Galaxy A22 5G SC-56Bの実機レビュー|発売日・価格・スペックを解説

  • 2021年12月17日
  • by.morino

Galaxy A22 5G SC-56B 前面

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2021年12月2日、サムスンのGalaxyシリーズの新エントリーモデル「Galaxy A22 5G SC-56B」がドコモから発売されました。

すでに海外では先行発売されているエントリーモデルが、ドコモに投入され価格の安さから注目を集めています。

2万円台という価格でありながら、しっかり5Gに対応しています。

ドコモ版Galaxy A22 5G SC-56B(ホワイト)の実機を入手しましたので、徹底レビューします。

また、Galaxy A22 5Gの発売日や価格、スペックなども併せて解説するので参考にしてください。

Galaxy A22 5Gのポイント
  • ドコモ専売の5G対応機種
  • 価格は22,000円とリーズナブル
  • グローバル版よりもスペックが控えめ
  • 4,000mAhの大容量バッテリー
  • ストレージは64GBと少ない
  • カメラ性能は控え目
  • 生体認証は顔認証で指紋認証は非搭載
  • 初心者向けの機能&サポートが充実

※本記事の価格はすべて総額表示

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

Galaxy A22 5Gの価格/発売日

Galaxy A22 5Gの評価レビュー

画像引用元:Galaxy A22 5G SC-56B

Galaxy A22 5Gは、ドコモだけの限定販売です。

発売日は2021年12月2日(木)で、価格は以下の通りです。

Galaxy A22 5Gの価格

項目価格
価格22,000円
詳細ドコモ公式ショップを見る

グローバル版は328ドル(約37,000円)でしたが、日本版はスペックが控えめになったせいか22,000円で購入できます。

2万円台はかなりコスパが良いので、とにかく使いやすくて安いスマホが欲しい方はGalaxy A22 5Gを検討しましょう。

割引やキャンペーンはある?

Galaxy A22 5Gは、いつでもカエドキプログラムなどの割引対象とはなっていません

そのため、機種変更や新規契約の人は定価での支払いとなります。

ただし、今使っている機種を下取りに出せるなら、下取りプログラムの利用でdポイントが付与されます。

さらにお得に買いたい場合は、dカードで支払いをすれば、dポイントが購入代金の2%たまります。

ドコモ・ahamoを利用するなら「dカード GOLD」がおすすめ!

dカードゴールド

dカード GOLDはドコモ利用料金が10%還元されるとってもおすすめなクレジットカードです。

dカード GOLDだけのキャンペーンも開催しており、今なら最大20,000ポイントがもらえるチャンス!

年会費は11,000円ですが、条件を満たせば年間8万円以上もお得に使えます。

dカード GOLDおすすめポイント
  • ドコモの利用料金が10%還元
  • ahamo利用者はdカード GOLD利用料金が毎月10%還元(最大300pt還元)
  • Amazonやメルカリ、マクドナルドでポイント貯まる!
  • d払い連携で1.5%以上の還元も!
  • ahamoなら毎月+5GBもらえる
  • 3年間最大10万円分のケータイ補償付き

最大20,000ポイントもらえる!

※ドコモ利用料金の還元は税抜き1,000円につき100円。ahamoではdカード GOLD利用料金税込み100円につき10円還元。

Galaxy A22 5Gのスペックをレビュー

Galaxy A22 5G

Galaxy A22 5Gは、「初心者向け」というコンセプトを打ち出したエントリーモデルです。

基本的なスペックは以下の通りです。

Galaxy A22 5G スペック

Galaxy A22 5G
チップMT6833V
5G対応
画面サイズ5.8インチ
本体サイズ高さ:約150mm
幅:約71mm
厚さ:約8.9mm
重さ約168g
アウトカメラ広角:1,300万画素
インカメラ500万画素
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー容量4,000mAh
生体認証
防水IPX8
FeliCa対応
ワイヤレス充電非対応
カラーレッド・ホワイト・ブラック
詳細Galaxy A22 5G 実機レビュー

では、スペックで注目したいポイントを見ていきましょう。

全体的なスペックはグローバル版よりも控えめに

グローバル版Galaxy A22 5Gと比較すると、日本版は全体的にスペックが控えめになっています。

特に、RAMが6GB→4GB、ROMが128GB→64GBへと抑えられてしまったのは大変残念です。

Webブラウジングやメールのやりとり程度であれば気にならないでしょうが、動画視聴やゲームなどの大容量コンテンツを快適に楽しめる……とは言い難いスペックですね。

スペック面で注目すべき点は、SoC「MediaTek MT6833V」です。

MediaTek MT6833Vは、格安スマホなどのエントリーモデルに搭載されるSoC性能です。

今回入手したのはドコモ版のホワイトで癖のないシンプルなデザインです。

Galaxy A22 5Gのベンチマーク

Galaxy A22 5G ベンチマーク

Geekbench 5を使用しGalaxy A22 5Gのベンチマークを測定してみました。

Galaxy A22 5Gのベンチマークスコア
  • シングルコア:543
  • マルチコア:1,706

シングルスコアで543、マルチコアで1,706とエントリーモデルらしい数値です。

同価格帯のarrows Weが、Snapdragon 480 5Gを搭載しておりシングルコアで519、マルチコアは1,538ほどですから性能面ではややGalaxy A22 5Gが優勢です。

ちなみにQualcom Snapdragon 888 5Gを積んだ高性能Androidのスコアは、シングルコア1,124、マルチコア3,620ほどです。(Xperia 5 III)

エントリーモデルとは思えない大容量バッテリー

Galaxy A22 5Gは、エントリーモデルながら4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

前モデルのGalaxy A21よりバッテリー容量が11%も増加しているので、長時間外出する際も安心です。

バッテリー持ちに関しては、YouTubeを視聴するテストを行いましたので後で詳しく解説します。

ストレージ容量

Galaxy A22 5G ストレージ
Galaxy A22 5Gのストレージは64GBとかなり少なめです。

通話、Webブラウジング、写真の保存、メール、LINEをメインで使うなら64GBでも問題ありませんが、動画などを多く保存したい方には向いていません。

ストレージはOSやプリインストールのアプリで既に32%使用されており、残りストレージは44GBほどです。

実際に利用できるのは40GBほどと認識しておきましょう。

Galaxy A22 5Gの特徴/機能をレビュー

Galaxy A22 5Gの機能を評価レビュー

画像引用元:Galaxy A22 5G SC-56B

Galaxy A22 5Gの特徴的な機能をレビューしていきます。

Galaxy A22 5Gの特徴的な機能
  • かんたんモード
  • かんたん通話機能
  • Galaxy使い方相談
  • FMラジオ

それぞれの機能の詳細を見ていきましょう。

かんたんモード

Galaxy A22 5G SC-56B かんたんモード

Android OSのホーム画面のデザインは、機種やメーカーごとの個性が出る部分です。

Galaxy A22 5Gには、通常よりも文字やアイコンが大きくて見やすい「かんたんモード」という初心者向けの独自のホーム画面が用意されています。

Galaxy A22 5G SC-56B かんたんモード

かんたんモードに設定すると、アイコンや文字が大きく見やすくなります。

一般的に、ホーム画面はAndroid本体の設定アプリや専用アプリから変更する必要があります。

Galaxy A22 5G SC-56B かんたんモード

Galaxy A22 5Gのかんたんモードの場合はデフォルトのホーム画面に切り替えボタンが配置されているため、タップするだけですぐに切り替え可能なので大変便利です。

かんたん通話機能

「かんたん通話機能」とは、よく使う連絡先をホーム画面に設定することで、ワンタップですぐに通話を発信できる機能です。

わざわざ連絡帳アプリから探す手間をかける必要がないのは便利ですね。

Galaxy使い方相談

サムスンは、Galaxy A22 5Gユーザー向けの無料電話相談サービス「Galaxy使い方相談」を提供しています。

スマートフォンは従来のフィーチャーフォンとは使用感が全く違うため、初めて使う人は何かと不安がつきものですよね。

操作などわからないことがあれば、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

かんたんモード時にホーム画面の専用ボタンをタップすれば、サポートセンターへの直通電話(フリーダイヤル)を発信できます。

FMラジオ

災害時にはリアルタイムでの情報収集が欠かせません。

しかし、災害直後はインターネット回線が繋がりにくくなるので困りますよね。

そこで役立つのが、サイマル放送に対応したラジオです。

Galaxy A22 5Gには標準でFMラジオが搭載されているため、インターネット環境がなくてもラジオで情報収集が可能です。

なお、同機能を利用するには別売のイヤホンケーブルが必要となります。

Galaxy A22 5Gのカメラを評価レビュー

Galaxy A22 5G SC-56B カメラ
Galaxy A22 5Gは、背面にアウトカメラ・前面にインカメラを搭載しています。

カメラの性能は以下の通りです。

Galaxy A22 5G カメラの性能

Galaxy A22 5Gのカメラ性能
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
F値メイン:1.9
サブ:2.0
機能かんたんカメラ
グローバル版が四眼カメラだったのに対し、日本版のカメラ機能はアウトカメラ1つとインカメラへと変更となっています。

画素数も約1,300万画素とエントリーモデル相当の性能に抑えられています。

インカメラ500万画素はかなり残念ですが、2万円台なので仕方ないでしょう。

カメラのスペック自体に特筆すべき点はありません。

Galaxy A22 5Gのカメラ最大の特徴が、「かんたんカメラ」機能です。

電源ボタンを2回押すだけですぐにカメラを起動できるので、撮りたい瞬間を逃さない便利な機能となっています。

カメラの出っ張りがない

Galaxy A22 5G

Galaxy A22 5Gのカメラ部分は出っ張りがなくフラットです。

ケースを装着せずにデスクに置いて操作してもガタガタしません。

ハイスペックスマホのカメラは高機能なため、出っ張っていることがほとんどです。

出っ張りがなくすっきりしたカメラ周りは好印象です。

Galaxy A22 5Gで撮影(標準)

Galaxy A22 5Gで撮影

Galaxy A22 5Gのカメラは標準レンズのみです。

超広角レンズや望遠レンズのない至ってシンプルな構成です。

1.0倍で撮影しましたが、特に色味にクセもなく綺麗に撮影できました。

Galaxy A22 5Gで撮影(2倍)

Galaxy A22 5Gで撮影

Galaxy A22 5Gでは10倍までズームできます。

光学ズームではないので2倍の時点で多少荒れますね。

Galaxy A22 5Gで撮影(4倍)

Galaxy A22 5Gで撮影

4倍で撮影してみましたが、何かの記録程度には利用できそうです。

Galaxy A22 5Gで撮影(10倍)

Galaxy A22 5Gで撮影

10倍までズームできますが、使う機会はあまりなさそうです。

Galaxy A22 5Gで撮影(料理)

Galaxy A22 5Gで撮影

Galaxy A22 5Gは被写体を見分けてモードを最適なモードに自動で設定されます。

上記の写真では料理モードに切り替わりました。

Galaxy A22 5Gで撮影(ポートレート)

Galaxy A22 5G ポートレート

Galaxy A22 5Gはポートレートに対応していますが、顔のみ(モノは非対応)です。

後ろ姿で試してみましたが認識されず!

ポートレートのボケの強度は調節(画面右下の効果のスライダー)できますが、やはりボケを無理やり作ったような写真になります。

ポートレートはとりあえず使えるくらいの認識が良いでしょう。

iPhone12 Proと比較

所持していたiPhone12 Proとの画質も比較してみました。

プチクイズです!

どちらの端末で撮影したか、お分かりになりますか?

Galaxy A22 5G で撮影

iPhone12 Proで撮影

正解は上がGalaxy A22 5Gで、下がiPhone12 Proです。

やはりiPhone12 Proの方が写真がシャッキリしていて、綺麗に撮影できます。

Galaxy A22 5Gはやや褪せた感じですが、SNS等にアップする程度なら十分の性能だと感じます。

Galaxy A22 5Gのデザイン/カラーをレビュー

Galaxy A22 5G SC-56B

Galaxy A22 5Gのカラーは以下の3色です。

Galaxy A22 5Gカラー
  • レッド
  • ホワイト
  • ブラック

今回入手したのはホワイトで、ボディはプラスティック感があります。

ツルツルしていてかなり指紋が付きますが、サイドに継ぎ目がなくシンプルで優しいデザインです。

良い意味で特徴がないので、所持していて飽きがこなさそうです。

Galaxy A22 5G前面

Galaxy A22 5G SC-56B 前面

前面にはホームボタンもなく、格安モデルにしてはベゼルレスです。

指紋認証の搭載はなく顔認証のみできます。

Galaxy A22 5G背面

Galaxy A22 5G SC-56B 背面

背面には右上にカメラとフラッシュ、ドコモロゴとGalaxyロゴが薄く印字されています。

おサイフケータイも利用でき、FeliCaマークは上部やや右寄りにあります。

Galaxy A22 5G側面

Galaxy A22 5G SC-56B 右側面

右側面には上部に音量ボタンと中央やや上に電源ボタンがあります。

どちらも押しやすく、端末自体が小型のため指は簡単に届きます。

Galaxy A22 5G SC-56B 左側面

左側面にはSIMスロットとmicroSDスロットがあります。

microSDは最大1TBまで対応しているので、動画を多く撮影したい場合は別途用意しましょう。

Galaxy A22 5G上部

Galaxy A22 5G SC-56B 上部

上部には3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線で音楽を聴きたい場合には役に立ちます。

Galaxy A22 5G下部

Galaxy A22 5G SC-56B 下部

下部には中央にUSB Type-C接続端子と右側にモノラル対応のスピーカー穴が並んでいます。

デザインは全体的にプラスティック感はありますが、デザインがシンプルで洗練されていてチープな感じはありません。

ツルツルした陶器のようなスマホが欲しい方にはピッタリです。

Galaxy A22 5Gのディスプレイをレビュー

Galaxy A22 5G SC-56B ディスプレイ

Galaxy A22 5Gのディスプレイの特徴は以下です。

Galaxy A22 5Gのディスプレイ
  • 約5.8インチ PLS TFT LCD
  • 720 x 1,560 (HD+)

Galaxy A22 5Gのディスプレイは約5.8インチ PLS TFT LCDです。

解像度は720 x 1,560のHD+ですが、文字のギザ付きなどぱっと見では気になりませんでした。

Galaxy A22 5G SC-56B ディスプレイ

日光下でも見やすく、輝度も高くクセのないディスプレイです。

ノッチはティアドロップ型ですが、鋭角な部分がないため違和感は感じません。

水滴がついた状態での操作は?

Galaxy A22 5G SC-56B 防水
Galaxy A22 5Gは防水性能IPX5/8に対応しています。

IPX5は内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から1分あたり12.5リットルの水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。

生活防水としては十分の性能ですね。

実際に濡れた手で操作をしてみたところ、特に誤作動を起こすことなく操作できました。

Galaxy A22 5Gのサイズ/重さをレビュー

Galaxy A22 5G SC-56B

Galaxy A22 5Gは約5.8インチのため、端末サイズも小さい部類に入ります。

イメージとしてはiPhone13 Proよりひと回り小さい感じ。

Galaxy A22 5G本体サイズ/重量
  • 高さ:149.7mm
  • 幅:71.0mm
  • 厚さ:8.9mm
  • 重量:168g

高さは149.7mmと近年のスマホの中ではコンパクトです。

ただし重量は168gと端末サイズの割には重くなっています。

厚さは8.9mmなので、こちらも一般的です。

Galaxy A22 5Gをグリップしてみた

Galaxy A22 5G SC-56B

Galaxy A22 5Gはサイズがコンパクトで、サイドがカーブしているのでグリップしやすいです。

右サイドに配置された電源ボタンも親指が無理なく届きます。

音量ボタンは上部にありますが、こちらも操作がしやすいです。

Googleアシスタントキーなどはないので、誤操作も起こりません。

ちなみに、電源ボタンをダブルクリックするとカメラにアクセスできます。

Galaxy A22 5Gの生体認証は顔認証

Galaxy A22 5G SC-56B 顔認証

Galaxy A22 5Gは顔認証が搭載されていて、指紋認証は非搭載です。

顔認証は通常のiPhoneなどと同じでカメラに顔を登録することで利用できます。

通常の顔の他にメガネをかけている顔も認証できるので便利です。

解除のスピードは十数回試しましたが、ほぼ一瞬で解除されました。

Galaxy A22 5Gのバッテリー持ちをレビュー

Galaxy A22 5G SC-56B

Galaxy A22 5Gのバッテリー容量は4,000mAhとエントリーモデルとしては合格点です。

前モデルのGalaxy A21の3,600mAhよりもバッテリー容量は増えています。

Galaxy A22 5Gのバッテリー持ちをチェック

Galaxy A22 5Gのバッテリーは4,000mAhと大容量ですが、スペックでは測れないのがバッテリー持ちです。

YouTubeで動画(720p)を2時間視聴する実験をし、バッテリー残量をチェックします。

YouTubeのアプリを使用し、ディスプレイ輝度はMAXで音量は半分に設定しました。

実験環境
  • YouTubeアプリで視聴
  • 720p
  • 明るさMAX
  • 音量半分

Galaxy A22 5G SC-56B バッテリー

YouTube2時間視聴した場合の電池残量は80%でした。

消費量は20%ということになり、電池持ちは「普通」と言えます。

ハイスペックモデルであるXperia 5 IIIは20%消費、AQUOS sense5Gは13%消費しました。

電池持ちに関しては一般的で消費が激しいということはありません。

YouTubeを約2時間視聴の電池持ち
  • Galaxy A22 5G:20%消費
  • Xperia 5 III:20%消費
  • AQUOS sense5G:13%消費
  • AQUOS R5G:34%消費

Galaxy A22 5Gは買うべき?

Galaxy A22 5G

画像引用元:Galaxy A22 5G SC-56B

Galaxy A22 5Gは、初めてスマホを使う初心者であれば買うべきスマホです。

しかし、ある程度スマホに慣れた人は物足りなく感じるため買うべきではありません。

Galaxy A22 5Gを買うべき人の特徴
  • 初めてスマホに乗り換える
  • わからないことがあればすぐ質問したい
  • 外出先に長時間持ち歩く機会が多い
  • とにかく安いモデルが欲しい場合は選択肢に入る

グローバル版Galaxy A22 5Gは、コスパの良さから人気が出たモデルです。

日本での発売を望むユーザーは多かったのですが、初心者向けへと大幅に路線変更した点や全体的なスペックがグレードダウンした点は賛否を呼びました。

ですが、電話相談をはじめとした手厚いサポートが充実しているため、スマホ初心者が初めて購入する1台として心強いでしょう。

また、バッテリー持ちも良いため、初心者が陥りがちな外出先でのバッテリー切れになる心配はほとんどないのも嬉しいですね。

グローバル版並のスペックを求めるのであれば同じドコモから販売されている「Galaxy A52 5G」もありますし、ほかにも候補となるモデルはたくさんあるので無理をして購入する必要はないでしょう。

2万円台ならarrows Weも選択肢に

arrows We F-51B

画像引用元:arrows We スペシャルページ – FMWORLD.NET(個人) : FCNT

ドコモの格安モデルとしてarrows Weが2021年12月3日に発売されました。

こちらはほぼ同性能ですが、アウトカメラが約1310万画素、約190万画素のデュアルレンズを搭載しています。

生体認証は指紋なので、この辺りも選択基準に入るでしょう。

性能自体はほとんど変わらないので、デザインで決めてもいいかもしれませんね。

これらの特徴を理解した上で、購入を検討してみてください。

arrows Weのスペック

arrows We
画面サイズ約5.7インチ
本体サイズ高さ:約147mm
幅: 約71mm
厚さ: 約9.4mm
重さ約172g
アウトカメラ約1,310万画素
約190万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー4,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 480 5G
認証指紋
防水IPX5/8
カラードコモ:ホワイト/ネイビー/パープル/レッド(オンライン限定)
au:ホワイト/ブラック/ローズゴールド
ソフトバンク:ホワイト/ブラック/ターコイズ

Galaxy A22 5Gは2万円台と安く初心者向けモデルだが…

Galaxy A22 5G SC-56B

今回は、サムスンGalaxyAシリーズの新エントリーモデル「Galaxy A22 5G」の発売日・価格・スペックをレビューしました。

Galaxy A22 5Gの特徴をまとめると、以下の通りです。

Galaxy A22 5Gの特徴
  • 5G対応機種
  • ドコモ専売
  • 価格は22,000円
  • グローバル版よりもスペックが控えめ
  • 4,000mAhの大容量バッテリー
  • 残念なポイントはストレージ64GBとカメラ性能
  • 顔認証のみで指紋認証はなし
  • 初心者向けの機能&サポートが充実

コスパの良さが評判だったグローバル版と比べて完全に別物となってしまったGalaxy A22 5G。

来る2024年1月のFOMA・iモード終了に向けて、初心者向け・シニア向けの機種を増やしたいというドコモとサムスンの思惑が一致してのことなのでしょう。

日本版も同水準のモデルを期待していたユーザーにとって、今回の路線変更は正直言って残念に思う人は多かったのではないでしょうか。

ただ、各種サポートが充実しているので初心者が最初に持つ1台としては心強い存在であることは間違いないです。

残念なポイントはやはり容量64GBと、カメラ性能でしょうか。

初めてのスマホで、とにかく安くて安心出来るモデルが欲しい方には向いていますので検討してください。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴10年目のフリーランスライター。パソコン・スマホ・格安SIM・サブカルなどの書籍・オウンドメディア・コラムを執筆。iPhone歴はiPhone 3Gから、Android歴はNexus 5からスタート。iPhoneやスマホアプリの可能性に惹かれてこの道に入ったと言っても過言でないほど、スマホ大好き人間。