Galaxy A54 5G 実機レビュー

Galaxy A54 5G 実機レビュー|低価格で使いやすい万能スマホ

  • 更新日:2024年5月27日
  • 本記事には広告が表示されます

Galaxy A54 5Gの実機を使用して、使い勝手や性能、価格、メリット・デメリットを徹底レビューします。

結論から言うと、Galaxy A54 5Gは次のような人におすすめです。

Galaxy A54 5Gはこんな人におすすめ
  • 使いやすいサイズのミッドレンジモデルが欲しい人
  • シンプルなデザインのスマホが欲しい人
  • 価格の安いスマホが欲しい人

Galaxy A54 5Gはミッドレンジスマホの中でも価格と性能のバランスが取れた端末です。

約6.4インチのディスプレイを搭載し、大画面でありながら使いやすいサイズ感なのもポイントです。

搭載しているCPUはExynos 1380でSnapdragon 778Gと同等程度になります。

通常使いなら快適な操作が可能です。

一方で、次のような人にはGalaxy A54 5Gはあまりおすすめできません。

Galaxy A54 5Gはこんな人におすすめできない
  • カメラ性能にこだわりたい人
  • 高い性能のスマホが欲しい人

Galaxy A54 5Gのカメラは約5,000万画素の広角、約1,200万画素の超広角、約500万画素のマクロのトリプルレンズ構成です。

ただし、広角と超広角はハイスペック並みの画素数がありますが、マクロは500万画素と少なめです。

また、Galaxy A54 5GのCPUはExynos 1380と、ミッドレンジスマホ用のものとなります。

内蔵メモリ容量も6GBなので、高いスペックのAndroidが欲しい方には不向きです。

それ以外の部分において、Galaxy A54 5Gはとてもコスパの良いモデルです。

ミッドレンジモデルでありながらリフレッシュレートは120Hzに対応しており、滑らかな操作が可能になります。

端末価格は実質27,600円〜ととても安いので、スマホにお金をかけず性能そこそこの端末が欲しい方に「Galaxy A54 5Gはおすすめです。

吹き出しアイコン

Galaxy A54 5Gの購入を検討している人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

Xperia 1 VIならau Online Shopがおトク!

  • Xperia 1 VIへの機種変更で合計最大22,000円割引!
  • au Online Shop限定モデルも対象!
  • 7月31日(水)まで期間限定!

Galaxy A54 5Gを使ってわかったメリット4つ

メリット

まず、実際にGalaxy A54 5Gを使って感じたメリットを見ていきましょう。

6.4インチの大画面で迫力あり

Galaxy A54 5Gのディスプレイサイズは約6.4インチと、中型スマホのサイズに該当します。

Super AMOLEDで解像度はFHD+と高く、ゲームプレイや動画視聴には適しています。

この価格帯のスマホでありながらリフレッシュレート120Hzに対応しています。

カメラは実機を使って撮影しましたので、後述します。

吹き出しアイコン

CPUの性能は低めですが、通常の操作やゲームなどもサクサクプレイできます。

ミッドレンジモデルの中ではカメラの性能が高い

Galaxy A54 5Gのカメラは超広角、広角、マクロのトリプル構成です。

ミッドレンジモデルでありながら、1,200万画素の超広角レンズを搭載しているのは嬉しいポイントです。

インカメラも約3,200万画素なので、セルフィーも綺麗に使用できます。

デザインがシンプル

Galaxy A54 5Gは、Galaxy SシリーズやFEシリーズのデザインに似ており、シンプルで無駄がありません。

背面は光沢のあるガラスで高級感があり、側面はマッドな質感で落ち着きがあります。

カラーバリエーションはオーサム バイオレット・オーサム グラファイト・オーサム ホワイトの3色展開になります。

性能と価格のバランスが良い

高性能でありながら、auの割引を活用すれば実質27,600円〜購入できます。

スマホをできるだけ安く購入したいが、スペックはある程度欲しい!という方におすすめです。

Galaxy A54 5Gを使ってわかったデメリット2つ

デメリット

次に、Galaxy A54 5Gを実際に使って感じたデメリットは以下になります。

キャリアでの取り扱いが終了している

大手キャリアではドコモとauで発売されましたが、2024年現在は取り扱いが終了しています。

中古スマホショップなどで購入するしか手に入れる方法がありません。

後継機種のGalaxy A55 5Gが2024年5月30日に発売されますので、そちらも検討しましょう。

イヤホンジャック非搭載

Galaxy A54 5Gはイヤホンジャックが搭載されていません。

有線でイヤホンを接続したい場合には注意しましょう。

Galaxy A54 5Gは1TBまでのmicroSDカードに対応しています。

Galaxy A54 5Gの発売日・価格

Galaxy A54 5G

画像引用元:Galaxy A54 5G(ギャラクシー エーフィフティフォー ファイブジー)SCG21 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Galaxy A54 5Gの発売日と価格をみていきましょう。

Galaxy A54 5Gの発売日
  • 発売日:2023年5月25日
  • 販売:ドコモ・au

Galaxy A54 5Gはキャリアではドコモとauでの取り扱いがあります。

Galaxy A54 5Gの価格
キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ49,830円31,350円公式サイトを見る
au55,800円27,600円公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム利用時 Galaxy A54 5Gは割引やキャンペーン利用で27,600円から購入できます。

十分な性能を誇りながら3万円以下で購入できるのは、コスパがとても良いと言えます。

※2024年5月現在では販売終了、または在庫切れですので注意しましょう。

Galaxy
Galaxy A54 5G

Galaxy A54 5Gの外観をレビュー

Galaxy A54 5G

今回入手した実機のカラーはオーサムホワイト

ガラスの背面と相まってクリアで綺麗なホワイトに仕上がっています。

無駄のないシンプルなデザインで、側面のメタルフレームもスッキリな印象です。

電源アダプタ、USB Type-Cケーブルはなし

Galaxy A54 5Gの同梱物は、本体とクイックスタートガイド、USBケーブル(CtoC)、SIM取り出し用ピンが同梱されています。

別売りアイテム
  • ACアダプタ
  • USB Type-Cケーブル

電源アダプタやUSB Type-Cケーブルは別売りなので、充電器を持っていない人は注意しましょう。

Galaxy A54 5Gのディスプレイ面

Galaxy A54 5G
Galaxy A54 5Gのディスプレイは、約6.4インチです。

iPhone15などは6.1インチですから、比べるとやや大きく感じます。

上部にはパンチホールデザインのインカメラがあります。

ハイスペックモデルに比べて、やはりベゼルはやや太くなっています。

Galaxy A54 5Gの背面

Galaxy A54 5G
Galaxy A54 5Gの背面はガラス素材を採用しています。

指紋はほとんど目立ちませんが、付かないわけではありません。

Galaxy A54 5G

デザインはS23シリーズを受け継いでおり、継ぎ目がない美しい側面です。

背面左上部に3つのカメラが縦に並んでおり、レンズ部分は突起しています。

Galaxy A54 5Gの側面

Galaxy A54 5G
Galaxy A54 5Gの左側面にはボタンや端子類は一切ありません。

Galaxy A54 5G
右側面には上から音量キー、中央やや上あたりに電源キーが配置されています。

音量キーはカメラ起動時、シャッターまたは動画の撮影開始/終了ボタンとして機能します。

指紋認証は画面内で行います。

Galaxy A54 5Gの上部と下部

Galaxy A54 5G
Galaxy A54 5Gの上部には送話口/マイクとSIMカードトレイが搭載されています。

外部ストレージにも対応しています。

Galaxy A54 5G
下部には送話口/マイク、排気口、USB Type-C接続端子、スピーカーなどがあります。

イヤホンジャックは非搭載です。

Galaxy A54 5Gのサイズ感をレビュー

Galaxy A54 5G

Galaxy A54 5Gは6.4インチとスマホではやや大きなサイズです。

重さは約201gと、6.4インチのスマホにしては軽量になっています。

ディスプレイが大きく見やすい割に軽いという印象です。

Galaxy A54 5Gのサイズ

項目Galaxy A54 5G
本体サイズ高さ:158.2 mm
幅:76.7 mm
厚さ:8.2 mm
重さ201 g

Galaxy A54 5Gの持ちやすさは?

Galaxy A54 5G
Galaxy A54 5Gを右手で持つと、親指が電源キーのあたりに自然にきます。

側面が丸みを帯びているので手にフィットして持ちやすい印象です。

音量キーも押しにくいということはありません。

吹き出しアイコン

片手でも十分に快適操作!ディスプレイサイズの割に重量は気にならないレベルです!

Galaxy A54 5Gのカメラをレビュー

Galaxy A54 5G

Galaxy A54 5Gのカメラ
  • 広角カメラ:5,000万画素
  • 超広角カメラ:1,200万画素
  • マクロカメラ:500万画素
  • インカメラ:3,200万画素

Galaxy A54 5Gカメラは広角と超広角、マクロのトリプルレンズ構成です。

デジタルズームは最大10倍まで対応しています。

インカメラの画素数が3,200万画素もあるのは優秀です。

Galaxy A54 5Gのカメラで実際に撮影

Galaxy A54 5Gを使ってそれぞれのレンズで撮影しました。

超広角で撮影

Galaxy A54 5Gで撮影

広角

Galaxy A54 5Gで撮影

ズームで撮影(2倍)

Galaxy A54 5Gで撮影

ズームで撮影(4倍)

Galaxy A54 5Gで撮影

ポートレートで撮影

Galaxy A54 5Gで撮影

広角レンズは5,000万画素ですが、超広角とマクロは画素数が低いので注意が必要です。

ポートレートのボケも自然に見えます。

色々撮影

Galaxy A54 5Gで撮影

Galaxy A54 5Gで撮影

Galaxy A54 5Gで撮影
特別綺麗な写真が撮れる!という印象はありません。

ですが、低価格モデルにしては十分満足できる性能でしょう。

Galaxy A54 5Gのスペックをレビュー

Galaxy A54 5G

画像引用元:Galaxy A54 5G(ギャラクシーA54 5G) | Samsung Japan 公式

Galaxy A54 5Gのスペック
  • CPU:Exynos 1380
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB

Galaxy A54 5Gのスペック

Galaxy A54 5G
画面サイズ約6.4インチ
本体サイズ高さ:約158mm
幅:約77mm
厚さ:約8.2mm
重さ約201g
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:1,200万画素
マクロ:500万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUExynos 1380
認証指紋・顔
防水IP68
カラーオーサムバイオレット
オーサムホワイト
オーサムグラファイト
Galaxy A54 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能4.5
処理性能3.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0

Exynos 1380で搭載

Galaxy A54 5GはExynos 1380を搭載しています。

Exynos 1380は、サムスンのチップセットです。

Snapdragon 8 Gen 1にはやや劣りますが、重たいゲームやアプリでも快適に操作できました。

Galaxy A54 5Gのベンチマークを測定

Galaxy A54 5G ベンチマーク

Galaxy A54 5Gのベンチマーク
  • シングル:1016
  • マルチ:2830

ベンチマークアプリでGalaxy A54 5Gを測定しました。

フラグシップモデルであるGalaxy S23のスコアがシングル1778、マルチ4918でしたので、数字上はやはり劣ります。

Galaxy S23にはSnapdragon® 8 Gen 2が搭載されています。

実際に使えるストレージは約96GB

Galaxy A54 5G ストレージ
Galaxy A54 5Gの内蔵ストレージは128GBです。

Android OSなどで最初から使っている容量は約32GBで、ユーザーが使えるのは約96GBです。

100GB未満しか残りがありませんが、必要場合には外部ストレージ(MicroSD 最大1TB)で補うことができます。

吹き出しアイコン

外部ストレージが使用できるので、写真や動画も十分に保存できます。

Galaxy A54 5Gのディスプレイをレビュー

Galaxy A54 5G

Galaxy A54 5Gのディスプレイ
  • 6.4インチのFHD+ディスプレイ
  • Super AMOLED
  • 最大120Hzのリフレッシュレート

Galaxy A54 5Gのディスプレイは、6.4インチのフルHD+Super AMOLEDを搭載しています。

Galaxy A54 5Gのディスプレイ

項目Galaxy A54 5G
サイズ6.4インチ
リフレッシュレート120Hz
解像度フルHD+
2,340×1,080
種類Super AMOLED

リフレッシュレートは120Hzなので、WEBブラウジングやゲームなどのプレイが滑らかです。

指紋認証はディスプレイ内指紋認証で、画面に表示された指紋マークに触れてロック解除します。

日光下でも見やすいディスプレイ

Galaxy A54 5G
Galaxy A54 5Gのディスプレイは、屋外の晴れた日でもしっかりと見えやすいです。

ベゼルはやや太く、視野角がやや狭いと感じました。

Galaxy A54 5Gのバッテリー性能をレビュー

Galaxy A54 5Gのバッテリー
  • バッテリー持ちは普通
  • YouTbe 2時間視聴の消費量は15%

Galaxy A54 5Gのバッテリー

項目Galaxy A54 5G
バッテリー容量5,000mAh
バッテリー機能25W 急速充電に対応

Galaxy A54 5Gのバッテリー容量は5,000mAhと、多めに積まれています。

インターネット使用時間(LTE)は最大20時間、ビデオ再生時間は21時間とのこと。

25Wの急速充電にも対応しています。

YouTubeでバッテリー性能検証

バッテリー性能を調査するために、以下の条件で消費量をチェックしました。

Galaxy A54 5Gのバッテリー持ち検証
  • YouTubeアプリで2時間再生
  • 画質は1,080pに固定して再生
  • 明るさMAX
  • 音量50%でスピーカー使用

Galaxy A54 5G バッテリー

YouTube2時間視聴後のバッテリーは84%だったので、消費量は16%です。

同じ条件でテストした他モデルと比較すると以下の通りです。

他スマホと比較
  • Galaxy A54 5G:15%消費
  • Galaxy S23 FE:16%消費
  • Galaxy S23:17%消費
  • AQUOS sense8:8%消費
  • Xperia 1 V:18%消費
  • Xperia 10 V:7%消費
  • iPhone 15 Pro:9%消費
  • iPhone 14 Pro:19%消費

さまざまなスマホとの比較において、YouTube視聴でのバッテリー消費は普通です。

Galaxy S23 FEと比べた場合、ほぼ同程度のバッテリー持ちです。

吹き出しアイコン

バッテリー持ちは使用条件で変わるので、今回の検証を参考に設定を調整してください。

Galaxy A55 5Gと何が違う?

au Galaxy A55 5G

画像引用元:Galaxy A55 5G | スマートフォン(Android スマホ)| au

最後に、2024年5月に発売される後継機種であるGalaxy A55 5Gとの比較を見ていきましょう。

それぞれ具体的に見ていきます。

CPUがExynos 1480に進化

Galaxy A55 5GはCPUがExynos 1480に進化しています。

RAMも8GBに向上しているので、順当な後継モデルといった感じです。

ただし、ディスプレイ性能、カメラ構成や画素数には違いがありません。

Galaxy A54 5Gが軽い

Galaxy A55 5GよりもGalaxy A54 5Gのほうが軽くなっています。

Galaxy A55 5Gが213gに対して、Galaxy A54 5Gが201gと12g軽量です。

重さは使用感に直結する部分ですので、Galaxy A54 5Gが長時間の使用では有利です。

ただし、Galaxy A55 5Gのディスプレイは6.6インチなので大きくなっています。

Galaxy A54 5Gは低価格で使いやすい万能スマホ

Galaxy A54 5G

画像引用元:ショップ Galaxy A54 5G Awesome Graphite 128 GB | Samsung Japan 公式

今回は、Galaxy A54 5Gの実機を用いて、使用感やメリット・デメリットをレビューしました。

Galaxy A54 5Gはドコモとauから2023年5月に発売された、低価格のミッドレンジモデルです。

価格を抑えながらトリプルカメラやリフレッシュレート120Hz対応、ディスプレイ内指紋認証など、スペックや機能も充実しています。

キャリアでの販売は少なくなりましたので、購入したい場合は中古スマホ店などを利用しましょう。

Galaxy A54 5Gの実機レビューまとめ

Galaxy A54 5Gのメリット・デメリット

Galaxy A54 5Gの発売日・価格・総評
  • 2023年5月25日発売のフラグシップモデル
  • 割引やキャンペーン利用で27,600円〜
  • ミッドレンジモデルでありながら充実の機能を搭載
この記事を書いた人
出版社に入社、編集者として15年勤務。現在はbitWaveの編集・記事作成を担当しています。初代GALAXY Sを購入しスマホが大好きに!ユーザー視点に立った記事作成を心がけています。時に脚本・演出家。