Galaxy Feel2レビュー|5.6インチのdocomo withスマホのスペックと価格

Galaxy Feel2レビュー|5.6インチのdocomo withスマホのスペックと価格

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年11月上旬にドコモからGalaxy Feel2が発売されることになりました。

オーソドックスなスマホということで人気となったGalaxy Feelの後継機となるGalaxy Feel2ですが、前モデルに比べてかなりスペックがアップしています

そこで今回は、

  • Galaxy Feel2のスペック
  • 前モデルGalaxy Feelとの違い
  • Galaxy Feel2に向いてる人の特徴

について詳細に紹介していきます。

この冬にスマホを新しくすることを考えている人は是非参考にしてください。

トップ画像引用元:Galaxy Feel2│Galaxy Mobile Japan

1 Galaxy Feel2のスペックレビュー

画像引用元:Galaxy Feel2│Galaxy Mobile Japan

まず、Galaxy Feel2のスペックについて解説をします。

簡単にGalaxy Feel2のスペックを表にしてみたので、確認してみてください。

項目Galaxy Feel2
発売日2018年11月上旬予定
価格42,120円
カラーバリエーションフロストホワイト/オーロラピンク/オパールブラック
ROM/RAM32GB/4GB
SDカード512GB
OSAndroid 8.1
ディスプレイ5.5インチ
サイズ149.0×70.0×8.4
168g
通信速度(下り/上り)500Mbps/75Mbps
カメラ1,600万画素
認証顔認証・指紋認証
防水防塵

Galaxy Feel2は、Galaxyシリーズのスマホの中でも4万円台と比較的安価に手に入るGalaxyのスマホです。

2017年に発売された前モデルであるGalaxy Feelも、特に高価で凝っているわけではなくオーソドックスなスマホということで人気でした。

そんなGalaxy Feelの後継機として発売されるGalaxy Feel2は、

  • Galaxy Feelのオーソドックスなスマホというコンセプトを継承
  • スペックや性能が格段にアップ

しているそうです。

1-1 Galaxy Feel2の価格と発売日について

画像引用元:Galaxy Feel2│Galaxy Mobile Japan

Galaxy Feel2の価格は42,120円と最近のスマホと比べて比較的安価で購入できることがわかります。

Galaxyシリーズの他のスマホの価格は平均して8万円から9万円程度なので、同じGalaxyシリーズと比べてもかなり安いスマホです

そのため、そこまで高スペックで凝った性能があるわけではなく、あくまでオーソドックスなスマホであるという点もGalaxy Feelシリーズの魅力といえるでしょう。

また、発売日は2018年11月上旬ということで、現在予約受付中となっています。

前モデルのGalaxy Feelが2017年6月に発売されたので、約1年半経過して後継機が発売されることになります。

1-2 Galaxy Feel2のカメラ性能

画像引用元:Galaxy Feel2│Galaxy Mobile Japan

Galaxy Feel2のカメラの性能は、画素数だけ見ると1,600万画素と、他の高スペックスマホが2,000万画素超えであることと比べると一見低いようにも思えます。

しかし、画素数は高ければ高いほど写真が綺麗かと言ったらそうではありません

人間の目に見える画素数は多くても300万画素程度といわれており、300万画素以上の画素も目視することはできないのです。

画素数が多ければ多い方が良い時は、写真をズームしたり拡大現像することが多い時でしょう。

明暗がはっきりとした、鮮明な写真を撮りたいということであれば、レンズの明るさをチェックするべきです。

F値1.9はとても明るいレンズ

Galaxy Feel2に搭載されているレンズは、F値1.9とかなり明るいレンズです。

F値1.9のレンズだと、普段はノイズだらけになる夜景の写真や風景の写真も明るく、明暗のはっきりした写真を撮ることができるようになります。

そのため、風景や夜景の写真をスマホで綺麗に撮りたいと考えている人にもGalaxy Feel2はおすすめのスマホといえます。

さらに、自撮りフォーカス機能で自然な補正が行われ、より美麗な自撮りに仕上げることもできます。

1-3 Galaxy Feel2の日本限定カラーが登場

画像引用元:Galaxy Feel2│Galaxy Mobile Japan

今回展開されている、フロストホワイト、オーロラピンク、オパールブラックの3色は日本限定カラーだそうです。

Galaxy Feel2が如何に日本発売を意識して作られたモデルかがわかりますよね。

個性的な色合いのスマホなので、他の人とは違うスマホを持ちたいと考えている人にもおすすめです。

ホワイトとブラックが無難だと思いますが、ピンクも可愛らしいカラーで女性に人気が出るのではないかと思います。

色に飽きたとしても、スマホカバーを使って気分を変えることができるので是非、自分の好きな色を選んでくださいね。

2 Galaxy Feel2の有機ELのメリット

Galaxy Feel2は有機ELディスプレイが搭載されたスマホとして発売されます。

有機ELディスプレイを搭載したスマホを「有機ELスマホ」と呼び、この名前を最近ではよく聞くと思いますが、一体どのようなものなのでしょうか。

有機ELディスプレイを搭載することによって、よりスマホを軽く、そして薄くすることが可能です。

そこで次に、有機ELスマホがどのようなスマホなのか、従来の液晶ディスプレイとはどのような違いがあるのかそれぞれ解説をします。

メリット・デメリットについて詳しく触れていくので、是非参考にしてください。

2-1 有機ELスマホのメリット

従来の液晶ディスプレイは、ドットの集合体にカラーフィルターをかけ、バックライトで照らすことによって映像を映す仕組みとなっています。

そのため、液晶ディスプレイは何枚も重ねて作られているものなので、厚みが増す傾向にあります。

一方で、有機ELディスプレイは、ドットの集合体はバックライトをつけなくてもドットそのものが発光するので、バックライトやカラーフィルターが必要ありません

簡単に言うと、液晶ディスプレイを完成させるまでに3枚重ねなければいけなかったものが、有機ELディスプレイだと1枚で済み、厚みが増すこともありません。

そのため、より薄型のスマホを作ることができるようになります。

さらに、湾曲している場所にも使えるという特性を持っているため、今多くのスマホで採用されている、

  • フルスクリーン仕様
  • 画面占有率80%以上の大画面ディスプレイ

が実現可能となっているのです。

2-2 有機ELスマホのデメリット

一方でデメリットは、

  • まだ有機ELを製造できるメーカーが限られている
  • 技術が普及し切れていない

という点から、有機ELディスプレイの方が液晶ディスプレイよりも高価になってしまう傾向にあります。

そのため、有機ELスマホの方が液晶スマホよりも高価になる場合が多く、有機ELスマホの多くが高級スマホだと言われています。

しかし、Galaxy Feel2は有機ELディスプレイを搭載していながら、4万円台と非常にリーズナブルな価格で購入することができます。

有機ELディスプレイを試したいという人にもGalaxy Feel2はおすすめです。

有機ELディスプレイが最新スマホの主流!そのメリットとデメリット

Galaxy Feel2のスペック

  • 2018年11月上旬発売予定で価格は42,120円
  • F値1.9のインカメラ・アウトカメラで夜景も鮮明に撮影できる
  • 自撮りフォーカス機能で自然な補正を行い美麗な自撮りが撮れる
  • ホワイトやピンクなど日本限定カラーもあり

次のページでは、「Galaxy Feel2に向いている人」について紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【Xperia XZ3 VS Galaxy Note9】大画面スマホを徹底比較... 携帯電話大手キャリアから発表された2018年秋冬モデルですが、順次発売されつつある中、次回機種を検討してい方もいらっしゃるのではないでしょうか。 2018年秋冬モデルの中でも注目を集めているのが、ソニーの人気シリーズXperiaの最新...
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年冬発売モデルも一通り発表され、今回も高性能なモデルからローエンドモデルまで数多く登場しました。 高性能な機種も種類が多く、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2018年冬モデルを中心に、RAM6GB...
Galaxy Note9のGalaxy Note8からの進化点|新機種を買うべきか否か... 2019年冬春モデルとして、ドコモとauからGalaxy Note9が発売されます。 大人気のGalaxyシリーズの中でもタッチペン(Sペン)の豊富な機能で、1度使い慣れたら他のスマホにしたくないという方も多いですね。 しかし、...
AQUOS zeroのAQUOS R2からの進化点|新機種を買うべきか否か... ソフトバンクから2019年冬春モデルとしてAQUO zeroが発表されました。 国内Androidモデルとして人気の高いAQUOSシリーズなので、狙っている方も多いことでしょう。 ただ、AQUOS R2も高性能モデルで性能の違いがわ...