【Galaxy Note9 VS HUAWEI Mate 20 Pro】大画面スマホを徹底比較

【Galaxy Note9 VS HUAWEI Mate 20 Pro】大画面スマホを徹底比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

世界のスマホシェアで1,2位を争うサムスン(SAMSUNG)とHUAWEI。

それぞれのスマホは大手キャリアから販売されていたり、SIMフリースマホとして格安SIMと合わせて販売されていたりと日本国内でも馴染みのあるメーカーです。

両社ともローエンドモデルからハイエンドモデルまで多様な機種を販売しています。

その中でもハイエンドモデルはAndroidスマホでも最高峰のスペックを持つことで日本国内でも非常に人気の高いメーカーとなっています。

今回はそれぞれのフラッグシップモデルの最新機種となる、「Galaxy Note9」「HUAWEI Mate20 Pro」について紹介いたします。

画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro,HUAWEI Kirin 980, Leicaトリプルレンズカメラ, AI | HUAWEI Japan

1 Galaxy Note9とHUAWEI Mate 20 Proのスペックを比較してみた

画像引用元:Galaxy Note9 SC-01L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

では、最初に2機種のスペックについて比較してみます。

どちらも最新のフラッグシップモデルということで、非常にハイスペックなスマホとなっています。

詳しいスペックについては以下の表の通りです。

項目/機種Galaxy Note9HUAWEI Mate20 Pro
CPUSnapdragon845Kirin 980
RAM6GB
ROM128GB
ディスプレイ6.4インチ/Super AMOLED6.39インチ/OLED
メインカメラ12MP広角
12MP望遠
40MP広角
20MP超広角
8MP望遠
インカメラ8MP24MP
バッテリー容量4,000mAh4,200mAh
重さ201g189g
価格126,360円(ドコモ)
129,600円(au)
120,960円
(ソフトバンク)
約135,000円
(1,049ユーロ)

両機種ともRAM6GBでROMが128GBと現在のAndroidスマホの中でトップレベルです。

2 Galaxy Note9はカメラやSペンが非常に優秀

画像引用元:Galaxy Note9 SC-01L|NTTドコモ

それでは、機種ごとの特長について見ていきましょう。まずはGalaxy Note9です。

Galaxyのラインナップは多岐に渡ります。

しかし、日本国内で販売されているのは、

  • フラッグシップモデルとなる「Galaxy Sシリーズ」と「Galaxy Noteシリーズ」
  • 廉価版機種としてドコモから「Galaxy feelシリーズ」

となっています。

ローエンドからミドルエンドモデルに関しては、海外では非常に人気のスマホとなっていますが、日本で販売されていないモデルが多くあります。

フラッグシップモデルはスペックが高く高額で、日本ではGalaxyといえば、iPhoneやXperiaと並んで、高級なスマホといった見方が強いのではないでしょうか。

同じフラッグシップモデルでも、NoteシリーズはSシリーズに比べてスペックも金額も頭ひとつ抜けた存在となっています。

それでは、Galaxy Noteシリーズの最新作となる「Galaxy Note9」の魅力について見ていきましょう。

2-1 Galaxy Note9は表現力豊かな高性能デュアルレンズカメラを搭載

画像引用元:Galaxy Note9 SC-01L|NTTドコモ

Galaxy Note9のカメラには誰でもプロ並みの写真が撮れるような機能がいくつか搭載されています。特長的なカメラ機能について紹介しましょう。

デュアルアパチャー

Galaxy Note9のカメラは暗い場所でも劇的に明るく撮ることができる高性能なカメラとなっています。

単に明るく撮影できるだけではなく、シーンによってF値を自動で切り替えてくれる「デュアルアパチャー」が搭載されています。

  • 昼間の明るい時間帯はF値2.4モードでシャープで鮮明な写真
  • 夜など暗い場所ではF値1.5モードでより多くの光を集めて明るく鮮明な写真

というようにきれいな写真の撮影が可能です。

補正によって色味を変えるのではなく、物理的にレンズのF値を変更してくれるので自然な仕上がりになります。

さらにHDRによりノイズの少ない鮮明な写真を撮影することができるようになっています。

ライブフォーカス

「ライブフォーカス」は、デュアルレンズカメラがスマホに搭載されるようになってからの定番とも言える背景にボカしを作る撮影モードです。

人や物を撮影するときにアクセントのついた写真の撮影が可能となりますが、Galaxy Note9のライブフォーカスではボカし具合を0〜7の段階で調整することができます。

また、撮影後にボカし具合を調整することも可能です。

AIオート

Galaxy Note9のカメラの「自動」モードでは、被写体にカメラを向けると自動で被写体を認識し、20種類の撮影シーンを識別し最適なモードで撮影をしてくれます。

細かい設定をする必要なく、食事や風景といったシーンに合わせたカメラ設定をAIが自動で行うので、誰でもプロが撮影したような綺麗な写真に仕上げることができます。

最新スマホはトリプルカメラが主流!?4眼5眼もあるけど増えればいいの?

2-2 真のフルディスプレイを感じられるInfinity Display

画像引用元:Galaxy Note9 SC-01L|NTTドコモ

ディスプレイサイズはGalaxy史上最大の6.4インチとなっています。

Galaxy NoteシリーズやSシリーズで好評となっている「Infinity Display」はエッジからエッジまでほぼ全体をディスプレイにすることができます。

これにより、フレームがほとんどないデザインとなっています。

最近流行りのノッチ(画面上部の切り欠き)もなく、真のフルディスプレイを体感することが可能です。

また有機ELを採用しており、2,960×1,440(QHD+)の高解像度のディスプレイで、3Dゲームや動画視聴の際にはその映像美を楽しむことができます。

2-3 進化したSペン

画像引用元:Galaxy Note9 SC-01L|NTTドコモ

Galaxy Noteシリーズの最大の売りといえばこの「Sペン」です。

Galaxy Note9では、さらに機能を拡充させることで、より魅力的なものとなっています。それではSペンを使ってできることについて見ていきましょう。

画面オフメモ

画面オフの状態で本体からSペンを取り出すことで、ノートパッドが起動し手書きメモを残すことができます。

ここで書いたメモはGalaxy Notesアプリに保存することができるので、後から見返すことも可能です。

さらにGalaxy Note9では、手書きのメモの文字列を認識してくれるので、

  • メモで書いたことを文字列で検索
  • メモで書いた電話番号にワンタッチで電話を発信

したりということができます。

スマホのデジタルな便利さに、手書きメモといったアナログの快適さを組み合わせたノートパッドが利用できるのはGalaxy Noteだけの強みです。

筆圧感知

Galaxy NoteのSペンは手書きの書き心地にこだわって設計されています。

ペン先は0.7mm、筆圧レベルは4,096段階と感度は非常に高くなっています。

この筆圧レベルはペンタブや他のスタイラスペンと比較しても、かなり高い感度です。まさに紙に書くときの書き心地が実現されています。

ペン先も普通のペンだけでなく、ブラシや筆など様々なバリエーションが用意されており、メモを書くにはもちろんですが、イラストやアイデアを書きたいという人にもおすすめです。

Bluetooth機能

画像引用元:Galaxy Note9 SC-01L | NTTドコモ

Galaxy Note9からSペンにBluetoothが搭載されるようになりました。

これによりSペンはペンとして書く機能だけでなく、スマホをリモートコントロールできるようになっています。

例えば写真を撮影するときに、Sペンのボタンを押すだけでシャッターを切ることができます。

メインカメラでもインカメラでも対応しているので、スマホを固定して撮影したいときやセルフィーの撮影などもより簡単に、シャッターチャンスを逃さず撮影することが可能です。

また、Sペンのボタンはアプリの操作にも対応しているので、

  • YouTubeなど動画の再生・停止
  • PowerPointのスライド操作
  • 登録したアプリの立ち上げ

といったことができるようになっています。

このリモートコントロールにより、従来と比べてスマホの使い方のバリエーションを大幅に広げることができます。

2-4 Galaxy Note9の価格

Galaxy Note9はドコモとauから販売されています。それでは2018年12月7日現在の両者の価格をみてみましょう。

ドコモのGalaxy Note9の価格

ドコモ価格
機種代金121,176円
機種変更・新規 ※1
80,352円
乗り換え(MNP) ※163,504円
購入ドコモ公式ショップ

※1 月々サポート適用時

auのGalaxy Note9の価格

au価格
機種代金129,600円
毎月割
※auスマートパスなし
72,576円
アップグレードプログラムEX
※加入25ヶ月目で機種変更した場合
64,800円
購入au公式ショップ

機種代金だけ見ると、ドコモに乗り換えて購入するのが1番安いですね。

また、auのアップグレードプログラムEXは次の機種変更の際に端末返却の義務があります。ご注意ください!

Galaxy Note 9レビュー|Sペンは大きく進化!スペックと価格はどう?

次の章では、HUAWEI Mate 20 Proの特徴について見てみましょう。

3 HUAWEI Mate 20 Proのトリプルレンズカメラ、有機ELと驚異の性能

画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro | モバイル | ソフトバンク

HUAWEIでは、

  • エントリーモデルのnovaシリーズ
  • ミドルエンドモデルのPシリーズ
  • フラッグシップモデルのMateシリーズ

が展開されています。

「HUAWEI Mate 20 Pro」はそのMateシリーズの最新機種であり、同時に発売される「HUAWEI Mate 20」の上位機種となります。

それではHUAWEI最高のスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」の特長について紹介いたします。

3-1 HUAWEI Mate 20 Proのトリプルレンズカメラが秀逸

画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro | ソフトバンク

最近のスマホカメラの発達は著しく、一眼レフカメラ並みの撮影ができるスマホも多く、各社カメラ機能に注力しています。

「HUAWEI Mate 20 Pro」では、先ほど紹介したGalaxy Note9のデュアルレンズカメラのそのさらに上をいく3つのカメラ、トリプルレンズカメラを搭載したスマホです。

HUAWEIでは以前にも「HUAWEI P20 Pro」でトリプルレンズのカメラを採用しています。

その時からカメラの評価は非常に高く、カメラに定評のあるiPhoneやGalaxyを退けダントツに高い評価を受けていました。

HUAWEIのスマホでは「カラーセンサー+モノクロセンサー」の組み合わせでクオリティーの高い撮影を可能にしていました。

しかしながら、今回「HUAWEI Mate 20 Pro」では3つのカメラ全てにカラーセンサーを採用しています

カメラの構成に関しては以下の通りです。

  • 4,000万画素/F1.8の広角カメラ
  • 2,000万画素/F2.2の超広角カメラ
  • 800万画素/F2.4の望遠カメラ

高性能のカメラを一気に搭載しています。

さらにAIによる補正のバリエーションが非常に多く、1,500以上のシナリオと25種類のカテゴリを認識することが可能です。

最適なシナリオやシーンに合わせて自動で補正をしてくれるので、仕上がりがとても綺麗になります。

「HUAWEI Mate 20 Pro」のカメラは、超高性能なトリプルレンズカメラと多彩なシーンを識別してくれるAIオートの補正により、圧倒的な進化を遂げています。

3-2 2K+の超高解像度有機ELディスプレイ

ディスプレイは有機ELを採用しており、解像度は3,120×1,440の2K+となっています。

圧倒的高解像度ディスプレイに加えて6.39インチの大画面ディスプレイにより、ゲームや動画視聴も十分に楽しむことができます。

3-3 2つの生体認証に対応したHUAWEI Mate 20 Pro

画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro | ソフトバンク

「HUAWEI Mate 20 Pro」のディスプレイは高解像度のコンテンツが楽しめるだけではありません。

なんとディスプレイ内蔵型の指紋認証にも対応しています。

HUAWEI Mate 20 Proでは指紋認証に利用する物理的なボタンは配置されておらず、ディスプレイに内蔵されています。

ロック画面上で、指紋認証に利用する仮想ボタンが表示されるので、そこを押すと指紋が認識される仕組みになっています。

指紋認証をディスプレイ内蔵型にすることで、ディスプレイ下部にボタンを配置する必要がなくディスプレイを大型化することができました。

また、指紋認証を背面に配置したときのように認証の度に本体を持ち上げなくてもロック解除ができるというメリットがあります。

さらにHUAWEI Mate 20 Proでは、生体認証としてディスプレイ指紋認証の他に顔認証にも対応しています。

iPhoneXシリーズで採用されたFace IDのように、顔の深度情報を読み取り認識するので精度が高いと同時にセキュリティ面でも安心して利用できるものとなっています。

3-4 ワイヤレス給電ができるバッテリー

画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro | ソフトバンク

HUAWEI Mate 20 Proのバッテリーは4,200mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

バッテリー容量が大きくなったことで、より長時間の利用が可能になるのですが気になるのは充電時間です。

スマホが生活に欠かせない存在となった今では、容量だけでなく充電速度というのも大事な要素になっています。

その点、HUAWEI Mate 20 Proでは超急速充電のHUAWEI SuperChargeに対応し、30分で70%の充電が可能という驚異の充電速度を実現しています。

30秒で1%以上充電されるので、まさに目に見えるスピードで充電が可能となっています。

また充電に関しては他にも変わった機能が搭載されています。

それがワイヤレス逆充電です。

HUAWEI Mate 20 Proはワイヤレス充電に対応しているので、Qi対応機器によるワイヤレス充電が可能となっています。

さらにその逆にHUAWEI Mate 20 Pro自体をワイヤレス充電器として利用することができ、他のQi対応端末の充電も可能です。

3-5 高性能スマホを支えるKirin980というCPU

画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro | ソフトバンク

HUAWEIのスマホでは独自のチップセット「Kirin」が採用されています。

今回のHUAWEI Mate 20 Proでは最新の「Kirin 980」が搭載されたスマホとなっています。

前回モデルの「Kirin 970」では機械学習の処理を行うNPUを搭載したモデルとして注目を集めましたが、今回の「Kirin 980」はその機械学習処理など複数の点において強化されています。

全体的な処理速度が向上したことにより、3Dゲームをプレイするとき高画質でもサクサク快適にプレイすることができるようになります。

画像認識速度のテストでは、500枚の写真を認識する速度を比較したところ、

  • Androidスマホでも搭載されることの多い、Snapdragon 845が12秒
  • iPhoneシリーズのAppleのA11が25秒
  • HUAWEI Mate P20 ProのKirin 980は6秒

と他社の最新のチップセットと比較しても圧倒的な速さとなっています。

画像認識速度の速さや機械学習処理能力の高さは、カメラにも十分に活かされておりトリプルレンズカメラと合わせてより綺麗な写真の撮影を可能にしています。

3-6 HUAWEI Mate 20 Proの価格

HUAWEI Mate 20 Proのキャリアでの取り扱いはソフトバンクのみです。ソフトバンクではいくらで販売しているでしょうか。

2018年12月7日予約開始日時点での価格です。

ソフトバンクのHUAWEI Mate 20 Proの価格

ソフトバンク価格
機種代金120,960円
半額サポート
※加入25ヶ月目で機種変更した場合
60,480円
購入ソフトバンク公式ショップ

半額サポートはauのアップグレードプログラム同様旧機種を返却するという義務があります。ご注意ください!

HUAWEI Mate 20 Proレビュー|最強Androidのスペックと価格

4 「Galaxy Note9」と「HUAWEI Mate 20 Pro」を徹底比較します

ここまで「Galaxy Note9」と「HUAWEI Mate 20 Pro」の特長について紹介してきましたが、どちらの方が優れているのでしょうか。

今回は両機種ともに注力されている、

  • カメラ
  • ディスプレイ
  • 独自機能

の3点について徹底比較していきましょう。

4-1 カメラ比較

Galaxy Note9とHUAWEI Mate 20 Proのカメラには決定的な違いが1つあります。

それはレンズの数です。

Galaxy Note9がデュアルレンズに対してHUAWEI Mate 20 Proはトリプルレンズを採用しています。

これだけでもHUAWEI Mate 20 Proの方が鮮明な写真が撮れそうですが、それ以上にAIによる補正に2機種の差が表れています。

AIで認識されるシーンは、

  • Galaxy Note9が20種類
  • HUAWEI Mate 20 Proは25種類

となっています。

補正のバリエーションが多い分、どんな場面での撮影にも対応できます。

さらに、シーンの認識精度に関してもHUAWEIの方がやや上手な印象があります。

今のスマホカメラはAIによる自動補正があってこそ綺麗な写真が撮影できるといっても過言ではないでしょう。

そういった意味ではHUAWEI Mate 20 Proの方がカメラ機能に関しては、リードしています。

4-2 ディスプレイ比較

ディスプレイに関しては、2機種とも約6.4インチとほぼ同サイズの大型ディスプレイとなっています。

現在のスマホの中では最大級のディスプレイサイズとなるでしょう。

Galaxy Note9ではエッジ加工されたInfinity Displayによって、フレームがほとんど削ぎ落とされており無駄のないデザインとなっています。

日常生活に溶け込むようなディスプレイが特徴的です。

しかしながら、解像度を比較すると、

  • Galaxy Note9が2,960×1,440のQHD+
  • HUAWEI Mate 20 Proが3,120×1,440の2K+

となっており、HUAWEI Mate 20 Proの方が解像度に関しては上回ります。

どちらもディスプレイには有機ELが使われていますが、解像度ではHUAWEI Mate 20 Proの方が上回るという結果になりました。

4-3 独自機能で比較

Galaxy Note9とHUAWEI Mate 20 Proにはそれぞれ魅力的な独自の機能が搭載されています。

まず、Galaxy Note9に搭載されているSペン

これは他のスマホにはない独自の機能となっています。Galaxy Noteシリーズで使われてきたものをアップデートし、さらに便利なものになりました。

HUAWEI Mate 20 Proに関しては、ディスプレイ指紋認証やワイヤレス逆充電といったスマホの進化を感じられる新機能が詰め込まれたスマホとなっています。

どちらも使う人をワクワクさせてくれるような独自の機能を備えています。

5 Galaxy Note9とHUAWEI Mate 20 Proのそれぞれの魅力

スペック面で比較をすると、カメラやディスプレイなどHUAWEI Mate 20 Proの方に軍配が上がりそうです。

しかしながらGalaxy Note9にはSペンといったオンリーワンの特長も備わっており、申し分ないスペックの機種となっています。

どちらを選ぶかと言われれば個人の使い方や趣味趣向によるところが大きくなりそうです。

それぞれの魅力を再確認してみましょう。

Galaxy Note9の魅力
  • 表現力豊かな高性能デュアルレンズ
  • 進化したSペンで撮影も仕事も楽しめる
  • 大画面できれいなディスプレイ
HUAWEI Mate 20 Proの魅力
  • より進化したトリプルレンズカメラとAIで綺麗な仕上がり
  • ディスプレイ内蔵型の指紋認証でより便利に
  • ワイヤレス給電で逆充電も可能なバッテリー

Galaxy Note9は前回のGalaxy Note8同様、auとドコモからすでに販売されています。

グローバルのアナウンスから日が経ちましたが、HUAWEI Mate 20 Proはついにソフトバンクから販売されることとなりました。

11月30日からはファーウェイ・ジャパンから発売され、SIMフリーとしてOCNモバイルONEからも販売されています。

高スペックでフラッグシップモデルの両機種、どちらを購入するにしてもスマホライフを楽しみたいものです。

RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ