Galaxy S21の価格や発売日のウワサ|ドコモ・auでの予約はまだ?

  • 2021年1月27日
  • by.affiprecious

Galaxy S21

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

日本時間の15日深夜、サムスンの新製品発表会が行われました。

かねてより噂されていたGalaxy S21シリーズも発表されました!

本記事ではGalaxy S21シリーズのスペックや特徴のほか、ドコモ・au・ソフトバンクでの価格や発売日なども解説していきます。

Galaxy S21まとめ
  • 価格は8万円~9万円台の予想
  • ドコモ・auでの発売は2月以降が濃厚
  • 「Snapdragon 888」搭載で高コスパ
  • カメラのソフトウェアが進化

画像引用元:ギャラクシーS21

※記事内の情報は2021年1月24日時点のものです。

Galaxy S21の価格/発売日

Galaxy S21シリーズ

画像引用元:ギャラクシーS21

Galaxy S21は発表されたばかりで、サムスンのスマホ「Galaxyシリーズ」の中でも最新の機種になります。

まずは、そんなGalaxy S21シリーズの価格について見ていきましょう。

機種本体価格日本円換算前モデル
Galaxy S21128GB:799.99ドル
256GB:849.99ドル
128GB:83,015円
256GB:88,203円
999ドル~
Galaxy S21+128GB:999.99ドル
256GB:1,049.99ドル
128GB:103,769円
256GB:108,957円
1,199ドル~
Galaxy S21 Ultra128GB:1,199.99ドル
256GB:1,249.99ドル
512GB:1,379.99ドル
128GB:124,523円
256GB:129,711円
512GB:143,202円
1,399ドル~

Galaxy S21の本体価格は発表されていますが、日本のキャリアでの販売価格はまだ発表されていません。

メインとなるGalaxy S21の価格は128GBで約800ドルと、前機種に比べて200ドルも安くなっています。

そのほかのモデルも、前モデルに比べておよそ200ドルと、大幅に安くなっていますね。

日本での販売価格はどれくらい?

2021年1月時点ではまだ日本国内での販売価格は発表されていないものの、上表の価格を日本円に換算するとGalaxy S21で8万円台前半です。

前モデルのGalaxy S20のドコモでの販売価格は102,960円。これから2万円を引くと82,960円です。

上表でのGalaxy S21の価格は83,015円ですから、ドコモでの販売価格はこのあたりで落ち着きそうですね。

Galaxy S20はauでも販売されていますが、発売当時の価格は117,480円。

よって、auのGalaxy S21販売価格は、これより2万円引きの97,480円あたりに落ち着きそうです。

どちらにせよ前機種に比べて約2万円安くなっているのは嬉しい限りですね。

Galaxy S21の発売日

Galaxy S21の発売は、2021年1月29日です。

しかし、Galaxy S21シリーズが発売されるドコモとauでは、まだ発売日は明らかになっていません。

ここで、前モデルであるGalaxy S20の発売日を振り返ってみましょう。

Galaxy S20の発売日
  • 発売日:2020年3月6日
  • ドコモでの発売日:2020年3月27日
  • auでの発売日:2020年3月26日

上記のとおり、Galaxy S20の発売日は3月6日でしたが、ドコモ・auから発売されたのは約3週間後です。

これがGalaxy S21にそのまま当てはまるかはわかりませんが、1月25日時点でドコモ・auのサイトに発売日が記載されていないところを見ると、1月29日に発売される可能性はかなり低いと言えます。

ドコモ・auでの発売は少なくとも2021年2月以降、Galaxy S20と同じスケジュールとなるのであれば3月上旬頃の発売となるでしょう。

Galaxy S21はドコモ・auで発売される?

上述したとおり、Galaxy S21シリーズはドコモ・auで発売されますが、すべての機種が発売されるわけではないようです。

2021年1月25日現在でわかっているのは、ドコモ・auともに発売されるのは「Galaxy S21」と「Galaxy S21+」だけ。

最上位モデルである「Galaxy S21 Ultra」は、まだ発売されるかは未定となっています。

ただし、Galaxy S20は、2020年7月にauから「Galaxy S20 Ultra 5G」が発売されていますので、数ヶ月後には「Galaxy S21 Ultra」も発売されるかもしれませんね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Galaxy S21のスペック

Galaxy S21/S21+

画像引用元:ギャラクシーS21

では、ドコモとauから発売されるGalaxy S21とGalaxy S21+のスペックから見ていきましょう。

Galaxy S21/S21+のスペック

項目Galaxy S21Galaxy S21+
画面サイズ約6.2インチ約6.7インチ
本体サイズ高さ:151.7mm
幅:71.2mm
厚さ:7.9mm
高さ:161.5mm
幅:75.6mm
厚さ:7.8mm
重さ169g~171g200g~202g
アウトカメラトリプルカメラ
標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約6,400万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー4,000mAh4,800mAh
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUSnapdragon 888
認証顔・指紋
防水IP68
カラーS21:ファントムバイオレット・ファントムグレー・ファントムホワイト・ファントムピンク
S21+:ファントムバイオレット・ファントムブラック・ファントムシルバー・ファントムピンク

Galaxy S21/S21+は最新モデルとあり、性能もバツグンです。

2機種はそれぞれ本体とディスプレイのサイズが違うものの、それ以外はほぼ同じ。

CPUには最新のチップ「Snapdragon 888」が搭載されており、RAMは8GB、ストレージも最大256GBとこちらも全く問題ないスペックです。

1,200万画素の超広角レンズに加え、6,400万画素の望遠レンズも搭載。カメラ性能も申し分なしです。

まさにハイスペックにふさわしい内容が揃っているわけですが、これが前モデルより200ドル値引きの約800ドルで購入できるのですから、コスパはかなり優れていると言えます。

Galaxy S21 Ultraのスペック

Galaxy S21 Ultra

画像引用元:ギャラクシーS21ウルトラ

日本国内キャリアでの発売はまだ未定であるGalaxy S21 Ultraですが、せっかくの最上位機種ですのでスペックを確認しておきましょう。

本機は新作のGalaxy S21シリーズで最高の性能を誇ります。

サムスンのGalaxyシリーズはそもそもスペックが高く、ガジェットマニアからの評判も上々。

その最高峰とあれば、かなり気になるところですよね。本機のスペックは下表のとおりになります。

Galaxy S21 Ultraのスペック

Galaxy S21 Ultra
画面サイズ約6.8インチ
本体サイズ高さ:165.1mm
幅:75.6mm
厚さ:8.9mm
重さ227g~229g
アウトカメラクアッドカメラ
標準:約1億800万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約1,000万画素
(3倍ズーム+10倍ズーム)
インカメラ約4,000万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB/16GB
ROM128GB/256GB/512GB
CPUSnapdragon 888
認証顔・指紋
防水IP68
カラーファントムブラック・ファントムシルバー

最大1億800万画素のアウトカメラや4,000万画素のインカメラを搭載し、4Kでの動画撮影も可能です。

またRAMが最大16GB、ストレージも最大512GBと、発売されているスマホの中でも最高レベルといえます。

Galaxy S21 UltraはSペンが使える!

Galaxy S21 Ultra

画像引用元:ギャラクシーS21ウルトラ

Galaxy S21 Ultraは、Galaxy Noteシリーズで評判の高かったSペンが使えます。

今までは本体に付属されていましたが、今回は別売り。

ですがスマホをメモ帳として使ったり細かい画像加工ができたりと、便利なアイテムとなっています!

Galaxy S21 Ultra

画像引用元:ギャラクシーS21ウルトラ

こんな風に会議でもスマホにさっとメモれます。実にスマート。

Galaxy S21の特徴

Galaxy S21/S21+

画像引用元:ギャラクシーS21

Galaxy S21で最も変化があった箇所といえばデザインです。

Galaxy S20までで見られていたエッジディスプレイは廃止となり、Galaxy S21ではフラットなディスプレイを採用しています。

また、カラーはGalaxy S21・S21+共に4色とバリエーションも豊か。

上記画像はGalaxy S21のカラーバリエーションですが、淡いピンクやパープルを含めた4色展開で、なかなかいい感じです。

カメラ機能はソフトウェアが進化

Galaxy S21のカメラ性能は、前機種であるGalaxy S20とほぼ変わりません。

広角・超広角・望遠のトリプルレンズで、有効画素数などもほぼ同じです。

ただし、カメラのソフトウェアはS20に比べて進化しています。

「シングルテイク」機能は、ユーザーが1回シャッターを切るだけでAIが自動で写真や動画に自動変換し、後から気に入ったものを保存できるというもの。

Galaxy S21に搭載されたシングルテイク2.0では、スローモーション再生が新たに追加されています。

また、スーパー手ぶれ補正により、動きが激しいスポーツ撮影なども手ぶれの影響を気にせず撮影する事が可能に。

Galaxy S21では8K動画も撮影可能であり、気に入ったシーンがあれば、そのまま高解像度の静止画として保存することもできます。

大容量バッテリー搭載

Galaxy S21には4,000mAh、Galaxy S21+には4,800mAhの大容量バッテリーが搭載されています。

加えてともに急速充電にも対応しています。

電池もちも良く、時間をかけずに充電できるため、バッテリー周りの使い勝手は抜群ですね。

Galaxy S21とGalaxy S20を比較

Galaxy S21

画像引用元:ギャラクシーS21

では、前機種であるGalaxy S20と性能を比較してみましょう。

項目Galaxy S21Galaxy S20
画面サイズ約6.2インチ約6.2インチ
本体サイズ高さ:151.7mm
幅:71.2mm
厚さ:7.9mm
高さ:152mm
幅:69mm
厚さ:7.9mm
重さ169g~171g約163g
アウトカメラトリプルカメラ
標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約6,400万画素
トリプルカメラ
広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約6,400万画素
インカメラ約1,000万画素約1,000万画素
バッテリー4,000mAh4,000mAh
RAM8GB12GB
ROM128GB/256GB128GB/256GB
CPUSnapdragon 888Snapdragon 865 5G
認証顔・指紋顔・指紋
防水IP68IP68
カラーファントムバイオレット・ファントムグレー・
ファントムホワイト・ファントムピンク(S21のみ)
コスミック グレー・クラウド ブルー・ クラウド ホワイト
本体価格799.99ドル999ドル

スペックを見ると、性能差はほとんどない事がわかります。

メモリはGalaxy S20が12GBであるのに対し、Galaxy S21は8GBとスペックダウン。

ただ、Galaxy S21のCPUは最新のSnapdragon 888が搭載されているため、この点はGalaxy S20よりも優秀ですね。

そんな何とも微妙な印象のGalaxy S21ですが、本体価格はGalaxy S20より約200ドル安いです。

日本円換算で約2万円の値下げとなるため、Galaxy Sシリーズはかなりコスパの良いスマホに生まれ変わったと言えるでしょう。

Galaxy S21の予約は続報を待とう!

Galaxy発表会まとめ

画像引用元:ギャラクシーS21

本記事では、Galaxy S21シリーズについて解説してきました。

Galaxy S21・Galaxy S21+はドコモ・auでの発売となりますが、数ヶ月後には最上位モデルであるGalaxy S21 Ultraも発売されるかもしれません。

国内4キャリアのなかではauがGalaxyシリーズに強いため、Galaxy S21 Ultraはauから発売される可能性が高いですね。

まだドコモとauからの販売情報に不明な部分が多いため、何か続報が入り次第、bitWaveでも発信していきたいと思います!

Galaxy S21まとめ
  • 価格は8万円~9万円台の予想
  • ドコモ・auでの発売は2月以降が濃厚
  • 「Snapdragon 888」搭載で高コスパ
  • カメラのソフトウェアが進化
Galaxy S20+ 5G実機レビュー!8K動画や120Hzで有機ELが凄すぎ!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。