ソフトバンクからワイモバイルへMNP|乗り換え手順・費用・注意点を完全ガイド

  • 2018年4月3日
  • by 
ソフトバンクからワイモバイルへMNP|乗り換え手順・費用・注意点を完全ガイド

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

携帯電話は生活の中で欠かせないインフラです。仕事をするにも、日常生活を送るにもなくてならないものといえます。

しかし、その重要度や利用度と比例して、費用もかかってしまいがちなのがスマホです。特にインターネットをよく利用する人の多くは、毎月1万円以上を通信費に費やしているのではないでしょうか。

しかし、ほぼ全く同じ機能が使えて、その費用が半額以下になったらどうでしょうか。かなり家計的に助かるのではないでしょうか。

それが簡単にできるのが、いわゆる格安スマホへの乗り換えなのです。「乗り換え」だなんて面倒くさそうですが、実際にやってみると、意外と簡単にできます

そこで今回は、ソフトバンクから格安スマホのワイモバイルに乗り換える方法をご紹介します。

1 ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると、いくら得をするのか

手続き方法を紹介する前に、まずはソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた場合、だいたいいくら安くなるのか、ということをシミュレーションしてみましょう。具体的な金額が分かれば、すぐにでも乗り換えたくなること請け合いです。

1-1 ソフトバンクの一般的な費用

まず、ソフトバンクを1番費用がかからない契約内容にした場合の月額費用です。

項目金額
スマ放題ライト(全国5分以内なら無料)1,700円
ウェブ使用料300円
データ定額ミニ 1GB2,900円
合計4,900円

1-2 ワイモバイルの一般的な費用

次にソフトバンクと同様の機能をワイモバイルでも可能にした場合の費用です。

詳しく内訳をご紹介すると以下のようになります。

項目金額
スマホプランSの定価3,980円
データ容量2倍オプション500円(A)
※ただし24ヶ月は(A)は割引-500円
スマホプラン割引 25ヶ月間-1,000円
<ここまでの合計>2,980円(B)
「ワンキュッパ割」(12ヶ月間)-1,000円
<月額合計>1,980円

いかがですか。ソフトバンク4,900円に対して、ワイモバイル2,980円ですから、月々1,920円のコストダウンです。年間で23,040円ものお金が浮くわけです。

さらに、初年度は1,000円の割引がついて、通信容量も+1GB増えますから、最高で年間35,040円のコストダウンとなります。

単に契約先を変えるだけで、これだけのお金が浮くわけです。

2 乗り換えの基本的な知識の解説

では、いよいよソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるための手続きについてご説明していきます。その大前提として、乗り換えに際して頻出する用語の意味を説明しておきます。

2-1 MNPとは何か

まずMNPという言葉です。これは英語の「Mobile Number Portability」の頭文字で、要は携帯電話の番号ポータビリティのことです。

これを行えば、今まで使っていたスマホやガラケーの電話番号を格安スマホでもそのまま使うことができます「契約先を変えてもいいけれど、電話番号が変わることで、知人への連絡や各種金融機関などへの再登録が大変そうだ」と思っていた人には朗報ではないでしょうか。

ただし、MNPでは携帯電話番号以外のメールアドレス、オプションサービス、Felica残高、プリペイドの残高、コンテンツ契約、アプリなどは引き継がれないので、注意が必要です。

さて、MNPの手続きは非常に簡単です。今契約しているソフトバンクに連絡をして、MNPをすることを伝えてください。そして、「MNP予約番号」と「MNP予約番号の有効期限」の2つを教えてもらうだけです。

この作業には3,000円がかかります。ですが、これは先行投資だと思ってください。

もちろん番号が変わってもいいという人の場合は、MNPの手続きを行わないで乗り換えることも可能です。その際には番号が新しくなってしまう代わりに、3,000円のMNP転出手数料もかかりません。

MNP予約番号のもらい方は、ソフトバンクの店舗に行くか、専用窓口に電話をするかのどちらかです。ほかの携帯会社ではWeb上でも可能ですが、ソフトバンクにはそういった窓口がありません。

どちらでも全く手続き内容は変わりませんし、3,000円という手数料も同じですが、店頭での手続きには30分くらいの待ち時間が発生することがほとんどですから、電話の方がおすすめです。

また、MNP予約番号には有効期限があります。ありますが何度でも無料で再発行できます。もちろんMNP予約番号を発行しただけでは解約になりません。ですので早く取って有効期限が切れてしまっても、再発行すれば良いだけなので早く取得しておくことをおすすめします。

ドコモ・au・ソフトバンクでMNPを最短取得する方法。MNP引き止めやうろうろポイントって何?

Y!mobileオンラインストア

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

スマートフォン・ケータイをおとくに乗り換えるための5つのポイント... 「スマートフォン・ケータイを乗り換えよう!」そう思う理由やタイミングは人それぞれです。 そして、どうしたらおとくに乗り換えられるのか?その方法も利用状況や、乗り換えする人数などによって変わってきます。 ここではスマートフォン・ケ...
【iPhone 8 VS HTC U12+】4インチ台機種と6インチのSIMフリースマホを比較... 2018年夏の注目機種として、HTC U12+がリリースされました!最新CPUと高性能カメラで人気の高いSIMフリーモデルですね。 しかし、国内シェア1位のiPhoneとどちらにするか悩む方も多いようです。 そこで今回はiPho...
今さら聞けないMNPの方法・手数料・違約金と乗り換えキャッシュバック... 携帯ショップに行った時に、1度でもMNPという言葉を聞いたことがある人はほとんどではないでしょうか。 今でこそMNPという言葉はかなり浸透して来ましたが、「実はあまり意味をわかっていない」という方も多いのではないでしょうか。 そ...
【iPhone X VS ZenFone 5】徹底比較|どちらもSIMフリーで利用可能... Appleが発売する「iPhone X」とASUSが発売する「ZenFone 5」はどちらも人気のあるスマホです。 iPhone XもZenFone 5も特徴的なスマホですので、その違いをしっかり押さえてあなたにピッタリな方を選んでく...