました。 始めに最新スマホのおすすめランキングを紹介し、最後に使...
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年冬発売モデルも一通り発表され、今回も高性能なモデルからローエンドモデルまで数多く登場しました。 高性能な機種も種類が多く、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2018年冬モデルを中心に、RAM6GB...
AQUOS sense2のスペックと価格は!?AQUOS senseとの違いは何?... 2017年秋に発売され大ヒットとなった、SHARP製のスタンダードモデルスマホの「AQUOS sense」。 今回はその「AQUOS sense」の後継機種となる、「AQUOS sense2」が2018年秋冬モデルとして発表されました...
6インチ以上の大画面スマホ最新おすすめランキング【2018年秋版】... 最近のスマホは大型化が進み6インチを超える大画面のモデルも増えつつあります。 6インチを超える大画面スマホを敬遠する理由として、携帯性が損なわれるから、という方は多いでしょう。 しかしそれも担保するために、ベゼルレスというデザイ...