Galaxy S21+の価格/サイズ/スペック|ドコモ・auでの予約はまだ?

  • 2021年2月5日
  • by.affiprecious

Galaxy S21/S21+

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2021年1月15日の深夜にサムスンの新製品発表会が開催され、注目を集めているGalaxy S21シリーズについても発表されました。

本記事ではそんなGalaxy S21シリーズのうち、大型機種にあたるGalaxy S21+について解説します。

Galaxy S21+のスペックはもちろん、気になる本体価格や発売日、国内キャリアでの取り扱いについても詳細に解説していきますよ。

Galaxy S21+まとめ
  • 日本国内での価格は9万円台~11万円台の予想
  • 日本国内での発売日は2021年5月下旬~6月中旬頃の予想
  • スペックは前機種のGalaxy S20+とそれほど変わらない
  • CPUは最新なので、処理能力は最高峰

トップ画像引用元:ギャラクシーS21

Galaxy S21+の価格/発売日

Galaxy S21シリーズ

画像引用元:ギャラクシーS21

Galaxy S21+はサムスンのスマホ「Galaxyシリーズ」の最新機種で、海外ではすでに発売済みとなっています。

そんなGalaxy S21+の価格は以下のとおりです。

なお、日本国内キャリアでの販売価格はまだ発表されていません。

機種本体価格日本円換算前モデル
Galaxy S21128GB:799.99ドル
256GB:849.99ドル
128GB:83,015円
256GB:88,203円
999ドル~
Galaxy S21+128GB:999.99ドル
256GB:1,049.99ドル
128GB:103,769円
256GB:108,957円
1,199ドル~
Galaxy S21 Ultra128GB:1,199.99ドル
256GB:1,249.99ドル
512GB:1,379.99ドル
128GB:124,523円
256GB:129,711円
512GB:143,202円
1,399ドル~

128GBは約1,000ドル、256GBは約1,050ドルです。

前モデルのGalaxy S20+に比べ、約200ドルも安くなっています。

また、他のモデルも前機種に比べて軒並み200ドルほどダウン。

日本円に換算すると、約2万円の値下げとなります。我々ユーザーにしてみればかなり嬉しい変化と言えますね。

日本国内での販売価格

Galaxy S21+の発売日である2021年1月29日以降、秋葉原地区の中古販売業者「イオシス」ではGalaxy S21シリーズを取り扱っています。

イオシスでの本体価格は下表のとおり。

機種本体価格
Galaxy S21256GB:99,800円
Galaxy S21+256GB:124,800円
Galaxy S21 Ultra256GB:149,800円
512GB:164,800円

Galaxy S21+のラインナップは256GBモデルのみ。発表された本体価格と比較すると、約16,000円アップしています。

また、販売しているのは未使用品の香港SIMフリー版です。CPUにはSnapdragon 888が搭載されています。

日本で発売される機種にも、高確率でSnapdragon 888が搭載されるはずです。つまり、イオシスで販売している香港SIMフリー版は、かなり日本版に近い機種と言えます。

Galaxy S21+をいち早く試して見たい方は、ぜひイオシスでの購入を検討してみてください。

\中古で買うならこちらがおすすめ!/

Galaxy S21+はドコモ・auで発売される?

ドコモショップ実店舗

Galaxy S21シリーズは、ドコモ・auでも取り扱う可能性が非常に高いです。しかし、すべての機種が発売されるわけではありません。

そもそも「ドコモとauで発売する」と予想した根拠は、両者がEMVCoという業界団体で認証を取得したことにあります。

EMVCoは決済サービスの普及促進などに関わる団体です。現在のスマホに決済機能は不可欠ですから、ここの認証情報を見れば新スマホの発売予定がある程度はわかります。

Galaxy S21シリーズにおいて、ドコモ・auが共に認証を取得したのは「Galaxy S21」と「Galaxy S21+」のみでした。「Galaxy S21 Ultra」の認証は取得していません。

つまり、最上位モデルである「Galaxy S21 Ultra」の日本国内キャリアでの発売は未定となります。

ただし、前モデルのGalaxy S20シリーズでは、auが他の機種より数ヶ月遅れで「Galaxy S20 Ultra 5G」を発売しました。

もしかすると「Galaxy S21 Ultra」も数ヶ月遅れで発売するかもしれません。

キャリアでの販売価格はどれくらい?

今ある情報を元に、ドコモ・auでの販売価格を予想してみました。

ドコモでの販売価格予想

まず、上表のGalaxy S21+の価格を日本円に換算すると、128GBで約104,000円、256GBで約109,000円。

そして、前モデルであるGalaxy S20+のドコモでの発売価格は114,840円でした。上表の1,199ドルからマイナス5,000円した価格です。

この値下げがGalaxy S21+にも適用された場合、128GBで約99,000円、256GBで約104,000円となります。

Galaxy Sシリーズの上位機種が10万円を切るかもしれません。

auでの販売価格予想

前モデルGalaxy S20+のau発売価格は133,280円でした。上表の値段と比較すると、約13,000円ほどの上乗せです。

よって、上表のGalaxy S21+の価格に13,000円をプラスすると、128GBで約117,000円、256GBで約122,000円に。

前モデルより約16,000円の値下げとなります。10万円を超えるものの、それでも過去のGalaxy Sシリーズに比べれば大分安いです。

Galaxy S21+の発売日

Galaxy発表会まとめ

画像引用元:ギャラクシーS21

Galaxy S21+の現地での発売日は2021年1月29日です。

しかし、Galaxy S21+の販売が予定されているドコモとauでの発売日は、まだ明らかになっていません。

そこで、過去の例を元にドコモとauでのGalaxy S21+の発売日を予測してみました。

Galaxy S10/S10+の発売日
  • 発売日:2019年3月8日
  • ドコモでの発売日:2019年6月1日
  • auでの発売日:2019年5月23日

2020年発売のGalaxy S20を参考にしない理由は、「5G開始」という一大イベントの影響により、販売スケジュールが異例だったためです。

Galaxy S20は、ドコモ・au共に2020年3月に発売しましたが、これは5Gの提供開始時期に合わせたためでした。

例年通りであれば、Galaxy Sシリーズは5月の春夏モデルとして発売されていたはずです。

つまり、Galaxy S21+は2021年の春夏モデルに組み込まれる可能性が高いと言えます。

早くて2021年5月下旬、遅くとも6月中旬には発売されるのではないでしょうか。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Galaxy S21+のスペック

Galaxy S21

画像引用元:ギャラクシーS21

では、ドコモとauから発売される予定のGalaxy S21+のスペックを見ていきましょう。

Galaxy S21+のスペック

Galaxy S21+
画面サイズ約6.7インチ
本体サイズ高さ:161.5mm
幅:75.6mm
厚さ:7.8mm
重さ200g~202g
アウトカメラトリプルカメラ
標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約6,400万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー4,000mAh
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUSnapdragon 888
認証顔・指紋
防水IP68
カラーファントムバイオレット・ファントムブラック・ファントムシルバー・ファントムピンク

Galaxy S21+は最新モデルですが、スペックは前モデルであるGalaxy S20+とほとんど変わりません。

それどころか、Galaxy S20+では12GBだったメモリが8GBになっているなど、スペックダウンも見られます。

しかし、CPUは最新のSnapdragon 888を搭載しているので、処理性能はGalaxy S20+より高めです。

そして何より、前モデルより2万円も安いことは忘れてはなりません。

これまでのGalaxy Sシリーズより、コスパは非常に優れています。

Galaxy S21+の特徴

Galaxy S21+

画像引用元:Galaxy S21 Plus

Galaxy S21+で最も変化した点はデザインでしょう。

Galaxy S20のエッジディスプレイは姿を消し、オーソドックスなフラットディスプレイを採用しています。

カラーはファントムバイオレット・ファントムシルバー・ファントムブラック・ファントムピンクの4色を用意。

上記の画像が実際のGalaxy S21+です。シンプルなデザインに優しいカラーがうまく馴染んでいますね。

6.7インチの大型ディスプレイ

Galaxy S21+は約6.7インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

動画の滑らかさを示すリフレッシュレートは48~120Hz。動きの早いゲームでも滑らかな映像を楽しめるでしょう。

また、表示中の映像によって、AIが自動でリフレッシュレートを変更するため、電池持ちにも優れています。

カメラ機能はソフトウェアが進化

Galaxy S21+のカメラは広角・超広角・望遠のトリプルレンズ

望遠レンズの有効画素数は6,400万画素とかなり高めで、光学ズームも3倍と優秀です。

とはいえ、これらは前機種のGalaxy S20+とほぼ同じ。

Galaxy S21+の主な進化点はソフトウェアにあります。

Galaxy S20+にスローモーション再生を追加!

Galaxy S20+のシングルテイク機能にスローモーション再生をプラス。

このシングルテイクとは、シャッターを1回切るだけでAIが写真や動画に自動変換してくれる機能のことです。

また、8K動画撮影も可能になりました。気に入ったシーンがあれば、それを3,300万画素の写真として保存することもできます。

大容量バッテリー搭載

Galaxy S21+は4,800mAhの大容量バッテリーを搭載し、急速充電にも対応しています。

さらにディスプレイの可変リフレッシュレートなど、省電力に繋がる機能も併せ持っています。

これは数値以上の電池持ちが期待できそうでね。

外部ストレージ・充電アダプターはなし

Galaxy S21+ではmicroSDスロットが廃止となりました。

これまではmicroSDで自由にストレージを拡張できていただけに、この変更は残念ですね。

また、旧シリーズでは同梱されていた充電器アダプターも付いてきません。これはiPhone 12シリーズでも話題を呼びましたね。

Galaxy S21+の容量を選ぶ際は、ストレージの拡張ができないことを念頭においておく必要があります。

Galaxy S21+とGalaxy S21を比較

Galaxy S21+

画像引用元:Galaxy S21

Galaxy S21+について紹介してきましたが、ここからは同時発売されるGalaxy S21を比較してみましょう。

両者の違いを知ることで、より自分に合ったスマホを選択できるようになりますよ。

まずはスペックの比較です。

項目Galaxy S21Galaxy S21+
画面サイズ約6.2インチ約6.7インチ
本体サイズ高さ:151.7mm
幅:71.2mm
厚さ:7.9mm
高さ:161.5mm
幅:75.6mm
厚さ:7.8mm
重さ169g~171g200g~202g
アウトカメラトリプルカメラ
標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約6,400万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー4,000mAh4,800mAh
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUSnapdragon 888
認証顔・指紋
防水IP68
カラーS21:ファントムバイオレット・ファントムグレー・ファントムホワイト・ファントムピンク
S21+:ファントムバイオレット・ファントムブラック・ファントムシルバー・ファントムピンク

ディスプレイサイズは、Galaxy S21+の方が大きいです。大型ディスプレイが好きな方に向いていますね。

ただし、ディスプレイが大きくなる分、本体サイズも大きくなるので要注意です。

その他の大きな相違点はバッテリー容量くらいですから、大型ディスプレイが欲しければGalaxy S21+、それ以外の場合はGalaxy S21を選ぶと良いでしょう。

Galaxy S21+の予約開始は未定!続報に期待

本記事では、Galaxy S21シリーズの1つ、Galaxy S21+について解説しました。

Galaxy S21+は、ドコモ・auで発売される可能性が高いです。しかし、発売時期はまだ明言されていません。

何か続報が入り次第、bitWaveでも発信していきます!

Galaxy S21+まとめ
  • 日本国内での価格は9万円台~11万円台の予想
  • 日本国内での発売日は2021年5月下旬~6月中旬頃の予想
  • スペックは前機種のGalaxy S20+とそれほど変わらない
  • CPUは最新なので、処理能力は最高峰
Galaxy S21 Ultraの価格/発売日/スペック|ドコモ・auでの予約はいつ?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。