Galaxy S23 実機レビュー

Galaxy S23 実機レビュー|使ってわかったメリット・デメリット

  • 更新日:2024年3月22日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年3月22日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

今回は、Galaxy S23の実機を入手しましたので、使った感想やスペック、価格、メリット・デメリットをレビューします。

結論から言うと、使った感想から、Galaxy S23は次のような人におすすめです。

Galaxy S23はこんな人におすすめ
  • 価格と性能のバランスの取れたハイスペックモデルが欲しい人
  • コンパクトで持ちやすいスッキリしたスマホが欲しい人
  • カメラ機能に拘りがある人

Galaxy S23はハイスペックモデルの中ではコスパに優れた端末です。

スマホの操作感や重いゲームを存分に楽しみたい人におすすめです。

また、ベゼルが薄く大画面でありながら、軽く持ちやすいコンパクトさもメリットです。

写真の仕上がりも美しいのでカメラ性能に拘りがある人にもおすすめできます。

一方で、次のような人にはGalaxy S23はあまりおすすめできません。

Galaxy S23はこんな人におすすめできない
  • 大画面スマホ欲しい人
  • バッテリー持ちを重視したい人

Galaxy S23のディスプレイサイズは6.1インチですが、より大画面を求めるならGalaxy S23 Ultraがおすすめです。

Galaxy S23 Ultraは6.8インチと大画面で、Sペンが使用できます。

また、バッテリー持ちを重視したい人には物足りない性能でしょう。

それ以外の部分において、Galaxy S23はとても使いやすいモデルです。

特にデザインもシンプルでありながら洗練されており、ずっと眺めていたくなるほど美しいです。

個人的にはAndroidで1台持つなら「Galaxy S23」、イチオシです!

吹き出しアイコン

Galaxy S23の購入を検討している人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

この記事では、Samsung Japanから貸与された端末を使用しています。

この記事を書いた人
出版社に入社、編集者として15年勤務。現在はbitWaveの編集・記事作成を担当しています。初代GALAXY Sを購入しスマホが大好きに!ユーザー視点に立った記事作成を心がけています。時に脚本・演出家。

Galaxy S23を使ってわかったメリット4つ

メリット

まず、実際にGalaxy S23を使って感じたメリットを見ていきましょう。

操作が快適

Galaxy S23はSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxyを搭載しています。

Snapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxyはハイスペックモデルに搭載される、2024年現在最高レベルのCPUです。

基本操作だけでなく重いゲームもスムーズに操作できます。

吹き出しアイコン

重たいゲームでも、Galaxy S23ならサクサクプレイできます。

軽くて持ちやすい

Galaxy S23を手に取った印象は、軽い・薄い・持ちやすいです。

Galaxy S23のサイズは約71×146×7.6mm、重量は約168gと軽量です。

近年大型スマホが主流になっているせいか、Galaxy S23はとても小さく感じました。

デザインもシンプルで飽きのこない美しいフォルムをしています。

カメラの性能が高い

Galaxy S23のカメラは超広角、広角、望遠のトリプル構成です。

光学ズームは3倍まで対応しており、簡単操作でクリアで美しい写真が撮影できます。

カメラに関しては、実際にいくつか撮影しましたので後述します。

auなら新生活応援SALE!でGalaxy S23をお得に買えるメリットも!

auのGalaxy S23なら、「新生活応援SALE!」を利用することでよりお得に機種変更できます。

新生活応援SALE!は通常最大5,500円割引の「5G機種変更おトク割」の割引額が、増額されるキャンペーンです。

Galaxy S23は最大11,000円割引に増額されます。

キャンペーン条件
  • 機種変更で対象機種を購入
  • 直近の購入機種を12ヶ月以上利用していること
  • 対象の料金プラン・故障紛失サポートに加入

キャンペーン期間は2024年2月1日~2024年3月31日までですので、auでの機種変更を検討している人はお早めに。

新生活応援SALE!

対象機種割引額
Google Pixel 8 Pro22,000円
TORQUE 5G
Xiaomi 13T
Xperia 10 V16,500円
Xperia 1 V
iPhone 15 全容量11,000円
iPhone 15 Plus 全容量
Galaxy S23 FE
Galaxy S23
吹き出しアイコン

条件を満たすことで、auのGalaxy S23が最大11,000円割引で購入できます!

Galaxy S23を使ってわかったデメリット2つ

デメリット

次に、Galaxy S23を実際に使って感じたデメリットは以下になります。

イヤホンジャック非搭載

Galaxy S23はイヤホンジャックが搭載されていません。

近年ハイスペックモデルはイヤホンジャック非搭載の端末も多いため、珍しいことではないでしょう。

有線でイヤホンを接続したい場合には、注意が必要です。

microSDカード非対応

Galaxy S23はmicroSDカード非対応です。

ただし、内蔵ストレージ容量は256GBあるため、動画を大量に保存したいとかでない場合は困ることはないでしょう。

Galaxy S23の発売日・価格

Galaxy S23 SC-51D

画像引用元:Galaxy S23 SC-51D

Galaxy S23の発売日と価格をみていきましょう。

Galaxy S23の発売日
  • 発売日:2023年4月20日
  • 販売:
    ドコモ
    au
    楽天モバイル

Galaxy S23は、キャリアではドコモやau、楽天モバイルが取り扱っています。

いつものことですが、ソフトバンクからは発売されていません。

カラーバリエーションはラベンダー、クリーム、ファントムブラックの3色で、楽天モバイルではラベンダーの取り扱いがありません。

Galaxy S23の価格
項目価格割引適用時詳細
ドコモ136,620円62,260円公式サイトを見る
au販売終了公式サイトを見る
楽天モバイル147,700円135,700円公式サイトを見る
※ ドコモはオンラインおトク割といつでもカエドキプログラム適用、楽天モバイルは乗り換えでプラン申し込み特典のポイント還元の場合 Galaxy S23は割引やキャンペーン利用で42,400円から購入できます。

これだけのハイスペックモデルが4万円台から購入できるのは、正直コスパ最強と言えるでしょう。

ただし、auではすでに販売を終了していますので注意が必要です。

Galaxy S23の外観をレビュー

Galaxy S23

今回入手したGalaxy S23のカラーはファントムブラックです。

まさに真っ黒という感じで、めちゃくちゃカッコいい仕上がりです。

デザインもシンプルで洗練されており、長く使っても飽きのこないボディです。

電源アダプタ、USB Type-Cケーブルはなし

Galaxy S23の同梱物は、本体とクイックスタートガイド、USBケーブル(CtoC)、SIM取り出し用ピンが同梱されています。

別売りアイテム
  • ACアダプタ
  • USB Type-Cケーブル

電源アダプタやUSB Type-Cケーブルは別売りなので、充電器を持っていない人は注意しましょう。

Galaxy S23のディスプレイ面

Galaxy S23

Galaxy S23のディスプレイは、約6.1インチです。

ディスプレイサイズは小さすぎず大きすぎず、とても使いやすいサイズ感です。

上部にはパンチホールデザイン(インカメラ搭載)がありますが、存在感はほとんどなく動画視聴などで邪魔になることはありません。

ハイスペックモデルらしく、ベゼルはかなり薄くなっています。

Galaxy S23の背面

Galaxy S23

Galaxy S23の背面はマットな素材でサラサラした手触りです。

指紋はほとんど目立たちませんが、まったく付かないというわけではありません。

デザインはS22と大きく変わらず、湾曲していないフラットディスプレイで角には丸みがあります。

Galaxy S23

上部中央にメインカメラが大きくあり、レンズ部分は少しだけ突起しています。

レンズ周りのデザインは変更となり、S22よりスッキリしています。

Galaxy S23の側面

Galaxy S23

Galaxy S23の左側面にはボタンや端子類は一切ありません。

Galaxy S23

右側面には上から音量キー、中央あたりに電源キーが配置されています。

音量キーはカメラ起動時、シャッターまたは動画の撮影開始/終了ボタンとして機能します。

電源ボタンは右手でも左手でもスムーズに操作できます。

Galaxy S23の上部と下部

Galaxy S23

Galaxy S23の上部には送話口/マイクのみが搭載されています。

Galaxy S23

下部には送話口/マイク、排気口、SIMカードトレイ、USB Type-C接続端子、スピーカーなどがあります。

イヤホンジャックは非搭載です。

Galaxy S23のサイズ感をレビュー

Galaxy S23

Galaxy S23は6.1インチとスマホでは小さいサイズに分類されます。

重さは約168gと、iPhone 15の171gよりも軽くなっています。

手にした第一印象は、「軽く操作しやすい!!」といった感じです。

Galaxy S23のサイズ

項目Galaxy S23
本体サイズ高さ:146 mm
幅:71 mm
厚さ:7.6 mm
重さ168 g

Galaxy S23の持ちやすさは?

Galaxy S23

Galaxy S23を右手で持つと、自然と親指が電源キーのあたりにきます。

上部の音量キーも無理なく届く範囲にあるので、操作で困ることはないでしょう。

角が丸みを帯びているせいか、iPhone15よりも握りやすく感じました。

吹き出しアイコン

片手でも楽々操作できるサイズ感!長時間使っても気にならない重さです!

Galaxy S23のカメラをレビュー

Galaxy S23

Galaxy S23のカメラ
  • 広角カメラ:5,000万画素
  • 超広角カメラ:1,200万画素
  • 望遠カメラ:1,000万画素
  • インカメラ:1,200万画素

Galaxy S23のカメラは広角と超広角、さらに望遠のトリプルレンズ構成です。

光学ズームは3倍、デジタルズームは最大30倍まで対応しています。

Galaxy S23のカメラで実際に撮影

Galaxy S23を使ってそれぞれのレンズで撮影しました。

超広角で撮影

Galaxy S23で撮影

広角

Galaxy S23で撮影

ズームで撮影(3倍)

Galaxy S23で撮影

ズームで撮影(10倍)

Galaxy S23で撮影

ズームで撮影(30倍)

Galaxy S23で撮影

ポートレートで撮影

Galaxy S23で撮影

Galaxy S23で撮影

広角レンズは5,000万画素ですが、超広角レンズと望遠レンズは画素数が広角よりも低いため、やや画質は落ちます。

ポートレートに関しては、カメラを被写体に向けるだけで素早く認識して撮影が可能でした。

ミッドレンジモデルでは被写体を認識しないことが多いですが、Galaxy S23ではそういったストレスは感じません。

ボケの強さは好みで設定でき、仕上がりも自然です。

色々撮影

Galaxy S23で撮影

Galaxy S23で撮影

Galaxy S23で撮影

どんな写真を撮影しても、簡単に美しい仕上がりになります。

この辺りはさすがGalaxyのフラグシップといったところです。

Galaxy S23のスペックをレビュー

Galaxy S23

画像引用元:Samsung Galaxy S23(サムスン ギャラクシーS23) | Samsung Japan 公式

Galaxy S23のスペック
  • CPU:Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB

Galaxy S23のスペック

Galaxy S23
SoCSnapdragon 8 Gen 2
5G対応
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146mm
幅:71mm
厚さ:7.6mm
重さ168g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
メモリ8GB
ストレージ256GB
バッテリー容量3,900mAh
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラークリーム
ファントムブラック
ラベンダー
Galaxy S23の評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0

Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxyで最適化

Galaxy S23はSnapdragon 8 Gen 2 for Galaxyを搭載しています。

Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxyは、ハイスペックモデルの最新チップセットで、for GalaxyとあるようにGalaxyスマホ用に稼働クロック数が引き上げられています。

CPU性能は最大34%、GPU性能は最大41%、機械学習プロセッサ性能は最大49%向上したとしています。

Galaxy S23のベンチマークを測定

Galaxy S23のベンチマーク

Galaxy S23のベンチマーク
  • シングル:1778
  • マルチ:4918

ベンチマークアプリでGalaxy S23を測定しました。

Galaxy S23にはクロックアップされた「For Galaxy」が搭載されていますが、通常のSnapdragon 8 Gen 2搭載モデルと比べて大きくスコアは変わらないようです。

ただし、2024年現在でもトップクラスの数値を叩き出しています。

実際に使えるストレージは約210GB

Galaxy S23のストレージ

Galaxy S23の内蔵ストレージは256GBです。

Android OSなどで最初から使っている容量は約39GBで、ユーザーが使えるのは約210GBとなります。

210GBあれば通常の使い方で容量が足りなくなるということはないでしょう。

吹き出しアイコン

micro SDは使用できない点は注意しましょう。

Galaxy S23のディスプレイをレビュー

Galaxy S23

Galaxy S23のディスプレイ
  • 6.1インチのFHD+ディスプレイ
  • Dynamic AMOLED 2X
  • 最大120Hzのリフレッシュレート

Galaxy S23のディスプレイは、6.1インチのフルHD+Dynamic AMOLED 2Xを搭載しています。

Galaxy S23のディスプレイ

項目Galaxy S23
サイズ6.1インチ
リフレッシュレート120Hz
解像度フルHD+
2,340 × 1,080
種類Dynamic AMOLED

リフレッシュレートは120Hzで、ヌルヌルとした滑らかなスクロールを実現しています。

Galaxyは有機ELの先駆者ですので、当然鮮やかで美しいディスプレイです。

指紋認証はディスプレイ内で行います。

日光下でも見やすいディスプレイ

Galaxy S23

Galaxy S23のディスプレイは、屋外でも明るくて見やすいディスプレイです。

ディスプレイに関しては「行き着くところまで行った」という印象です。

Galaxy S23のバッテリー性能をレビュー

Galaxy S23

画像引用元:Galaxy S23(ギャラクシー エストゥエンティスリー)SCG19 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Galaxy S23のバッテリー
  • バッテリー持ちは普通
  • YouTbe 2時間視聴の消費量は17%

Galaxy S23のバッテリー

項目Galaxy S23
バッテリー容量3,900mAh
バッテリー機能急速充電に対応

Galaxy S23のバッテリー容量は3,900mAhと、ハイスペックモデルとしてはやや少なめです。

インターネット使用時間は最大20時間、ビデオ再生時間は22時間とのこと。

YouTubeでバッテリー性能検証

バッテリー性能は実際に使ってみなければ判断できない部分です。

以下の条件でバッテリー消費量をチェックしました。

Galaxy S23のバッテリー持ち検証
  • YouTubeアプリで2時間再生
  • 画質は1,080pに固定して再生
  • 明るさMAX
  • 音量50%でスピーカー使用

Galaxy S23のバッテリー

YouTube2時間視聴後のバッテリーは83%だったので、消費量は17%です。

同じ条件でテストした他モデルと比較すると以下の通りです。

他スマホと比較
  • Galaxy S23:17%消費
  • AQUOS R8:17%消費
  • Xperia 1 V:18%消費
  • Xperia 10 V:7%消費
  • iPhone 15 pro:9%消費
  • iPhone 14 Pro:19%消費

他のスマホと比較すると、YouTube視聴でのバッテリー消費はやや多めです。

Galaxy S23のバッテリー持ちはかなり普通と言えます。

吹き出しアイコン

バッテリー持ちは使用条件で変わるので、今回の検証を参考に設定を調整してください。

Galaxy S22からは何が進化した?

Galaxy S22

画像引用元:Galaxy S22 (ギャラクシーS22) | Samsung Japan 公式

最後に、Galaxy S23と前モデルのGalaxy S22を比較して、どこが進化しているかをチェックしましょう。

それぞれ具体的に見ていきます。

Snapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy

Galaxy S23は最新のSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxyに進化しています。

前モデルであるGalaxy S22はQualcomm® Snapdragon™8 Gen 1ですので、順当な進化ですね。

冷却システムが強化され、グラフィックに拘ったゲームなどもより快適に操作できます。

カメラ部分のデザインがやや変化

Galaxy S23とS22のサイズや重量はほとんど同じですが、カメラ部分のデザインが変化しています。

Galaxy S22ではカメラの周りに側面フレームがありましたがGalaxy S23ではなくなり、よりスッキリしたデザインに仕上がっています。

バッテリー容量が向上

AGalaxy S23のバッテリー容量は前モデルより200mAhアップし、3,900mAhになりました。

本体重量はほぼ変わらず、バッテリー容量がアップしているのは嬉しい進化です。

ただし、バッテリーテストではやや物足りない結果となりました。

Galaxy S23は買うべき?おすすめ?

Galaxy S23

今回は、Galaxy S23の実機を用いて、使用感やメリット・デメリットをレビューしました。

Galaxy S23はドコモ、au、楽天モバイルから2023年4月20日に発売された、人気のハイスペックモデルです。

Galaxy S23の実機レビューまとめ

Galaxy S23のメリット・デメリット

Galaxy S23の発売日・価格・総評

  • 2023年4月20日発売のフラグシップモデル
  • 割引やキャンペーン利用で42,400円〜
  • ハイスペックで高機能な定番モデル