写ルンですからiPhoneへ転送する方法|データ化できる場所と値段

写ルンですからiPhoneへ転送する方法|データ化できる場所と値段

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

現在ではキレイな写真を撮るのに重くて大きな一眼レフは必要ありません。

200g程度のスマホが1台あればデジタル一眼レフに匹敵する程の高画質な写真を撮ることが可能になりました。

デジカメの中にはスマホのように軽くてポケットに入れて持ち歩ける機種もあり、カメラ性能に特化している分、画質や細かい設定に関してはデジカメの方がやはり優秀です。

しかし、スマホの利点は撮った写真などをその場でSNS等を通して世界へ発信できる点にあります。

30年以上前に誕生した使い捨てカメラのアナログな「写ルンです」がここ数年、SNS利用者の中で注目されてきています。

これは、高画質に均一化されたスマホやデジカメによるハッキリとした画像に若い世代の中で飽きがきているためと考えられます。

今回は「写ルンです」で撮影した写真をiPhoneに転送する為にデータ化できる場所や費用について紹介していきます。

トップ画像引用元:富士フィルム公式サイト「写ルンです シンプルエース」

写ルンですの写真がデータ化できる場所と値段

画像引用元:写ルンですの紹介 | 写ルンです Life | 富士フイルム

「写ルンです」からiPhoneへ転送する方法でデータ化できる場所と値段のポイントを最初にお伝えしておきます。

手順や料金の詳細は後述しますが、

カメラのキタムラやビックカメラが簡単でお得

  • 対応店舗に「写ルンです」を持っていく
  • カメラのキタムラは700店舗以上、データ転送サービスでフィルム1本(27枚撮り)で1,512円
  • ビックカメラは40店舗、iPhoneへの転送サービスがあり楽、フィルム1本(27枚撮り)1,080円
  • 転送サービスがなければ写真からデータ化をしてパソコンで読み込んでiPhoneに転送する

となります。ただ、カメラのキタムラやビックカメラが近くにない場合もありますので、その時の対応も詳しく説明しますね。

※この記事内の価格については、税込の表示となっています。

1 使い捨てカメラの「写ルンです」

画像引用元:富士フィルム公式サイト「写ルンですの使い方」

「写ルンです」は1986年に富士フィルムから発売された使い捨てカメラです。

撮影した写真を現像及びプリントするためにカメラ屋さんへ持って行くのですが、カメラ本体は現像が終わった時に処分され戻ってこないため、使い捨てカメラと呼ばれていました

一般的な普通のデジカメとは異なり、

  • プラスチック製の本体はとても軽く
  • バッテリー不要
  • 操作も絞りやフォーカスを気にする必要はなく

フィルムを巻き上げたら後はシャッターを押すだけ、とても簡単なつくりとなっています。

もし被写体の周りが暗ければフラッシュを点灯させることも可能です。

現在、初代「写ルンです」の復刻版である標準的なタイプと、海の中でも撮影可能な防水タイプの2種類が販売されています。(2018年11月現在)

ちなみに現在「写ルンですシンプルエース」がAmazonで864円で販売されています。

1-1 初代モデルデザイン シンプルエース

画像引用元:富士フィルム公式サイト「フォトギャラリー SIMPLE ACE」

現在、10代や20代の方は初代の「写ルンです」は記憶にないと思いますが、30代後半以降の世代にとって懐かしさを感じられるデザインです。

27枚撮りでフラッシュ機能が備わっています。

1-2 水に強い ニューウォータープルーフ

画像引用元:富士フィルム公式サイト「フォトギャラリー New Waterproof」

防水カバー付きで水深10mまでの水中撮影に使用できる「写ルンです」。海やプールでの写真が雰囲気のある仕上がりになります。

防水カバーがほこりや雪からもカメラを守りますので、過酷な状況下でも防水タイプの「写ルンです」があれば問題なく写真を撮ることができます

こちらも27枚撮りですがフラッシュ機能は付いていません。

「写ルンです」で撮影したらどうやって写真をみるの?

「写ルンです」で撮影した後は基本的に写真屋さんで以下の流れでプリントしてもらうことになります。

  1. 「写ルン」ですをそのまま写真屋さんに持っていく
  2. 現像とプリントをお願いする(ネガフィルムの現像)
  3. プリントの紙の大きさと仕上がりで1枚あたりの価格が違う
  4. プリントができたら、ネガフィルムとプリントを受け取る
  5. 「写ルンです」本体は手元に戻ってこない

1-3 デジカメと比べて不便な点

手軽で、カメラについての知識や技術が無くても簡単に雰囲気のある写真が撮れる「写ルンです」は27枚撮りで1,000円未満で購入できます。

そのため、遊び感覚で楽しめるツールといえますが、やはりアナログによる不便さもあります。

失敗したと思ってもデジカメやスマホカメラのように撮り直すことが出来ず、その1枚は無駄になってしまいます。

デジタルカメラやスマホと違いその場で撮影した写真が確認できないため、思い通りの写真が撮れているのかも分かりません。

「写ルンです」1台で27枚しか撮れませんので、全てが真剣勝負です。

2019年亥年はスマホで年賀状作成!人気の無料おすすめアプリ

次のページでは、「写ルンです」で撮った写真をデータ化してiPhoneへ転送する方法を詳しく説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

スマホ用3軸ジンバルATOMが凄い!動画撮影の手ブレ防止におすすめ... スマホのカメラはどんどんと高画質になっています。 iPhone XSのポートレートモードで撮影した写真は、一眼レフと見間違えるほど美しいです。 SNSに投稿するならもうカメラ単体では不要!な時代ですが、動画はどうでしょうか? ...
【Fire TV/Apple TV/Chromecast】比較!種類や価格、サービスの違い... スマホやタブレットで観ることが多いNetflix、U-NEXTなどの動画(VOD)を自宅のテレビでも観ることができるようになるということはご存知でしょうか。 最近ではスマートフォンと同じようにアプリが使えるスマートテレビと呼ばれるテレ...
Apple Musicの使い方と料金|月額料金を払う価値はあるか... Apple Musicは、Appleが提供する音楽ストリーミング配信サービスです。 これは2015年からサービスを開始したもので、iTunesとはまた違った音楽サービスとなります。 このページでは、Apple Musicの使い方...
脱出ゲームならこれ!人気の無料おすすめアプリ【iPhone/Android】... 脱出ゲームは、数多くあるスマホのゲームアプリの中でも特に人気の高いゲームジャンルです。 スマホでどのゲームをプレイしようかと悩んでいる人は、まず脱出ゲームから始めてみてはいかがでしょうか。 そこで今回は、人気の無料でプレイできる...