サムスンのGalaxy S20シリーズ正式発表!Galaxy Z Flipなど注目製品も

  • 2020年2月12日
  • by 
サムスンのGalaxy S20シリーズ正式発表!Galaxy Z Flipなど注目製品も

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2020年の日本時間2月12日未明、アメリカのサンフランシスコで、Galaxyシリーズの新製品発表会「Galaxy Unpacked 2020」が開催されました。

そこではGalaxy Sシリーズの最新作、Galaxy S20シリーズをはじめ、Galaxy Z FlipやGalaxy Buds+などのアイテムが新たに発表されています。

今回はGalaxy Unpacked 2020で紹介された注目アイテムのスペックや特徴を最新情報を交えて解説していきます。

Galaxyの2020年2月新作まとめ
  • Galaxy S20シリーズ
  • Galaxy Z Flip
  • Galaxy Buds+

トップ画像引用元:Samsung Galaxy – The Official Samsung Galaxy Site

Galaxy S20シリーズ|5G対応の神カメラスマホ

Galaxy S20シリーズ

画像引用元:Samsung Galaxy – The Official Samsung Galaxy Site

Galaxe SシリーズはSAMSUNGのフラッグシップモデルで、今回の「Galaxy Unpacked 2020」で発表された製品の中でもメインと言える製品でしょう。

Galaxy S20シリーズの端末
  • Galaxy S20
  • Galaxy S20+
  • Galaxy S20 Ultra

bitWaveではGalaxy Sシリーズの最新モデルは「Galaxy S11」になるのでは、と予想していましたが、10の位を増やしてGalaxy S20となったようです。

Galaxy S20シリーズは、大きく2つに分けて解説していきます。

Galaxy S20シリーズの注目ポイント
  • すべてが5G対応
  • 最大1億800万画素のカメラ性能

3つ全てが5G対応

Galaxy S20シリーズはGalaxy S20/Galaxy S20+/Galaxy S20 Ultra全ての機種が5G対応となっています。

前モデルのGalaxy S10は全てが5Gに対応していたわけではなく、シリーズ全てが5G対応というのが今回のGalaxy S20の特徴でしょう。

グローバル市場で見ると、SAMSUNGは多くの5G対応のスマホを出荷しているので、今回のGalaxy S20シリーズの5G性能も信頼できそうですね。

最大1億800万画素+100倍ズーム

Galaxyシリーズは元々カメラ性能は高いことで知られていますが、今回さらにカメラ性能をアップしました。

Galaxy S20はトリプルカメラで、Galaxy S20+/Galaxy S20 Ultraは4つのカメラのクアッドカメラとなっています。

さらにGalaxy S20 Ultraは1億800万画素の撮影に加え、100倍相当までのデジタルズームが可能となっています。

また8Kの動画撮影も可能と、相当にカメラに注力したシリーズと言えるでしょう。

カメラレンズの数もiPhone 11 Proを超えて来てますもんね。

3機種の違いをスペックで比較

ここでGalaxy S20シリーズのスペックを見ていきましょう。

Galaxy S20のスペック

Galaxy S20
ディスプレイサイズ6.2インチ
本体サイズ高さ:151.7mm
幅:69.1mm
厚さ:7.9mm
重さ163g
アウトカメラトリプルカメラ
超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
望遠:6,400万画素
インカメラ広角:1,000万画素
バッテリー4,000mAh
RAM12GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 865
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーコズミックグレー・クラウドブルー・クラウドホワイト

Galaxy S20+のスペック

Galaxy S20+
ディスプレイサイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:161.9mm
幅:73.7mm
厚さ:7.8mm
重さ186g
アウトカメラクアッドカメラ
超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
望遠:6,400万画素
深度カメラ
インカメラ広角:1,000万画素
バッテリー4,500mAh
RAM8GB/12GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 865
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーコズミックブラック・コズミックグレー・クラウドブルー

Galaxy S20 Ultraのスペック

Galaxy S20 Ultra
ディスプレイ
サイズ
6.9インチ
本体サイズ高さ:166.9mm
幅:76mm
厚さ:8.8mm
重さ220g
アウトカメラクアッドカメラ
超広角:1,600万画素
広角:1,08億画素
望遠:4,800万画素
深度カメラ
インカメラ広角:4,000万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB/16GB
ROM128GB/256GB/512GB
CPUSnapdragon 865
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーコズミックブラック・コズミックグレー

ディスプレイサイズやバッテリー、カメラ性能が主な違いであると言えそうです。

また、Galaxy S20はトリプルレンズ、Galaxy S20+とGalaxy S20 Ultraはクアッドレンズと、レンズの個数も大きな違いと言えるでしょう。

ドコモでGalaxy S20 5G/Galaxy S20+ 5Gをお得に購入|価格や割引は?

Galaxy Z Flip|タテ型の折り畳みスマホ

Galaxy Z Flip
折りたためるスマホはフォルダブルというジャンルにカテゴライズされますが、今回のGalaxy Z Flipはそのフォルダブルジャンルで第2世代のGalaxyスマホです。

前回のヨコ型の折り畳みスマホ「Galaxy Fold」も大きな注目を集めましたが、今回はタテ型に折れるような造りになりました。

今回のコンセプトは「小さくたたんで持ち運べる」です。

Galaxy Z Flipの注目ポイント
  • 機能によっては折り畳んでも操作できる
  • トムブラウンエディションがおしゃれ

自撮りや通知チェックの確認、電話も畳んだ状態で操作できる

Galaxy Z Flipは折り畳んだ状態でも1.1インチのディスプレイが用意されており、時間やメッセージの通知が確認できます

また、基本的な操作はスマホを開かないとできませんが、電話応答やセルフィ―(自撮り)などの機能は使うことができます。

閉じ切らずに90度に曲げた状態で机に置けば、ビデオ通話やYouTubeの視聴が支えなしでできるので、便利だなという印象です。

トムブラウン(Thom Browne)エディションがおしゃれ

トムブラウン(Thom Browne)エディション

画像引用元:Galaxy Z Flip Thom Browne Edition – The Official Samsung Galaxy Site

Galaxy Z Flipはニューヨークのデザイナー「Thom Browne」とコラボした限定エディションが用意されています。

トムブラウンエディションのセット内容
  • Galaxy Z Flip
  • 専用カバー
  • Galaxy Buds+
  • Galaxy Watch Active2

トリコロールの洒落たデザインはもちろん、SAMSUNGの最新ガジェット満載の贅沢なセットとなっています。

2月14日からサムスン電子・トム ブラウンの公式サイトらで予約が開始し、発売は3月に予定されています。

Galaxy Z Flipのスペック

Galaxy Z Flipのスペックは以下の通りです。

Galaxy Z Flipのスペック

Galaxy Z Flip
ディスプレイサイズメイン:6.7インチ
カバー:1.1インチ
本体サイズ
(通常)
高さ:73.6mm
幅:167.3mm
厚さ:7.2mm
本体サイズ
(折り畳み時)
高さ:73.6mm
幅:87.4mm
厚さ:17.3mm
重さ183g
アウトカメラ超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
インカメラ広角:1,000万画素
バッテリー3,300mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーミラーパープル・ミラーブラック・ミラーゴールド

スペックとして特筆すべきなのは5G非対応という点でしょうか。

Galaxy Z Flipは高性能路線というよりは、コンパクトさを重視しており、価格も含め手に取りやすさを狙っているのかもしれません。

Samsungの折り畳みスマホ「Galaxy Fold」のスペック・価格・サイズ

Galaxy Buds+|前モデルより大幅なスペック向上を実現

Galaxy Buds+

画像引用元:Samsung Galaxy Buds+ – The Official Samsung Galaxy Site

Galaxy Unpacked 2020ではスマホ以外にも、最新のウェアラブル端末も発表されました。

それが、サムスンの完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」の最新モデル、「Galaxy Buds+」です。

Galaxy Buds+は前回のGalaxy Budsより大きく2つの点でスペックが向上しました。

Galaxy Buds+の進化したポイント
  • バッテリー駆動時間が約2倍
  • 内臓マイクが2個→3個でさらに強化

バッテリー駆動時間が約2倍に

まず、バッテリーはフル充電で最大11時間、ケースの充電もいれると22時間の稼働が可能になりました。

前回のGalaxy Budsは合計13時間再生であったので、バッテリー性能は大幅な向上と言えるでしょう。

内臓マイクが3個に

Galaxy Budsは通話時に声が届きにくいという声があり、マイク面での課題がありました。

今回はそこをカバーするように、内臓マイクが3個になりました。

マイクの個数だけでは判断できない部分はありますが、通話性能の向上も期待できそうです。

Galaxy Buds+の特徴・スペック

Galaxy Buds+のスペックは下記の通りです。

Galaxy Buds+のスペック

Galaxy Buds+
カラーホワイト・ブルー・ブラック
サイズイヤホン : 19.2×17.5×22.5mm
充電ケース : 約26.5×約70×約38.8 mm
重さイヤホン : 6.3g
充電ケース : 39.6g
APBCM43015
OSRTOS
接続性Bluetooth v5.0
コーデック:スケーラブル・ACC・SBC
バッテリーイヤホン:85mAh
充電ケース:270mAh
センサー加速度計、近接、ホール、赤外線
互換性Galaxy、Android 5.0以上&RAM 1.5GB
以上のAndroid端末
同梱物イヤホン
GalaxyBuds本体(L/R)
ウィングチップ(3セット)
イヤーチップ(3セット)
充電ケース
USBTypeCケーブル
クイックスタートガイド
保証書

注目すべきはワイヤレス充電で、サムスンの「パワーシェア」機能を使うと、Galaxy Buds+のケースをスマホにかざすことで充電ができます

Galaxy Unpacked 2020まとめ

Galaxy Unpacked 2020

画像引用元:Samsung Galaxy – The Official Samsung Galaxy Site

今回はサムスンの「Galaxy Unpacked 2020」で発表された製品を簡単にまとめました。

Galaxyの2020年2月新作まとめ
  • 圧倒的な高画質写真・動画が撮れる|Galaxy S20シリーズ
  • コンパクトな折り畳みスマホ|Galaxy Z Flip
  • より便利になった|Galaxy Buds+

iPhone 11もそうですが、最近はカメラ性能をパワーアップさせる流れがありますね。

Galaxy S20シリーズの「クアッドカメラ」とiPhone 11 Proの通称「タピオカカメラ」のどっちが優れているかも気になりますね。

個人的にはGalaxy Z Flipにちょっと惹かれます。

二つ折りのフォルムもそうですし、折り畳んだ状態で通知や時間が見れるなんて、ガラケーみたいでとても好感が持てました。

ポケットに入りやすそうなのもいいし、だいぶ値段が高そうですがトムブラウンモデルもとても素敵ですよね。

大手キャリアだとGalaxy Z Flipはauが独占販売するとのことです。

2月18日から予約開始なので、気になった方はぜひ予約開始日にau公式ショップをチェックしてみてください。

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
bebe
bebe
東京出身の平成8年生まれ。学生時代は軽音サークルに所属。現在は会社の偉い人に誘われるまま、右も左も分からないジャズの道に。スマホはiPhoneでタブレットはiPad。家にはAmazon EchoとFire TV Stick。AppleとAmazonにおんぶに抱っこの生活。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ