Galaxy Note8レビュー|鉛筆のような書き心地のSペンが大画面で活きる

Galaxy Note8レビュー|鉛筆のような書き心地のSペンが大画面で活きる
ChromecasrキャンペーンバナーPC ChromecasrキャンペーンバナーSP

ドコモから2017年10月26日に発売されたGalaxy Note8 SC-01Kの最大の特徴はなんといってもSペンです。
独自で集めたレビューでも、やはりSペンについての評価がほとんでした。

また、評価が分かれたのは大画面であることです。手が小さい方にはやや使いづらいようです。
ただし使ってみるとわかることですが、Sペンを最大限活かすためには大画面は必須でした。

こういった特徴を踏まえてGalaxy Note8をレビューしていきます。
ちなみにハイエンドモデルのため、基礎性能は鬼高いです。

Galaxy Note8 SC-01Kの機能と特徴

まずは鬼高い基礎性能から見ていきましょう。

RAM6GBでサクサク動く魅力的な機体

Galaxy Note8 SC-01KはROM64GB、RAM6GBと一般的なスマートフォンに比べて容量が多く設定されています。そのため多くのアプリを入れても素早い動作が期待でき、スマホの操作の快適さを重視する方にもおすすめです。

大きめの画面で迫力のある動画やゲームが楽しめる

Galaxy Note8 SC-01Kは高さ約163mm、幅約75mmで6.3インチの大画面を備えています。大画面のため動画も見やすく、迫力のある画面で美しい映像を楽しむことができます。Galaxy Noteの名前からメモとしても活用できる端末ですが、大画面になったことによって書き込みもしやすいことが特徴の1つです。

画面オフメモ機能もあり、大画面をフルに活かして書き込みができます。わざわざ端末を起動させる手間がかからないため、端末をノートのように利用できます。仕事や学業などでメモが必須な方も使いやすいスマホです。Sペンはペン先0.7mmでボールペンと同様のスムーズな書き心地が特徴です。

ペン機能だけではなく、長文のメールや記事をそのままキャプチャしてひとつの画像として保存しておくこともできます。もちろんSペンで書き込むことも可能です。

Sペンをかざすことでアプリの全画面表示や内容の翻訳、通常拡大できない画面の拡大などノートやメモ代わりにスマホを利用したい方に最適な仕様となっています。

ライブメッセージ機能や手書き翻訳でコミュニケーションが取れる

ライブメッセージ機能は手書き文字が遅れるだけでなく、文字を書いた筆跡がアニメーションになって動きます。自分の手書き文字が動くスタンプになり、SNSにも使うことが可能です。テキストの色や背景画像など、いろいろなアレンジもできます。

手書き翻訳はアプリをダウンロードすることで使えます。海外旅行中でも手書きでも字を書くだけで内容を翻訳してくれるので、現地でのコミュニケーションもばっちりです。

優れたカメラ機能でどんな場面でも本格的な写真撮影が可能

光学手ブレ補正機能を備えたカメラは、ズームをしてもブレにくく綺麗に撮影ができます。夜景の撮影にも対応しているので、暗い場所でも安心です。食事モード、プロモード、スローモーションなど多くのシーンに合わせた機能も揃っているため、本格的な写真をスマホで撮影したい時にも便利です。

ライブフォーカスでピンボケ補正もできるため、撮りたいものを強調した写真撮影が可能です。

動画撮影にも対応
4K動画の撮影にも対応しています。2倍の光学ズームや10倍のデジタルズームにも対応しており、動画でも手ブレ補正に対応していることが魅力です。本格的な動画撮影から、家族の思い出を残したい時まで、幅広く活躍します。

音楽もハイレゾ音源でしっかり聴ける

画面や処理速度だけでなく、音楽も高音質に対応しています。ハイレゾ音源に対応しているだけでなく、通常の音楽をハイレゾ音源に変換できる機能も搭載しています。スマホ本体には高品質な音源を再現できるイヤホンも付属しているので、音にこだわりがある方にもぴったりです。

ワイヤレス充電に対応

別売りのワイヤレスチャージャーを使えば、置くだけ充電が可能になります。ケーブルのことを気にする必要がないので、スムーズに充電が可能です。

充電時間は110分~130分程度です。完全に充電するまでにかかる時間のため、充電時間が極端に長くなることはありません。

防水機能・防塵機能搭載

ドコモのGalaxy Note8 SC-01Kは、防水・防塵機能を搭載しています。水濡れやホコリによる端末故障を気にする必要がないため安心です。Galaxy Note8 SC-01Kは常温の水に沈めて30分後に取り出した後、通信機器に問題がないことをテストで確認しています。

生体認証にも対応でロックも簡単

虹彩認証、顔認証、指紋認証の3種類の生体認証に対応しています。素早くロック解除が可能で、他人はロック解除ができないためプライバシーも保たれます。もちろん通常通りパスワードやPINコード、パターン認証にも対応しています。

基礎性能が高いことは理解いただけたかと思います。ユーザーレビューにおいてもあらゆる機能が評価されています。
評価の基準は使いやすさや価格など全体的な評価になり、最低:0 ~ 5:最高 の5段階評価です。

評価:4.5点

iPhoneから乗り換えて使用しています。デザインは大変高級感があり気に入っています。ただサイズが大きいため、動画や文字は見やすいのですが携帯性には欠けてしまいますね。購入前に不安に感じていたバッテリーの持ちも悪いとは感じず好感触です。またiPhoneにはなかった防水機能があり、雨の日などでも安心して使用することが出来ます。指紋認証やボタンの位置などは使い慣れるまで不便だなと感じましたが、慣れてしまえば問題ない範囲かなと思いました。カメラも綺麗に撮れますしサクサク動いてくれるので、総合的にとても満足しています。

ここまで読んで既に欲しくなった方もいるのではないでしょうか。そういった方が気になるのはGalaxy Note 8に最安値で購入・機種変更する方法ですよね。ハイエンドスマホですので値がはりますが、キャンペーンなどを駆使すれば安く手に入れることもできます。是非安く手に入れてSペンを実際に使ってみてください!

頭金9,500円は必要!?
オンラインショップなら0

  • 頭金なし
  • 営業トークなし
  • 待ち時間なし
  • 不要オプションなし

iPhoneを 予約するなら オンライン

ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップおとくケータイ.netケータイ乗り換え.comSMARTPHONE STORE

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【HUAWEI P20 Pro VS ZenFone 5Z】徹底比較|RAM6GBの高性能スマホ対決... 高性能のスマホと聞くと、iPhoneやXperia、Galaxyなどの人気スマホを連想する方は非常に多いと思います。 しかし、RAM6GBの高性能スマホが、格安スマホのメーカーで非常に人気のあるHUAWEIとASUSから販売されている...
【ZenFone 5 VS HTC U12+】徹底比較|最強のSIMフリースマホはどっち!?... ハイエンドSIMフリースマホとして発売が待たれてきたHTC U12+ですが、7月20日から順次出荷が開始されています。 HTCと並んで人気のSIMフリースマホといえばASUSのZenFoneシリーズです。 ASUSのZenFon...
ソフトバンク 2018夏|シンプルスマホ4に最安値で機種変更する方法... ソフトバンクから発売されているシンプルスマホの最新機種となる「シンプルスマホ4」。 スマホを初めて持つというシニア層をターゲットとしたスマホとなっており、シニア層からの人気も高いシリーズです。 シンプルで使いやすいホーム画面と電...
【Xperia XZ1 compact VS AQUOS R compact】小さいスマホの頂上決戦... スマホを購入する際に「利用しやすいコンパクトなスマホがいい」と考えている人も多いかもしれません。 しかし、2018年時点ではディスプレイサイズが5.5インチ〜6.2インチのものが多く、人によっては使いにくいと感じています。 そこ...