Galaxy SシリーズとAシリーズの違い|日本はフラグシップモデルの宝庫

  • 2018年11月18日
  • by 
Galaxy SシリーズとAシリーズの違い|日本はフラグシップモデルの宝庫

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

Galaxy Sシリーズは、日本で人気の高いAndroidスマホで、SonyのXperiaシリーズと並び国内トップレベルのシェアを誇っています。

ただ、国内キャリアで販売されるモデルはSシリーズとNoteばかりです。海外のモデルや輸入品販売のサイトをみると、SシリーズだけでなくAシリーズもよく見ますよね。

そこで今回はGalaxy SシリーズとAシリーズの違いを解説し、Aシリーズを買う時の注意点や方法も解説します。

今回の流れ
  • Galaxyのシリーズ系統は5種類
  • SシリーズとAシリーズの違い
  • Galaxy SシリーズとAシリーズの購入方法とランニングコスト

トップ画像引用元:Samsung Galaxy A8 (2018) Harga, Spesifikasi dan Reviews | Indonesia

1 Galaxyのシリーズ系統は5種類


画像引用元:Galaxy Feel2 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

日本国内では主にGalaxy Sシリーズが販売されていますが、海外モデルも含めるとGalaxyシリーズは主に5シリーズがあります。

Galaxyシリーズの種類
  • Note:スタイラスペンがセットの大型フラグシップモデル
  • Sシリーズ:国内販売の中心となるフラグシップモデル
  • Aシリーズ:海外モデル中心のミドルレンジモデル
  • Eシリーズ:海外モデル、スペックはローエンド~ミドルレンジモデル
  • Jシリーズ:海外モデル、スペックはローエンドモデル

日本ではiPhoneやXperiaなど、フラグシップモデルが中心となります。
そのため、Galaxyシリーズも同等のラインナップが中心となっています。

ただ、最近は格安SIMに乗り換える方も多く、docomo withなど、キャリアでもミドルレンジ~ローエンドモデルで価格を押さえる販売方式の人気が高まっています。

現に2019年冬春モデルにGalaxy Feel2が登場し、Galaxy S9やGalaxy Note9が高いと感じる方でも手軽に購入できる価格帯になっています。

2 SシリーズとAシリーズの違い

ここからは具体的な違いとしてGalaxy S9とGalaxy Feel2のスペックを比較しましょう。

Galaxy Feel2はdocomo with対象モデルとして販売されますが、2018年1月に海外で発売されたGalaxy A8と同等の性能を持っています。

Galaxy S9とGalaxy Feel2のスペック比較

項目Galaxy S9Galaxy Feel2
≒Galaxy A8
本体サイズ高さ:148 mm
幅:69 mm
厚さ:8.5 mm
高さ:149 mm
幅:70 mm
厚さ:8.4 mm
重さ161g168g
SoC(CPU)Snapdragon 845
2.8GHz + 1.7GHz
オクタコア
Exynos 7885
2.2GHz+1.6GHz
オクタコア
OSAndroid 8.0Android 8.1
ストレージ(ROM)64GB32GB
メモリ(RAM)4GB4GB
画面サイズ5.8インチ Super AMOLED
2,960 × 1,440
5.6インチ Super AMOLED
1,480 × 720
メインカメラ1,200万画素1,600万画素
インカメラ800万画素1,600万画素

2-1 処理能力はGalaxy S9が圧倒的


画像引用元:パフォーマンス | Galaxy S9 and S9+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy S9とGalaxy Feel2は、搭載するSoCの違いからそもそもの性能が全く違います。

動作クロックを見る限りはそこまで大きな違いに感じない方もいるでしょうが、ベンチマークを取るとその差は明らかです。

Galaxy S9とGalaxy Feel2のAnTuTuスコア
  • Galaxy S9:約24万スコア
  • Galaxy Feel2:約8万スコア

ベンチマークのスコアは利用しているアプリなどの環境によって変動しますが、かなり大きな差が開いていますね。

ゲームなど負荷のかかるアプリを中心に使いたい方はGalaxy S9が向いていますが、AnTuTuで8万スコアならWebやLINEなど一般的な用途に支障ありません。

Galaxy Feel2で問題ない使用例
  • Webサイト閲覧や動画の視聴
  • YouTubeなどの動画アプリ
  • LINEやTwitter、FacebookなどSNSアプリ

ただ、Androidは長期間利用しているとOSやウイルス対策アプリで重くなることもあります。
1台をずっと使い続けたい方は、Galaxy S9を買ったほうがいいかもしれませんね。

ドコモキャンペーンバナー

2-2 似ているようで違うディスプレイ


画像引用元:デザイン&ディスプレイ | Galaxy S9 and S9+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy S9もGalaxy Feel2も、Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載しています。

有機ELディスプレイは、高いコントラスト比と広い色域でLCDディスプレイより高価です。

そのため、Galaxy Feel2の価格帯でSuper AMOLEDを搭載しているのは珍しいと言えますね。

ただ、Galaxy Feel2は解像度が少し低いので、Galaxy S9と比較してしまうと見劣りしてしまいます。

また、Galaxy S9は両サイドが湾曲してベゼルレスになっているのに対し、Galaxy Feel2はベゼルがある平面ディスプレイです。

本体サイズはほとんど変わりませんが、画面領域は圧倒的にGalaxy S9の方が広くなっています。

有機ELディスプレイが最新スマホの主流!そのメリットとデメリット

次の章ではGalaxy SシリーズとGalaxy Aシリーズを購入する方法やランニングコストを解説します。

3 Galaxy SシリーズとAシリーズの購入方法とランニングコスト

ここからはGalaxy SシリーズとGalaxy Aシリーズの購入方法と、毎月のランニングコストを解説します。

3-1 Galaxy Sシリーズはキャリアで購入する


画像引用元:Galaxy S9 SC-02K | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

Galaxy Sシリーズは、現在ドコモとauが取り扱っています。
少し前まではソフトバンクでも取り扱いがありましたが、ここ最近は取り扱いが無くなったようです。

2018年10月現在、Galaxy S9が最新モデルになり、機種代金は次の通りです。

Galaxy S9の機種代金

契約種別ドコモau※
MNP972円 × 24回
(総額:23,328円)
1,357円 × 24回
(総額:32,568円)
新規契約1,674円 × 24回
(総額:40,176円)
1,695円 × 24回
(総額:40,680円)
機種変更1,890円 × 24回
(総額:45,360円)
購入ドコモ公式ショップau公式ショップ

※アップグレードプログラムEXを利用して25ヶ月目に機種変更した場合。オプション料の月額390円込みで計算

キャリア販売のGalaxy S9はSIMロックがかかっているので、ソフトバンク系の回線や海外で利用する方は注意してください。

また、ドコモ・auでGalaxy S9を購入した場合の月額料金はプランにより異なりますが、多くの方が利用するデータ量5GBの目安は次の通りです。

Galaxy S9の月額料金例(MNP)

料金ドコモau
通話料980円5,980円
ネット接続料300円
データ定額5,000円
機種代金972円1,357円
月額7,252円7,337円

Galaxy S9の月額料金(機種変更)

料金ドコモau
通話料980円5,980円
ネット接続料300円
データ定額5,000円
機種代金1,890円1,695円
月額8,170円7,675円

MNPの場合はドコモもauも価格差がほとんどなく、若干ドコモの方が安い状態です。
一方、機種変更では機種代金の差からauの方が安くなります。

ただ、アップグレードプログラムEXに加入して2年目に機種変更+端末をauに引き渡す前提の計算になります。

通常の24回払いで契約する場合はMNPでも機種変更でもドコモの方が安いので、2年後を見越してどちらのキャリアにするか決めた方がいいですね。

3-2 Galaxy Aシリーズの変わりにGalaxy Feel2を購入する


画像引用元:Galaxy Feel2 SC-02L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモが販売しているGalaxy Feel2は、スペックとしてはGalaxy A8(2018年モデル)と同等です。

Galaxy A8を海外サイトで購入するより簡単なので、最短で手に入れたい方はドコモで契約するのが1番楽ですね!

さらにdocomo with対象商品なので、機種代金も月額料金もかなり安くなります。

Galaxy Feel2の機種代金

契約種別機種代金
MNP1,755円 × 24回
(総額:42,120円)
新規契約
機種変更
購入ドコモ公式ショップ

Galaxy Feel2の月額料金例

項目機種代支払い有り機種代支払い後
通話料980円980円
ネット接続料300円300円
データ定額5,000円5,000円
機種代金1,755円0円
docomo with-1,500円-1,500円
月額6,535円4,780円

docomo withでは、次回の機種変更や解約までずっと1,500円割引が受けられます。

機種代金の支払いが生じる2年間はGalaxy S9を購入するより少し安くなる程度ですが、2年目以降もずっと割引があるのがポイントです。

  • 1台を長く使いたい
  • WebやLINEなど重いアプリは使わない

こうした方は、docomo withでGalaxy Feel2を購入するのが1番コスパが高くなりますよ!

docomo with対象機種のおすすめ最新スマホランキング【2018-19年冬春版】

3-3 Galaxy Aシリーズを通販サイトで購入する場合


画像引用元:Samsung Galaxy A8 (2018) Harga, Spesifikasi dan Reviews | Indonesia

Galaxy Aシリーズは、国内での正規販売はありません。

そのため、AmazonなどのショッピングサイトやEXPANSYSなどの個人輸入サイトを利用する必要があります。

購入方法によるメリット・デメリット
  • Amazonなどの国内通販サイト:商品の到着は早いが、価格が高め
  • 個人輸入サイト:商品は安いが、面倒な手続きや関税・手数料が発生

2018年10月時点では、Galaxy A8の海外モデルはAmazonで販売されているので購入は難しくありません。

しかし、価格が高いため、ドコモでGalaxy Feel2を契約した方がコスパがよくなる可能性があります。

Galaxy A8(2018)の価格

販売店価格配送
Amazon(日本)59,800円1〜3日
EXPANSYS38,155円15〜30日(輸入)
ETOREN49,500円15〜30日(輸入)

利用するSIMカードが格安SIMなら、多少機種代金が高くとも2年単位で見れば手に入れる価値はありますね!

なお、海外専用モデルなので日本独自の周波数やキャリアアグリゲーションの周波数は対応していません。

Galaxy A8が非対応のLTEバンド
  • ドコモ:Band21、42
  • au:Band11、42
  • ソフトバンク:Band11、42

そのため、地域によっては電波が弱くなる可能性や速度が遅くなる可能性があります。
また、NFCは搭載していますがFeliCaは非対応です。

コンビニも改札もFeliCaが無いと使えないので、おサイフケータイを利用している方は注意してください。

4 Galaxy SシリーズとAシリーズの違いまとめ

今回は人気のGalaxy Sシリーズと海外モデルAシリーズの違いや国内で手に入れる方法を解説しました。

性能を比較すると、Sシリーズの方が圧倒的に高性能ですが、日常的な用途ではAシリーズでも全く問題ないありませんね。

SシリーズとAシリーズの性能まとめ
  • Sシリーズはゲームなど高負荷なアプリもOK
  • Aシリーズはスペックは低いがWebやLINE、SNSなら問題なし
  • Aシリーズは低価格ながら、有機ELディスプレイなどいい部品を使っている

特に有機ELディスプレイやカメラ解像度など、Aシリーズの価格帯の割には高性能な部分もありますね!

価格は購入するモデル、購入方法によりますが、基本的に国内キャリアで契約するのがベストでしょう。

Galaxy S・Aシリーズの購入方法まとめ
  • Galaxy Sシリーズは国内キャリアで契約できる
  • ドコモのGalaxy Feel2でGalaxy A8(2018)の代用可能
  • Galaxy AシリーズはAmazonや個人輸入で購入可能だが、対応周波数やNFCが海外仕様なので注意!

今回の解説を参考に、Galaxy Sシリーズ、Aシリーズであなたにあった方を購入してくださいね!

Galaxy S10のスペックと価格は!?予想ではトリプルカメラ搭載スマホ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ