Galaxy A20実機レビュー|低価格で初心者におすすめなエントリーモデル

  • 2019年12月13日
  • by 
Galaxy A20実機レビュー|低価格で初心者におすすめなエントリーモデル

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

ドコモとauから発売中のエントリーモデル格安スマホの「Galaxy A20」。

ドコモ版を入手したので実機レビューしたいと思います!!

Galaxy A20は2万円台とかなりの安さ、それでいてスペックも常用に耐えうるレベルとコスパの高い端末。

実機写真を交えながら、その実力に迫ります。

結論
  • シンプルで使いやすい
  • お財布に優しいコスパ最強スマホ
ドコモでGalaxy A20に機種変更|お得に購入する完全ガイド

トップ画像引用元:Galaxy A20 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy A20レッドを入手!箱の中身をチェックしてみましょう

Galaxy A20

今回手に入れたGalaxy A20はドコモ版で、カラーはレッドです。

カラーリングはビビッドな赤!真紅!といった派手目のカラーリング。

背面はツルツルとした質感で、側面は赤身がかったメタル調です。

ファーストインプレッションは鮮やかでかっこいいといった感じ。

Galaxy A20

箱の中身は本体と説明書、SIMを取り出す道具が入っています。

SIMを取り出す道具はiPhoneなどと同じですね。

充電ケーブルなどは一切入っていないので、今まで使用していたものを利用する必要があります。

Galaxy A20の中身
  • 本体
  • 説明書
  • SIMを取り出す道具

Galaxy A20の本体カラー

Galaxy A20

画像引用元:Galaxy A20 SC-02M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

  • レッド
  • ホワイト
  • ブラック

ドコモ版は3色展開でシンプルなカラバリです。

auでも全く同じ構成ですね。

今回入手したレッドは女性にも男性にもうけそうなオシャレなボディ。

ベゼル側は黒一色です。

ドコモキャンペーンバナー

Galaxy A20のスペックをチェックしてみましょう

Galaxy A20

項目スペック詳細
CPUSamsung Exynos 7884B
(オクタコア)
OSAndroid 9
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
バッテリー3,000mAh
本体サイズ高さ150 × 幅71 × 厚さ8.1 mm
重さ151g
ディスプレイ5.8インチ有機ELディスプレイ
解像度1,560 × 720
カメラ画素数メイン:約800万画素
サブ:500万画素
カラー
バリエーション
レッド・ブラック・ホワイト

まずはGalaxy A20のスペックをみていきましょう。

CPUはSamsung Exynos 7884B(オクタコア)でエントリーモデルですね。

メモリ3GB、ストレージは32GBと容量は少なめですがメモリは3GBと中々。

高さ150 × 幅71 × 厚さ8.1 mm、約151g、5.8インチ有機ELディスプレイ、1,560 × 720の解像度。

Galaxyらしくエントリーモデルでも有機ELを採用しています。

Galaxy A20の価格

販売本体価格
(税込)
36回払い
(税込)
購入
ドコモ21,384円594円/ 月ドコモオンラインショップ
au25,920円611円/ 月auオンラインショップ

Galaxy A20の本体価格はドコモで21,384円、auで25,920円。

エントリーモデルとはいえ、ドコモでは2万円台前半とかなりお買い得です。

安さとスペックのバランスが良いのか、スマホランキングでも急上昇しています。

Galaxy A20のポイント1:エントリーモデルなのにデザインもGOOD!

Galaxy A20

Galaxy A20が2万円台と格安スマホも真っ青の価格設定。

安くなるにつれてコスト削減されてしまうのがデザイン部分。

Galaxy A20はそのデザインも安っぽくならずに上手く仕上げています。

ツルツルとした背面にメタリックな側面の組み合わせ。

色合いもビビットで締まった赤はオシャレです。

背面の指紋はそこまで気にならない

Galaxy A20

Galaxy A20の背面はプラスチックでツルツルとしているため、指紋がそれなりにつきます。

全くつかないといえば嘘になりますが、レッドでは指紋がついても見えにくいですね。

今回入手したレッドをベタベタと触ってみました。

結果…やはり多少つきますね。

ホワイトでは見えづらく、ブラックは指紋が目立つ可能性があります。

どちらにせよGalaxy A20の指紋は見えづらい部類です。

カメラはでっぱりほぼなしシングル、ガタつきなし

Galaxy A20

Galaxy A20のアウトカメラは約800万画素 F値1.9のシングルカメラです。

さすがにシングルということもあり、カメラ部分はほぼフラットです。

ですから、ケースに入れず机の上で操作してもガタつきなどは一切ありません。

Galaxy A20のポイント2:端末サイズは小さいのにディスプレイは大

Galaxy A20

Galaxy A20は5.8インチの有機ELディスプレイを採用しています。

端末サイズは約150×71×8.1mmと小型でありながら画面は中々大画面!

解像度は1,560 × 720と最新のスマホからはやや落ちます。

ディスプレイサイズ比較(左から)
  • Galaxy A20:5.8インチ
  • AQUOS sense3:5.5インチ

近いサイズのAQUOS sense3と比較してみました。

端末サイズは同等ですがGalaxy A20の方がインチは大きくなります。

どちらも片手操作のしやすいコンパクトサイズですね。

表示領域やディスプレイの輝度は?

Galaxy A20

どちらも輝度マックスでの比較。

有機ELは黒に強いのが特徴ですが、そこまで違いがわかりませんでした。

表示領域に関してはGalaxy A20の方がディスプレイサイズが大きい分、やや広く感じます。

液晶の綺麗だが文字は多少気になる!?

Galaxy A20

Galaxy A20はディスプレイの解像度が1,560 × 720と高スペックスマホには劣ります。

FHDである2,160 × 1,080などと比べるとやはり文字は多少のキザつきを感じます。

しかし、めちゃくちゃ目を凝らしてみて感じるレベルなので通常使っている分には問題ないでしょう。

ノッチはM字

ディスプレイ上部にはノッチがあります。

ちょっと変わっていてアルファベットのMのよう。

なんだか可愛い形のノッチで、使用中気になることもありませんでした。

YouTubeなどを見るときはサイドが黒くなるのでノッチは動画に干渉しません。

Galaxy A20は片手でらくらく操作できる。

Galaxy A20

Galaxy A20を片手でもってみました。

電源ボタンはちょうど右側面の中央にあるので押しやすいですね。

端末自体が比較的小さめなので、女性でも片手操作はしやすいでしょう。

Galaxy A20のポイント3:あらゆる角度から端末をチェックしてみました

Galaxy A20

Galaxy A20を色々な角度からチェックしましょう。

正面からみると、画面オフ状態ではノッチが分かりません。

レッドの色がベゼルの外側に少しだけ見えますね。

ホームボタンはなしで、インカメラは上部中央にあり解像度は500万画素です。

インカメラの性能は多少物足りません。

Galaxy A20の右サイドをチェック

Galaxy A20

右サイドをチェックしてみましょう。

上部に音量調節キーが配置され、中央部分に電源ボタンがあります。

どちらも片手で操作できる範囲に収まっていますね。

Galaxy A20の左サイドをチェック

Galaxy A20

左サイドはSIMカードトレイとストラップホール

こちらは付属の道具を差し込むことでSIMを取り出せる仕組み。

ストラップホールはエントリーモデルにはなぜか多いです。

Galaxy A20の上部は?

Galaxy A20

上部には左端にイヤホンマイク端子があります。

イヤホンマイク端子もなぜかエントリーモデルには多いです。

あって困ることはないので、良しとしましょう。

Galaxy A20の下部は?

Galaxy A20

Galaxy A20の下部には中央にUSB Type-C接続端子、向かって左側に送話口/マイクがあります。

スピーカーは右側に設置してあり、穴の数は6つ。

YouTubeで音質をチェックしてみましたが、下部からしか音が出ないので臨場感は今ひとつ。

エントリーモデルでそこまで求めるのは酷ですが、通常に使用する分には問題ないレベルです。

Galaxy A20の背面は?

Galaxy A20

アウトカメラは1つだけ。

Galaxy A20はエントリーモデルであるためカメラは1つだけです。。

Galaxy A20のデュアルカメラの仕様
  • 有効画素数約800万画素 標準カメラ
  • 有効画素数約500万画素 インカメラ

スマホのカメラはどんどんと進化しているので、この辺はエントリーモデルといった感じのスペックです。

ただし、通常の撮影は十分綺麗でした。

防水・防塵搭載!

防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)の防水仕様。

水滴が付いている状態でも普通に操作できました。(多少誤操作あり)

こういった日常使いで必要な機能はしっかり装備しています。

【2020年版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ

Galaxy A20のポイント4:実際に撮影してみた

Galaxy A20

シングルカメラであるGalaxy A20。

解像度もそこまで高くないので、あまり期待せずに実際に撮影してみました。

Galaxy A20とAQUOS sense3とiPhone XRで同じものを撮影

公平を期すために、なんの設定もせずにカメラアプリからシャッターをきってみました。

環境は夕方の部屋で多少くらい状態です。

Galaxy A20で撮影

Galaxy A20で撮影

AQUOS sense3で撮影

AQUOS sense3で撮影

iPhoneXRで撮影

iPhoneXRで撮影

Galaxy A20はなんだかナチュラルに撮影できています。

画素数は低いので粗さは仕方ないかもしれませんが、色味はなかなか良いのではないでしょうか。

2万円台のエントリーモデルということを考えるとコスパはやはりいいです。

次のページではGalaxy A20の気になる機能と最安で機種変更するテクニックを解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ