東京2020オリンピック×ドコモ|Galaxy S10+限定モデルを1万台販売

  • 2019年6月7日
  • by.a-sato

Glaxy S10+ Olympicモデル

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019/11/01【追記】
ドコモより発表があり、2019年11月1日から取扱い店舗を拡大し、ドコモオンラインショップだけでなくドコモショップや量販店などでも購入可能になりました。

ハイスペックスマホで定評のあるGalaxyシリーズから新モデルが登場しました。

その名も「Galaxy S10+」。Galaxy S10+は2019年6月1日発売なので既に販売されています。

また、東京2020オリンピック限定デザインのGalaxy S10+も予約がスタートしています。

Galaxy S10+の東京2020オリンピック限定デザイン
  • 1万台限定の販売
  • 発売時期は2019年7月下旬
  • スペックは従来のGalaxy S10+と同じ
  • カラーはプリズムホワイトで背面に大会エンブレムがあしらわれている
  • ドコモオンラインショップ限定販売

1万台限定、それもドコモショップでしか手に入れることができない東京2020オリンピック限定デザインのGalaxy S10+。

今回は、そんな限定デザインのGalaxy S10+のスペックや価格、発売日などについて詳しく解説していきます。

トップ画像引用元:Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

1 東京2020オリンピック限定デザイン「Galaxy S10+」が1万台発売!

画像引用元:報道発表資料 : 2019年夏 新商品13機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ

東京2020オリンピック限定デザインのGalaxy S10+は、従来のGalaxy S10+とは全くスペックが同じですが、デザインと梱包箱が異なるようです。

Galaxy S10+ではプリズムブラックでしたが、東京2020オリンピック限定デザインは鮮やかなプリズムホワイト。

このカラーは東京2020オリンピック限定デザインのみだそうです。

そんな東京2020オリンピック限定デザインのGalaxy S10+の特徴や発売日を見ていきましょう。

1-1 東京2020オリンピック限定デザインのGalaxy S10+の発売日

東京2020オリンピック限定デザインの発売は2019年7月下旬を予定しています。

Galaxy S10+は既に6月1日発売となっていますが、東京2020オリンピック限定デザインは少し時期がずれます

まだ7月下旬と言うことで明確な日時は確定していません。

気になる人はこまめに情報をチェックするようにしましょう。

1-2 予約開始は2019年5月16日から

東京オリンピック限定デザインの予約は既に5月16日から始まっています。

1万台限定ですし、確実に手に入れたいという人は予約しておく方が無難です。

ドコモオンラインショップで予約をするにはdアカウントが必要になるので、事前に取得しておきましょう。

ドコモオンラインショップでの受付となるので、自分の在庫が確保された時点でいつでも手続きが可能です。

尚、予約して手続きをせずに放置した場合、そのまま自動キャンセルとなるので注意してください。

1-3 東京2020オリンピック限定デザイン「Galaxy S10+」の特徴

東京2020オリンピック限定デザインのGalaxy S10+の特徴について解説します。

東京2020オリンピック限定デザインというだけで、中身が何かGalaxy S10+と違うかと言ったらそうではありません。

Galaxy S10+のスペックや機能はそのままで、デザインが従来のGalaxy S10+と異なります

また、Galaxy S10+には付属されていないワイヤレスイヤフォンが付属されているのも特徴です。

デザインに関しては、背面に東京2020オリンピックの大会エンブレムがあります。

そこまで大きくないのであまり気にならないでしょうですし、スマホカバーをつければ一切わからなくなります。

カラーはプリズムホワイトといって、色味が鮮やかなホワイトカラーです。

Galaxy S10+のプリズムブラックと対になるようなカラーリングですが、従来のGalaxy S10+にプリズムホワイトはありません。

プリズムホワイトは東京2020オリンピック限定デザインのみです。

1-4 ドコモ限定の販売

東京2020オリンピック限定デザインのGalaxy S10+は、ドコモオンラインショップ限定発売です。

店頭に行っても購入することはできないので注意してください。

尚、ドコモオンラインショップは事務手数料が無料になるので、店頭契約するよりもお得です。

東京2020オリンピック限定デザインのGalaxy S10+とは
  • スペックは従来のGalaxy S10+と全く同じ
  • デザインはプリズムホワイトのボディ・背面には大会エンブレム
  • 1万台限定での販売となる
  • ドコモオンラインショップでしか手に入れることができない
  • 既に予約開始しており発売日は2019年7月下旬を予定
Galaxy S10のスペックと価格は!?Galaxy S9との大きな違いは何?

次の章では、Galaxy S10+のスペック・価格について解説します。

2 Galaxy S10+のスペック・価格

Galaxy S10

画像引用元:Galaxy S10e, S10 and S10+ | スマートフォン Galaxy Mobile Japan公式サイト

次に、Galaxy S10+のスペックと価格についてみていきましょう。

Galaxy S10+と東京2020オリンピック限定デザインは、外側が違うだけでスペックや機能は全く同じです。

そのため、この章ではGalaxy S10+のスペックについて解説していきます。

東京2020オリンピック限定デザインの方は、従来のGalaxy S10+よりも多少機種代金が高くなっているようですね。

2-1 Galaxy S10+の価格について

Galaxy S10+の端末価格は101,088円(税込)でして、最近は10万円超えのスマホが当たり前になってきましたね。

一方で、東京2020オリンピック限定モデルのGalaxy S10+は、114,696円(税込)と少々高めの金額になっています。

恐らく限定デザインだということと、ワイヤレスイヤフォンが同封されているからだと思われます。

ドコモで36回の分割にすると月々3,186円の支払いになります。

ドコモのスマホおかえしプログラムがお得

ドコモでは、36回の分割で契約をした後に2年後機種を返却すると、残りの機種代金最大12回分の支払いが免除されるというプログラムがあります。

最大で36,000円機種代金がお得になるプログラムなので、2年のスパンで常に新しいスマホが欲しい人にぴったり。

ただし、せっかく購入した限定デザインのGalaxy S10+も、返却しなければいけなくなるので注意が必要です。

ドコモ「スマホおかえしプログラム」て必要?メリットとデメリット

2-2 Galaxy S10+のスペックについて

Galaxy S10+のスペックを簡単に表にしてみました。

項目内容
発売日2019年7月下旬
価格114,696円
カラープリズムホワイト
(背面に大会エンブレム)
ディスプレイ6.4インチ
サイズ約158×74×7.8mm
175g
CPUSnapdragon 855
2.8+1.7GHz
オクタコア
RAM/ROM8GB/128GB
バッテリー容量4,000mAh
アウトカメラ1,200万+1,600万+1,200万画素
インカメラ1,000万+800万画素
防水防塵
生体認証指紋・顔
販売ドコモ公式ショップ

RAM8GB/ROM128GB、さらにSnapdragon855搭載の高性能スマホだということがわかります。

最近の10万円超えのスマホのほとんどはRAM6GB(同時期発売のXperia 1も)ですが、Galaxy S10+は8GBです!

以前のスマホはRAM3GB~4GBが普通でしたが、一気に高性能なスマホが増えました。

RAMが8GBもあれば、高画質のスマホゲームを複数同時進行させたり、複数の負荷の強いアプリを同時に起動させていても、快適に使うことが可能でしょう。

ヘビーユーザーの人にもぴったりなスペックです。

2-3 超音波指紋センサーで画面に触れて画面ロックを解除

指紋認証と言うと、今までは背面にあるセンサーに指を当てたり、サイドボタンに触れて指紋認証するケースが非常に多かったです。

しかし、Galaxy S10+は画面に触れるだけで指紋認証できるようになりました。

画面に搭載されている超音波指紋センサーが、画面に当たる指の指紋を感知し、画面ロックの解除が可能になったのです。

より手早く、より確実に指紋認証できるようになったと言って良いでしょう。

尚、顔認証にも対応しています。

2-4 約123°の超広角カメラで映画のような風景の写真撮影が可能に

画像引用元:Galaxy S10 | S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy S10+のカメラは、約123°の超広角レンズを搭載しています。

そのため、まるで映画のように壮大な景色の写真を撮影できるようになり、旅行先の風景を撮影するのにもおすすめです。

また、Galaxy S10+にはインテリジェントカメラが搭載されています。

インテリジェントカメラは、シーンに合った設定に自動で切替えてくれる機能のことを言います。

自動的に撮影シーンに合わせて設定を変えてくれるので、その時々で最適な状態で撮影することが可能になりました。

よりクオリティの高い写真を撮りたいという人や、カメラ性能にこだわりたいという人にもぴったりです。

2-5 ワイヤレスパワーシェアで他のデバイスとバッテリーのシェアが可能

画像引用元:Galaxy S10 | S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy S10+のバッテリー容量は4,000mAhとかなり大容量です。

その大容量には理由があり、Galaxy S10+はワイヤレスパワーシェアに対応しています。

ワイヤレスパワーシェアとは、自分のバッテリーを他のデバイスとシェアできるという機能です。

つまり、スマホがそのままモバイルバッテリーになるということです。

使い方は画像のように、Galaxy S10+の背面にワイヤレスチャージに対応しているデバイスを乗せるだけ。

従来のワイヤレスチャージャーと同じ使い方で、Galaxy S10+で充電をすることが可能です。

Galaxy S10+のスペック
  • 東京2020オリンピック限定モデルの端末代金は114,696円
  • 従来のGalaxy S10+よりも少し高額な機種代金
  • RAM8GB/ROM128GBでSnapdragon855搭載の高スペックスマホ
  • 超音波指紋センサーで画面に触れれば指紋認証ができる
  • 約123°の超広角レンズ搭載のカメラで映画のような風景を撮れる
  • ワイヤレスパワーシェアで他のデバイスとバッテリーのシェアが可能
RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】

次の章では、東京2020オリンピック限定モデル「Galaxy S10+」は買うべきなのかを考えてみます。

3 東京2020オリンピック限定モデル「Galaxy S10+」は買うべき?

2020年

次に、東京2020オリンピック限定モデルのGalaxy S10+は買うべきかどうかについて考えてみます。

歴史的なスポーツの祭典、それも何十年に1回開催国になれば良いほどのオリンピックが開催されるということで、今からワクワクしている人も多いでしょう。

そんな中で東京2020オリンピック限定モデルが出るとなったら「記念に」「今だけだから」とつい買いたくなる人も多いのではないでしょうか。

しかし、東京オリンピックが過ぎた後に持て余す可能性も高いので、一歩踏み出せない人も少なくないでしょう。

東京2020オリンピック限定モデルは、普段使いするという目的で買う価値があるのでしょうか。

3-1 次にいつくるかわからないオリンピックの限定モデルなのでレア度が高い

前回、東京オリンピックがあったのが1964年。

その後も日本の各地でオリンピックが開催されることはありましたが、東京で開催されるのは約50年ぶりです。

そんな記念すべきスポーツの祭典をモデルにしたデザインのGalaxy S10+は、この先一切新品で手に入ることはないでしょう。

そもそも1万台限定販売ですし、東京オリンピックが開催される直前である今だけしか発売されません。

それだけ考えてもかなりレア度は高いと言えます。

他の人が持っていないような、個性的なスマホを持ちたいと考えている人には良いかもしれません。

3-2 スペックも十分すぎるほどに高スペック

Galaxy S10+はそもそもスペックが非常に高い最新機種ですから、スペック重視の人にも満足してもらえるスマホではないかと思われます。

RAM8GBのスマホは、ある程度無茶をしても快適に使えるくらいには大容量メモリのスマホだと思ってください。

バッテリー容量も多く他のデバイスにシェアできる程ですから、充電の減りが気になる人にもおすすめです。

また、123°の超広角レンズ搭載のカメラもあるので、景色の撮影など映画のような壮大な写真を撮影したい人にもかなりおすすめ。

従来のGalaxy S10+と比べて少し金額は高いですが、そこはどちらのカラーが好みかで選ぶと良いでしょう。

3-3 大会エンブレムもあまり大きいわけではないので目立つことも少ない

東京2020オリンピック限定デザインのような、万博やオリンピックを参考にしたデザインがあると聞くと「いや…ちょっとダサいのでは?」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

明らかにイベントロゴの主張が激しかったり、普段使いに向いていないと思えるものが多いイメージがあります。

しかし、限定デザインのGalaxy S10+は、そこまで大会エンブレムの主張も激しくなく、一見普通のおしゃれなスマホにしか見えません。

プリズムホワイトのカラーもとても綺麗ですし、女性の人気も高いのではないでしょうか。

また、背面に大会エンブレムがあるので、カバーをつければいくらでも隠すことができます

もう見るからにオリンピック!というデザインではないので、普段使いにも支障なく使えるのではないでしょうか。

4 レア感満載!高スペックな限定モデル「Galaxy S10+」

新国立競技場

最後に、東京2020オリンピック限定モデルのGalaxy S10+は買うべきかどうかについてまとめます。

東京2020オリンピック限定モデルのGalaxy S10+は買うべき?
  • 日本開催のスポーツの祭典の記念として持っておくのはアリ
  • 1万台限定で尚且つ東京オリンピックモデルなのでレア度が非常に高い
  • スペックはある程度無理な使い方をしても快適に使える程度で申し分ない
  • 大会エンブレムもそこまで大きくはないので目立つことも少ない

東京2020オリンピック限定モデルのGalaxy S10+はお洒落なカラーリングで、普通に使っていても全く違和感はありません。

背面の大会エンブレムもそこまで大きいものではないですし、気になるようであればカバーで隠すことも可能です。

個人的には、プリズムブラックよりもプリズムホワイトの方が可愛いな、と感じました。

デザインもそこまでオリンピックを主張しているものではないので、普通に日常生活で使っても問題ないでしょう。

むしろスペックが非常に高いので、多少無理な使い方をしてもサクサク進みます。

多少従来のGalaxy S10+より金額は高くなりますが、プリズムホワイトのカラーが気に入った人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモのおすすめスマホ機種ランキング【2020年最新版】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ