【Galaxy S10 VS AQUOS R3】徹底比較|どっちが買いか?その理由

【Galaxy S10 VS AQUOS R3】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年夏モデルの新スマホが続々と発売されています。

今回は、その新作モデルである「AQUOS R3」と「Galaxy S10」を徹底比較!

全部で6つの項目に分けて詳しく比較することで、どちらのスマホが「買い」であるかを明らかにしていきます。

トップ画像引用元:AQUOS R3 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS R3とGalaxy S10を徹底比較!

画像引用元:デザイン | Galaxy S10 | S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

本記事では、AQUOS R3とGalaxy S10を以下6つの項目に分けて徹底比較していきます。

AQUOS R3とGalaxy S10の比較項目
  • 本体価格
  • 基本性能(SoC、メモリ、ストレージ)
  • ディスプレイ性能
  • カメラ機能
  • サイズ・重量・バッテリー性能
  • 充電機能・生体認証・防水防塵性能

価格の比較

まずは、両者の本体価格の比較です。

本来であればSIMフリー版の本体価格を比較するべきなのですが、現在ではAQUOS R3のSIMフリー版は発売されておりません。

よって、両方の機種を取り扱っているドコモでの本体価格を比較対象としました。

両者の価格は表のとおりです。

項目AQUOS R3Galaxy S10
価格
(docomoでの本体価格)
89,424円89,424円

両者の価格は同じです。

どちらが「買い」か決めるのは、純粋にスマホの性能を見比べることになりますね。

基本性能の比較

画像引用元:パフォーマンス | Galaxy Mobile Japan 公式サイト

両者の基本性能は表のとおりです。

項目AQUOS R3Galaxy S10
SoCSnapdragon855
オクタコア
プロセッサ
2.8GHz×1
2.4GHz×3
1.7GHz×4
Snapdragon855
オクタコア
プロセッサ
2.8GHz×1
2.4GHz×3
1.7GHz×4
メモリ6GB8GB
ストレージ内部ストレージ
:128GB
外部ストレージ
:microSDXC
(最大 512GB)
内部ストレージ
:128GB
外部ストレージ
:microSDXC
(最大 512GB)

両者で採用しているSoCやストレージ容量は同じです。

違いはメモリのみであり、Galaxy S10の方が2GB多いという結果となりました。

2GBと聞くとそれだけ?て思う方もいるかもしれませんが、メモリの2GBは中々の差です。

よって、基本性能はGalaxy S10の方が優れていると言えます。

ディスプレイの比較

画像引用元:AQUOS R3 SH-04L ドコモの特長|AQUOS:シャープ

両者のディスプレイ性能は表のとおりです。

項目AQUOS R3Galaxy S10
ディスプレイ
機能
サイズ
:約6.2インチ
解像度
:Quad HD+
(3,120×1,440)
Pro IGZO
ディスプレイ
サイズ
:約6.1インチ
解像度
:Quad HD+
(3,120×1,440)
有機EL
ディスプレイ

違いはディスプレイの種類です。

また、ディスプレイの外観についてもちょっとした違いがあります。

Galaxy S10の画面は好みが分かれる

両者とも、ディスプレイはベゼルを極限まで補足したフルビューディスプレイです。

スマホの前面の90%以上がディスプレイであり、迫力感溢れる映像を楽しむことができます。

ただし、Galaxy S10には、この素晴らしいディスプレイに水を差している存在があるのです。

それがインカメラ。

画像引用元:デザイン | Galaxy S10 | S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

画像の赤枠部分がインカメラです。

まるでディスプレイに穴を開けたかのような位置に設置されています。

特に画像のような色鮮やかな動画を見ていると、余計にインカメラが存在感を増してしまうのです。

これについては好みが分かれる点であり、気にならないという方も多いでしょう。

しかし、Galaxy S10の購入を考えている方は、念のため大手キャリアショップや家電量販店に赴き、一度手にとって見ることをおすすめします。

ディスプレイの種類による違い

両者のもう1つの違いがディスプレイの種類です。

ディスプレイの違い
  • AQUOS R3:Pro IGZOディスプレイ(液晶ディスプレイ)
  • Galaxy S10:有機ELディスプレイ

AQUOS R3には、本機用に新しく開発された「Pro IGZOディスプレイ」が搭載されています。

10億色の表現力と2倍の明るさを持つ、現存する液晶ディスプレイの中でも最高峰の映像性能を持つディスプレイです。

また、動画のリフレッシュレートは120Hz。

Galaxy S10の2倍の性能を持つため、残像が残りにくく、動画をより滑らかに再生できます。

このように、AQUOS R3のディスプレイ性能は、Galaxy S10を上回っていると言えるでしょう。

しかし、視聴する映像コンテンツによっては、必ずしもAQUOS R3の方がいいとは言えません。

なぜなら、Pro IGZOディスプレイは液晶ディスプレイであるからです。

東京2020オリンピック×ドコモ|Galaxy S10+限定モデルを1万台販売

次のページでも、引き続きディスプレイ性能を比較していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ