【Galaxy S10+ VS AQUOS zero2】徹底比較|どっちが買いか?その理由

  • 2019年11月12日
  • by.araki

img_features_07-1

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Galaxy S10+は、Androidスマホとして現在最も評価の高い機種のひとつです。

発売からそろそろ半年が経とうとしていますが、その評価はまったく落ちていません。

そんな中、シャープからハイエンドモデルのAQUOS zero2が2020年1月以降に登場します。

果たしてGalaxy S10+を食らうような名機となり得るのでしょうか。

このページでは、Galaxy S10+とAQUOS zero2を徹底比較し、その違いを分析しながら、どちらが買いかに迫りたいと思います。

トップ画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S10+とAQUOS zero2の発売日・価格

画像引用元:2019-20 docomo collection特集 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

はじめに、両機種の発売日と価格をまとめます。価格表示は税込です。

Galaxy S10+の発売日と価格
  • 発売日:2019年5月23日
  • ドコモ価格:101,088円
  • au価格:114,960円

※発売日は「国内最速」だったauでの発売日

AQUOS zero2の発売日と価格
  • 発売日:2019年1月以降予定
  • ドコモ価格:未定
  • au価格:未定
  • ソフトバンク価格:未定

AQUOS zero2は発売までまだ期間があり、金額については一切情報が出ていません。

去年のAQUOS zeroを参考に考える

画像引用元:AQUOS zero | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS zero2は、今年春に発売したAQUOS zeroの後継機にあたります。

そのため今回は、AQUOS zeroの価格からzero2の値段を予測してみました。

AQUOS zeroの発売日と価格
  • 発売日:2019年4月9日
  • ソフトバンク価格(発売当初): 99,840円
  • ソフトバンク価格(現在):77,280円

現在は値下がりしていますが、発売当初は10万円に迫る価格でした。

今回もこれに近いものになると考えるのが妥当でしょう。

Galaxy S10+とそう変わらない価格になると言えるのではないでしょうか。

Galaxy S10+とAQUOS zero2のスペック

画像引用元:製品比較リスト│製品│au

それでは両機種のスペックを並べて見てみましょう。

Galaxy S10+とAQUOS zero2のスペックを比較

機種名Galaxy S10+AQUOS zero2
OSAndroid 9Android 10
SoCSnapdragon 855Snapdragon 855
本体サイズ約158×74×7.8mm約158×74×8.8mm
重量約175g約143g
ディスプレイ約6.4インチ
有機EL
3,040×1,440
ピクセル
6.4インチ
有機EL
2,340×1,080
ピクセル
アウトカメラ広角
約1,200万画素
(F値1.5)

超広角
約1,600万画素
(F値2.4)

望遠
約1,200万画素
(F値2.2)
広角
約1,220万画素
(F値1.7)

超広角
約2,010万画素
(F値2.4)
インカメラ標準
約1,000万画素
(F値1.9)

RGB深度
約800万画素
(F値2.2)
約800万画素
バッテリー容量4,000mAh3,130mAh
RAM8GB8GB
ROM128GB256GB
外部ストレージmicroSDXC
(最大512GB)
非対応
防水・防塵IP68IP68
生体認証指紋認証
顔認証
指紋認証
顔認証
おサイフケータイ対応対応
テレビワンセグ
フルセグ
非対応
ドコモ価格101,088円未発表
au価格114,960円未発表
ソフトバンク価格なし未発表

ざっと見ただけでも、共通点が多いことがわかります。

それだけに比較しがいのある名勝負になりそうです。

ドコモのGalaxy S10/S10+に機種変更|お得に購入する完全ガイド

次の章から、これらの項目ごとに比較していきます。

動作の快適さは互角か

画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

スマホのスペックで特に注目したいのが、その機種の処理能力です。

これが高ければ重たいゲームを含め、あらゆる操作が軽くて快適になります。

スマホの処理能力の総合力を示すAnTuTuベンチマークスコアを比較してみましょう。

AnTuTuベンチマークスコア対決
  • Galaxy S10+:約42万点
  • AQUOS zero2:約36~42万点(予想)

AQUOS zero2はまだ発売前なので、予想のスコアとなります。

しかし、 SoC(≒CPU)にGalaxy S10+と同じSnapdragon 855を搭載するということなので、恐らくこのくらいの範囲となるでしょう。

ただ、RAMもGalaxy S10+と同じく8GBなので、処理能力にはそれほど大きな差は出ないはずです。

非常に似通った本体サイズ

画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S10+もAQUOS zero2も、6.4インチの有機ELディスプレイを有しています。

また、本体サイズも非常に似ています。

Galaxy S10+とAQUOS zero2のサイズなど比較

機種名Galaxy S10+AQUOS zero2
本体サイズ約158×74×7.8
mm
約158×74×8.8
mm
重量約175g約143g
ディスプレイ約6.4インチ
有機EL
3,040×1,440
ピクセル
6.4インチ
有機EL
2,340×1,080
ピクセル

大きく異なるのは端末の重さで、AQUOS zero2はGalaxy S10+より32gも軽量です。

この軽さこそAQUOS zero2の最大の売りで、軽量かつ高強度なマグネシウム合金フレームを採用することで実現した、他にはない個性と言えます。

一方、ディスプレイのピクセル数はGalaxy S10+のほうが上です。

よって、

  • 画質のGalaxy S10+
  • 軽さのAQUOS zero2

といったところでしょうか。

カメラ対決はGalaxy S10+の勝利か

画像引用元:カメラ | Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

カメラについてはGalaxy S10+の良さが目立ちます。

Galaxy S10+とAQUOS zero2のカメラ比較

機種名Galaxy S10+AQUOS zero2
アウトカメラ広角
約1,200万画素
(F値1.5)

超広角
約1,600万画素
(F値2.4)

望遠
約1,200万画素
(F値2.2)
広角
約1,220万画素
(F値1.7)

超広角
約2,010万画素
(F値2.4)
インカメラ標準
約1,000万画素
(F値1.9)

RGB深度
約800万画素
(F値2.2)
約800万画素

まず、Galaxy S10+は広角(標準)+超広角+望遠のトリプルレンズカメラを搭載しています。

対するAQUOS zero2には、望遠カメラがありません

また、Galaxy S10+の広角(標準)カメラ(通常時に使うカメラ)のF値が1.5というのも驚異的です。

F値の数値が小さいものほど、たくさんの光を取り込むことができ、明るくキレイな写真を撮ることができます。

つまり、Galaxy S10+なら難しい設定をすることなく、全体的に明るい印象の写真が撮れるということです。

ただし、超広角カメラについては、AQUOS zero2の方が有効画素数で上回っています。

インカメラもGalaxy S10+が優勢

Galaxy S10+は、自撮りに使うインカメラも非常に高スペックです。

有効画素数約1,000万(F値1.9)の標準カメラに加えて、RGB深度カメラもついたデュアルレンズカメラとなっています。

これにより、自撮りでの背景ぼかしも可能です。

また、美肌効果などの「盛る」機能があったり、動画撮影時もオートフォーカスが働いたりするなど、インカメラ離れしたスペックを有しています。

バッテリー容量もGalaxy S10+

画像引用元:パフォーマンス | Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

バッテリー容量はAQUOS zero2が3,130mAhなのに対し、Galaxy S10+は4,000mAhです。

よりバッテリー容量の多いGalaxy S10+のほうが、バッテリー保ちは優れているでしょう。

ただし、ヘビーに使う場合は、毎日の充電が必須となります。

ドコモでAQUOS zero2に機種変更|お得に購入する完全ガイド

次の章でも引き続き比較を行っていきます。

よりたくさんのデータを保存できるのは?

画像引用元:パフォーマンス | Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

アプリや写真、動画など、あらゆるデータを保存できる量はROMによって決まります。

このROMの量で勝っているのはAQUOS zero2です。

Galaxy S10+とAQUOS zero2のROM
  • Galaxy S10+:128GB
  • AQUOS zero2:256GB

シンプルに考えると、AQUOS zero2はGalaxy S10+よりも倍の量のデータを保存できることになります。

ただしGalaxy S10+はmicroSDカードを入れられる

Galaxy S10+はROMの量で負けているものの、最大512GBまでのmicroSDカードを挿入することができます。

一方、AQUOS zero2は、microSDカードの挿入ができません。

microSDの容量も合わせれば、Galaxy S10+のほうがより多くのデータを保存できることになります。

また、microSDはパソコンでも使えるので、データを移行するときなどにも便利です。

ワンセグ・フルセグへの対応は?

Galaxy S10+はワンセグ・フルセグに対応しています。

AQUOS zero2は対応していません。

そのため、より優れているのはGalaxy S10+と言えそうです。

災害時などに外でテレビが見られるのは大きなポイントではないでしょうか。

共通点も多いGalaxy S10+とAQUOS zero2

画像引用元:製品比較リスト│製品│au

Galaxy S10+とAQUOS zero2には共通点も多く見られます。

すでに述べているものも合わせて、まとめてみましょう。

Galaxy S10+とAQUOS zero2の共通点
  • Snapdragon 855搭載
  • 6.4インチの有機ELディスプレイ
  • RAMが8GB
  • 顔認証にも指紋認証にも対応
  • 優れた防水・防塵性能
  • おサイフケータイ対応

「RAMが8GB」と「顔認証にも指紋認証にも対応」という点は、他のスマホではあまり見られない優れたポイントと言えます。

特にRAM 8GBという数字は、高級ノートパソコン並です。

この2機種については、RAMが足りなくてアプリが落ちるということは滅多にないでしょう。

やはりGalaxy S10+は強い!

画像引用元:Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

以上、Galaxy S10+ VS AQUOS zero2でした。

Galaxy S10+ VS AQUOS zero2まとめ
  • どちらもトップクラスのハイエンドモデル
  • 基本的なところでは共通点も多い
  • AQUOS zero2の軽さは唯一無二の個性
  • それ以外はGalaxy S10+が優勢

AQUOS zero2も相当な高スペックスマホでしたが、比較したことで改めてGalaxy S10+のすごさを実感する結果となりました。

AQUOS zero2を選ぶ場合は、唯一無二の個性である超軽量ボディにどこまで惚れ込むかにかかっていそうです。

それ以外では、Galaxy S10+を買ったほうが満足度は高いのではないでしょうか。

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ